ジキンであづちゃん

May 12 [Thu], 2016, 16:59
素人必見!クルマの乗り方をマスターしよう!

素人氏にとって、クルマの乗り側って難しいですよね。
教習所で習ったとはいえ、いざ一人で公道に出ると、
心配罹る側は少なくないと思います。


なのでここでは、素人氏のためのクルマののぼり方を紹介したいと思います。
ふさわしいのぼり方を知って、リラックス・安全に運転しましょう!


ポイントは、
◎急開始・急歯止めなどの急○○を遠退ける
◎ドライビングポジションを形づくる
◎暖チャンスオペレーションをしよう


急発進しない・急歯止めしないは、教習所でも習いましたね。
急○○は燃費内容を下げることになりますから、急な開始や歯止めは避けましょう。
素人氏は、免許取立てなので、この辺は安穏ではないでしょうか?
教習所で習ったことを忘れる・・・ということは、少ないと思います。
もちろん、この先も唐突○○は避けて下さいね。
暖チャンスオペレーションは、クルマのためにも良いことです。


ドライビングポジションは、人によって異なります。
オペレーション罹る側の中には、背丈が大きい個々もいれば背丈が低い個々もいます。
自分にあったドライビングポジションを見つけて、安心オペレーションを心がけましょう。


ただ、安心オペレーションを努めすぎると、周囲のクルマの面倒になりますから、平凡に・・・。

素人のためのクルマの乗り側と順番について

クルマにのぼり慣れた側でしたら、車に乗るときの順番はご存知かと思います。
ただ、乗り側は意外にもご存知ないほうが多いのではないでしょうか?
長時間運転しているほど、教習所で習った上がり側は忘れているものです。
自分なりの作風もつきますから、
どうしてもふさわしい乗り側ってできていないほうが多いと言われています。
素人であればなおさらですね。


そこでここでは、素人に重点をおき、
素人のためのふさわしいクルマの乗り側と順番を紹介したいと思います。
クルマにのぼり慣れている方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。


まず、近年のクルマはATクルマが増えているとのことですから、
ATクルマに重点をおき、紹介します。


■走行するまで
キー(キー)を忘れないようにしましょう。
最近のクルマはキー穴がないクルマが多いですから、うっかりキーを忘れ気味・・・。
キーが廃止の状態で走り回るのは危険ですから、クルマに乗ったらまずキーの測定を。


次に”ドライビングポジション”を決めましょう。
要するに自分が運転し易いと受けとる近辺ですね。
部屋ミラーも重要です。
背後が見やすい近辺に設定しなおしましょう。


■ヒールは禁断
車を運転するのに、ヒールは絶対に禁断!
これは定番内側の常識です。
ヒールを履きたい側は、オペレーションご時世だけヒールのない靴を。
車内にオペレーション用の靴を置いておくと便利ですよ。


■クルマのオペレーション順番
ATクルマはクラッチ抑制ではありません。
チェンジレバーは、P:パーキング幅・R:リバーストレンジ・
N:ニュートラルレンジ・D:運転幅・2:セカンド幅・
1:ファースト幅/ロー幅となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルカ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sbajeoestupcgc/index1_0.rdf