「里の青汁」の効果や口コミについて

September 01 [Tue], 2015, 3:12
スッキリできない悩みというのは、もっぱら大人の女性に多かったのですが、最近では子供たちも同じような悩みを持っているらしいです。

あなたの子供さんは大丈夫でしょうか?



>>>>すいおうの青汁をお探しの方はコチラ!<楽天市場>



現代社会は、インスタント食品やハンバーガーなどのファストフードなどが巷に溢れかえっていていますが、子供たちは、そんなファストフードが大好きです。

スッキリできない悩みを解決するには、野菜を毎日たっぷり食べるのが一番良いのでしょうが、1日に厚生労働省が奨励している「1日350gの野菜を食べる」というのは、現実的になかなかできることではありません。

ましてや、子供たちの中には「野菜嫌い」の子も多かったりします。

いろいろ探してみたら、子供たちも美味しく飲める青汁「里の青汁」というのがありましたのでご紹介します。

「里の青汁」は、健康野菜の王様と言われている「すいおう」やケール、ゴーヤ、桑の葉などの素晴らしい素材に生きたまま腸に届くビフィズス菌BB536を加えた青汁になります。

豊富なビタミンやミネラル成分、そして美容に良いポリフェノール、更に沢山の食物繊維と生きて腸に届くビフィズス菌が含まれているのが「里の青汁」です。


●<「里の青汁」の購入者の口コミの一部をご紹介>
・32歳主婦
うちの子供はひどい野菜嫌いでなかなか野菜を食べてくれません。そのせいか、スッキリできなくて悩んでいました。思い付きで、この青汁を購入しました。青汁なので不味いのかと思っていましたが、「美味しい」と言って飲んでくれています。今では毎朝スッキリできているそうです。

・37歳女性
今までいろいろな青汁を飲んできました。この青汁にはケールが入っているので飲みにくいのかと思ったら、ほんのりと甘くてとても美味しかったです。子供たちも無理なく飲んでくれます。今では親子そろって「里の青汁」の大ファンです。

       

>>>>すいおうの青汁をお探しの方はコチラ!<楽天市場>












「里の青汁」に使われている野菜「すいおう」について

September 01 [Tue], 2015, 3:11
hitahita(ヒタヒタ)の「里の青汁」には、5種類の国産の緑黄色野菜が使われていますが、そのメインとなる野菜が「すいおう」です。

「すいおう」というのは、サツマイモの一種なのですが、葉っぱを食べるために研究され開発された品種になります。ですので葉っぱは、料理してとても美味しく食べることができます。

すいおうに含まれる栄養成分は驚くほどで、鉄分やカルシウムなどミネラル成分やルテイン、ビタミンA、総ポリフェノールがずばぬけて多く含まれています。

そのほか、「里の青汁」は、従来の青汁の原料としてお馴染みの野菜であるケールやゴーヤ、桑の葉などが採用されています。



>>>>すいおうの青汁をお探しの方はコチラ!<楽天市場>







「里の青汁」に使われている乳酸菌について

September 01 [Tue], 2015, 3:10
普通の青汁は、ケールや大麦若葉などの緑黄色野菜が原料に作られていますが、hitahita(ヒタヒタ)の「里の青汁」は、緑黄色野菜の他に、ビフィズスが加えられた青汁になります。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内で悪玉菌の増殖を防ぐ善玉菌として働いてくれます。

里の青汁に使われているビフィズス菌は、BB536という種類で、ヒト由来のビフィズス菌です。

人には人のビフィズス菌が良い・・・ということなのでしょう。

このビフィズス菌BB536の大きな特徴としては、酸にも強くて、生きたまま腸に届くということです。

里の青汁に使われている「すいおう」など緑黄色野菜に含まれている食物繊維とビフィズス菌BB536との相乗効果でスッキリ生活を取り戻すことができます。


>>>>すいおうの青汁をお探しの方はコチラ!<楽天市場>