田渕でたっちゃん

December 14 [Wed], 2016, 6:32
高齢受胎や高齢お産は、だいたい35年齢以上での受胎やお産のことをさします。

妻のボディが年を経る毎にだんだん老化し衰えて行くのに伴って、受胎・お産に関する不安やリスクも増していくとされていて、その懸念を回避する注意を喚起しています。

では、35年齢を過ぎると、妻の身体の何がどうして変わっていくのでしょうか。


本当に挙げられるのが、染色体の異変だ。

人間のボディは定番、22仲間44書籍の常染色ボディって、1仲間2書籍の性染色ボディを持っています。

女の子の卵子って男性の精子が受精した時間、遺伝子項目は常染色ボディにて伝えられ、性別は性染色ボディを通じて決定します。

メンズの精子が連日新しく作られて出向くのに対し、女性は、一生分の卵子をその身体の中に有する状態で出来上がり、卵子を新しく考えるはしません。

身体の成熟・退化と同様に、こういう卵子もジェネレーションと共に成熟し、もうすぐ次第に退化が始まります。

卵子の退化に伴い、染色体の数値や造りが変化してしまうことを染色ボディ不自然といいます。

染色ボディ不自然を持って生まれるベビーは、ベビー全体の0.6%と言われていて、染色体の不自然の多くは、受胎初期に流産してしまいます。

生まれてきたベビーは、成育延滞や知的障害などの反映があらわれますが、不自然が起こった染色体の配置にて、あらわれ方も違ってきます。

また、おんなじ配置での染色体の不自然も、あらわれほうが随分おんなじという事はありませんので、○○症候群という呼ばれ方を使っています。

診査の成育に伴い、施術や投薬による加療も可能になっている症候群もあります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽愛
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる