引っ越しの際業者選びは大切です。「どこでもい

February 21 [Tue], 2017, 15:49

引っ越しの際、業者選びは大切です。「どこでもいい」という所以には決していきません。そして、特にどこか、是非利用したいという業者がないのだったら名の知れた大手を使うのが少なくとも、失敗はしないでしょう。





例を挙げるなら、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。


存在感のある有名企業ですので信頼もあり、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。




社員教育もしっかりしている場合が多いですし、効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。どんなケースであっても、引っ越しの前に絶対欠かせないのは転出届を提出し、転居を公にすることです。




複雑な手つづきではなく、現住の市区町村で役所に出向き、窓口で手つづきできますが、郵送で送ることもできます。





また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出す事ができる市区町村が多いそうです。




国民年金の加入者が引っ越しすることになっているなら、加入者なら持っているはずの、国民年金手帳の住所を変更する手つづきを行なう必要があります。


それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にて住所変更手つづきをしてしまいましょう。手つづきの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。





もし、本人が役場まで行けないのだったら、委任状を作成することで代理人による手つづきが可能となります。




引っ越しには色々とお金がかかりますが、では具体的にどのくらいになるのかわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。しかし、費用関連については、ネットを使うとすぐに知る事ができるでしょう。



また、複数業者からざっくりとした見積もりを貰えるようなサービスもありますから、どの会社を使用するべ聴かどうにも判断しかねている場合は一度、業者の比較サイトを利用してみるのもいいかもしれませんね。


このまえ引っ越したのは良いのですが、当日までの準備は大変でした。


それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に大きい荷物を移動して貰いました。


けれども、それ以外の荷物はおねがいしていません。


自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日も前から時間をとって、台車を借りて運び出し、なんとか移動できました。




台車一台で、よくも運んだものです。



いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。


自分の場合は新築に引っ越したのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、家具が備え付けられた住宅の場合だったら、引越し前から使っているガスコンロを引きつづき使うという手もあります。


ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。



ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新しいものを買おうと考えているなら使いたいコンロが使用可能か、注意して頂戴。多様なものが身の周りにあふれている生活を送っているとすれば、その方の引っ越しを困難にしているのは所有するものの整理と荷造りでしょう。



ものが多すぎて整理しきれず、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、これを一つの契機としてどんどん捨ててしまうようにすれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。コドモが生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に新しく購入したマンションに、引っ越すことにしたのでした。さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、上手く分解できず、あきらめて、その通り運んでもらったのです。



そうしたら、びっくりするような値段ではありませんでしたが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。



できれば事前にどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。



引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはりお互いが気もちよく生活するためにも必要不可欠ですね。


さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のし付けをどうするのが良いのかが困りますね。引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記名すれば問題ないでしょう。そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、自分の家のエアコンをどう取りあつかえばいいのかわからない、といった類の問題を抱えている人は、意外と大勢いるそうです。




自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、なら購入先の電気屋に任せるべきでしょうか。あるいは、引っ越し会社に取り外して貰う方が安くつくのか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、わからないことが多くて困ってしまいます。


餅は餅屋と言いますから、エアコンの事はエアコン専門の「エアコンサポートセンター」に相談してみてはいかがでしょうか。私は引っ越し経験があるほうでしょう。どこでガスを止めるかはいろいろな意見があるでしょうが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来て貰うようにしています。




どうしても、引っ越しの準備をしていると体力も使いますし、汗もかくため引っ越しする前日の夜にお風呂で手足を伸ばして温まり、疲労を回復させたいのです。引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばずいぶん癒やされるものです。




引っ越しは何度もしてきていますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、いくつかの食器が割れてしまっていました。実は自分の作品だったので、かなりショックをうけました。ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。ですがこれ以降、大切なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。



引っ越しにより、いろいろな事務手つづきが必要となってきます。




それらのうち、特に重要視されるものはやはり、自動車関連でしょう。


運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、しっかり手つづきを行なう人が多いのですが、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば二度手間にならずに済みます。



引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手つづきの中で大切なのが自動車などの運転免許証を住所変更することです。運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、住所変更の届は早く出した方が良いのです。



転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を所定の窓口に提出し、届を書いて出すだけで手つづきは完了です。挨拶は引っ越しにとって欠かせません。


今でもやはり、転居元や転居先の隣人へちゃんと挨拶に行くのが良いでしょう。



挨拶をしなかったせいで隣近所との関係が悪化したりギクシャクするというケースもあるので、蔑に出来ません。




今後のコミュニケーションを円滑にするためにも、隣近所の住人には、積極的に挨拶をしておいた方が良いと言えます。




http://www.roccostuscanygrill.com/のホームページへにはこのリンクから
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょうま
読者になる
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/saxdyw20088/index1_0.rdf