力もち 

2014年01月09日(木) 1時54分

今日は日本列島がすっぽり雨でしたね

寒い寒い。

雨の中、各ご自宅に足を運んで喜んで治療を受けてもらえるのは嬉しい限りですね^ ^

冬の治療ということで考えるとき、筋の粘弾性(単純にいうと筋肉の柔らかさ)というのは寒いと硬度が上がり、暖かいと下がるとなっています。

でも、ある利用者さんで気付いたのですが、柔らかい筋肉というのは大きな動きで平均的なパワーの発揮には優れています。

しかし、万能では無い感じがして、硬さのある筋肉(単純なる筋硬結という意味では無いのですが)はその弾性の高さからパワーの発揮が狭い可動域では有効な気がする。
特に足関節で。

前に探偵ナイトスクープ(関西での高視聴率番組)で腕相撲の前に前腕をマッサージすると一回目勝った人が負ける現象があったけど、それに相当するかと思います。

何事にもメリット、デメリットの法則は当てはまるのですね^ ^

さて、明日は良い天気になるように願って寝るかー?

独りで 

2014年01月07日(火) 1時55分
あけましておめでとうございます^ ^

さて、2014年はどんな年にしましょうか、とワクワクしながら新年を迎えました

年が明けて、録画していた去年の紅白歌合戦を見ると、まじまじと…

浜崎あゆみ声出てないなぁ〜、てか、太っ
金爆は裏切らんなぁ〜、

色んな発見が。

でも、1番は泉谷しげるさんでした。
心が震えましたね。ホントに。ブルルン

てか、泉谷さんの歌聴くの初めてだったけど、観客、視聴者に訴えるこのフレーズ。

おい、手拍子してんじゃねえ、誰が頼んだ。
(中略)
テレビの向こうでよ、独りで紅白を見ているお前ら、ラジオを聞いているお前ら、いいか。
今年はいろいろあったろう。いろいろ辛いこともあったろ。
だからよ、忘れたいことも忘れたくないことも、今日は自分の今日にしろ。
自分だけの今日に向かって、そっと歌え。

今日ですべてが終わる
今日ですべてが変わる
今日ですべてが報われる

自分に向かってそっと歌いやがれ。
いいか、声に出さなくてもいいぜ。自分だけに向かって歌え。
自分だけの今日に向かって。自分だけの今日に歌え。
(略)

これは呼びかけだけど、熱くなりました。

独り暮しをしておられる患者さんを思い出して、どんな年末年始を過ごしてるんだろうか。
寂しいだろうな。辛いだろうな。楽しい人もいるだろうな。

そんな気持ちになりました。

でも、いつも、いつも今日の僕の治療で患者さんが

今日ですべてが終わる
今日ですべてが変わる
今日ですべてが報われる
今日ですべてが始まるさ

そう思える、期待できる、希望をもてる治療を提供したい、と思いました。

実際はね、僕だけが頑張ってもなかなか良くはならないんですよ

でも、希望が無ければ、患者さんの心も、体も動かないと分かった2013年

2014年は心も体も動かせるを目標にしたいと思います。

昨日、今日と発熱 

2013年11月25日(月) 2時28分

さて、昨日、今日とまたまた半年ぶりに高熱でました(´Д` )

日曜でよかったー

皆様、風邪には十分気を付けてくださいね!

広島へ 

2013年07月08日(月) 22時25分


7月6日〜8日にかけてオステオパシーを愛好する皆さんで広島は江田島に行ってきました。


下村先生引率の元でしたが、非常に興味深くて、参加することによって日本という国が非常に昔は勤勉な人たちにあふれていて、何かに一生懸命頑張るということにかけては世界レベルということを改めて実感する良い機会になりました。


理学療法士という仕事をしていると、当然ながら年上とはいっても自分のおじいちゃんおばあちゃんぐらいに年齢層の方々と接する機会が多くあります。


その方々にとって「戦争」というものの爪痕は色々と話していると非常に根深く残っているし、それについての話については良い表現ではないかもしれませんが盛り上がります。


中学生の時、日本は世界に対して悪いことをしたと教えられました。
でも、色々と学んでいくと、そんな簡単な「悪い」という一言で片づけられないことがたくさん出てきて、自分の中で非常に興味深い学びとなっています。


今回の広島では江田島という昔海兵学校があったところへ行き、そのあとは呉にある大和ミュージアムに行ってきました。


この2日間を通じて、改めて自分が日本人として生まれてきて本当に良かったと思えることが出来ましが。


下村先生ありがとうございます。

時によって結果は変わる 

2013年06月18日(火) 0時45分

昔、プラダを着た悪魔というのを映画館で見たんやけど、その時の内容を当然ながら覚えている


でも、その時の印象はなぜーかわからんけど、ハッピーエンドじゃなかったと思ってました。

でも、、前に地上波でプラダを着た悪魔を見たらハッピーエンドやったんです。



あれ?なぜ?


自分の中で強い疑問になってて、なぜやろう?とビックリしたんですねー


色々と自分の中でその時代のことを思い出して整理して考えてみたけど、やっぱり分からない(+_+)


表現されるもの(情報・報道)などはその時の自分の感情・状態・価値観などから人それぞれ違うのはわかる

でも、その時代でのinputされたこととしてのoutcomeが違うってことはやっぱり、一個人というのはずっと変化し続けてるってことなんやろうなと、その部分で強い感動を覚えました


それは他のケースでも感じることがあって、昔20歳ぐらいの時に養老猛の「バカの壁」を読んだ時の自分の注目した部分と、先月なにげなしに売られてた100円で買った「バカの壁」の内容が全然違ったんですわ


これにも驚いた。


その文章の中で非常に興味深いところがあるので紹介


「万物は流転する」から人間は寝ている間も含めて成長なり老化なりをしているのですから変化し続けています


これは当たり前の話やーって思いますよね。

その後


「昨日の寝る前の私と起きた後の私は明らかに別人ですし、去年の私と今年の私も別人のはずです。しかし、朝起きるたびに生まれ変わったという実感は湧きません、これは脳の働きになるものです」


これが非常に興味深いんですね。

なるほど、と


中学時代の担任の先生で成瀬先生という先生が言ってた言葉があって

「君たちはいつでも生まれ変わるチャンスがそこらじゅうに落ちている。でも、それをチャンスと思って生かすが、思えずに生かせないかは自分次第だ」
という言葉を思い出したんよね


昔は「は〜〜〜?」

って思ったけど、ちょっとした変化を求める、考えを変える、これだけで本当に毎日の体(脳・思想を含め)が起こる事を感じます。


自分が生まれ変わる!人生が変わる!というようなフレーズがあるけれど、それはその日々の生活の中でのチャンスに感動するかどうかにかかっているのだなーと最近思いました。


一生感動!一生PT!

という1つ上の専門学校での先輩方のフレーズがありましたが、一生PTには賛同しませんが、一生感動!には強く共感を覚えます



毎日、良い意味でも、悪い意味でも感動できますように!

forever move!








tear in heaven 

2013年06月11日(火) 22時07分


Eric Claptonの事故で失ってしまった息子さんを思って歌った歌ですよね。


非常に有名ですが、最近自分の部屋でこの歌を度々聞きます。


英語はなんとなく、ネットで検索して知ってるけど、ええ曲やな〜


http://www.youtube.com/watch?v=AscPOozwYA8


これぐらいの歳になってくると色々な人の死を経験することがありますよね?


僕のお父さん方のおじいちゃんと、お母さん方のおじいちゃん2人とももう他界してます(おばあちゃんは両方元気やでー)


でも、二人とも僕がもう20歳を超えてから亡くなりました。

二人ともガンやったり、脊髄小脳変性症という難病に侵されながらも一生懸命生きていましたが、いつかは命が亡くなるもんですね。


だから精一杯色んな人を幸せになってもらいたいなぁ!


というわけで、突然ですが、うちの家に滞在するペット紹介します。


こいつです。
沖縄出身です。


セミナー in 熊本 

2013年06月10日(月) 0時08分

昨日の夜から前乗りで熊本に行ってまいりましたー。


アシスタントという立場で参加させて頂いたのですが、今回の参加者の方々は比較的若い方が多かった様に思います!


初めて熊本の地を訪れたので、夜にはライトアップされた熊本城にも行ってきました!
(雨がかなり降っていましたが)


熊本ラーメンも食べて、馬刺しに関しては今回食べる機会がなかったので、次の機会に食べたいと思います!


