oneday *24HTV**satoshi

August 28 [Tue], 2012, 4:06

24時間テレビのちょっとした間。

「・・もう無理」

「かずっ///」

「はぁ・・かなりの充電になります。これ」

「・・うん。僕も。」


和は「充電」と言って、

控室にいるとき。
たくさんギュっ・・・てしてくれた。

僕も、24時間ほんとに・・いっぱいいっぱいで。
すごく・・眠くて(笑)

そんなときに。

まるで

僕が今すごく睡魔に襲われてる・・

のがわかったような。

絶妙なタイミングで

僕に・・「充電」って言って

来てくれるの。

だから、僕・・今回、そんなに眠たそうじゃなかったでしょ?

あれはね・・かずのおかげなんだよ?

和・・ありがと。



Fin



こんにーの♪

July 04 [Wed], 2012, 19:18
どうも!お久しぶり〜

娜陏夢です

今日、テスト終わりました〜

なので、またこっちも更新していこうと思ってます

よろしくお願いします

…one day。+ *satoshi**kazunari*Last

June 26 [Tue], 2012, 0:05

和のマンションに着いた。

いつもはインターホンを押すけど

今日は…合鍵で入る

そこにいた和は・・・

**************
kazunari

さっき見ていたあのシーンを

もう1度見ていた。

こういうのに限って・・何回も見てしまう。

わかりますか?この気持ち・・・

でも、そろそろ智が来てしまうから

どうしようかと思い、立ち上がった

・・・そのとき!!

「だ〜れだっ!」

僕の大好きな声がおりてきて

それと同時に

目をふさがれた。

「・・さとし?」

「ふふっ♪せいか〜い♪」

そう言って智は

僕の体を智の方に向ける

そして・・

「かずも・・やきもち焼きさんなんだね♪」

「僕・・嬉しいよ?」

と言って、僕を抱きしめる。

僕は知らないうちに

智の背中に腕をまわしていて。

少し顔をあげたら

僕がいつも智にするように。

智は僕に甘い甘い

キスをくれた。




end...




…one day。+ *kazunari**satoshi*2

June 25 [Mon], 2012, 1:28

「もしもし?かずぅ〜?」

「・・・・なんですか?」

「・・どしたの?元気ないじゃん」

「別にたいしたことないですよ」







いつもは僕が

“智はやきもち焼きですね〜”

なんて言ってるのに。

今、僕がそうだなんて・・・

言えるわけない



でも、智は・・・

「和?ほんとに大丈夫なの・・・?

・・僕、今から行くね?」

なんて言うもんだから。

僕は「はい・・・」としか言えなくて。


どうごまかそうかと考えていた


**************
satoshi・・・・

さっき和に電話をかけたら

和は・・すごく・・暗かった。

僕はすごく心配で。

すぐに和の家に行くことにした。


和の家に向かうタクシーの中で考える

「そういえば・・・

さっきの電話の時。なんか・・・

聞いたことある話し声が聞こえたけど・・」

う〜ん・・・







「あっ!!!」

あれだ。

こないだの・・・“僕”だ・・・

え?じゃあ、和。もしかして・・・

「・・やきもち・・?」


確信ではないけど、なんとなく

僕のカンが当たってるような気がして。

さっきまで和のことが心配で心配で

どうしよう・・って

震えてた僕の心は

ふわん・・・って暖かくなった。



…one day。+ *kazunari*1

June 21 [Thu], 2012, 0:02

今日は、早めに仕事が終わったので

録画していた、智を…

いや、榎本さんを見た

「やっぱり、智は演技も上手いなぁ」

そんなことを思いながら見ていたら

……あのシーンが出てきた

…榎本が、青砥さんの顔があまりにも近い位置にあって
目がキョロキョロしてるシーン・・・


それを見て、思わず嫉妬してしまう。

手にしていた缶ビールを、気づいたら

すごい力で押しつぶしていた




.

そんな時…

智から電話が掛かってきた



*06*16* //しやがれ... +satoshi+ 2

June 18 [Mon], 2012, 22:23

O「だって・・和が・・・
 
 親指に。キスマーク・・つけるんだもん・・・・///」

和の唇に持っていかれた指を見ながら

僕はそう答える。


昨日の晩。

和の家に行ったときにつけられた

・・・和の・・シルシ。

嬉しいけど。


O「だって。。バレたらだめでしょ・・・?」

そう言って。


和をじっと見る。

・・すると和は・・・

N「そんなの・・・ばれちゃえばいいんです」

そう言って、僕を抱きしめた。

O「・・・かず・・?」

N「あなたは。僕のです。

誰にも・・渡したくない。

渡すことなんてできない。

もう・・ずっと・・僕だけの智でいて欲しいんです・・・」


そういった和は、更に僕を

ギュ・・・て抱きしめた。



・・何言ってるんだよ。

僕が・・カズ以外の所に行くわけないでしょ・・・?



僕は。想いをいっぱい混めて。

O「和。僕が愛してるのは・・・

和だけだよ・・・?」

そう言って

和の唇に、僕のを重ねた・・・

*06*16* //しやがれ... +satoshi+

June 18 [Mon], 2012, 22:12

M「こないだ、リーダー珍しく、すごい大きい指輪してたよね!」

S「たしかに!智くん、どうしたの(笑)?」

A[あれじゃない?・・・イメチェン!!」

SM「いや・・それは違うんじゃねぇの?」








そんな声が聞こえるけど、僕は寝たふりをして過ごす。

さっき、収録が終わって。今日は珍しくこれで終わりだから。

楽屋でみんなでのんびりしちゃってる。

僕は、いつも座ってるソファに直行して。。

今の状態に(笑)



ソファに座っていると、和が僕の隣に来た。

肩をくっつけて。

しばらく、一緒に座ってじっとしてる。

・・その間、和は僕のいろんなところを触ってくるけど・・・(笑)

僕は、それが嬉しいから。そのまんま。


そして、僕の体のいろんなところを回った手が

スッ・・・と。

あの指輪をしている。

僕の指に降りてきた。


そして、指輪をゆっくりとはずす・・・

N「・・どうして指輪をしたんですか?

 それも・・こんなに大きなのを・・・」

そういいながら、僕の指をとって。

和は。僕の指を・・・

あの薄い唇に持っていく・・・









*06*14* //VS嵐... +satoshi+

June 17 [Sun], 2012, 12:43

「・・・♪」

佐「どうしたんだ、智。今日はやけに機嫌がいいじゃないか」

戸「最近は、撮影もラストスパートに入って大変なのに・・

  大ちゃん、なんかすごくイキイキしてますよね!」

「え・・・?・・特に何もないですよっ///」

戸・佐「「(いや、これは絶対何かあったな・・・)」」








さっき、休憩時間だったから。

ちょうどやっていたVS嵐を見ていた。

こないだまでとは違って。

最近は、ほとんどそばにいてくれる和。

収録中、すごく嬉しくって。幸せで。

もっと・・そばにいてほしい・・・///って思ったことを

思い出す。

そして、心がふんわりピンクになって。

今も思わずにやけちゃう

「和・・・今、何してるんだろ・・・?」


そして、もっと。もっと。

和のことが気になって。

今・・僕の中は、和でいっぱい。


「大野さーん!撮影入りまーす!」

「はーい!!」

これが今日のラストカット。

はやく終わらせて。帰ろう。

和がいる、あの家に。




fin....


===============

お久しぶりです

June 17 [Sun], 2012, 12:42

ずっと、更新してなくてすいませんでした

でも、今日からまた・・・

ぼちぼち・・・

書いていきます!

よろしくお願いします


君と二人で・・・ 2

April 14 [Sat], 2012, 1:45

4年前・・・

大学1年生のとき。

私は上京して、この大学に入った


地元の友達も何人か一緒で、

大学に行くのがすごく楽しかった。


そんなある日。



「ねぇ、智(トモ)〜、さっきから、誰かがついてきてるんだけど・・」

と、一緒に歩いていた翔子が言ってきた。


「それは、翔子ちゃんの思い過ごしじゃないの〜(笑)」

なんて言ってたけど、




まさか、こんなことになるなんて――――――



to be continues...