オオスカシバと猪俣

January 06 [Wed], 2016, 5:02
インプラント治療を検討している方、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので決定的なちがいが出てくると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、いろんな点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてちょうだい。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類が存在し、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
外科手術をうけた理由ですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてちょうだい。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日頃から運動をしている人は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできると言う事で、メリットとデメリットを説明されて治療をうける決心がつきました。
自費診療なので、すごくの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨウタ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sbree5nuaeftir/index1_0.rdf