今日のセミナーでは講師の先生がセミナー初めでどうやって学んでいくのか?ということについての話が30分間ぐらいありましたね。

あれは本当に良い時間だったと思います。

オステオパシーという治療手技を行っていますが、正直この日本では非常にアウトローな手技で、しばしば患者さんにも理解を求めます。


今日の受講生の方にも言いましたがオステオパシーをやってるからといって別に運動療法を行わない。ということではありません。

ADL訓練もめちゃくちゃ行いますよ!

それは治療という枠組みでの一つの行為であって、リハビリに従事する者としてADL訓練がいらない!ということではありません。


でも、今日の受講生の皆さんは非常に積極的でしたし、なんかキラキラしてましたね!


そんな姿でこちらも頑張らないと!と本当に奮起しますね♪



さーて、それでは撮りだめしたテレビを見ながら寝るかー


何を信じるのか! 

2013年06月05日(水) 2時47分
医学というのは、本当に曖昧なものだなぁーと思う。

でも、その健康への道筋をその人自身でどうやって見つけるのか!
これが大切。


例えば、肉は食べたら健康に良くないやら、炭水化物はあかんみたいなん。

あれって一種のイメージとかやんね。

先日、先輩から炭水化物ばっかり取ってるから.......ということを言われたけど、炭水化物は絶対に太る原因では無い!

とかいう本もある(°_°)


どないやねんな。
健康よ。
どないなんや。

梅干しおでこに乗せるみたいな、芸人のコントか!みたいなのが、昔では普通の治療法であったし、一昔前まではタバコは体にいいと言われていたみたいや。

福沢諭吉なんかはパンのミミはパンの白いところよりも栄養価が高い!言うて、弟子たちに説いてたらしいよ。

そんなもんやねん。


情報に錯乱させられている世の中。

情報は大切やけど、その情報が自分にとって、本当の情報なのかを考えてください。


ちなみに僕は朝ごはん食べないのが自分の常識です。


食べたら体調悪くなるからね。


その人、その人にとってな健康を!




健康 

2013年05月21日(火) 23時18分


健康って難しい。

健康って何でしょうか?



痛いところが全くなければ健康?

悩みが全くなければ健康?

体が軽かったら健康?



正直、僕の周りでこのような人に出会ったことがありません。


みんな「最近左肩が痛い」とか、「お通じがよくない」


みたいなことをおっしゃっておられますよね。



でも、みんなは日常生活が送れている。


健康とは日常生活を送れていれば健康なのでしょうか??



よく患者さんから言われる言葉の一つに「今まで内臓だけは問題出たことないから、内臓は強かったんです!」的な発言

関節とか、筋肉でも一緒のような発言がみられるのですが……


色々と話を聞いていいたら、下痢をしたことがない!みたいな人もほとんど聞いたことがないし。



僕の中で本当に健康というのは日常生活に幸せを感じれたら健康!!!と思うような気がしてきました。



そんな幸せをお届けできる。そんな力が治療者には必要なのだと思います。


いま勤めている社長のモットー


「幸せの連鎖反応」


職員が幸せになり、その幸せを周りの人に分け与えられる。


そんな仕事場が大好きです!!!!


さて、トイレ行ってきます。









今までのこと、これからのこと 

2013年05月20日(月) 23時25分

昨日の夜は心斎橋のAltというオーガニック料理のカフェにオステオパシーに熱い人たちとお食事してきました!





本当に楽しかったし、色々な話を聞いて、どんな目標があって、何がしたいのか?を熱く語り合ってました。


どちらかというと僕は「へぇ〜」といった感じだったのですが、仕事場を変わった今、色々なジレンマとかがあって、ぼやーっと仕事しているという感じも否めないかなと思います。


理学療法士として何が提供できるのか?

評価→治療→再評価→日常生活→評価

というサイクルの中で自分の治療に対する手ごたえと、その後2,3日後の患者さんの体の状態という部分では読めないことが多すぎるなぁーと

だから積極的な?というか、どこまで治療するのかのむずかしさがありますよね。


あとは寂しさかな。


新しいところで仕事していると、仕事形態の性質上寂しさも常に付きまとっている気がする。

野球部時代に一人でバッターボックスに向かって、色んな声援を受けるけれど、そのバッターボックス内では1対1の勝負。寂しさはぬぐいきれない。やから練習する。

練習を我慢する。自分を信じて。


こういうスパイラルを思い出して、本当に大切にしていこうと思います。


最後に、
きえさん、なおこさんサイコーーーーー!




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:revel
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる