[untitled] 

2006年08月10日(木) 22時06分
待っているときに限って

メールは届かない

[untitled] 

2006年07月30日(日) 21時15分
誰も恨んでないよ
誰も憎んでないよ
そんなことしたって
無意味だってことは知ってる

悲しいのは僕だけでいい
だからもう

ほうっておいて

歌手・中居正広 

2005年12月23日(金) 22時48分
金スマ。

あんなに美しい男性はやっぱりいないと思いました。
そして、いつもバラエティでははじけている中居くんばかりで、ともすればあの中居くんが「素」なのだと誤解されがちだろうけれど、でも本当の中居くんって、小田さんの前にいた、あの謙虚で礼儀正しい、きちんとした人なのだということを、改めて思い知らされた感がありました。

小田さんの声にリンクされた中居くんの歌声・・・いつもと同じなのに、そうじゃなかったというか・・・上手く聞こえたのは私だけじゃないですよね?(笑)

歌い終わり、ステージから降りた後の中居くん・・・・真っ赤な目がとても印象的でした。白い肌に、赤い唇・・・本当に顔立ちの美しい人だと思いました。目に涙をためて「嬉しい」を連発した中居くんの言葉。心からでた言葉だと思いました。後にも先にもないと言い切ったその瞬間を、こうして見ることができて、幸せです。

かりんさん、日記読ませていただきました。しばらくネットがつながらない生活をしていたので、まとめて読みました。仕事も忙しく、いろんな辛い現実から逃げていることも相変わらず多々ある生活を送っている私ですが・・・ここは細々ずっと続けていきますね。


年末年始のお休みには、また砂の器を見たいなぁ・・・来年、ドラマやらないかしら、中居くん。

anan 

2005年10月26日(水) 23時03分
今日たまたま本屋で目にした「anan」

そこに映っていた、美しい中居くんの顔・・・うっとり。
きれい・・・美人な男の人、って感じ・・・

ニット帽をかぶった中居くんは・・・あの日の蒲田にいた和賀さんのよう。
もっとも、あのときのような、悲壮感や切迫感は持ち合わせていなかったけれど。

中居くんの恋愛観についてのインタビューが載っていたけれど、なんだかかわいかった。
中居くんの色恋話って全然聞かないけど、実際どうなのだろう。
中居くんに愛される女性って、どんな人なのかなぁ・・・・


かりんさん、ananみましたか?

今日の独り言 

2005年10月02日(日) 21時22分
かりんさん、特番見てますよね。
かりんさんも見てるだろうなぁと思いながら書いています。

何度見たかわからないほど、あのシーンは見てきたはずなのに、やっぱり泣いてしまう私がいました。ワイプ(っていうんでしたっけ、あの画面の隅にうつるちっちゃい生映像)では照れ隠しでふざけてばかりいた中居くんだったけど・・・もっともっと、砂の器の話を聞きたかったなぁ。ココリコ遠藤くん、ベッキーちゃん、砂の器の話題を振ってくれてありがとう!と声を大にしていいたいです(笑)でももう一押しほしかったなあ・・・・

あれ、俺が書いたんじゃねぇもん、なぁんて暴露しちゃったりして・・・もう(笑) 私は中居くんだと思い込んでいたんですけどねー。和賀さんのイメージでは、美しい字ということにしておきましょう(笑)

なんだかんだ言って照れ隠ししてる中居くんも好きだなぁ、なんて思いながら見てました。


でもまたしても、中居くんの魅力にやられてしまった私。かりんさんもきっとそうなんだろうなぁ。あーもう、またDVD出して見ようっと。


早くまた、ドラマやらないかなぁ。2年サイクルでしたっけ、てことは、来年とか??もちろん、スタッフは同じで、がいいなぁ。

こみあげる 

2005年09月17日(土) 0時04分
先日、旦那が録画していた所さんの「笑ってこらえて」を見ていたときのこと。

とある二人のなれそめから結婚までをドラマ仕立てにして、結婚式でそれを流すっていう企画・・・・突然流れたのは、宿命。

もう、あのときのどきどきというか、ぎゅっと胸が締め付けられる感じといったら。
自分でもびっくりしました。それが宿命だと気づく前に(最初に耳が音楽を覚えていたせいで、「あれ、きいたことある」って思ったんです。それから程なくしてすぐに宿命だと頭が認知したという感じです)、血が逆流するような、なんていうか、身震いするような感じがしました。

番組自体は、ほのぼのとした作りのもので、宿命の音楽の重さからは対極にあったのだけど・・・でも私には、あの宿命のメロディが、体を駆け巡って苦しくなるような気さえしました。

そういえば、かりんさんのところでも書かれていたなぁ、中居くんの司会の番組。砂の器のこと・・・今から期待しています。どんな風に、中居くんの口から語られるのかなぁ・・・

ツーショット 

2005年09月13日(火) 0時51分
今日のスマスマ。
あさみと和賀さんのツーショット・・・といいたいところですが、あのイメージは全くなく(笑) まぁ当然といえばそうなのですが。砂の器の時の話も全くなく・・・局が違うからかな。でも、中居くんが親しげに松雪さんに話しかけているところが、妙ににっこりさせられる感じではありました。

中居くんの髪型・・・あの前髪は一体(笑) 黒っぽい色のほうが似合う気もしたり。これは砂うつ病だからそう思うのかなぁ???

月9のスローダンスが今日最終回ということで15分ずれ込んでいたようですが、それを知らずに(月9に興味がない私・・)テレビをつけたので、たまたま最終回のラストシーンを見ました。妻夫木くんの「みさきさんが、好き」という台詞。ドラマの告白って、「好きなんだ」とか「好きだ」っていう言い回しがほとんどのように思うのですが、今回「好き」という言い回しが妙にかわいらしく、ほほえましく。深津さんは好きな女優さんだし、妻夫木くんも私にしては珍しく好きな部類の俳優さんなので、ほほえましく見させていただきました。

でもその後にスマスマでの久々のツーショットを目にしたので、あさみと和賀さんのことを思い返すと、あの二人の想いや絆というものは、言葉なくしてもあんなに痛いほど伝わってくるという点で、二人の演技も脚本もすべて、本当にクオリティが高いなぁと改めて痛感したのでした。

中居くん・・・・髪型、変えようよー(笑)

かりんさんへ 

2005年09月09日(金) 19時49分
久々にこの場所にやってきました。かりんさん、お元気ですか?

私の中の中居くん熱が冷めた訳でもなく、砂うつ病も一向によくならず(笑)、相変わらずの私です。

仕事を始めて3ヶ月・・・父のことだけでなく、私には次々によくないことが続き、正直凹みまくっていました。人生で2番目のダーク街道・・・つらく、苦しく、長く。出口の見えないトンネルをひたすら這いずり回る感じ・・・

でも、毎日朝はやってきて。
そして、中居くんのJRAのCM「なんとかなるさ」に励まされ続けた日々・・・

ようやく、帰ってこれました。

かりんさんに、一言、私はなんとか少しずつ浮上し、ここにいますって伝えたい。
かりんさんのブログ、読ませていただいています。これからもずっと、読み続けます。

また少しずつ、ここに書き記していこうと思います。

また、逢えたね 

2005年05月22日(日) 0時02分
また、夢で中居くんに逢いました。こんな立て続けに夢に見るなんて初めてで、自分でも驚いています。

仕事が終わってから急いでその場にかけつけたようで、息もあがっていた中居くん。そこは、何かの会場で(多分、クラシックのコンサートのような場だったと思います。朝までは覚えていたのに、もう忘れちゃった・・) あわてて羽織ったんだと思うそのジャケットの下はノーネクタイでした。スーツは黒。(この辺が、私の和賀さんへの執着を感じさせますねー)

で、なんでかわからないけれど、私は斜め後ろの列から、そんな中居くんを息を呑んでみていました。どきどきしながら。ちらっと振り返った中居くんと目が合って、心がどきっと痛んだのを覚えています。

そして私はなぜか、中居くんの書いた手紙を持っていました。それは私に宛てたものではなく、誰かへの手紙だったと思うのですが、でもどういうシチュエーションでそれを私が大事に持っているのかはわからないです。ただ、その手紙は、それを宛てた人に渡すつもりで書いたのではなく、ただその人に対しての思いを綴ったものであったようでした。でもどっちにしても、どうしてそれを私が持っているのかはわかりません。目が合った後、ジャケットを直しながら前を向いて座りなおした中居くんを見てから、私はその手紙をとり出して読み始めます。

書き始めは、「*****、すみません。でも、俺はもう、俺自身の力で生きていける。だからもう、ほっといてほしい。*****」覚えているのはこれだけです。(****の部分は、名前とかじゃなく、なんて書いてあったか思い出せないところです)

その手紙を読んで私は、苦しい気持ちでいっぱいだった気がします。でも、どうしてかもわからないし、覚えているのもここまででした・・・・今回は、中居くんは私の存在を知っているわけではなく、ただたまたま後ろを向いたときに私と目が合ったというだけで、私のことは知らないみたいでした。私がただ一方的に、想いを寄せているという感じで。

なんの意味があるんだろう、コレ(笑)夢占いって、当たるのかなぁ。当たるならこれにどんな意味があるのか、知りたい気もします。

でも、もう意味なんて、どうでもいいかもしれない。中居くんに逢えたから。

(私のただの妄想癖だったりして・・・)


一喜一憂・その2 

2005年05月21日(土) 2時43分

父によって、閉ざされた私の未来。そこから私は、私の力で這い上がって、私の道を切り開いてきました。父によって失わざるを得なかったものは、私の力で得てきたつもりだし、やっとここまでこれたと思ってた。それなのに今、またそれは奪われようとしている。今の私は、和賀さんの前に現れた、三木さんを見て恐れおののく和賀さんと似た気持ちでいます。

私の未来を、私の人生を、もうこれ以上狂わさないでほしい。もう何も、私から奪わないでほしい。こんな必死で作り上げてきたのに。誰の力でもない私の力で、そうしてきたのに。またそれを壊してしまうの?私からまた、奪ってしまうの・・・???それは、憎しみと、恐怖と、絶望です。

人は弱いから、だから時に、自分に負けてしまう。そして罪を犯してしまう。もちろん、私はそれをするほど追い詰められていないだけなのかもしれない、だけど気持ちは、薄い一枚の紙ほどの差で、理性を保っているだけ・・・・罪を犯すものとそうでないもの。その差は、その程度の、ほんの少しの差でしかない・・・私は和賀さんにはならないけど、和賀さんになっていたかもしれないことは、わかります。


そう思うと、和賀さんの苦しい胸のうちを思うと、締め付けられるほどに辛くなります。私には完成させたい宿命はないから、どんなリミットもないけれど、ゴールの見えない苦しみのなか、もがきもがきながら過ぎていく日々に、これが私の生きていく宿命なら、もう捨ててしまいたいとさえ思うのです。

明日の私は、少しでも笑えているだろうか。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像かりん
» 歌手・中居正広 (2005年12月26日)
アイコン画像かりん
» anan (2005年10月29日)
アイコン画像さわ
» 今日の独り言 (2005年10月26日)
アイコン画像かりん
» 今日の独り言 (2005年10月08日)
アイコン画像かりん
» かりんさんへ (2005年09月09日)
アイコン画像かりん
» また、逢えたね (2005年07月18日)
アイコン画像えり
» 原作に思う (2005年06月17日)
アイコン画像えり
» 父と子 (2005年06月09日)
アイコン画像かりん
» 一喜一憂・その2 (2005年05月22日)
アイコン画像さわ
» 夢で逢えたら (2005年05月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sawa-sawa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる