井上ハルカ サクソフォンリサイタル(^^) 

August 17 [Wed], 2011, 5:43
かなり久しぶりの更新です。


今日、本番中にスタンドにたてたソプラノを倒してしまうという、悲しい出来ごとがありました( ; ; )とほほ。。

久しぶりの更新は悲しいお知らせではなく、

パリ留学時代の友人井上ハルカちゃんが大阪でリサイタルをするので宣伝ですd(^_^o)

自分自身もフランスの現代の(ここ重要。
フランスのスタイルを勘違いや昔のイメージや、フランスってこんな感じでしょ?っておもってしまっている日本人の方々がおおいので( ; ; ))サクソフォンを聴くのが久しぶりで、そういった演奏にうえているので、非常に楽しみにしています( ; ; )

皆さんも是非井上ハルカさんの演奏でパリの風を感じましょうd(^_^o)


井上ハルカ サクソフォンリサイタル「パリからの便り」in 大阪

プログラム
 ストラヴィンスキー/イタリア組曲
 デニゾフ/アルトサクソフォンとピアノの為のソナタ
 フェルドハウス/The Garden of Love
 フランク/ヴァイオリンとピアノの為のソナタ

ピアノ 久保智史


日時:2012年8月28日(火) 午後6時30開場 ?午後7開演
会場:ドルチェ・アーティスト・サロン大阪
(最寄駅:阪急・阪神・地下鉄各梅田駅、JR大阪駅)
料金:一般3,000円 学生2,500円

主催:ESA音楽学院
協賛:株式会社 ドルチェ楽器
チケットお問い合わせ:harukainoue123@gmail.com(井上)




動画 

June 11 [Sat], 2011, 19:28
リサイタルから三ヶ月経ちました。

ご来場下さった皆様
本当にありがとうございました。

素晴らしい時間を過させて頂きました。

今回の経験を活かしてまた精進していきます!


皆様これからも宜しくお願いします。



リサイタルの動画をアップしましたので、見て頂けたら幸いです。

リットリズム
http://www.dailymotion.com/video/k5kpiZwH9wHOLW1Yz5H

ミステリアスモーニングIII
http://www.dailymotion.com/video/k1VcCkEXEBU6911YtKs

リード、弓、ハンマー
http://www.dailymotion.com/video/k3n62aockBYNyU1Yz0x

叙情的三重奏
http://www.dailymotion.com/video/k5KBc5YxlpFi7J1YyQ5

二つの間奏曲
http://www.dailymotion.com/video/k6FIxrqOUIvbU61YtSS

いよいよ明日 

February 28 [Mon], 2011, 17:58

いよいよ明日はリサイタルです。

皆様に喜んでいただけるように頑張りたいと思います!

宜しくお願いしますm(_ _)m

チケットはまだあります(^^)

日時 

January 28 [Fri], 2011, 17:57
リサイタルの宣伝なのに、一個前の記事で、日時を入れ忘れてしまいました><

日時は日時:2011/3/1(火)です。


皆様3月1日よろしくお願い致します!

初リサイタル  (改) 

January 27 [Thu], 2011, 15:34


大西智氏サクソフォンリサイタル vol.1

E.デニゾフ: サクソフォンとピアノの為のソナタ 2楽章 3楽章
S.ローロフ: リットリズム
H.ヴィラ=ロボス: ファンタジア
棚田文則: ミステリアスモーニング III
I.ゴトコフスキー: 叙情的三重奏曲
ジャン・クロード・アンリ: リード、弓、ハンマー

ピアノ:成田良子

ヴァイオリン:中村ゆか里

サクソフォン:大西智氏

スペシャルゲスト:栗林肇

日時:2011/3/1(火)!!!! 書き忘れてしまいましたすみません>< 

開場 18:30 / 開演 19:00

東京・練馬 大泉学園ゆめりあホール

一般2,500円/学生2,000円 当日券は各500円増し

後援: 日本サクソフォーン協会、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校響親会

お問い合わせ:080-2064-6359 大西 / satoshi.ohnishi.saxo.recital@gmail.com
 

お久しぶりですございます。

この度リサイタルを開催させていただきますので、皆様どうぞ聴きにいらしてください。

お願い致します。


日本に帰国して初めてのリサイタルです。

ピアニストには成田良子さん、ヴァイオリンにはブログではお馴染み?!の中村ゆか里さん(通称ゆかりん)
をお迎えしての演奏会です。

ピアニストの成田さんには、昨年のディナンでのコンクールで久しぶりの再会を果たし、演奏を聴かせていただいて、この方とやりたい!!!!と 思ってしまい、感情を抑えきれずその場でリサイタルをやるのでピアノを是非お願いしたいと申し出てしまいました。。

