プロの貢がせ方の口コミとニューイヤーSP 食事会密着(1/2) 2011/01/08

March 08 [Fri], 2013, 1:12



こんにちは(^^)


プロの貢がせ方レビュー特集中です(^^)
↓↓

プロの貢がせ方特典付きサイトはこちら


プロの貢がせ方の口コミは本当でした。
出水聡さんがリリースした情報教材プロの貢がせ方を
超お得な特典付きで人数限定にて
お届けしています。


※あなたの生活を劇的に変えるサイトに出会えます。
3段階先のリンク先サイトを必ずチェックして下さいね(^^)


購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

プロの貢がせ方特典付きサイトはこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


今朝のあさご飯は冷ご飯と、目玉焼きと味噌汁

最高ですよ、やっぱり。



最速5分で食べ終わり、8時40分にいえを出発です。



いつもとは違うファミマに寄り道して、冷たいコーヒーをかいました。



これで今日もイケるぜ^^。



現場について、日々の日課のgooニュースを見てみると

こんなのが出てますね〜

↓↓

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッドが、女性の頭皮を剥ぎ取る猟奇殺人者を演じるバイオレンス・スリラー『マニアック』の予告編が公開された。

フロドが殺人鬼に!? 映画『マニアック』予告編

 本作は、1980年代スプラッターブームをけん引した一本として知られる同名映画のリメイク作品。イライジャは、オリジナル版で原案・脚本・製作総指揮も手掛けた個性派俳優ジョー・スピネルが熱演した殺人鬼フランクに扮(ふん)する。

 イライジャが演じるフランクは、マネキンの修復師として働く一方で、夜毎女性を殺害し、その頭皮を剥がして愛するマネキンに被せているという、変態的なキャラクター。その残虐な一面だけでなく、自分を理解してくれると感じた女性との出会いに思いを募らせ、一方的な妄想にとらわれる男の悲しみと切なさに満ちた感情を表現するイラジャの演技には、海外メディアから絶賛の声が相次いだという。

 2005年の『シン・シティ』では人食いのサイコキラーを演じ、観客に強烈な印象を残したイライジャ。フロドのように純朴で少年のような印象が強いだけに、本作のような強烈なキャラクターを演じると、その変態性がさらに強調されるようだ。音楽から映像にいたるまで1980年代テイストにあふれた予告編では、イライジャの壮絶な演技の一端を垣間見ることができる。

 『マニアック・コップ』シリーズのウィリアム・ラスティグ監督メガホンを取り、特殊メイクの大御所トム・サヴィーニの参加でも知られているオリジナル版。今回も『アーティスト』のプロデューサー、トマ・ラングマンと『ピラニア3D』の監督アレクサンドル・アジャが製作を務めるなど、リメイク版に負けない豪華スタッフが参加。監督はバイオレンスホラー『P2』のフランク・カルフンが務める。(編集部・入倉功一)

映画『マニアック』は初夏シネマサンシャイン池袋ほかにて公開
(この記事はシネマトゥデイから引用させて頂きました)



出ましたよ、これ。

そうなんですねえ。



それより、んーっと、今日の業務は・・・

M君によるとサイトアフィリに16時間と、ヤフオクに2.5時間。



社員が居るから余裕でしょう^^



バリバリ稼ぐぜ^^



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓





あらら(~_~;)

バカみたい?(笑)

そー言わないで!



さて今日の晩御飯は何しよ?

カレーライスかツバメの巣が良いな〜



おそらく次の更新はこの後数時間後になると思います。

お待ちしております。