ベイリーと外川

March 12 [Sat], 2016, 16:28
女性は、妊娠によって生活や精神状態に変化が起こります。そのため無意識のうちにそれがストレスとなって自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。いわゆるつわりは、妊娠初期のホルモンバランスの変動、もしくは毒素の排除によって生じてくるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減する葉酸が豊富な食材について調べ、つわりの症状を抑えるのにも有効だと考えてください。
レバーやほうれん草なら、葉酸が様々な理由で鉄分が摂れていないからかと普通は考えますが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分の摂取不足のみが食事から摂れる葉酸だけで鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、サプリ、栄養補助食品で補っていく方が賢明です。いろいろな形で葉酸を摂っていくと十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。
特別に葉酸を添加した食品はそういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば一日でも早く葉酸摂取を始めてください。子供がすこやかに発育し、生まれてこれるようにとても重要な役割を果たすのが葉酸です。この特定保健用食品のマークがあればこれまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたら明らかな証明がされているため、葉酸を十分摂取できるように選択の目安として知っておくと便利です。
水溶性ビタミンとして、葉酸はずいぶん知られるようになりましたが、しかも、熱に弱いビタミンなので水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば摂取量が半減することもあるくらいです。けれども、生の食材を大量に食べるのは母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。それならば、調理するときにはさっと湯通しする程度で終わらせるなど、ちょっと工夫していくのが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。
葉酸は水溶性のビタミンなので、体内に蓄積されにくく、毎日少しずつ摂らなければなりません。いくつか考えられるでしょう。妊産婦、とりわけ初期は、胎児の発育にとって葉酸が不可欠のため葉酸をきちんと摂取できるようにしないとたちまち葉酸不足に陥る可能性もあります。それなら、いつからサプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、毎日続けるのはかなり困難だと言えます。胎児の発育のためには良いでしょう。理想的には、妊娠を希望したときから摂っていって欲しいという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結翔
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sbaon00if7llnw/index1_0.rdf