モバゲー ペナルティゲームソフト買いました
2008.02.17 [Sun] 19:21

Googleによるペナルティをデータで見る
オンライン調査会社H...
http://adinnovator.typepad.com/ad_innovator/2008/02/google-7.html
Yahoo(YST)のトップページダウンペナルティ解除
昨日投稿しました,【最新版】Yahoo(YST)のペナルティ分析と対策で 当ブログのYahoo(YST)トップページダウンペナルティ・・ (トップページだけがYahooの検索結果に表示されない現象)に対して実施してきました「6つの対策」をご紹介しました。 ...
http://ippei.banjyakuseo.com/archives/547791.html
TS, 死亡ペナルティ下向き, 攻城負担減らして
TS, 死亡ペナルティ下向き, 攻城負担減らして.
http://server7.s151.xrea.com/news/ga/1_3459.shtml
重要違反利用ペナルティ[モバゲータウン]
また、今回のペナルティ期間は24時間となりますが、違反内容が悪質だと判断できた場合等は予告なくペナルティ期間の延長、もしくはご利用停止の処理をさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。 モバゲータウンサポート ...
http://ameblo.jp/11103103/entry-10072629750.html
Googleの6位ペナルティが元に戻った?!
先日Googleにて1位だったランキングが突然6位になったという事象が米国の多くのウェブサイトで報告された。 http://seasalt.exblog.jp/7103227/ それに応じてGoogleのMatt Cuttsは Hmm. I'm not aware of anything that would exhibit that sort of ...
http://seasalt.exblog.jp/7133440/

 

久保恵子 ブログゲームソフト買いました
2008.02.16 [Sat] 22:34

久保恵子、難産乗り越え女児出産
久保恵子が難産乗り越え第1子の女児という記事より。 タレント久保恵子(35)が10日午前11時15分、横浜市内の病院で第1子となる女児を出産した。2605グラムで母子ともに健康。
http://netafull.net/wedding/024269.html
久保恵子
タレント。バスケットボール選手・北卓也との間に女児誕生.
http://searchranking.yahoo.co.jp/combo/20080212/08
「元気な性格は私似かも」久保恵子、苦難乗り越え女児出産
クボケーの愛称で知られる元祖お天気お姉さんのタレント、久保恵子(35)が10日午前11時15分、第1子となる女児を出産した。 所属事務所によると、2605グラムで母子ともに健康だが難産だった。一昨年5月に入籍した夫でJBL ...
http://katsuappare.blog.shinobi.jp/Entry/357/
関連商品紹介
ゴールデン・グローブ賞:地味に発表…デップが主 ... 毎日新聞 - ... の庶民を描く (18時34分) 久保恵子:不妊治療を経て女児出産 (15時15分) 長渕剛:長女・文音 デビュー映画涙の撮了 (15時13分) 市川由衣 ...
http://www.ero3.com/yui-ichikawa/2008/02/post_13.html
久保恵子、無事出産!
久保恵子さんが、無事に昨日赤ちゃんを出産しました♪ 一年にわたる、不妊治療の末にやっと授かった赤ちゃん。その後、流産の危険をも乗り越え、 2605グラムの元気な赤ちゃんを出産しました。 久保恵子さんは、同じく不妊治療で悩んでいる人達の励み ...
http://nazootoku.exblog.jp/7452086/

 

idea*idea アメーバブログゲームソフト買いました
2008.02.15 [Fri] 20:44

飛び込み営業がいやにならない考え方
どっかの本で読んだので思い出しつつ書いてみます。飛び込み営業ってつらいですよね(好きな人もいますが)。もう飛び込み営業の時代じゃない、という人も多いでしょうが、まぁ、現実としてなくなってはいないはず。 そこで「今日も契約取れなかっ ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_368.html
【東京ブック】 ユダヤ人が引っ越すときに気をつけていることとは?
■ 今日の一言『ユダヤ人は引っ越すときに良い学校があるかどうかを重視する』. いい学校に行けば成績は良くなるし、そうでなければそうならない、とユダヤ人は考えているようだ。 中学生の時、同じぐらいの成績だった人が、その後に行った学校の違いで ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_370.html
堅いボタン、やわらかいボタン。
つらつら考えていてもまとまらなかったので書くのを躊躇していたのですが・・・まぁ、いいや、ということでエントリー。 ある人と話していたときに「Wikiのボタンってブログのボタンより柔らかい気がするよね」と言っていました。 ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_369.html
韓国のCyworldのアバターはなぜ2頭身か?
なんか完全に旬を過ぎたような気がしないでもないですが、ふと思いついてエントリー。韓国の友人に「なぜCyworldのアバターは2頭身か知っている?」の理由を教えてもらったときのお話。 ↑ こんな感じですよね。Cyworld。 その答えは「アバターを小さく ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/cyworld2.html
favicon.ico(ファビコン)の作り方
百式ブログシリーズにFAVICONがついた、の巻 | IDEA*IDEA. Faviconをつくるときに参考にしたいデザイン&ツールいろいろ | POP*POP. 百式ブログシリーズにFAVICONがついた、の巻 | IDEA*IDEA. ブラウザ上で簡単にFaviconが作れる『favicon.cc』 ...
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/faviconico.html

 

本・・・どちらかが彼女を殺したを読みました
2008.02.14 [Thu] 15:52

身近にいたクールな人がこの小説を最後の袋綴じが気になり、一気に読んで、面白かったと語っていたのを聞き、そんな袋綴じがある本があるのか?ましてや有名な東野圭吾の作品で?と気になり購入した。確かに最後の部分に袋とじがある。やけに気になる。東野圭吾作品はラジオドラマとして聞いたことがあるが、小説は読んだことがなく初めて読んでみた。この作品では、彼女の兄がまさに必死に冷静沈着に犯人わりだしに自ら、取り組むところが驚異であるがその過程が楽しめた。女性として妹が死に追いやられた状況を考えるといたたまれない。兄は肉親でありつつ緻密に犯人を確実にあぶりだしていく。袋綴じを読んでも実は私には難しい事件だった。もう一回、推理を考えてみたいという気になった。
 

本・・・私が彼を殺したを読みました
2008.02.14 [Thu] 15:49

久しぶりの東野圭吾「本格推理小説」体験であった。別に暇をもてあましているわけではないが、たまたまポッカリと時間が出来たので、まさかこれで1日潰すような愚かな真似はすまいと思いながら読み始めたのではあったが…。甘く見ていた。本当に1日を潰してしまうとは! それもこれも、途中まで自分の推理にある程度の自信が出来たからいけないのである。この作品は犯人当ての「本格」である。アガサ・クリスティみたいに再終盤では容疑者全員が集まり、加賀刑事という「名探偵」が謎解きをして最後は「犯人はあなただ」と言って終る。後は解説を読んで「答合わせ」をするのだ。クリスティの場合は容疑者が相当数居る。しかし、この作品の場合はほんの数人。時間をかけて随分と丹念に読んでいった。私は分かった気になっていた。 この文庫には前回の「どちらかが彼女を殺した」と同様、「袋とじ解説」なるものが付いている。だから立ち読みでは犯人は分からない。今回初めて気が付いたのだが、前回同様、西上心太という解説者なのだが、後扉の紹介文にはこの解説者の名前はない。というとなると、この解説者は実在の人物ではなく東野圭吾の分身なのだ。まったくもって回った作品である。トリックもまったくもって回っていやがる。ええ、その通り。推理は当たりませんでした。
 

本・・・片想いを読みました
2008.02.14 [Thu] 15:47

よく調べているし、小説としても文句なしに面白い。 メビウスの輪のたとえも秀逸。 全体のテーマとしては、タイトルどおり、性同一性障害にとどまらず、自分とは違う他者に気持ちの伝わらないせつなさと、伝わる喜び、みたいな感じかな。 最後の解説のところには、「この小説は未来を予見したかのような」みたいなことが書いてあったが、私の感想はちょっと違った。 トランス界のアングラ感、全体に流れるトランスジェンダリズム思想、戸籍への絶望感みたいなのは、この小説の書かれた、1998,9年頃の時代状況を見事に反映している。 数年前のことに過ぎないが、遠い昔になった、あの頃、という感じ。 未来というより、なんだか懐かしかった。 今の時代背景だと、この小説はちょっと書くのが難しかったかも。
 

本・・・変身を読みました
2008.02.14 [Thu] 15:44

強盗事件に巻き込まれ頭を銃で撃ち抜かれた純一。彼は、最新医学により奇跡的に回復を遂げるが・・・ 自分が自分でなくなる恐怖。カフカの「変身」も怖いが、徐々に自分が失われていく本作も十分に恐ろしい。東野氏の優れた表現力により自分が自分でなくなっていく過程がリアルに迫ってくる。読んでいる僕もだんだんと「彼」に影響されていくようだった。 純一が感じる怒り、人間不信そして殺人衝動。それは俺の中にも確実に侵入してき、心を乱した。こうした衝動は多くの人が無意識に共有しているものではないか。 純一は、自分を守れるか。自分とは?脳とは?死とは?非常に深いテーマに挑む、恐怖ノベル。東野氏の「人格入れ替わりものシリーズ?」(秘○とか、パ○レルワー○ド〜とか)のうちでもリアルでおすすめ。
 

本・・・超・殺人事件―推理作家の苦悩 を読みました
2008.02.14 [Thu] 15:42

ミステリー小説の裏側を書いた作品。 全ての作品には『超』と頭文字がついている。 その辺が、どのような意図によるものかを考えると 思いがけず口元が緩んでしまった。 『小説』という媒介を通じて、 様々な事実を浮き上がらせる東野氏の才能には脱帽。 東野氏の思考回路はホントどうなっているのでしょうか? いつも思うのですが、この作品ほど強く感じた作品はありません。 東野氏特有のウィットの効いた皮肉(?)には 嫌味を通り越して爽やかささえ覚えました。 東野氏の小気味いい作品を読みたいと思っている読者の方へ。 この作品は本当に面白かったです。 騙されたと思って、ぜひ読んでみてください!!