2008年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像もな
風邪 (2008年04月13日)
アイコン画像チャコ
風邪 (2008年04月12日)
アイコン画像もな
朝から (2008年03月12日)
アイコン画像チャコ
朝から (2008年03月08日)
アイコン画像もな
意味もなく (2008年03月04日)
アイコン画像ゆっこ
意味もなく (2008年02月15日)
アイコン画像もな
もうすぐ。 (2008年02月06日)
アイコン画像チャコ
もうすぐ。 (2008年02月04日)
アイコン画像もな
世界で一番幸せなクリスマス (2008年01月30日)
アイコン画像ゆっこ
世界で一番幸せなクリスマス (2007年12月28日)
報告 / 2008年05月08日(木)




mixiと同じ日記を載せます。




5月1日 A.M.10:38

妊娠10ヶ月、38週4日

臍帯過捻転で赤ちゃんを死産しました。




4月29日

チャチャの散歩に行く為にコートを片手に家の階段を下りている時、
階段の中程から滑り落ちてしまいました。
お腹をぶつけることはなく、お尻とひじを擦るようにぶつけました。
しかし、赤ちゃんはいつも通り元気に動いていたので、
特に病院に連絡することもなく、
チャチャの散歩やいつも通りの生活をしていました。

この日は旦那様が仕事終わりに来てくれる予定で、
借りたベビーバスや大学の友達がプレゼントしてくれたプレイマットを
持ってきてくれる為に車で東京から来てくれ、夜の10:30頃着きました。


4月30日

朝から胎動を感じませんでした。
実は以前にも朝から胎動を感じない時があり、
その時はたまたま健診の日で病院でNSTをやってる間に
2〜3回動いた程度で心配をしていたんだけど、
助産師さんには『心配いらない、こういう風に大人しい日もある』と
言ってもらえたし、その後はまた元気に動いていたので、
この日も最初はあまり気にしていませんでした。

しかし、昨日階段から落ちたこともあるし、
本当に朝から全く胎動を感じなかったから、
心配で午後の健診に旦那様と2人で向かいました。

この時、臨月で胎動がないというのは珍しいことなのかと
色々と携帯で検索をしている時にある方のブログに辿り着きました。
その方は35週で来週には臨月を迎えるはずでした。
やはり同じように朝から胎動を感じなく、心配で病院に行ったら・・・
もう赤ちゃんの心臓は止まっていたそうです。
原因は同じく、臍帯過捻転のようでした。

このブログを読んでからとても心配になりました。
だけど、病院で呼ばれるのを待っている間に旦那様が
『赤ちゃんはたくましいから大丈夫だよ』と言ってくれました。

助産師さんに呼ばれ、体重を計っている時に、
『昨日階段から滑り落ちて、昨日は胎動がいつも通りあったんですが、
今日は朝から胎動がないので心配なんです』と話しました。
すると、助産師さんが『じゃあ、先にモニターを見ましょう』と
言ってくれて、エコーをやってくれました。
その日の先生はいつもの先生とは違いました。
昨日、今日の出来事を先生に話し、エコーを見てもらいました。

しばらく、先生は何も言わずにエコーを見ていました。
一生懸命、色んなところを見てくれました。

でもその時、何となく分かってしまったんです。
・・・モニターの中の赤ちゃんの動きが全くないこと。
心臓が動いていないことを・・・。

先生はしばらくして、『びっくりしないで下さいね』と言って、
『残念ながら赤ちゃんの心臓が動いてないんですよ』と・・・。
『これが頭で、胴体で、ここが心臓なんですが、動いてないんです』

・・・予感はしていたけど、まさかって思いました。

最後の望みを込めて先生に聞きました。
『もう助からないってことですか?』

『・・・そうですね、残念ですが・・・』

『ただ、昨日階段から落ちたっていうのが原因とは言えないんです。
 臍の緒が巻き付いているとか、他の原因も考えられるんです。
 お母さんが悪い訳じゃない、誰が悪い訳じゃないんです』
そう先生は言ってくれました。

『ご主人様は来てますか?一緒に説明しましょう』と言って、
助産師さんが旦那様を連れてきてくれました。
・・・怖くて信じられなくて旦那様の顔は見れませんでした。

先生はあたしに見せてくれたようにモニターを見せてくれ、
同じように昨日のことが原因かどうかはまだ分からない、
誰かが悪い訳じゃないと説明してくれました。

先生の話を聞いてる間、涙がポロポロ流れてきました。
旦那様はずっと頭を撫でてくれました。

そして『今、これから考えなきゃいけないことは
お母さんの子宮を良くしていくことです。
今日はこれから入院してもらい、明日出産という形になると思います』
と先生は言って、助産師さんにいつもの先生を呼ぶように言いました。

一度診察台から降りて待っている間、2人で泣きました。
説明を聞いている間、堪えていたものが一気に押し寄せてきました。

もう赤ちゃんは生きていない。
動かなかったのは亡くなっていたから。
あと11日で産まれるはずだったのに。
昨日階段から落ちたのがいけなかったの?
家族に皆に何て伝えればいいの?

・・・色んな考えが頭の中でいっぱいになった。
とにかくもう赤ちゃんが生きていないのだと悲しくて仕方がなかった。
信じられなかった。信じたくなかった。

そしていつも診てもらっている先生が到着し、
今日診てくれた先生が状況を報告すると、
『もう一回お腹見せてくれる?』とエコーをしました。

モニターで心臓が動いていないのを確認すると、
別室に移動し、これからの詳しい予定や原因を聞きました。

先生が言った一言が今でも忘れられない。

『赤ちゃんはもうお母さんの体にとって異物になっている』

・・・確かに医学的にはそうなのかもしれない。
でも決して赤ちゃんは異物なんかじゃない。
生きていないかもしれないけど、動いていないかもしれないけど、
お腹の赤ちゃんはあたし達の大切な赤ちゃんだから。

これから怖いのは胎盤が剥がれたり、大量に出血することだと。
とにかく、これからの為にも子宮を良好に保つ為に、
早く出産しないといけないとのことでした。

『これからすぐに入院して、まず子宮口を広げる処置をします。
 そして明日の朝、誘発剤を使って自然分娩で出産となります。』

それからあたしは採血や心電図、X線写真を撮ったりしました。
お腹が大きなまま、病院内を歩くのは苦痛で仕方なかった。
傍からは普通の妊婦さんに見えることが悲しかったから。
あたしが検査している間に旦那様は家族に連絡を取ってくれました。

そして、助産師さんと旦那様と3人で陣痛室に向かいました。

・・・つい、1週間前に母親学級で病院に来た時、
陣痛室や分娩室、病室などを見学しました。
その時は『あぁ、ここで産まれるんだなぁ』って思ってた。
だけど・・・産むことには違いないけど・・・また苦しくなりました。

旦那様は廊下で待っててもらい、
陣痛室で渡された分娩着に着替え、隣りの分娩室に行きました。
分娩台に横になり、先生が来るのを待ちました。

先生ともう1人の助産師さんが到着し、
子宮口を広げる処置を始めました。

・・・処置の間、痛くて悲しくて涙が止まりませんでした。
我慢しようと思っても、涙は止まりませんでした。
怖くて怖くて震えました。
助産師さんが『怖いね、痛いね。もうちょっとだから頑張ろう』と
処置の間、ずっと手を握っていてくれました。

本当に出産する時はきっとこんな痛みにも耐えられるんだと思う。
でもちゃんと産んであげる為に、
赤ちゃんが生きていたことを証明してあげる為に、
この痛みや恐怖をちゃんと感じてあげなきゃと思った。

そして、処置が終わって、車椅子に乗せられて病室に向かいました。
廊下では旦那様の他に、あたしのお母さんとお兄ちゃんがいました。

申し訳なくて、悲しくて、涙が出ました。

病室に着いて、ベッドに寝かせられてから、
お母さんとお兄ちゃんは先生から説明を受けに行きました。

病室に旦那様と2人きりになってから2人で思い切り泣きました。
そこまでずっと声を殺してなるべく我慢していた、
悲しみ、怖さ、痛み、全部出しました。
2人でずっとずっと・・・声をあげて泣きました。
涙と鼻水で顔がボロボロになるのも、息が苦しくなるのも、
何もかも気にしないで泣きました。

