障害者の雇用の形

February 15 [Tue], 2011, 2:15
障害者の就職を求める企業は、年々増加しています。

障害があることが仕事上のハンディになるとは限りません。
トヨタなど大手会社も障害者を積極的に採用しています。

雇用義務達成のためだけではなく、
障害者を純粋に会社の新戦力として求人を出す企業が多くなってきています。

求人サイトには様々な障害者の就職情報があります。
障害者の就職情報は、契約社員の募集が多いように見えます。

企業にとっても当人にとっても、
障害者が契約社員として就職することにはメリットのある話で、
正社員での就職を望む人も多いとはいえ実はそれが良いともいえないのです。

企業は障害者の長期間の雇用を、
障害者雇用義務を達成するためにも考えているようです。

いきなり正社員として就職してもらうと、
仕事内容とのミスマッチが生じる可能性が後からあるようです。

長期雇用の調整期間が、契約社員の期間としているという会社もあるそうです。

スクールに通えばしっかり勉強できそうですが、
お金も時間もかかるのがネックですよね。


就職した障害者側としてもいきなり正社員として雇用され、
一般の正社員と同じレベルの成果や実績を求められるのは大変なことです。

慣れない仕事で無理をしすぎて体調を崩してしまったり、
自信を失う人もいるかもしれません。

契約社員として可能なのは、
経験を積みながら徐々に仕事の範囲を広げていくことです。

障害者が就職して長く働き続けるために重要なのは、
ミスマッチを回避しながら調整をしていくことでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sawayacashing
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sawayacashing/index1_0.rdf