が、快く了承していただきました!!ありがとうございます。

スペシャルゲストには栗林肇さんをお迎えいたします!! 通称kuriさん!サクソフォン吹きで知らない方はいないでしょう。
ご自身はアマチュアサックス吹きとおっしゃっていますが、grab it なども吹けてしまう・・・・びっくりな方です。

そしてプロよりサックスの事を知っているという・・・・・凄いお方。留学中skypeなどでお互い情報を交換したり、本業の方々よりサックスの話が何でも通じるので かけがえの無い存在です☆


ヴァイオリニストのゆかりんには、前々からもし自分がリサイタルを出来るとしたらヴァイオリンとのトリオは絶対やりたいので何が何でもその時はやってくれとお願いしていました。

丁度、ゆかりんがこの1月に6年間の長いパリ留学を終えて完全帰国という事でタイミングもばっちり。


プログラムですが、クリスチャンとの思い出のデニゾフ。

初めて自分ひとりの力で仕上げられるようになった現代曲リットリズム。

恐れ多くもふぁんたじーという名の男ジュリアンの十八番、ヴィラロボス。

この曲は何回演奏したんだというくらいお世話になった棚田さんのミステリアスモーニングV。

そして、奇跡のトリオ、Trio ETERNITE の唯一のもち曲、ゴトコフスキーのトリオリリック。リード、弓、ハンマー(日本語にするとかなり面白そうな曲www)この二曲は恐らく日本初演だと思います。リード、弓、ハンマーの方は波多江さんや井上麻子さんが日本ですでに演奏なさったかもしれません。(波多江さんのパリ音卒業時の新曲課題だったそうです)

ゴトコフスキーはサックスではお馴染みの作曲者ですが、なんとヴァイオリンとピアノとのトリオ作品も書いていらっしゃるのです。

僕はゴトコフスキー作品の中で一番この曲が好きです!!日本の方々にも是非紹介したいという気持ちが強く、今回選曲させていただきました!!


三年間のフランスでの勉強の成果を、自分が学んできた、自分が良いと思っているフランスのスタイルを皆様に聴いていただけたら幸いです。

これからもっともっと楽器が上手くなりたい、もっと自分が思っている音楽を自由に操れるようになりたい!!!!

サックスが吹けなくなる日まで一生勉強!!し続けます!! フランスで出会った全ての先生方のように!


そうでした、リサイタルではサプライズ的な、事が起きるかも?!しれませんのでそちらもお楽しみに!!!


" Un saxophoniste avec beaucoup de qualité de coeur, qui représente un savant
mélange entre l'école japonaise et l'école moderne française de saxophone ."

日本と現代フランスのサクソフォン技法の融合を身を持って示す、卓越した「心の」サクソフォン奏者」

↑ こちら、クリスチャンに書いていただいた紹介文です。 恥ずかしいので小さく書いてみました。
 ほんとーに良く書いていただいて恐縮です。クリスチャンってなーんて優しい先生なんでしょう!!! めるしークリスチャン!!!!

クリスチャンだけではなくジュリアンもとっても応援していただいているので、先生の名を汚さぬよう?!?!・・・苦笑 

頑張りたいと思います。


皆様是非よろしくお願い致します。



大西智氏








スタジオコンサート 

January 21 [Fri], 2011, 12:38
今週の日曜日23日に表参道にあるアーニーズスタジオにてコンサートをさせていただきます。

プログラムは

プラネル:セレナーデ イタリエンヌ

プッチーニ:トスカファンタジー

リュエフ:シャンソンとパスピエ

カラターニ:歌劇ワリーより

モーリス:いとしい人への歌

ドビュッシー:シリンクス

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

ドュリング:三重奏曲

ドゥメルスマン:ウィリアム テルの主題による華麗なる幻想曲

18時からです。

お問い合わせはアーニーズスタジオ03 3402 4535

または、ブログにコメントを。

どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

ピアノ井上由梨

フルート濱崎麻里子

サクソフォン大西智氏

原ひとみ門下発表会 

December 29 [Wed], 2010, 15:53
27日に原ひとみ門下の発表会がありました。

毎年年末に行われる発表会に四年ぶりに参加させていただきました(^-^)/

芸大受験生の演奏を聴かせて頂き、ちょこっと講評を書かせていただきましたΣ(・□・;)

何年前かには、自分が受験生の立場。とても懐かしく、なんだか切ない気持ちにもなり笑

でも受験生達はとっても立派な演奏を聴かせてくれました。

聴いていて思ったのが、とにかく当たり前の事ですが、息!!とにかく息。管楽器は息が命!

