【syc】

April 14 [Mon], 2014, 1:09



先週舟を編むを観たくてTSUTAYAさんにレンタルしに行った。
そしたらDVD4枚で1000円なんてのがあったからここぞとばかりに観たかった邦画を4本借りました。


ええTSUTAYAさんの購買戦略にまんまと乗ってみましたよ。


借りたのは
*告白
*桐島部活辞めるってよ
*八日目の蝉
*舟を編む


この4作特に意識せず観たかったけど映画館で観るほどでもないかな、なんて思ってた作品達。
なんだか邦画を映画館で観るのに若干の抵抗がある。
その内金曜ロードショーでやるっしょぐらいにいつも思ってしまうから笑。


まぁそんな感じでとりあえず借りたの4作
観終わったのは
*告白
*桐島部活辞めるってよ


上記2作
桐島部活辞めるってよは内容よりやっぱタイトルの桐島くんが一度も画面に出てこないって所くらいしかピンと来なかったな。


告白はまだお腹に落ちてきてないけど、とりあえず14歳の殺人が14歳にお手軽に捉えられてる事を秀逸に描写してると思った。


そんなDVDを観て、八日目の蝉も確か犯罪系だったなと思った時に映画を観る時や借りる時の心理にすごく興味が湧いた。


なんで犯罪系の2作借りたんだろうか。


と自問自答。


結局現状が安全で刺激が欲しいのかなと


ファンタジーとかお笑いとか観る気にならないのは思ってるより心は疲れていないのかなと少し安心した。


そんな夜。
















思ったこと書いてみようと思ったけどやっぱ
くだらない笑


平熱の大切さ

February 23 [Sun], 2014, 17:26



キラキラした世界やぐるぐる変わる景色もドキドキしてすごく刺激的。


反対に毎日同じ景色
何もない日常
つまらないかもしれないけど


結局大人になると後者の方が多くなる。


もちろん前者の方は自分次第でいくらでも体感できるけど、変わらない日常にどれだけ自分が満足できるかって事が大切だなと思った。


いつでもできるって思い続けて後回しにしたら後回しになったことが引き出しの中にしまいっぱなしになってしまうから


今出来ること、やりたい事をどんどんやろう!?( ? )?


今年のスローガン


平熱は続くけど微熱は少ししかもたない。


sayaca.

【syc】

July 04 [Thu], 2013, 0:51

くそったれ!


とよく思う。

まぁそんな事口にしたらはむに怒られるけど

いい子ぶって感情を出さないのもいかがなものかなと最近思った。

大人になって思うのは子供の頃は本当周りの人に恵まれてたなぁってこと
特に自分から求めなくても周りから何かしら与えられたなって。
物的な意味じゃなくて人間的な、形に現せられないものばかり。

わたしは無愛想だし、自分から何か進んでやることがなかったから大人たちは心配してなのか無理矢理でも引っ張って構ってくれてた笑

大人になっても、気にかけてくれる人がいて、いつまでもそうゆう人は常にいるんだなぁと思うと得した気分になる笑

本当出会う人には恵まれてる
出会う人すべてと相性がいいわけじゃないけど、大体関わる人は自分で選んでるし関わりたくない人とは最低限で済んでいるし

私の人生もなんだかんだ捨てたもんじゃないわな(´ω`)

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:sayaca
  • 誕生日:1989年1月12日
読者になる
最新コメント
sayaca
» 心地よい空間 (2012年12月11日)
おはむ
» 心地よい空間 (2012年12月11日)
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30