テニスダブルスで勝つ方法

April 28 [Fri], 2017, 12:33


ダブルスでどやってコンビネーションをとったら良いのかわからず、ペアにいつも迷惑をかけていたとしても、
ダブルスに活きる個人テクニックが身に付き、フォアもバックも上手いハイレベルな選手とも互角以上の勝負ができる方法がこちら




あなたも、下手なプレーでパートナーの表情を曇らせるのはさっさと終わりにして、下のようになりたいと思いませんか?


ダブルフォルトを減らせる

多彩なボレーが身につく

攻められても慌てることがなくなる

頭脳勝負のプレーでポイントが取れる


ダブルスはチーム力・パートナーの連携によって1たす1が3にも4人もなって、シングルスではかなわなかったような相手とも勝負ができるようになります。

お互いの悪いところをカバーしあい、逆にお互いの強みを生かしたプレーができるのもダブルスの醍醐味ですが、パートナーの連携は一朝一夕に養えるものではありません。



二人で協力し合うどころか、お互いの足を引っ張り合うことだってあります。1たす1が2にすらならず、1以下になってしまうことだってあるんです。

確かに、誰とペアを組むか?によってダブルスのチームワークにも差が出るものの、多くの場合、それ以前の問題でつまづいているペアがほとんどです。



シングスで培った技術だけを頼りに、すぐにペアの連携ができるかというと、そんなに甘いものではありません。ダブルスではまた違ったスキルや技術が求められるんです。



ペアとの連携を活かすためにはどんな技術が必要になるのか?どんな練習をしなければいけないのか?それがわからないうちは、ダブルスでの成績は低いまま頭打ちになります。

逆に言うと、ダブルスで勝つために必要な技術さえしっかり身に着けることができれば、今度こそ、ペアとのコミュニケーションがスムーズに進むようになります。



自分と相性ピッタリの人とペアを組まなくても、それなりのゲームをできるようになるし、下のようなことに悩まされることもなくなりますよ。


ボレーのインパクトとその後の動作が安定しない

相手のプレーを裏をかく余裕なんてない

■チャンスボールを決めきれない

■力が抜けずに力んでしまう




佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命は、ダブルスだけに焦点を当てた個人テクニックを学べるダブルス特化の練習法・指導法がまとめられています。

ダブルスの醍醐味といえば、ペアとの試合でのコミュニケ―ションや戦術ではあるものの、コミュニケ―ションや戦術を活かせるだけの技術がやはり求められます。



個人テクニックをあらためて習得し直していくと同時に、ペアとの連携を乱すような苦手を克服していくことで初めて、ダブルスでまともな試合ができるようになります。

シングルスでそこそこ強かったのであれば、ダブルスでもそこそこ強くなることはできるものの、個々の実力以上のモノを発揮することはできません。



対戦相手とシングルスで試合をしたときには楽勝かもしれないのに、ダブルスの技術を身に着けていないせいで、格下相手に打ち込まれることは十分に起こり得ます。

佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命では、どんなスキルを、どんな順番でどうやって練習していけばよいのか?すでに答えが用意されています。



あなはただ、ペアと二人でDVDで紹介されている通りに個人のスキルアップに努めていけばOKです。ペアとの連携を強化するのはその後です。

ペアとの連携(ダブルスの戦術)を活かせるだけのスキルを身に着けることで初めて、シングルスではかなわなかった相手に、ダブルスで勝てるようになるんです。

→→球威のあるサーブに絶対負けないレシーブができるようになる佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命を返金保証&メールサポート付きで試してみるにはこちら







「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法 2chレビュー
ドクターブレイン速読 吉岡節夫 口コミ評判
育毛の達人式 2ch口コミ 佐野正弥って怪しい?

テニス前衛動き

April 28 [Fri], 2017, 12:31



連携が下手なペア、試合で勝てないペアの特徴を上げると、シングルスの技術だけをレベルアップさせようとしている傾向があります。

シングルスで培ったテクニックをダブルスで発揮させようと考えてしまう結果、ダブルスでの技術面が追いつかないままになります。



シングルスの技術があるんだから、ダブルスに必要な戦術を駆使すれば勝てると、勘違いしてしまうことも起こるわけですが、それでは、格下相手にしか勝つことはできません。

シングルスならストレート勝ちできる相手なのに、ダブルスの試合になるとまるで歯が立たない、といったケースが起こってしまうわけです。



シングルスではそこそこ強いのに、ダブルスになると途端に勝てなくなってしまうのは、ペアとの相性ももちろんあると思いますが、やっぱり、技術に問題があるんです。

ダブルスにも戦術(勝ちパターン)というのがあるわけですが、戦術をキチンと実行に現すためには、ダブルス特有の技術が必要になるんです。



シングルスの延長でダブルスの試合で勝とうとしても、根本的に無理があるんです。水と油とまではいきませんが、シングルスとダブルスの間には超えられない溝があるんです。

その溝を練習を通じてしっかりと埋めない限り、相手のボールにあたふた振り回され続け、試合で満足のいく結果を残すことはできません。



佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命は、ダブルスで上達しない選手たちの共通点を教えてくれます。実は、意外と単純なところでつまづいている人ばかりです。

サーブ、レシーブ、ボレー、スマッシュ、ストロークそしてロブといった基本技術の徹底的な見直しや、コースの基本的な理解と練習もやり直していきます。



練習内容は派手な要素がなく、どちらかというと地味なものばかりですが、練習すればするほど自分の実力が上がっていくのを実感しやすいです。

各練習では何が課題で、何を達成できれば次の練習に進んでよいのか?がはっきりしているので、練習中に自分の居場所が分からなくなって迷子になることもありません。



佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命では、一般的なレッスンDVDとは違って、メールで何度でも悩み相談できる特典がついています。

万が一、内容がつまらないとか、役に立たないと思ったら、返金保証がついているので180日以内ならいつでも返品してもらうことができます。



ただ、少なくともあなたの貴重な練習時間を完全に無駄にすることはないので、ちらっとでも中身を見ておいて損はないですよ。

練習でやってきたことを試合で再現することができず、トーナメントでは早々と姿を消し続ける前に、
ダブルスで勝つ為の戦術を身につけてペアと一緒に試合で勝つ喜びを感じられるようになりませんか?

雁行陣、並行陣などの戦術に振り回されるのは今日で終わりにして、体の正面からでもボレーを打てるようになるにはこちら







ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」 感想レビュー
300点アップのTOEIC®テスト攻略法 チェルシー式英語資格試験突破講座 2ch評判
バストアップラボ動画ネタバレ 大澤美樹 口コミ
P R
カテゴリアーカイブ
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット


ブログランキング
PVランキング