表現したい事があっても、息使いが伴っていないともどかしい感じになってしまいます。

息がしっかりしていても喉がガバッとあいてしまっていたり。。。

出来る限り、言葉で伝えたつもりですが、難しかったです。

とにかく受験生の皆さんご健闘をお祈りします\(^o^)/


僕は、たぶん日本初演になったと思いますが、ニコラバックリーのソナチネラピドリアを自分への戒めの為に演奏しました。


もう一曲は恐れ多いですが、師匠の原ひとみ先生とグリンカの悲愴的三重奏曲を無理を言ってご一緒していただきました\(^o^)/

先生がソプラノ、僕がテナー、ピアノは成田良子さん。

本番後、三人口を揃えて 燃えたね〜!!!と。笑

本番とても楽しくて楽しくて本当に良い時間を過ごさせて頂きました‼

2010年の吹き収めにふさわしい発表会となりました。

打ち上げも6時から10時過ぎまでタップリお話しながら、お酒に食べ物を頂き大満足で家路につきました。

2010年 

December 28 [Tue], 2010, 23:30
皆様大変ご無沙汰しております。

ブログ、完全に放置してしまいました。


8月に日本に完全帰国し、ディナンのコンクールの準備をしたりと色々バタバタしディナンを受け、また日本に戻り、

フランスから帰ってきたばかりで仕事無いだろうと、クリスマスコンサートに高校の同級生が誘ってくれて><

でもオーボエとピアノとのトリオは想像以上に難しいことが沢山!! でも久しぶりにサックス以外の人たちと音楽をできて本当に楽しかったし勉強になりました。

高校を卒業してからは中々サックス以外の楽器と一緒に音楽する機会がなかったので、改めて高校の頃は良い勉強してたんだなあと思いました。




鴎外が住んでいた家でのコンサート。独特でした。。。

プログラムは・・・

モーツアルト:フィガロの結婚序曲
大島ミチル:風笛
バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
ブルッフ:コルニドライ
C.Mレフラー:二つの狂詩曲より I
イサン・ユン:ピリ
シューベルト:アベマリア
プッチーニ:誰も寝てはならぬ
ヴェルディ:乾杯の歌
プッチーニ:私のお父様 
ヴェルディ:歌劇「群盗」第三幕より

トークも初めてでしたがコントラバスサックスが大きすぎて吹けないというネタが大うけでした。

自虐トークはどんな世代の方にもうける らしいwww

一日二回のコンサートを三日間。計六回公演。 想像以上に大変でした><が得るものも多かったし何よりも仲の良い友人と一緒に音楽が出来たことに感謝です。


このコンサートの前にはサクソフォンフェスティバルに参加。フェスティバルオーケストラに参加させていただきました。

日本のサクソフォニストの方々に混じって演奏できて勉強になりました。

本番の日、自分の近くからフランスの音がすると思ったら・・・・ ジェロームでした☆!!!


今日はこの辺で、終わりにします。。


昨日は原ひとみ門下の発表会があったので、そのことについてはまた、あした !!!書きたいと思います。

では a demain!!!



明日 

August 11 [Wed], 2010, 0:40
三年間の留学生活を経て日本へ完全帰国します!

三年間、本当にあっという間でした。 三か月か?というぐらいあっという間。

でも、ほんとーーーーに今の今までの一瞬一瞬が宝物みたいに大切な物でした!!



音楽、サックスの事はもちろん、様々な事、人間関係等などで沢山考えて悩んで色々な事があったけど、本当に全てが勉強でした。 

恋人、友達、先生と恵まれた環境で勉強できた事、普通では考えられない体験が出来てた事に感謝です。一生の運を使い果たしてしまったと思います。

そしてここまで支援してくれた家族に感謝したいです。

というか今まで会った全ての人達に感謝したい気持ちです!!


みんなありがとう!!!


書きたい事は山ほどありますが、全部書いたら、ギネスに載ってしまうかもしれないので、ちょっと早めにやめときます 笑


もっと学びたいという気持ちはありますが、新たな一歩として日本へ帰り、自分の道を切り開いていけるように頑張ります。


一生勉強!!!!!!!!!


これからもサクソフォーン研究所は続くと思うので、皆さま気長にお付き合いください☆




大西智氏

10/8/2010







 

近況と 今日思った事。(2010年7月11日) 

July 11 [Sun], 2010, 22:50
みなさんお久しぶりです。

見事にブログを放置してしまいました。

三月から放置・・・。あれから4ヶ月・・・。色々な事がありました。

五月にはパリの小さなコンクールで一位をいただきました。

試験前に大家さんの都合で引越しをする。

6月、音楽院の卒業試験で満場一致の一等賞で卒業。

7月イタリアのパドヴァ国際コンクールで2位をいただきました。


実はこの夏に3年間の留学を終えて日本へ完全帰国する事になりました。

今までもコンクールは何度も受けてきましたが、最後の最後で良い賞をいただけて、本当に運が良かったなあって思います。

でもいざ フランスを離れるとなると辛いですね。空気ごともって帰りたいです。

サクソフォンに最適な空気がフランスにはあります。これは本当。というかフランスの気候にサックスが適しているんでしょう。 楽器よりリードといった方が良いでしょうか。

二年前に日本に帰ったとき、フランスでちょうど良かったリードが重くなって、音も、違う・・・どうして なぜ・・・とコンクール前にパニックに陥りました。 こういうのはあまり気にしない方が良いですねきっと 鈍感な方が柔軟に対応できるかもしれません。 でも感じてしまうのは止められないので、無視できないので  どうしましょうか どうしょうもないですね・・笑

そして良い先生・演奏者が沢山いるフランス・・・・ 留学する前はフルモー・ドゥラングル・モレッティ・ヴァンソン・氏くらいしか生で聴いた事が無かったけど、日本に紹介されていない、知られていないサクソフォン奏者がゴロゴロいます。もちろんみんな素晴らしい。。。

当たり前の事かも知れないけど、僕も日本で勉強している時、日本の状況しか知らない時、その環境にとても満足していました。もちろん他を知らなかったので。

しかし、フランスに来て学生の音の綺麗さ!!!!(汚い音を出す人がいません。小さい子も)レヴェルの高さ(技術的なことだけでは無く、音楽性なども勿論、音程!!!!耳が良い!!)美意識の高さやサクソフォンの教育的な事、先生方の上手さ に 唖然としました。そして真面目さ!!!真摯さ!! 
書いてはまずいかも知れませんが、日本には教育者なのにセ○ハラで問題になっている方々多々見受けられますよね。
フランスじゃ考えられません。特にサクソフォンの世界では。みんな共通してまじーめな方々です。

勿論日本の良いところも沢山あるし、素晴らしい先生方が沢山います。

しかし、一部の方々がフランスはこうだから、ああだから と イメージ、ある一部分の知っている奏者や録音など 間接的な事で決め付けている方々がいらっしゃいます。

それが本当に残念な事ですね。  僕の個人的な意見ですが、フランス人って録音と生の演奏じゃ、全然違う。。断然生!!!

あるフランス人教師が言いました・・・ 日本人のCDは素晴らしい!!日本の技術は素晴らしい!!!でも・・・・・・・・・・・と(省略)


とにかく イメージで決め付けるのってサックスの事に関わらず全ての事で良くないですよね。

自分の目で見てみないと、聴いてみないとですね。

まあ たとえば僕も日本にいた頃は ドゥ○ングルさんのCDは音が細くて、ちょっとびーっとしてて嫌いって思っていましたけど、フランスにいって近くで聞いたら、普通にいい音・・・普通に言い音って言い方はとても失礼ですけど、イメージがあったので素直にそう思ってしまったっけ。

そして面白いもので、1、2年留学していると耳が変わってくるみたいで(平野先生のエッセイにもそんな事が書いてありました)、今ドゥ○グルさんのCDを聴くと、昔ほど音が細くてという印象は無くて、ちょっとびーっとしててとは今でも思うかなとか ちょっとイメージが変わっているのです。

自分の録音や、日本人の方の演奏を聴くと、今は音が 太い・・・ヴィブラート気持ち悪い。そして何より音程わるい・・・。
そうするともう、聴けないんですよね・・。 残念。?!

耳って面白いですよね・本当に。今までは気にならなかった事が気になったり・・・。

日本に帰って自分の耳がどの様に変わっていくのかも 興味深いです。

でも決して悪い方向に行かないように注意深く生きて行きたいです。


最後に一年間お世話になったジュリアン・プティ氏の事を少し書きたいと思います。


最後の大切な愛しいフランスでの1年間をジュリアンと勉強をし過ごせた事をジュリアンや家族に本当に感謝したいと思います。

今まで、僕は 結構 クリスチャンみたいに吹きたい!!とかあの人みたいに!!これはクリスチャンでこっちはジャンドニの様に!ジュリアンの様に!とかカメレオンの様になりたかったんです。パールマンにカメレオンと言われているシェリングの様に!!

そして、あるコンクールで、とても上手くいったのに、予選落ちしたとき、それこそドゥ○ングルや二コラにトレトレビアンだけど、、、君の個性を聴きたい君の個性は?と問われた事が、ありました。 

しかし、コンクールで精神的なコントロール技術的なコントロールが本番で出す事が出来たので(今まではそこで躓いていたりしていたので)、納得がいかない部分もあり、でも

自分は今まで、色んな事を考えすぎて 大事な部分を見失っていたのかなと というか、自分の個性ってナンだろう?!!

って 考えた時に わからなくて  わかる物でもないのかもしれないけど、しばらく悩んでいました。

そしてジュリアンに相談。

ジュリアンは全てのサクソフォニストの事を忘れろ!!もちろんジュリアン・プティも!!

と。

そしてもう一度、楽器を構える所からゆっくり二人で見直して、目を瞑って 体の力を抜いて ゆっくり息を吸って、 楽器に息を吹き込む。

自分の音を良く聴いて、 集中して・・・吹く。

何も奇を衒っていない音 音楽 自然な。  それが サトシの個性じゃない! と ジュリアン。

感覚で感じました。

自然に出てくるものが その人それぞれの個性なのだ と 気がつきました。
   
あの時のレッスンを言葉で表す事は難しいけど、今まで悩んでいた事全部吹っ飛んで、そして悩んでいた事はとてもちっぽけで。 

ジュリアンと勉強した一年は本当に掛け替えの無い一年でした。

まだまだジュリアンと勉強したいという気持ちはありましたが、この一年ジュリアンから学生からその次のステップへ踏み出す為の事を学んだ気がします。

最初は前の先生と色々な事(楽器の事意外)を比べてしまった事、ジュリアン 許してね!!!!!!!笑

三年間過ごし勉強したフランスを離れる事はちょっと寂しいですが、というかかなり辛いです。

これからもどんどん発達発展していくフランスサクソフォン界に少しでも携わっていたい!!と思うのは普通だと思います。
素晴らしい世界を知ってしまったので。

しかし、これからも場所は変わりますが、自分のお勉強、サクソフォンの研究は死ぬまで続けていきます。

環境が変わり、空気もかわり、色々な困難があると思いますが、フランスで勉強してきた事、サックスを吹くテクニック、など様々な事柄を保ち、さらに高めていけるように努力しようと思います。

並大抵な事では無いと思いますが。


11.07.2010

a clichy

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:satoshi-sax
  • アイコン画像 誕生日:1985年4月21日
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・音楽
読者になる
大西智氏
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業、国立音楽大学を経てパリ市立13区モーリス・ラヴェル音楽院に入学。

2009年
パリ市立13区モーリス・ラヴェル音楽院を審査員全員一致のトレビアンを受賞し卒業。          

2010年フランス・カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の一等賞・特別賞を受賞し卒業。       


今までにサクソフォンを佐川鮎子、小串俊寿、原ひとみ、下地啓二、大栗司麻、ルマリエ千春、クリスチャン・ヴィルトゥ、ジュリアン・プティの各氏に師事。

第12回千葉県吹奏楽個人コンクール第2位。
第4回ジュニアサクソフォーンコンクール第2位。
第2回ルーマニア国際音楽コンクール管楽器部門第2位。
第7回フランス音楽コンクール優秀賞。

2006年国立音楽大学オーケストラとグラズノフのコンチェルトを共演。

2007年6月下旬渡仏。
2007年ヨーロピアンサクソフォーンコンクール(ルクセンブルグ)銀メダル
2008年
パリ国際音楽コンクール(UFAM)室内楽部門
優勝。特別賞受賞。

2009年
サクシアーナ国際サクソフォン室内楽コンクール(パリ)第3位

2010年Leopold Bellan国際音楽コンクール(パリ)第1位
      
パドヴァ国際コンクール(イタリア) ヴィルトーゾ部門 第2位

舞踏家との即興演奏の活動も展開している。

現在、フランス・カンブレ音楽院最高課程在学中。



2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像コーチバッグ
» 新しいSAX (2013年05月12日)
アイコン画像横山
» 初リサイタル  (改) (2011年01月27日)
アイコン画像おおにし
» リンク追加 (2010年02月16日)
アイコン画像
» リンク追加 (2010年02月15日)
アイコン画像kuri
» リンク追加 (2010年02月15日)
アイコン画像おおにし
» Trio ETERNITE (2009年07月14日)
アイコン画像おおにし
» 卒業試験 (2009年07月04日)
Yapme!一覧
読者になる