どうしようもなく 

September 26 [Fri], 2008, 2:05
あんなにショックだったけど、
やっぱりすきだよ。
信頼できない、もうだめだと思っても、すきだよ。
だから、明るく考えられるんだよ。
あなたのおかげで頑張れるから、頑張るよ。
それがきっと一番あなたを大事にできる方法だと思うから。
すきだよ。

同じこと言わせないように 

August 15 [Fri], 2008, 1:18
同じこと言わせないように

今の気持ちは変わらないということだけど、それがずっととは決め付けてない
消えたほうがいいとか片付けるとかそうしてほしいとかは思ってない
期待させるようなことは言えない
とりあえずこのままやっていきたい

ということは、まだ先があるんだということかな?
流されないようにしてるのは、すごくあたしを大切にしてくれてるから。
と感じる。
流されたり甘くしたら、結果二人の苦しみを生むとナリは知ってて、
だからああいうんだろう。
誠実でいてくれてありがとう。

好きでいること以前に大事にしたい。
ひととしてきちんと関わろう。
それが隣にいるために必要だ。
時期を待つのだ。

結果 

August 11 [Mon], 2008, 13:22
完全にフラれました。
でも好きだ。

音に捕まえられて日差しに輝いている。 

August 04 [Mon], 2008, 17:30
フェス行ってきました。
運転している間会話が無くなったり、イライラしてるのにあたしがうとうとしてフォローできなかったり、
なんか反省点ありすぎだけど、沢山いいこともあった。

何より一緒に行けたことが嬉しくて。
伝え切れてなかったから、今度改めて言いたい。
好きだなぁとも思ったし何より信頼できた。
一回だけあっちから触られてどうしようもなくなったりしたけど、距離は縮まったんじゃないかなぁ。

沢山ありがとうっていいたい。
素晴らしい音楽と一緒にいられて良かった。

しょっぱさ 

July 22 [Tue], 2008, 16:51
喉乾くなぁ。
またしてもメール返ってこ な   い
バイトだから終わったら返してくれるのかしらん。
もーしらん

映画観るんだヴァーン(ノд<。)゜。

事細かに書く。 

July 18 [Fri], 2008, 0:08
人に話すより先に整理をしたいので、ここに書くことにする。

まず、鍵を待たなくしてべっこべこなんだけども、もうその話を彼にはできない。
慰めて欲しいだけなのかと思う。

へこみながら汗だくで探せるところだけ探すも見つからず絶望的。
自分病気なんじゃないかと疑う。

バイトへ行く。また最初からドジ。怒られるほどじゃないけど、何度やっても間抜け。

2発目の宴会になんと彼がいる。
しかも中々始まらないから、皆喋るもあたしだけ入り込めないそして話しかけてこない。

結局あたしが話しかける。

どうして?言ったよね、話できるようにするって。
前とおなじじゃん、変わってない。
そんなにあたしのこと好きじゃなくなったの?

終わってもほんとうに疎外感しか感じなかった。もーやだ。
帰り、昨日のメールで「バイト被ったときはなす」と言ったのがあるから、
コンビニとかで待っててくれるかなという期待が間違い。
何度も振り返る、間違い。

ちょっと打ち合わせ的要素があるから、それくらいしてくれるかなと思っていた。
でもそれがそもそも間違いかなぁ。
もう気持ちがないのかなぁ。
前に戻りたがってる自分に愕然。

前に戻れるはずが無いけど、それでも一緒にいたいのに。
焦っちゃダメだ。
折角フェス行ってくれるって行ってたのに。
どうしようもない気持ちが暴走して全部めちゃくちゃにしそう。
めちゃくちゃにしたい、きっと絶対死にたくなるけど。

お願いだからもう一回スキになってほしいなぁ。

そうなのか? 

July 16 [Wed], 2008, 21:51
もう連絡できなくても理由を教えてくれなくなったね。
別に必要ではないけど、変わってしまったんだなぁと淋しい。
必死になれないということかしらん。
もうあたしに対して何かしようという気にならないんだね。
かなしい。

あたしのスケジュールも忘れてしまったんだね。
あとで連絡するとかいてあったから、そのまま放置してあたしが味わったような気持ちにさせたいとすら思ったけど、
それが無駄で無意味なことも、空しいことであることも分かり切っていて止めた。
あたしだけでいいじゃないか、そんな気持ちになるのは。
あてつけたって気持ちは伝わらないもの。
けど、かなしい。
せめて会いたい。

あぁぁぁ 

July 15 [Tue], 2008, 0:23
もう好きでおったらあかんのかな。
おっかけてしまってる。
こんなんじゃいけない。

見つける。 

July 13 [Sun], 2008, 22:04
バイト先の後輩と話をする。
Nについて。
昨日、バイト終わってから話すことが出来て、
とにかく予定であったロッキンは行くと決め、その後話し合いをしようと思いました。

あたしが始めてしった事実がまたあって、知らなかったことにショック。

価値観が合わない、というのだけれど、
あたしはそれを初めて知らされた。
違う人間なのだから、価値観は違って当然だ。
だけど、彼はそれに自信がなくなったのだそうだ。
あたしが自信をなくさせた原因になるようなことをしたのは確かだけど、
何故いままでそれを言ってくれなかったんだろう。
どう違うか?何故違うか?どうしてそうなのか、それを分かり合わなければいけないと思ったので、
そう話をして、話し合いをすることにきめた。

あたしは、価値観が違えど、ふたりで共有する新たなものを作れたら良いと思う。
そこへむけての努力が足りなかったと思う。
人と一緒に過ごすって、結局共有できるものがなければだめだ。
彼はそれをあたしの中に見出せなかったということなのだけれど、
じゃあ作ろうといってみたい。

彼は今色々と成長しなければならないし、新しいステージに立っていると思う。
けども、それを乗り越えていけると信じているし、それを伝えたいということが、
今日話した中でわかった。
人間として支えて行きたいなと思った。

お互いフェスでリフレッシュして、お互いを大事に出来る方法をふたりで考えたいと思う。

ひとつひとつがひびく 

July 11 [Fri], 2008, 1:27
なんでもいいから会いたい。
まだ期待してるから、早く現実に見せてほしい。

日常のひとつひとつがいちいち繋がっている。
思い出さないということが出来ない。
目の前にあらわれてもくれないが、消えてもくれないんだ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:say0328
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる