クリスマスツリー

December 20 [Fri], 2013, 8:42
『これ 可愛かったから 買っちゃった
でね これは 柴崎の分ね』


それは 小さなクリスマスツリー

『部屋が一緒なのに 2つも買う?』

『見た瞬間にさっ ほしくなって
そしたら 柴崎の分も〜って』

『あんた まさかとは…思うんだけど
堂上教官の分も買ったわけ?』


『堂上教官の分だけじゃないよ
毬江ちゃんの分も買ったよ』


『あんたって ほんと分かりやすい』


『だってもうすぐクリスマスだし
喜んでくれるかなぁと思って』


『でっ どうやって渡すわけ?
毬江ちゃんの分は 小牧教官に
渡すとしてよ
愛しの堂上教官にはどうすんの』

そうなんだよね…買ったはいいけど
渡す方法を考えてなかった…


『柴崎 どうしたらいいかな』


『そんなの 自分で考えなさい』


『柴崎の イジワル…』



『いつもみたいに メール送れば
会いたいですって』

『そんなメールした事ないから』

『ほんと 笠原には 呆れるわ
買う時に どう渡そうとか
普通は考えるでしょうが』


『渡せなかったら 部屋に飾るから』


『ちゃんと渡すのよ 頑張んなさい』


その日から どう渡すのか 考え悩む


もう クリスマスがきちゃうよ…


★★★



今日は小牧教官と館内巡回

『笠原さんから貰った ツリー
とても可愛いって喜んでたよ』

『喜んでもらえたら 私も嬉しいです 』

『お互いクリスマスは仕事だけど
笠原さんは 堂上が側にいるから
寂しくないんじゃない?』


『そうですよね…いつも一緒だし』

『笠原さん 何かあった?』

『何も ないですよ
私と堂上教官 喧嘩してると
思いますか』

『そうは思わないけど
笠原さん見てるとね
堂上と二人っきりになりたそうな
感じだから 違う?』

『クリスマス近いし
プレゼント渡したいのかなぁ
とか 思ったりしてさ』


『そんなんじゃないですよ
クリスマスは仕事だし
休みになったら 一緒に
プレゼント選ぼうかって』


私…何を言ってんだか…



そっか 堂上らしいね
お互い 大切な人と
素敵なクリスマスになるといいね


小牧教官と毬江ちゃんなら
甘〜い クリスマスなんだろうなぁ




直接 渡さなくても いいかなぁ
教官の机に置いて帰ろうか

堂上教官 会議でしばらく帰らない
そうしょう そう決めた



机の引き出しに 入れたままのツリー
ペン立ての 隣に 目立たせないよう
堂上教官の机に そっと 置いた




教官喜んでくれるかなぁ
イタズラかと思われちゃうかなぁ

私も同じツリー机に飾ってますよ
これからも 側にいさせて下さいね



カタンーーー


『笠原 お前 まだ居たのか』


『どっ 堂上教官まだ 会議では』

『今日はスムーズに終わってな
なに動揺してる』


『べっ 別に動揺なんて…』

『一緒に帰ってやりたいが
まだ 仕事がのこっててな』

『では、堂上教官お先です』

『ああ 気を付けて 帰れ』

気付かれないように そっと そっと
堂上教官も まだ気が付いてはいない

僚に帰るまで 長く感じて たまらなく
でも もう 気付かれてるに違いない

あんなの 置いちゃって 怒ったかなぁ


ブルブルーーーー

堂上教官からのメール…




こんな可愛いもん 勝手に置いてくな

ここへは置いとけん

郁からのプレゼントだもんな

部屋に飾らせてもらう


郁 明日はクリスマス イヴだな
一緒に過ごそうな



今夜はなかなか 眠れそうにないな



私は幸せに者だ。






















プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:郁
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/satomi05/index1_0.rdf