お母さん達が帰ってきてからも、お母さんが掛けてくれる言葉
一つ一つに涙を流しました。

『自分を責めるんじゃないよ。
 誰かが悪い訳じゃないんだから。
 お腹の赤ちゃんはこうなる運命だったんだよ。
 仕方がなかったんだよ。
 とにかく今はもなみの体が大切なんだからゆっくり休みなさい。
 何も余計なこと考えなくていいから。
 もなみはすぐ自分が悪いって思ってしまうだろうけど、
 絶対そんなことはないから。
 でも悔しいね、悲しいね・・・・・・本当に悔しいよね・・・。』

それからお父さんも駆けつけてくれて、
寝てるあたしの頭をぎゅっと抱き締めてくれました。
また涙を流しました。

子宮口を広げる処置をすると、生理痛のような痛みを感じるからと
助産師さんに言われていた通り、時折お腹が痛くなりました。

それからおじいちゃんとおばあちゃんも来てくれました。
初ひ孫・・・きっと楽しみにしてたよね・・・。

夜になって、お姉ちゃんも来てくれました。
お兄ちゃんもお姉ちゃんも姪が産まれるの、楽しみにしてたよね。
お父さんもお母さんも初孫、きっとすごく楽しみにしててくれたよね。

・・・皆、ごめんね、産んであげられなくて・・・。

赤ちゃんがもう生きていないこと、皆に申し訳ない気持ちが
溢れては涙が止まりませんでした。

5時半、病院で夕食が出ました。
助産師さんは『気持ちが落ち着いたら食べてね』と言ってくれました。

本当は食べる気分になれなかった。

でも明日、ちゃんと赤ちゃんを産んであげる為にも
ちゃんとご飯を食べて体力を付けないとと思い、
一生懸命食べました。

9時、消灯の時間。
旦那様以外は家に帰っていきました。
病院から簡易ベッドを借りて、旦那様は一緒に泊まってくれました。

だけど、簡易ベッドは使わずに2人で一緒に寝ました。
電気もテレビも消しても眠れるはずありません。
あまりにも突然過ぎた今日一日のことを思い出しながら
また悲しくなって泣きました。


5月1日

夜中、悲しみとお腹の痛みで何度も何度も目が覚めました。
旦那様も同じようで、あたしが痛がっていると腰をさすったり、
マッサージをしたりしてくれました。

6時半に助産師さんが検温に来ました。
7時に朝食を運んできてくれて、『7:45頃に迎えに来るので、
それまでにご飯を食べて準備しておいて下さい』と言いました。

7:45、助産師さんと旦那様と陣痛室に向かいました。
『まずは浣腸して、その後誘発剤を打ちます』と言われ、
8:00、浣腸をしてトイレに行ってから誘発剤を打ちました。

誘発剤を打ってすぐ、陣痛はやってきました。
最初はおそらく5分か7〜8分間隔。
痛みはどんどんどんどん強くなっていきました。
痛みが強くなっていくのと同時に間隔も狭まってきました。

2時間程、陣痛に耐えていました。
1分間隔ぐらいになると、助産師さんと先生が来て、
子宮口の開き具合を確認して、破水もしたのかさせられました。

破水をしてから、また更に痛みは強くなりました。
旦那様は誘発剤を打ってからずっとそばにいて、手を握って、
呼吸法を一緒にしてくれたり、お茶を飲ませてくれたり、
頑張れ頑張れと声を掛けてくれました。
途中でお母さんとお姉ちゃんも来てくれて腰をさすってくれました。
陣痛が来た時は旦那様の手や腕をぎゅっと握り締めていました。

それまではいきみたい感じがなかったので、
まだ陣痛にも耐えられましたが、破水をしてから少しすると、
赤ちゃんがもうすぐ産まれてきそうな、いきみたい感じがしました。
いきみたい感じが出てくると、ますます辛くなりました。

あたしが苦しんでいると、旦那様が
『助産師さん呼ぼうか?今呼ぶから、もう少しだから頑張れ』と
言ってくれて、ナースコールを押してくれました。

しかし、ナースコールを押しても返事がなく、
助産師さんも先生も来てくれませんでした。
お母さんが探しに行こうとした時、ようやく助産師さんが来てくれて、
『もういきみたいね。陣痛がない間に分娩室に移動しよう』と言って
助産師さんに支えてもらいながら隣の分娩室に移動しました。

分娩台に上がり、助産師さんが子宮口を確認すると、
『じゃあ、もう産もうね。旦那様以外は外で待ってて下さい。
旦那様は白衣を着て下さい。』と言って、出産が始まりました。

陣痛に合わせて何回もいきみました。
もう痛くて怖くて、涙が出そうになりました。
でも赤ちゃんを産んであげたいと思って必死にいきみました。

10:38 何回目かのいきみで赤ちゃんが産まれました。

産声のあげない出産。

赤ちゃんはとても可愛くてきれいな子でした。
妊娠中は『赤ちゃんなんて産まれた時は皆同じでサル顔だから、
可愛いなんて思えない』ってずっと言っていたのに・・・
本当に心の底から可愛いと思いました。
この子があたしと旦那様の赤ちゃんなんだと・・・。

産まれてから赤ちゃんが亡くなってしまった原因が分かりました。

臍帯過捻転といって、臍の緒が一部分で極端にねじれてしまい、
赤ちゃんに酸素や栄養がいかずに亡くなってしまったとのことでした。

あたしは臍の緒を見ることが出来なかったけど、
旦那様が助産師さんに見せてもらったところ、
赤ちゃんのお臍のすぐ近くの一部分の臍の緒だけが
異常にねじれて細くなっていたそうです。

あたしが胎盤や傷の縫合をしてもらっている間、
赤ちゃんは少し離れた場所に置かれていました。
あたしは産まれてからずっと赤ちゃんを見つめていました。

そして処置が終わってから、旦那様が『触ってもいいですか?』と
聞くと助産師さんはあたしの脇に赤ちゃんを抱っこさせてくれました。

ずっしりと重たくて、まだ温かく柔らかい赤ちゃん。
ほっぺたも赤くて、まるで眠っているような赤ちゃん。
今にも起きて泣き出しそうな赤ちゃん。
あと10日で産まれる予定だった赤ちゃん。

・・・本当に生きているようだった・・・。
何で産声をあげないのか、目を開けないのか・・・不思議なくらい・・・。

体重2746g、身長48cm、胸囲29cm、頭囲31.5cm
可愛い女の子でした。

その日の夜、また泣きました。
旦那様と一緒に赤ちゃんの話をしながら・・・。


5月2日

この日、赤ちゃんと一緒に退院しました。

東京から旦那様の家族が来てくれました。
お義父さん、お義母さんに何て言ったらいいか分かりませんでした。
申し訳ない気持ちが大き過ぎて、何か声に出そうとすれば
涙が溢れてきてしまいそうでずっと我慢しました。

2時に看護師さんに抱っこされて赤ちゃんが来ました。
お義母さんがお祝いにくれた初着を着て。

よく赤ちゃんを見ると、胸の上で手がしっかりと組まれていました。

それを見た瞬間、どうしようもなく、また涙が出ました。

おくるみに包んであげ、あたしが抱っこして、一緒に退院しました。

腕にかかる重みが幸せで悲しかった・・・。

そして、一度家に帰り、遺影の写真や家族で写真を撮りました。
もうこれで赤ちゃんの姿を見ることが出来なくなるから・・・。

3時 火葬場に行きました。
あたしと旦那様の家族、あたしの祖父母4人が来てくれました。

赤ちゃんを小さな小さな棺に入れました。
お布団をかけてあげ、お花を入れてあげ、
お母さんがあたしと旦那様の写真を入れてくれました。
『パパとママだよ、忘れないでね』と・・・。

