初の助成先決まる 南相馬復興トモダチ基金

April 10 [Wed], 2013, 13:03
榎本 明美のブログ助成先は道路の舗装工事などを行う「ユウシン」と「阿部接骨院 求人」。ユウシンは同市小高区から避難している阿部裕真さん(39)が今月、起業する。
接骨院 求人
阿部接骨院は浪江町から避難している阿部昭夫さん(77)と長男の昭仁さん(45)が町で営んでいた接骨院 求人を四月に市内で再開する。助成金はそれぞれ150万円。被災地の小規模事業者を支援する「南相馬復興トモダチ基金」は、新規事業創出助成金の助成先として福島県南相馬市原町区で事業所を新設する2事業者を決定した。23日、南相馬市原町区のあぶくま信用金庫本部で助成金の贈呈式が行われた。基金の助成先が決まるのは初めて。基金はNPO法人プラネットファイナンスジャパン(PFJ、東京都)とあぶくま信用金庫(本部・南相馬市)が、米国の団体から受けた出資20万ドル(約1600万円)で昨年10月末に設立した。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/satomi2016/index1_0.rdf