遂に・・・

May 21 [Sun], 2017, 13:42
ご紹介します。
我が家のニューフェース

カスティエル
(犬種:トルニャック)
です。

さすがに護畜犬だけあって、おっとり、ゆったりの子犬です。
子犬と言っても生後10週目で10kg近くあるので、もう数週間したらきっと抱けません

本日は、取り急ぎご報告を兼ねてご紹介まで・・・。
また、後日、引き取りに行った時の話でもさせて頂きたいと思います

指折り数えて

May 18 [Thu], 2017, 14:17
ちょうど1年前くらいから始まった我が家のパピー探しの旅がようやく明日で完了です。

そう、いよいよ会えます。
カスティエルペーハの後を継ぐ?Boy!
兄弟犬のDoc(Seraph)と一緒に明日アメリカに到着するんです。
左:Doc  右:カスティエル
私たちは明日の朝、レイラとターニャを連れてサンフランシスコ空港へ向かいます。

家に着いたら、カスティエルと一緒の写真をアップしたいと思いますので、待っててくれる方、もうしばしのご辛抱を!

純血種か雑種かデザイナー犬か・・・

May 10 [Wed], 2017, 13:05
最近はあまり耳にはしないけれど、ずっ〜と前に
「私は純血種がいい」
「やっぱり雑種だよ」
と言う会話を周りで聞いたことがあったっけ。

あの頃は私もそれほど深く考えてなくて、でも、純血種がいいと言う人は結構、お高くとまってる人、みたいな印象があった。だって、その人たちが「雑種・・・」って言う時、何か見下してるようなニュアンスを含んでる空気が漂っていたからね。
私が子供のころは、母が「犬が死ぬ時は悲しいから犬猫は飼わない」と言う主義だったので、隣りに住んでる親戚の家の犬を散歩させてたりして、今で言うペットシッターみたいのをしてた。

だから、念願の『自分の犬』を飼ったのはずっとたってから。 
それが、サトリ・・・。

サトリはご存知のように純血種のシャイロ・シェパード。
しかし、シャイロ・シェパード自体が新しい犬種で、当時はシャイロ・シェパードの創始者が生存されていて、確か5代目以降のシェパードじゃないと正規にシャイロ・シェパードと呼ばせてもらえなかったんじゃなかったかな?
サトリは7代目。シャイロは作出の過程で、マラミュートやホワイト・シェパードとかの犬種も使われてるので、散歩していて、人が
「マラミュートですか?」と聞いたら、にっこりして「違うんですよ。シャイロ・シェパードです。マラミュートも入ってると思いますが」と答え、
「雑種?」ぶしつけに言われたら、ニヤッと笑って「まぁ、そんなものです。」
とはぐらかすこともありました。
しかし、サトリの血統書をさかのぼってみたら、彼女のラインには北極オオカミが繁殖に使われていたらしいことがわかりました。それを知って、だから、難しい性格なんだと納得する事にしました。

その次に家族に迎えたのがレイラ彼女の場合は、何気に立ち寄った子犬販売店・・・ペットショップとはちょっと違うのだけど・・・で、出会って、サトレラパパのインスピレーションでこっちの心づもりもなくやってきた。
たまたま、レイラも血統書付のチャイニーズ・クレステッド。

純血種は、それぞれの特性を強化して繁殖されているわけで、おおよその姿形の特徴、性格、大きさが想像出来るから、と言うのであまり犬についてよくわかっていなかった私は、純血種の方が好ましいと思ってたと思う。
それに引きかえサトレラパパは牧場で育って、犬、猫、コヨーテを含むいろんな動物と暮らしてきたから、あまりそう言う事にこだわってなかった。

でも、アメリカに来て感じたのは、犬を飼うとき、ブリーダーさんからと言うより(ペットショップには生体を置いていない)シェルターへ行って犬や猫を探す人たちが多いのにびっくりした。
日本は、ドッグランなんかへ行くと、色んな犬種が集まっていてドッグショーさながらなのに、アメリカは、特にこの辺りは純血種を見ることはほどんどないと言ってもいいくらい。だから、ボルゾイと散歩してる人を見た時は思わず声をかけたくなった。生憎、私はだったけど・・・。

そして、そのシェルターにはピットブルやピットブルのミックスが多いのにまたまたびっくり😱
うちも一度、シェルターからピットブルミックスのピーチを連れてきたことがあるけれど、以前のブログを読んだ方は覚えているかもしれないですね。サトリと相性が悪くて、うちにおいて置くことが出来なかった。

自信のなさから純血種にこだわっていた私だけど、サトリとレイラと暮らし、イアン・ダンバーシーザー・ミランその他もろもろのトレーナーのセミナーに出たり、家庭犬インストラクターの講座を取ったりして、それなりに自信を持ったのか、ピーチを引き取る時も抵抗はなかった。例え、ピットブルのミックスだとしても・・・。
ピーチは人間に対しては本当に従順でいい子だったんだけどね。やっぱり社会化不足で犬同士はダメだった。
それでも、サトレラパパが一生懸命にリハビリトレーニングして、シェルターに返すまでにはだいぶ丸い性格になってたけれど・・・。その後、新しい家へ行ったのか、どうなのかはわからない・・・・。

ペーハがいなくなり、サトリが亡くなる少し前に、ヒューメインソサエティー(殺さないシェルター)で生まれたターニャを引き取った。ピーチを助けることが出来なかったので、次もシェルターからと思っていたから、これも全然抵抗なし。
ただ、自我の強そうなパピーだったから、そう言う点ではちょっと不安はあったけど・・・。

でも、目的があって犬を探すときにはやはりその特徴を生かす目的をもって繁殖されてきた純血種がいいと思うのよね。
特に、家畜を守ってもらう目的の場合は。
家畜と上手くやってくれないと困るし、敵が来たときに怖がって、家畜を置いて逃げ出されるのも困る。
ターニャが山羊の花ちゃんのお守り係になってくれるのを期待していたけれど、やっぱり脈々と続く護畜犬の血が入っているペーハのようにはいかなくて、1歳過ぎた今も、花ちゃんを追いかけたり、足をカミカミしたりするからね。生後6ヶ月のペーハと仲間

今日のタイトルを読んで、デザイナー犬ってなんだろうって思ってる方いるんじゃないでしょうか。
日本で言うところの一代犬。シーズーとポメラニアンの掛け合わせ、とかチワワとダックスの掛け合わせとか。
雑種とどう違うんだ?と言われたら、デザイナー犬は純血種同士の交配で生まれた犬で、雑種は何犬が混じってるのかわからない犬

日本ではラブラドゥードルが結構名前が知られているデザイナー犬ではないでしょうか?
アメリカへ来てからはゴールデンドゥードルをよく見かけますが。
動物アレルギーの人にとって、両方の特徴を持ち合わせたこれらの犬種はいいと言う事になってますが、これも交配のルールがあって、ラブラドゥードルがプードルと掛け合わされたときに、それを目的としたラブラドゥードルが生まれると言う事です。つまり、縮れ毛でモジャモジャのコートで毛が抜けない子です。
だから、アレルギーの為にドゥードルの子犬を探すときは、どのような掛け合わせになってるかをチェックした方がいいかもしれませんね。
アメリカのあるサイトでは、「自分の目的に添わなかったと言って、その子を放棄したりしないで欲しい。犬は使い捨てるものではないのだから。」と警告しています。

長くなりましたが、以上の諸々理由で選んだ”カスティエル”。来米までいよいよ10日を切りました。
狩猟本能の低い犬種・・・と言う事で選んだ護畜犬 犬種:『トルニャック<Tornjak>』
ブリーダーさん曰く
"Lazy boy"
だそうですが、ニワトリや山羊🐐がいる我が家にはぴったりの子かもしれません。


シャイロ・シェパードのファンの方々へ

April 30 [Sun], 2017, 20:48
サトリのホームページやブログを始めてから、色々な方からメールを頂いたり、偶然にサトリを見かけて
「サトリちゃんですね!」って全く知らない方から声をかけて頂いたこともありました。

「シャイロ・シェパード」
と言う犬種の素晴らしさを知った方たちの中には、家族に迎えたいと、海外のブリーダーさんとコンタクトしていた方もいらっしゃいました。しかし、生憎、日本への輸出には手元に10ヶ月近くまでおいて置かなくてはいけないと言う問題があり、なかなかブリーダーさんはOKサインを出してくれなかったようです。

ですが!

実は
6月に
すごいシャイロの男の子が日本に上陸するんです。

しかも、お嫁さん探し真っ最中です。


いずれ、繁殖の時期がきたら、色々な情報も明らかになると思いますが、今は、とりあえず、シャイロファンの皆様への<特報>として、お知らせさせて頂きました。
シャイロを探していた皆様、
"待ってました!"

って感じでしょうか?

“何か呼んだ?”のサトリ

トルニャックパピー ”カスティエル”

April 25 [Tue], 2017, 21:10
早いもので、トルニャックパピーは5週目に入りました。
ちょこっと、子犬の顔を見て、癒されてください








子犬に限らず、犬って昨日までは、こんなじゃなかったのに、なんで急に変わったの?
っていい方向へも、悪い方向へも突然変わることってありませんか?
我が家のキャスは、先日の音に対する反応をチェックした時は、どの音にも大丈夫だったらしいのですが、ブリーダーさんから、太鼓🥁の音がしたら、今日はキャスが結構、引いていたと言う情報が入りました。
まぁ、成長過程に変化はつきものだから、だからと言って他の子にするつもりは毛頭ないのだけど。
ただ、私たちの住んでるここは、結構銃声🔫の音がするので、音に敏感すぎると本犬がストレスになって可哀想だと思うんです。
そこは、我が家に来てから、少し観察をして、いざと言うときはサトレラパパと一緒に何とかすることは出来ると思ってます。

何にしても、後3週間ちょっとで会えるのがとっても楽しみです。
最後に、キャスとっておきの写真を・・・ポニョポニョのピンクの肉球🐾🐾これは、今だけですからね

決定です!

April 12 [Wed], 2017, 22:50
我が家に来る子犬が決まりました。
Starbucks

名前が変わります。血統書の名前はCastiel Storm Tor Bohemia
呼び名は ”カスティエル”
短くして ”キャス”
と言う感じになります。


私は、彼をただ家畜と一緒にいて、家畜を守っていればいいだけにするつもりはありません。
なので、今回は、ブリーダーさんもとてもいい方だったと言う事もありますが、一部パピーテストを取り入れてもらって気質もチェックさせてもらいました。
第一の条件は、「あまり活動的でない子」
また、ペーハのようにあちこちパトロールへ行くようでは困ります。
第二は、「音を怖がらない子」
この辺では、よく鉄砲の音が聞こえるんです。銃の打ち方を練習してるのかわかりませんが・・。
なので、音にシャイな子はストレスになって可哀想だと思ったからです。
第三は、「人や犬にシャイじゃない子」
幸いに、この子たちはみんな人懐っこい子でした。大人の犬ともこうして堂々としているカスティエルです。
5月19日にはサンフランシスコ空港までピックアップしに、ターニャとレイラを連れて1泊旅行へ出かけます。(これも楽しみ
チェコから2頭子犬を連れてきてくれる人がいるのです。(もう1頭はカリフォルニアに在住の方のところへ行くそうです。)
貨物便で来るとペットホテルで途中泊をしなくちゃいけなかったのですが、ブリーダーさんのお友達でハンドラーの方が連れてきてくれると言う事で、安心です。

久しぶりに大型犬と暮らせる日がやってくると思うととてもワクワク👯してしまう私でした。

何故 「トルニャック」でしょうか?

April 10 [Mon], 2017, 22:30
衝動買いは別として、
普通、犬を飼おうと思ったらまずする事って何でしょうか。

我が家はまずサトレラパパと二人でよく話し合います。
遺伝疾患の発症の傾向が少ない犬種
攻撃的でない犬(守る本能が強い犬種って言うのかな?)
これらは、サトレラパパの条件。
プラス、(サトリを迎えたその時は)
大型犬がいい

が、私の希望。
もう10年以上も前の事、サトリを迎える前に私が実際に欲しいと言ってたのは、ゴールデン・レトリーバーアナトリアンシェパード
でも、サトレラパパの提示した条件からははずれてしまったので、偶然ネットでゴールデンによく似た犬種
ホファヴァルト(通称:Hovi)を見つけました。可愛いでしょ?それとシャイロ・シェパード
まぁ、ご存じのように結局は、サトリに縁があったんですけど。

でも、Hoviをあきらめたわけではなくアメリカにはブリーダーもいるのを知っていたのでいつの日にかこんな図も出来上がるんじゃないかと思ってました。
現実はそう上手くいくものではなく、アメリカでも珍しい犬種の為、他の犬と比べるとかなり高額で、今の私たちには高嶺の花。ブリーダーたちも、なんか他の犬種たちと違う雰囲気・・・。
私個人としては、当時、大型犬サトリとがつく大型犬ペーハと言う2頭がいなくなって、『空虚』と言う言葉を初めて肌で感じてた。

そんな中、ターニャを去年の5月に迎えたけれど、ここらには、家畜を狙う野生動物たちもいるので、やっぱり大型犬がいてくれたら心強いなぁって言う話から、再度 護畜犬を探すことにしました。
ターニャが私たちのエネルギーとは全く違う、<ハイパー興奮犬>😵だったから、って言う理由もあるかも。
総体的に見て、やはり家畜と共に生活をするように繁殖されてきた護畜犬は、子犬でもターニャのように狂ったように走り回ることもあまりないし、(基本、家畜と一緒にいるので)定期的な散歩もいらないし、社会化さえちゃんとすれば楽な気がします。
犬種によっては、防衛本能が強すぎて、娘さんのボーイフレンドが家に来ても、娘さんのそばへはしばらくの間近寄ることが出来なかった、って話も聞いてます。
我が家は、サトレラパパの生徒さんとかも来るのであまりそう言う気質の犬種はふさわしくなく、今回は、家畜番と言うより、家畜を含む家族と敷地を守ってくれて、パトロールして歩き回るタイプの犬種でないのが希望でした。
遺伝疾患についてはどうかと言うと、護畜犬は幸いなことに、遺伝疾患の発症が少ない犬種が多いんです。
でも、色々リサーチして決めたのが ”トルニャック (Tornjak)”
ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアが原産国です。
でも、この度ご縁があったブリーダーさんはチェコ共和国の方。実際に会ったことはないけれど、気が合って色々教えてもらってます。
子犬が生まれたのが3月9日。
もう1ヶ月になりました。ブリーダーさんによって・・・・いや、犬種によってなのか・・・子犬の選び方は様々で、今回は写真やビデオを送ってもらってそこから自分の気に入った子を選ばせてもらえます。
でも、うちは性格重視で更にいくつかの条件があるので、ブリーダーさんに相談しながら決めようと思ってます。
びっくりしたことに、生まれてすぐ新しい飼い主さんが決まった子もいるそうです。😧
ショードッグにするらしいですが、と、言う事は繁殖もするんですよね。性格は二の次って言うことでしょうか?🤔

生後1ヶ月になるちょっと前の子犬たちを紹介します。
男の子たち:
Storm
Shelby
Sheldon
Starbucks
Sentinel
Seraph

女の子たち;
Saphira
Seraphine
Savenna

お気づきかもしれませんが、みんな “S” がついてます。そして、この子たちはブリーダーさんにとって、3回目の子犬たち。繁殖の順番をアルファベットでつけているので、今回の子たちは “C” litter となります。血統書には、“C”  と “S” がつけられるんです。

さて、我が家に来る子はどの子でしょうね。
明日くらいに最終のビデオが送られてくるはずなので、そしたら決めます

ナショナル・パピー・デイ

March 23 [Thu], 2017, 22:17
みなさんは知ってました?
今日
3月23日は


National Puppy Day
だって!(すみません。アメリカは日本より1日遅れてます

自分の愛犬が子犬の頃の事を思い出してみるいい機会かもしれませんね。
成犬で保護団体や施設から引き取った方は、この子は子犬の頃はどんなだったんだろう、って想像してみるのも楽しいかも。今は虹の橋を渡ってしまった愛犬の子犬の頃のことも思い出して誰かと語ってみるのはどうですか?
人の場合も動物の場合も、この世から去ってしまったものたちのことを語るのはとてもいい事だそうですね。

うちの子たちの子犬時代です!

ターニャの誕生日だ!

March 21 [Tue], 2017, 22:49

隣り町のHumane Societyで生まれたターニャが1歳になりました。生後1ヶ月半くらいこんなに小さかったけれど、この頃から大暴れをしてました教えると覚えが早く、頭が良さそうなのはいいのだけど、何でも噛みたがる、走り回りたがる、人の言う事は聞かない。
本来は、母犬やきょうだいと交わって色々な事を学ばなくてはいけないのに、ターニャたちはかなり早くに母犬から引き離されたようなんです。
だから、そこからの教育を人間がしなくちゃいけないもんだから、毎日が戦争みたいで、きょうだいのうち、1頭は、早くに施設に返されたと言う話を聞きました。手に負えなかったんでしょうね。多分、私たちと出会った中年のご夫婦じゃないかとサトレラパパと後で話してました。
だって、子犬を引き取るのは初めてだ、って言ってたし。
私も生後6週間目の子犬の面倒なんて見た事ないし、正直言ってどうしたもんだろうか、と考えた事もありました。
でも、ギブアップはしたくなかったから、色々な手法を使ってみましたよ。
Dr.イアンダンバーのセミナーに何度も参加した私ですが、犬を教育する為の基礎はやはりシーザー・ミランだと思っているので、彼の例を思い浮かべながら手を替え品を変えてターニャ仕様にしていきました。
シーザー・ミランと言うと色々言いたい事がある方もいらっしゃるかもしれませんが、それについてはまた別な時に話してみたいと思います。

とりあえず、試行錯誤してようやく1年がたちました。
まだまだターニャの教育はしばらく続くと思いますが、1歳になるまでのこの1年は、私にとってはいい経験でした。
サトリにしても、ターニャにしても、どうして我が家はこう言うやりがいのある犬たちに縁があるのか・・・。

ターニャはほとんどの時間を山羊🐐の花ちゃんと一緒にいます。ペーハを受け入れてくれなかった花ちゃんもターニャの事は気に入っているようです。
お誕生日も普通は飾りつけをした我が家の中でお祝いするのですが、ターニャは今は100%外飼いです。
なので、ポーチでお祝いです。今日のバースデーミールは
こんな感じ。
生の骨付き鶏肉も添えてみました。


新しい1年の始まり・・・・

March 18 [Sat], 2017, 16:56
アメリカ、2017年の3月18日は朝から雨☔️です。
でも、去年のこの日からきっと2017年は☔️だとわかってた。
本当なら、スカッと青空で春の太陽☀️が輝くべきなんだろうけれど。

昨日の夜”Shack” と言う映画を観て来ました。(日本でやってるのかしら?)サトレラパパがみたいと言ってたのだけど私にとってタイムリーな映画になりました。
日本語で ”Shack” は「掘立小屋」を意味します。アメリカで前にベストセラーになった本の映画化で、キリスト教色の強い物ですが、作者が意味している”Shack”は、
「あなたが自分の心の痛みから築きあげる家」「あなたが傷つき、壊れ、恥や傷が寄り集まり、立ち往生した場所」のメタファーであるのです。
そう・・・・
去年のこの日、私たちの大事なペーハが我が家を去って行きました。サトレラパパがペーハを連れて行くので新しい飼い主さんと電話で話している所
*ペーハの話に興味ある方は
<Better Place, better life>     
<ペーハの場合・・・・・・>
私はペーハを他の人に譲らなくてはいけなくなった原因は自分にある、とずっと思ってましたからね。

だって、
あの時私が声をかけなければペーハはフェンスを越えて隣りへ行かなかったのだものって。
しばらくは、ペーハが越えたフェンスのそばへ行くたびに涙😢が出て、ペーハの話しが出れば涙😢が出て、ペーハと歩いた森を見ると涙😢が出て・・・。
サトリは虹の橋を渡って私たちのそばからいなくなったけれど、その悲しさとは違うものでした。
ある友人にその話をしたら
「ある意味、死に別れより生き別れの方がつらいかもしれないね。」と自分の経験を話してくれました。
そうなんですね。サトリの事は『覚悟』が決まってたし、この世界にはいなくなっても、私の心にはいつも一緒で、生前よりも何処へでも一緒にいけるんだ、って感じられるから・・・。
でも、ペーハはうちからで1時間くらいのところにいるのに、もういつも私のそばにいてくれるペーハじゃないんだって思うと胸がつまりましたね。森へ行く時は大抵いつも一緒だったペッペ

そう、で、なんでその映画がタイムリーだったのか・・・。
ネタバレになるので詳細は言いませんが、結局主人公が立ち往生していた状態から歩み出し、自分の心の痛みが創り出した”Shack(掘立小屋)”から出て行くと話です。

今までの1年は、ペーハとの思い出が毎日毎日あちこちにありました。
でも、もう今日、今のこの時から彼と共に過ごすと言う思い出を作る事はないのです。自分を責める事もやめました。だって、今のペーハは新しい家で幸せに暮らしているんです。広い土地で山羊の護衛をしてます2016年8月
先住の護畜犬(マレンマ)たちとも仲良くやってます。2016年8月
そして、飼い主さんもペーハを今まで一緒にいる自分の犬たちよりも可愛いと思ってるそうです。
今も高さ180cmもあるホットワイアーを飛び越えてしまうので😰 手に負えないと見放されたら、うちに引き取るしかないだろう、と言う心配ももはやしなくていいくらい、大事にしてもらってるらしいです。
『らしいです。』って言い方変ですよね。でも、この写真を撮ってくれたのはサトレラパパで、私はまた会いに行っていません。会えなかったんです。自分がペーハに再会した時のイメージが浮かんだだけで泣けてくるので行けませんでした。
でも、この前から思ってるんです。今年は会いに行こうって。
サトレラパパが訪ねた時、新しい飼い主とサトレラパパの間でどうしていいかわからない態度だったペーハだそうです。
私はあれから、もう1年も会ってませんし、今は信頼おける山羊の護畜犬として働いているペーハです。
どんな再会の図になるのか自分でもわかりません。
ただ、飼い主さんが私を心配してサトレラパパに言ったそうです。
「会いに来た時、彼は(私の)そばへ行っても私の方へ来てしまうかもしれないけれど寂しいと思わないで。」と。
わかってる・・・😔
それでも、やっぱりペーハは “永遠のMy Boy💖💖” で私の心に残ると思う。

5月には新しいパピーが来るんだし!
春も来たんだし!
さぁ!前進、前進。


去年はこんなに満開だったアーモンドの花
今年は、やっと咲き始めた所です。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サトレラママ
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画/TVドラマ鑑賞-家にTVがないのでNetflixで楽しんでます。
    ・畑と森の管理-十分手入れされてなかった森を活性化していくのが楽しみ。
    ・語学-言葉を勉強するとその国をもっと理解出来る気がします
読者になる
ブログ名の「サトリの森」は私たち最初のシャイロ・シェパード、サトリの名前です。
渡米して3年7ヶ月名実ともにオレゴンの山奥生活を満喫して2016年6月9日に永遠の眠りについたサトリです。
犬のトレーニングは「しつけインストラクター養成講座」で陽性強化法を学びましたがサトリのトレーニング経験から犬の個性に合わせてトレーニング法を変えてます。
特にシーザー・ミランの ”Cesar's Way" で犬と接する様になってから犬だけじゃなく山羊や鶏との接し方も楽になった気がしてます。日本に限らずシーザーに対する批難は耳に入りますが、本質が伝わっていないことによるものだと思っています。
Facebookで「問題ワンコリハビリ道 シーザー流+アメリカ犬事情」と言うグループサイトを作成しています。アメリカの犬たちの事、シーザーの信念、情熱を理解しやすいように翻訳して載せてます。
ご興味ある方は是非、登録して下さい。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/satorinomori/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる