AGE最終回まで見たよ

September 28 [Fri], 2012, 12:34
撮りだめしていたガンムAGEを最終回まで見た。
で、もしよければだれか教えてほしい。
この作品はどこが面白くて何がやりたかったのか無uとある一族の100年に渡る物語と言うコンセプトは理解しているのだが、正直、敵が何をしたいのかよく解らないというか着地唐ヌこかが解らない。
ガンム側も、戦争に私情もちこみすぎて軍人らしさが無いうえに、ある者が復讐を叫び続ける中で、ある者は敵も救いたいと理想激Zいながら結局敵を屠っていくので、こちらも何が描きたかったのがよく解らなかった。
種も種死もなんとか着地唐ヘ理解できたがAGEは本当に解らん。
自分は、ZZやGやXやターンエーといったクセのある系統が好きだし、オリジンよりもまずガンムセンチネルやGの影忍やブラスターマリをアニメ化すべきと思ってる異端のガタであるが、その異端の自分でもAGEはよく解らなかった。
で、いろいろとサイトを渡り歩いていたらこんなものを見つけた。
モデルグラフィックスの記事だそうなのだが、日野さんは特殊な才能の持ち主で、今までのガンム製作のスタッフにはいなかったタイプなんです。
例えばコロニー内にいきなり敵MSが現れる。
どこからやってきてどうやって侵入したのかとか、これまでのガンム好きなら必ず考えるであろう事を日野さんは重要視しないんですよ。
それよりもこのタイミングで敵MSが出てきたらピンチになって面白いよねというように、いわゆるゲームのイベント的な考え方をする方なので、それは日野さんの得意分野でもあるし、そこは活かさなきゃいけないと思ったんです。
だから、そうした発想をスタート地唐ニして、サンライズやバンイの設定に関わるスタッフが理屈付けや裏設定で補ってという形で進行して行きました。
いやこれ、AGEのメなところの原唐カゃん。
突然MSがとんでもない場所から現れるというのは確かにGガンムでやっていた事だが、Gガンムでは、主人公機の出現演出として昇華させていた。
つまりこまけえことはいいんだよを成立させていた。
AGEの場合は、いきあたりばったりの手抜きにしか見えなかった。
ここから解る事は、今川監督は、アニメを見ている視聴者は観客であると言う事を理解している。
日野は、観客である事を理解しておらずゲームのつもりでやっていた。
と言う事ではなかろうか。
前にも日記に書いたが、日野のお金を集める能力や広報営業能力の高さは高いレベルにあると思っている。
しかしクリエイターとしては、宮部みゆき先生の評価が正しいと言わざるをえない。
というか、下っ端が反オづらい立場の人間が、コンセプト決める会議で積極的に発言するなよと言いたい。
いやさ当人が俺の言う事全否定してもかまわんよといっても、お互い人間である以上なにかしらのわだかまりなんなりを気にして言いづらい事このうえない。
例えば、こだわりから脚本を遅らせまくって現場の顰蹙を買った東映時代の高寺成紀の場合、プロデューサーと言う役職ではあったが、別のプロデューサーの投入を決断するといったより上の立場で判断できる人間がいたからよかったのだが、今回の日野の場合は、バンイ側が誘ったということもあって、バンイ側にメな事をメと言える人がいなかったようだし、下っ端は否定できるわけがない。
そんな人間が積極的に動いてもクソゲーしかできないと言うことはもう何回も経験しているわけで特に、↑の記事の内容が本当だった場合、その場で否定する人間がいないなあなあな環境で良いものができるわけがない。
ブレストレベルの話であったとしても、否定禁止の場であるブレストからちゃんと取捨選択をしなかった時唐ナメメなわけで、そのうえ、宮部みゆき先生に最低評価をもらったくせに日野自身が脚本を書くとか狂気の沙汰だったのではなかろうかビアン パートナー募集
種と種死の時の負債もひどかったけど、AGEほどいきあたりばったりで、視聴者は観客である事を忘れたものではなかったと思う。
実際、読み手が主役にもなれるAGE小説版の評価はすこぶる良いらしいし。
今度機会をみて読んでみようと思うが結局、ゲーム屋はゲームをつくっておけということではなかろうか。
というか宮部先生の評価は正しかった事がまた証明されたというところだろう。
そんなこんなで、AGEを観て思った事は、基本に帰るオリジンアニメ化路線でよかったのかもねといったところ。
そして日野は現場におりてきちゃメだ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sbxzjmqjae
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sbxzjmqjae/index1_0.rdf