NEW YEAR 2006 RESPECT 

2006年01月01日(日) 21時30分


あけましておめでとうございます。
早速、出社なのでいつもと同じですが、気持ちは戌年です!

今年もみなさんのもとに しあわせと 笑顔が届きますように。。



RESPECT…人を敬い、自分も敬えるように、いいオンナ目指していく所存でございます♪
(戌年だけに雨に濡れた子犬を見つめる感じ?で見守ってください。)
↑スイマセン。スイマセン。



昨年、PCにちゃんと触れる事が出来て感謝しています。
インターネットもぐっと身近になって 本当にただの電気で動く箱ではなくなりました(笑) 生身のヒトとの繋がりも ネットでのきっかけもあったりしますし、日々勉強だと思えた1年でしたので コレを活かすべく今年も精進です。

早起きしたら 

2005年12月22日(木) 6時50分


早起きしたら目に飛び込んできました。
そのままここに。。




+++++++++++++++++++++++++++++

ある日、大変なお金持ちが、息子を連れて田舎へ行きました。
息子に、世の中の人々が実際にどれほど貧しいのかを見せようと思ったのです。
 そしてその父親と息子は、田舎の大変に貧しい農家で数日を過ごしました。

 田舎での滞在を終えて帰る道中、父親は息子に「どうだ?」と尋ねました。
「とってもよかったよ、お父さん」
「どんなに貧しいか、わかったかい?」と父親が聞きました。
「そうだね。よくわかったよ」と息子は答えました。
「おまえはこの旅で何がわかったんだい?」

 息子はこう答えました。

「僕たちの家には犬が1匹しかいないけど、あの農家には4匹いたよ」
「僕たちの家には、庭の真ん中までのプールがあるけど、あの人たちのところには、どこまでも続く川があるんだね」
「僕たちは輸入したランタンを庭に下げているけど、あの人たちのところには夜、満天の星空があるんだね」
「僕たちは、小さな地面に住んでるけど、あの人たちの住んでいるところは、見えないぐらい遠くまで広がっているんだね」
「僕たちには、僕たちに奉仕する召使いがいるけど、あの人たちは、他の人たちに奉仕しているんだね」
「僕たちは自分たちの食べ物を買うけど、あの人たちは自分たちの食べ物を育てているんだね」
「僕たちの家の周りには、僕たちを守るための壁があるけど、あの人たちには守ってくれる友だちがいるんだね」

 息子の返事に、父親は言葉を失いました。

 そして、息子はこう言いました。

「お父さん、僕たちがどんなに貧しいかを見せてくれてありがとう」

物質的な価値観にとらわれた父親が気づいたことは、まったく新しいことではありません。
ただ「忘れていた」ことだったのです。

+++++++++++++

これからも頑張れそう。
こどもの頃のようにいつも素直な目線でいたいです。

一通。 

2005年12月22日(木) 2時01分
今朝、PCに年一くらでしか逢えない友人から、、、

「ひとにしあわせを与えることが、私の勇気になってる」って
今日実感できた!と。
アツくなりました。
エンターティメントな仕事で 才能と努力で今 華咲かそうとしている彼女なので きっと直面したのでしょう。


こんな朝の出来事の後に、
20年来の友人の訪問もありました。
逢えてうれしいと泣き笑う彼女もまた華のある人生を送ってきて 
ここでようやくしあわせだと言っていました。

最近思います。
80歳までのうちの 二十歳から〜七十歳まで現役でたのしく過ごす。
出来たら後半は好きな場所で 愛する大切なひとと。
そして、天国に召される時
ありがとう 私の一生は こころから楽しくて有意義だった と伝えたいです。

お腹痛いの? 

2005年12月21日(水) 10時37分

と聞きたくなるくらい食べてもらえないひとりでおいでのお客様。
いつもはお米一粒も残しません!食べ終わった跡のお皿はそれはそれは綺麗で心の中でチラ見の後、ありがとうございます とゆってます(笑)
その方が、なぜか4/5は残してます。。。飲み物も半分。。

お皿を見つめて30分は動きません。瞑想中。。。
何だか顔色が段々と青くなってきてます。
思わず声かけました。
「おくちにお合じゃないかもしれませんので…違うものお出し…」
「いやー、食欲なくてもう食べられないんですよぉ。風邪ひいて病院の帰りなんだけど。。」と
ポケットから処方箋の袋を。
「そおでしたかー!、あ、でももし明日の朝、良くなられてたらきっとお腹空きますから、お包みしますね!お昼までに召し上がってください!」

こんな寒い中、お足を運んでいただいてありがとうございます。

包んだごはんを抱えてかなーり深々とお辞儀されてしまいました。。いやいやもったいないのもありますが、病み上がりでコンビニは辛いですもんね!



私が あ、これやばーい風邪かも?と思ったら、とりあえず
「湯豆腐」です(笑) 生姜をたくさんすってお醤油とポン酢、唐辛子で。
あと リポD的なものと、市販の風邪薬でだいたい次の日 楽。w
それにね、毎日 数えきれないくらい手を洗うので意外と風邪ひきにくいかもです。笑

継続。 

2005年12月18日(日) 9時18分
先日からの原価率、いつも頭を悩ませるところです。お客様に出す料理、材料と
価格のバランス。コーヒー豆一粒にも材料費は存在するし、お肉や野菜も捨てる部分にも費用はかかっています。
属に「粉もの」の食べ物屋さんは原価率低いとか言われます。単純に言うと儲かると。
お好み焼きやうどんなどですが、それだけを出しているお店はないので一概には言えません。

それに日々価格が変動するので キャベツが高かったり、天候の悪かった翌々週などは葉っぱ系の野菜が高騰することもあります。コーヒー豆も(先○取引ではないですがw)相場があり1杯あたりの原価は微妙です。

ふぅ、、、でもこれ、日々、続けないと 食べ物を扱うには何でも仕入れてと言う訳にはいかないのです。それに、接客でいちばんの
「お客様ひとりひとりの気配り」
もお値段に含まれるところ。おいしく、残ったお皿になにも残っていないのをみると
思わず にやり(´▽`) です。

継続はチカラなり。。。市場の調査も大事なんです。
私たち女性だと、外に出る以上はメイクは毎日のことですが、肌の調子が整っていないと
いくら高価な化粧品を持ってしても「のり」が悪く くすんだりするもの。
日々の洗顔や スキンケアも「ローマは一日にしてならず」的なんですよ!



てことで、、ささ、、、パックしよっ、、。笑

ネーミング 

2005年12月17日(土) 9時09分
12月は師である僧も走る…師走。
今日 別名「春待月」(はるまちつき)、とも言うと聞きなんだか
にんまりしてしまいました。なんていい響き。つい、慌て、急ぎがちな12月を あえて春を待つと言ってしまうなんて。


お歳暮です!と焼酎をいただく。私にお酒、やや疑問でしたが
…入手難気味なものらしいです。
その名も
「百年の孤独」……。

これまたネーミングだ!と思い、、しかし、百年の孤独はよしてくれ。。だったのですが、有名な小説からの引用と聞いて呑んでみようかと言う気になりました。
どうやら百年間の孤独を打ち破る神話的ななにか…みたいなかんじのお話のようです。この小説、人の世には、あらかじめストーリーが存在するのか、、、がテーマだと知り、、、
いや、そんなことはないと 今現在は言い切れないところもありますが自分で切り開けることもあると確信しています。
そうでなければ 楽しくないですもん。

今日から数えて一番近いうれしいことがあるとき 封を開けようと思います。

※なにやら、このお酒、雅子さまの旦那様が「チョーおきに」だそうです(笑)

ちゃいるどしーと。 

2005年12月12日(月) 3時42分
お客様のなかに かわいい、ちっこいちびっ子が!

何を隠そう、私、大のちびっ子ずき。
中、高校生と小さいこどもたちを遊ばせるボランティアに休日は出かけていってたほど。

そのときのムシが騒ぎました!w
店内で泣き出す子を外に連れ出して(抱っこしてw
車を見たり、草花みたり、
抱っこから「たかいたかい」を100回ほど…(爆!

なんだかミルクのようないい匂いがして
ほっぺとか押しおしまくりました。。

和むね!こども。
時々トッピョーしもないわがままや 残酷な事言うけど許せます。笑





産むかな!…オイ!ww
友人にはよく「おやつとか作って食べさせて〜」と自分のこどもを押しつけられますw

父親。 

2005年12月11日(日) 23時23分
今日は、亡き父の誕生日。

ろくな親孝行もできないまま去ってしまったので心残りです。



私を 今ココにいさせてくれてありがとう。

横浜復活祭 

2005年12月10日(土) 9時02分
やっぱり
働ける歓びと しあわせ に、、祭りはこれからですが。。笑


やまない雨はない と 。
晴れの準備をしながら、雨も楽しみます、
楽観の意思のもとに。
文責を残すのも大事なんだと教わりました、今日。



取り合えズ、、、

                横濱家系ラーメン食べよっ。

正と負。 

2005年12月08日(木) 5時16分


真実は人の数だけ存在する。
だが君の真実は一つだ。狭量な世界観が作られ、自分を守るために変更された情報、ゆがめられた真実。
ま、人一人が持てる世界観なんて、んー、ちっぽけなもんや。
でも人はその小さな物差しでしか、物事を測れないわ。
与えられた他人の真実でしか、物事を見ようとしない。

晴れの日は気分よく。

雨の日は憂鬱。

と教えられたらそう思い込んでしまう。

雨の日だって楽しいことはあるのに。


やまない雨はないとよく言い聞かせられて育ったのです。私。
今、晴れの準備をしながら 雨ふりを楽しむ……
それをも楽しむ、そんな気持ちでいます。楽観の意思の元に。



「たくさん私と同じような人はいるから。たくさん見てその中から選んでくれたのなら嬉しい。。私の元に来てくれる自信あるから。」
比べることなんて、、、こっちはよくて、こっちはだめ。そんなんじゃないのですよ。
まさに正のオーラで引き寄せられている感じなんです。
だからワタシには お仕事で大変そうなアナタの状況と もたもたして進みが遅いワタシの状況に申し訳なくて。
でも、、も少しですから。後少し。
自分の考えで有言実行のアナタを見て、こんなにも世界観変えられるんだ!と気づかせてくれて
気持ちのスケールは大きくなってきました。
見守られる感謝と尊敬でいっぱいです。ありがとう。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像satomix
» 空席と相席。 (2005年11月18日)
アイコン画像
» 空席と相席。 (2005年11月18日)
アイコン画像satomix
» 姉と妹。 (2005年11月16日)
アイコン画像自称R子
» 姉と妹。 (2005年11月15日)
アイコン画像satomix
» 目ヂカラ。 (2005年11月14日)
アイコン画像なるほど
» 目ヂカラ。 (2005年11月14日)
アイコン画像satomix
» オーラ。 (2005年11月10日)
アイコン画像satomix
» 強力。 (2005年11月10日)
アイコン画像ら く え  ん
» 強力。 (2005年11月10日)
アイコン画像何度も読み返し
» オーラ。 (2005年11月09日)
http://yaplog.jp/satomixthanx/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:satomixthanx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる