ビューティフルライフ@バジル

April 13 [Mon], 2009, 16:29
ビューティフルライフ@バジル

「バジルの1枝を鉢の下に置けばサソリに変わる。」、
「この草をかいだだけで脳の中にサソリがわく。」
いった古い迷信に基づいているようです。
古代ギリシアでは憎悪、
不幸の象徴とされ、
“貧乏”はぼろをまとって、
バジルの傍に座った女として描き出されました。
また罵ったり、
嘲ったり、
悪態を付きながら種子を播かないと発芽しないとも言われました。
古代ローマ人も罵れば罵るほど良く繁ると信じていました。
ディオスコリデスは、
バジルを服用することを禁じていましたが、
プリニウスは、
気絶した人にバジルを入れた酢を嗅がせるように勧めています。
一方、
“愛の印”“惚れ薬”としての楽しい迷信も多く残っています。
モルダヴィアではこの草の1枝を手渡された若者は、
その娘を永久に愛するようになるといいます。
イタリアではバキア・ニコラ(bacia・nicola)キス・ミー・ニコラ(Kiss me,Nicholas)と呼ばれることもあり、
恋人に会いに行く若い娘はこの草を髪飾りに付けていくのです。
クレタ島では、
“涙で清められた愛”(Love washed with tears)の象徴とされます。
イギリスでは気象上、
現在ではほとんど栽培されてませんが、
中世ではハーブガーデンに植えられていた歴史があります。
ストローイング・ハーブのひとつであり、
香水、
ポプリ、
花束にも利用された他、
独特の甘さがソースや飲物の風味付けにも好まれます。
わたしはジェノヴァで食べたジェノベーゼが大好物です。
バジルの仲間には
「ダークオパールバジル」
「レモンバジル」
「ブッシュバジル」
「レタスリーバジル」
「ホーリーバジル」などがある。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sawsnnkn
読者になる
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sawsnnkn/index1_0.rdf