どんなに我慢しようと涙が止まりませんでした。

旦那様と2人で棺の蓋を閉めました。

赤ちゃんは小さな棺に入れられ、火葬場に運ばれていきました。

遺影の前でお焼香をあげました。

1時間半後、赤ちゃんは小さな小さなお骨になって戻ってきました。

そして皆で骨壷に丁寧に納めていきました。
どれもこれも本当に小さくて細いお骨でした。

その小さなお骨の中に天使の羽根がありました。

大人でいうと喉仏に当たる部分で、
赤ちゃんの時にしかないものだそうです。

本当にきれいな天使の羽根の形をしていました。
その天使の羽根を骨壷の一番上に乗せてあげました。

この小さな天使の羽根で空を自由に羽ばたいているといいな・・・。
地上で歩けなかった分を・・・。



今、毎日お線香をあげています。
毎日、話し掛けています。

今、お空で何をしていますか?
元気に羽ばたいていますか?
あたし達のことを見ていてくれていますか?
いつかまたあたし達の元へ戻ってきてくれますか?


まだまだ日が浅く、ふと気が緩むと涙がこぼれます。
気持ちの整理がまだ出来ていない状態です。

だからこの日記を読んでも、コメントやメールはしないで下さい。
こんなにも早く皆に報告したのは『もう産まれた?』とか
『まだ?』とかそういった連絡が来るのがとても辛かったからです。

まだ何を言ってもらっても、慰めの言葉をもらっても、
何て返したらいいのか分からないから・・・
だから勝手で申し訳ないけど、お願いだからそっとしておいて下さい。

また元気になったらあたしから日記なり、連絡なりします。

それまでそっとしておいて下さい。



でもあたしは・・・

この10ヶ月、赤ちゃんがお腹にいたことがとても幸せでした。

あたし達の赤ちゃんを産めたことがとても幸せでした。

赤ちゃんを抱っこ出来たことがとても幸せでした。



そして、妊娠出産は本当に奇跡的なことなんだと感じさせてくれました。

誰もが妊娠出来る訳じゃない。

誰もが妊娠すれば出産出来る訳じゃない。

無事産まれてきても、誰もが健康に育っていける訳じゃない。

本当に奇跡的なことなんだということ、

そして、命の大切さを感じさせてくれました。





風花ちゃん。

あたし達を選んで、あたしのお腹に来てくれて、ありがとう。

生きて産んであげられなくてごめんね・・・。

風花ちゃんはあたし達の元で幸せでしたか?

また、あたし達を選んで来てくれますか?

あたし達は風花ちゃんが来てくれるのをいつまでも待ってます。

本当にありがとう。

風花ちゃん、大好きだよ。



 
   
Posted at 18:29/ この記事のURL
コメント(0)
滑落 / 2008年04月29日(火)




………………滑り落ちました、階段から………………




今日、チャチャの散歩に行こうとコート片手に階段を降りてたら…

階段の中程でズリッと滑り、

ズダダダダダダダッと滑り落ちました(;゜Д゜)

うちの階段は絨毯なんだけど、あたしもタイツ履いてたから

滑りが良かったみたいでねぇ(*´Д`*)笑




お腹はどこにもぶつけなかったものの、お尻を強打しました。

おそらく、アザになるんじゃないでしょうか(笑)




でもお姫さんは元気に動いてるので問題はないかと(笑)

特別なお腹の張りも出血もないし。




でも一応心配になってネットで調べてみたら

(病院に電話とかではない:笑)

ある人の体験談で38週の時に転んで尻餅をついたら

次の日に陣痛が来たと(笑)




うーん…あたしも明日、陣痛が来てくれたらちょっと嬉しいかも(*´艸`)笑

ちょーど今日旦那様がうちに来る予定なので。

…とゆーか、今向かってる(笑)

借りたベビーバスとか友達に貰ったプレイマットなんかを

持ってきてもらう為に車で向かってるとこなんです。

今日は休日出勤だったから、うちに着くのは11〜12時辺り。

それでもまた明後日には仕事なので明日とんぼ帰り(*´・д・`)

だから明日陣痛が来てくれるとちょーどいい感じなんだけど(笑)




でもこんなに動き回ってるからまだまだ出てくる気はないのかな(*´Д`*)





 
   
Posted at 21:13/ この記事のURL
コメント(0)
お腹。 / 2008年04月25日(金)




現在、こんな感じです



もっと分かりやすくしてみるとこんな感じ







でも前から見ると割と普通







本当に前に突き出てます。笑

後ろから見るとあんまり妊婦って感じではないの。



しかし、思っていた程、大きくならないのね、お腹。笑

臨月になったらもっとドォーーーーンと出るのかと思ってたのに。笑

これが普通なのかしら?

でもお腹のお姫さんはもう2900g超えてるのにな・・・(笑




そういえばこの写真で分かるかもしれないけど、

ばっさり髪の毛切ってます

・・・って日記に書いてないよね?笑



切ったのは随分前なんだけど(笑

実家に帰ってきてからすぐお姉ちゃんの美容院行って、

リタッチ、カット、パーマのフルコースをしました。笑

もう髪が長くて、洗うのに時間かかるし、腰も痛くなるので、

産まれる前にばっさり切ってしまおうと思って。



本当なら、縛れるぐらいの長さは残しておいた方が

これからの育児にはいいんだけど、

もう中途半端なのも嫌だと思って(笑

ばっさりとボブにしてしまいました

ほぼワンレン。久し振りにこんなに短くしました。



きっとまぁ産まれてから中途半端な長さに伸びて

後悔することでしょう。。笑

あたし、髪の毛伸びるの早くてね



 
 続きを読む…  
Posted at 20:57 / ★10ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
2800 / 2008年04月17日(木)




ご心配お掛けしまして

どうやらピークを越えたようで、
あとちょっとの咳とガラガラ鼻声のみになりました

何だか寝る体勢にも慣れてきたみたいで、
前よりも寝つきは良くなりました
まぁ妊娠前や前期・中期に比べれば本当に寝にくくなったけど



そして、15日は臨月に入って最初の健診に行ってきました



心配してた体重はまぁ一応許容範囲の500g増で済み(笑
それもおそらく、お姫さんの成長分だけでした


そのお姫さん・・・
・・・なんとまぁ、推定2823gまで成長してました


・・・ちょおーーーっと一気に大きくなり過ぎじゃありません?笑
あなた、まだ36週目なんだけど?笑
既に2800超えってあと4週間でどれだけ成長するのよΣ( ̄□ ̄;
産まれてくる頃には明らかに3000オーバー。。

最近は小さく産んで大きく育てるのが流行ってて、
皆、割と2500〜2900の間ぐらいで産むんだけど・・・

・・・あなた、絶対おデブちんで産まれてくるでしょ?笑

あたし自身が3900で産まれてきたから遺伝かしら?(まさか:笑


まぁあたしの体重増加がお姫さんの成長分のみだったって考えると
しっかり栄養がいってるんだなとは安心するけど・・・

・・・それにしたって・・・ねぇ?笑

絶対、出産大変になるよー(ノ´Д`)ノ


だからもう、日曜日に37週で正産期に入るので、
来週以降に出来れば早めに産まれてきて欲しい。笑

女の子だから早く産まれるのは可哀想かなって思ってたけど・・・
それ以上に出産が大変になる方が困るわ(笑

そうなると、本当に今週中には準備しとかないとね

あと、出産育児一時金の申請もしなきゃ


とにかく来週になったら、早く産まれてくれるように、
散歩の時間増やしたり、スクワットや階段昇降でもするかな(笑

・・・あ、でもGWに産まれてきても困るなー(ノ´Д`)ノ
旦那様はお休み取れるみたいだけど、
分娩費高くなりそうだしな・・・(笑

まぁどっちにしろ、予定日は日曜日だから
通常よりは高くなるんだろうけど(*´Д`)=з



 
   
Posted at 10:31 / ★10ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
ついに / 2008年04月13日(日)



臨月突入です



もう臨月です。笑
でもとにかく辛いです。笑

風邪は何だか悪化しているように思います。。

今日は喉と鼻が痛くて5時に目が覚めました・・・
そこから眠れず。。



鼻もいつものアレルギー性鼻炎じゃなく、
・・・とゆーか、今の時期ぐらいから鼻炎も治まってくるんだけど、
風邪のせいか、鼻もズルズルで、
喉と鼻がおかしいから、頭が常にぼーっとする。。
そして肩から首にかけて痛い。。

もう本当に辛いです。゚(゚ノД`゚)゚。

風邪だけならいいものの、
昨日書いたように寝ても座っても体が落ち着かず、
気持ち悪くなってしまうので、最悪な状況。。

だからとにかく座ったり、寝たり、立ったり、歩いたり、
その時々で楽な姿勢を常に探して動き回ったり、
こうやってネットをして気を紛らわさないと
ちょっとでも喉や鼻の痛みや体の気持ち悪さを実感すると・・・
・・・もう最悪です・・・。



 
 続きを読む…  
Posted at 10:10 / ★10ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
風邪 / 2008年04月12日(土)



引いたっぽいです。笑



ここまで何の異常もなく、順調にきましたが、
臨月間近にして、風邪引いてしまったかも・・・_| ̄|○



まずは朝起きてから喉が激痛。。
でも食欲も普通にあるし、かなり痛いけど食べれる。
・・・と思っていたら、午後から風邪っぽいだるさ。。
咳をすると体の節々に響く感じ。。

・・・いやー・・・こりゃ、風邪じゃないっすかね。。笑

熱はないっぽいし、計って高熱だったりしたら
余計に気が滅入るので計ってないけど。笑



それから、異常もなくと書いたけど、
あたし、何気にウテメリン処方されてます。笑

ウテメリンとはお腹の張り止め薬のこと。

そんなに気にしてなかったけど、結構張りやすいらしい。
まぁ妊娠が分かってからあんまりゆっくり休んでる暇もなく、
結構動きっぱなしだったから、張るのも納得。笑



それで3月中旬ぐらいに先生に
横になって休んでまだ張るようなら飲んで、
卒業式とか張りそうな時は前もって飲んでおいてと
ウテメリンを1週間分処方されました。

通常、切迫早産とか本当に張りやすい人は
1日3回とか4回とか飲むんだけど、
あたしはそこまでではないです。

だから、卒業式や謝恩会の時も飲んだし、
今は毎日お母さんと一緒にチャチャの散歩に30分から1時間ぐらい
行ってるので、その前に飲んだりとかしてます。

・・・そうそう、そんな張り止めが処方されてるのにも関わらず、
チャチャの散歩ではほぼ毎回走ってます。笑
自分でも妊婦なめてんじゃないかって思うけど(笑
まぁ大丈夫だろうと思って走ってます。笑


 
 続きを読む…  
Posted at 11:37 / ★9ヶ月★ / この記事のURL
コメント(2)
1ヶ月 / 2008年04月11日(金)


ようやくPCから更新出来る



里帰りしてからとゆーもの、
日記やmixiなど、全て携帯から見てました

里帰りする時、自分のノートは旦那様の家に置いていったんだけど・・・
実家に帰ってきたらお父さんに

『パソコン持って帰ってきた?』

と。



・・・え?


持って帰ってきてないけど・・・?


え?


だって、うちにあるでしょ?



『モニターが壊れた』



と。



・・・・・・Σ( ̄□ ̄;



ばかーーーーー・・・





・・・とゆー訳で、旦那様に持ってきてもらうまで
PCが出来なかったんですね(*´Д`)=з

そして、先週の6、7、8日と旦那様が来てくれたので、
その時PCも一緒に持ってきてもらいました。

旦那様の家では旦那様のPCをずっと使ってたので、
自分のPCを使うのは久し振り。
やっぱりお気に入りとかURLとかクッキーとか
自分のだと使いやすいね(*´∀`*)



 
 続きを読む…  
Posted at 13:18 / ★9ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
不眠 / 2008年04月05日(土)



後期になるとよく眠れなくなるって言うけど…

最近、本当に寝付きが悪い。

昔っから寝付きは悪かったけど、最近はそうでもなかったのに…

後期になって寝付きの悪さが復活してきた。




寝付きが悪いと考えなくてもいいことを考えてしまう…

もう気にしなくていいはずのことを。

今更気にしなくていいことを。

考えても仕方がないことを。




考えてしまうから余計に眠れない。




もうアタマイタイ…





 
   
Posted at 00:04 / ★9ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
お雛様 / 2008年04月04日(金)




今日片付けしました。




うちは地方なので3月ではなく、4月にひな祭りをするんですね。

七夕も8月だった気がする。

まぁ3月、7月にやるとこもあるけどね(笑)




うちは一応七段の立派なお雛様なんだけど、

段を作る骨組み?が重くて準備するのが大変だし、

場所を取ってしまうので、最近は人形や道具だけを出すだけ。




…でもね、人形だけがずらっと並んでると怖いのよね…(笑)

しかも必ず準備や片付けの時に何体か首を取ってしまう。笑

わざとじゃなくて、袖が引っかかってしまったりしてね(*´Д`*)

ポロッと取れるとまた怖いんだよね…(笑)

悪気はないから許してね、お雛様(笑)





…そして、内緒にしてたはずの性別がチャコちゃんにバレちゃったので(笑)

こっちでも公表しちゃいます(*´∀`*)




ベビーちゃんは女の子でした★




女の子の場合って、こういうお雛様とかってうちが買うのよね?

嫁のお家が(笑)

実家にはちょっと色々と金銭的負担を掛けてしまうかも?(;゜Д゜)




結婚して大変だなぁって思うのはやっぱりこういうしきたりとか

伝統とか昔の家制度みたいなことだよね。

だから赤ちゃんも先に男の子が産まれてくれたら楽だなぁと思ってました(笑)

旦那様が本家の長男だからね(*´Д`*)

長男だけならまだしも本家って…( ̄□ ̄;)!!笑

しかもお義父さんの親戚はかなり色々とうるさいみたいで

5人だか6人兄弟なのよねぇー…

うーん…面倒(笑)




当初は一姫二太郎が良かったから希望通り?笑

どちらにしても五体満足元気に健康に産まれてきてくれればそれで充分。

あと1ヶ月ちょっと。

元気に産まれてきてね(*´∀`*)


 
   
Posted at 21:27 / ★9ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
過去 / 2008年04月02日(水)




未だによく思い出すこと。




旦那様と付き合い出した時のこと。




もう3年も前になるけど、未だに鮮明に思い出す。

思い出してはドキドキする。

もし過去に戻れるならあの時のあの場所に戻りたい。

そして今度は客観的に見ていたい。笑

本当にあの時はドキドキしたなぁー。




何か…未だにあの時のことをドキドキ出来るっていいなぁって思う。

3年前に比べてケンカは多くなったけど、

それだけお互い気持ちをぶつけられるようになったってことだし、

ケンカしてでも一緒にいたい相手だっていうことだもんね。




でも昔のことも忘れずに嬉しくなったり、ドキドキしたり出来るのも

すごくいいことだなぁって素敵なことだなぁって思う。

昔のことを思い出して優しくなれたりもするし。

昔のことを羨ましく思うってことじゃなくて微笑ましく思う。

戻りたい訳じゃなくて忘れたくないだけ。

今もあの時と同じくらい、好きで大切だから。




今と昔は色々と違うけど、変わらないのは二人が過ごしてきた過去。

そして、旦那様を想う気持ち。

これは大きくなっていってるから変わっているものかな。





そういえば昨日もちょこっとケンカしました。笑

でもすぐに仲直り。

すぐに仲直りするのはケンカしてる時間が嫌だから。もったいないから。

一人で悶々と考えて悩んでイライラしたり悲しんだりしてるより、

相手にちゃんと自分の気持ちを伝えた方がいいって思うから、

ケンカしてもすぐに仲直りする。




素直にならないからケンカになる。

これは今も昔も変わってないかもな(*´Д`*)




 
   
Posted at 11:59 / ★9ヶ月★ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!