特別栽培米あきたこまちを一般米と同じ価格で生産農家から直送でお届けしております。
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
無洗米の販売はじめました / 2007年01月26日(金)
みなさん 無洗米は美味しくないという偏見はありませんか?また、家事をさぼってるという偏見もあるのではないでしょうか?

無洗米には大きく分けて、乾式無洗米仕上げ方式と加水精米乾燥仕上げ方式があります。
さとうこまちでは乾式ですが、水を使わず、精米後米をさらに特殊ブラシでヌカを除去する方法です。ちなみに加水精米とは、瞬間的に水洗いして即脱水、乾燥を行う方法です。
乾式も加水式も、細かく分けると数種類の方法があります。

無洗米は、洗わずに炊けるだけでなく、他にも良い点はあるんですよ。

まず、環境を守ります。とぎ汁がでないので、海や川を汚すこともありません。
また、水道代を節約できるので、決して高い買い物ではありません。
何よりも、冬は冷たい水に手を入れる必要がないというのはありがたいですよね

水を入れたとき少し濁りますが、それは栄養分なので問題ありません。気になるようでしたら軽くすすいでから炊いてください。水は、ヌカをきれいにとった分だけカップに多くお米が入るので若干多くするとよいでしょう。水を入れたら、お米と水をよくなじませて最低1時間浸してから炊くとよいでしょう。

ぜひ、お試しください

 
Posted at 08:58/ この記事のURL
米袋の再利用 / 2007年01月20日(土)
今日、お得意さんにお米を配達にいきました。もう3年くらいのおつきあいをしている方ですが、その方は初めて配達した時に、米袋をとても気に入ってくださった方です。高級感があってとても素敵だと言ってくださっていた方が、その後もずっと再利用方法を考えてくれていたみたいで、今日、この紙袋で作ったバックを見せてくれました。紙なので通気性も良いし、じゃがいもなどの野菜を入れて使っているとの事でした。こんな利用方法もあるんだなーと感心してしまいました。また、ここまで使っていただくと有難いです他にも再利用している方がいましたら教えてください。

 
Posted at 23:07/ この記事のURL
コメント(0)
発送のお休み / 2007年01月06日(土)
新年を迎えてからあっという間に6日も過ごしてしまいました。気付いたら明日はもう七草。お正月中、沢山食べて疲れた腸を休ませようという事でこの日はおかゆを食べる日なんですよね私は小さい頃からそう聞かされているのですが違っていたら教えて下さいでも、実は我が家の七草の日は、その言われとはちょっとずれていて、なぜかもちなんです。七草が入ったすまし汁の中に少量の焼いたもちをいれて食べるんです。量は少しですが、腸を休ませることが果たしてできるのかどうか・・・
全国にはおそらくいろんな七草があるんでしょうね。

さて、そこで腸を休ませるのと同じように、勝手ながら私の体もちょっとお休みを頂きたいと思ってます。お正月中も休まず発送させてもらっていましたが、毎年、お正月をちょっとはずして、子供の冬休みの最後に、仕事を忘れてゆっくり一緒に過ごす日をいただいています。今年は1月11日から13日。その間は発送できませんが、ご理解くださいますようよろしくお願い致します。

 
Posted at 18:30/ この記事のURL
コメント(0)
新年のごあいさつ / 2007年01月01日(月)
新年あけましておめでとうございます。今年は、昨年以上にたくさんの人に喜んでもらえる米作りに燃えたいと思います今年もよろしくお願い致します。

ところで秋田県男鹿の神様 なまはげは皆さんご存知ですか?有名ですよね。数時間前、娘をつれて男鹿の友達の家に行き、なまはげに会ってきました。男鹿では、大晦日の日、各家々になまはげが回って来るというのは聞いていたのですが、まだ会ったことがなかったので旦那も娘も私も初体験。怖いから嫌だという娘を無理矢理つれて行って来ました。なまはげは、『お父さんとお母さんの言うことを聞かない悪い子はいないかー』と大声で怒鳴り子供を連れて行こうとするので、後ろめたい子供は特になまはげには絶対会いたくありません。我が家の娘も例外ではなく、本当になまはげに連れていかれると思っていたようです。やはり、なまはげは『お父さんとお母さんの言うことはちゃんと聞いてるがー』『勉強はきちんとやってるがアー』と怒鳴ってきました。娘は慌てて『勉強をきちんとやります』『お父さんとお母さんの言うことをききます』と言ってました。それを聞いたなまはげは最後に握手と記念撮影をしてくれました。男鹿に向かうときの娘は無口だったのに、帰りはホッとしたのかしゃべりまくってました。

 
Posted at 00:43/ この記事のURL
コメント(8)
汁餅 / 2006年12月30日(土)
12月30日は毎年我が家では餅つきの日です。と言っても機械での餅つきです私が幼稚園のころまでは杵と臼で餅つきをしてました。餅つきの日は餅を食べるのも昔からの我が家の決まり事です。『その日に食べない餅は搗かない』とか『搗いた餅はその日 焼いて食べてはいけない』とか、『苦餅は搗かないと言って9のつく日は餅を搗いてはいけない』等 昔から言われている事は現在も守られています。焼いた餅はダメということで、この日は汁餅かあんこ餅というのも毎年決まっていて、今年は汁餅にしました。秋に田んぼの小屋の影で育てたまいたけを乾燥させ冷凍させていたので、それでだしをとり、鶏肉、うすあげ、今朝畑から採ってきたねぎとごぼうをいれ、搗きたてのお餅を手でちぎりポトンと汁に入れます。味は醤油で調えます。今年の具は全部娘が切りました。佐藤家の味は代々続いていけそうです。この汁餅は、おひなさまの前日3月2日にも食べるので年に2回の小さな楽しみです

 
Posted at 21:44/ この記事のURL
コメント(0)
新ホームページ / 2006年12月28日(木)
新年を前に、めでたく新ホームページができました
昨年10月からホームページを立ち上げ、1年間やってきた中で、色々な自分の思いを再確認しながら、『もっと伝えたい事があるはず』という自分に気付きました。そこで1ヶ月前から新ホームページをつくりはじめたわけです。
実は、4ヶ月前から我が家にはアメリカからの留学生が住んでいます。私はこの出会いで というもののすばらしさを再確認したわけです。留学生は私たち日本人以上にが好きで、何よりも白いご飯と緑茶が大好きたまには朝食をパンにしようと思い、私たちがパンを食べていても、『ごはん食べていい?』と言ってわずかなおかずでもおかわりをします。日本人であり、農家でありながら朝から洋食にした自分がちょっとはずかしい瞬間でした。先日は、パスタにフォークを準備したにもかかわらず、留学生はなぜか箸で食べてるし
なんか日本人は、日本のすばらしい文化をすばらしいと思うことが少なくなっているような気がします。留学生に『日本には美味しいものが沢山あるね』と言われて うれしさと、和のすばらしさを忘れかけていた恥ずかしさで複雑な心境の私でした

 
Posted at 01:00/ この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント
アイコン画像店長
新年のごあいさつ (2007年01月06日)
アイコン画像ショウちゃん
新年のごあいさつ (2007年01月05日)
アイコン画像店長
新年のごあいさつ (2007年01月05日)
アイコン画像店長
新年のごあいさつ (2007年01月05日)
アイコン画像大ちゃんママ
新年のごあいさつ (2007年01月04日)
Powered by yaplog!