創作『遅れた話』

April 20 [Fri], 2012, 8:04




遅れた話にはつづきがあった!


なぜか、何人かの人がこのお話の続きのアイデアを作って、メールしてくれた。

なんか、うれしい。

みんな、ありがとうー。

あるお話は、この衝撃の後、命のなくなった世界に行って冒険したり、


今朝もらったお話は、『人には4つの時間をさまようことがある…。時間を食っている人、時間に追われている人…』

などなど。


なんか続きが思いついたら書いてみようかな。








【遅れた話】



朝、ねぼうしたら、時間に乗り遅れた。

だから、朝だけはちゃんと起きてよ、ってお母さんはいうけど、寝過ごしてしまったものはそうはいかない。

時間に乗り遅れるって、平成ぐらいまでの人はわからないかもしれないけど、2045年の現代では深刻な社会的問題。

時間に追われるって方がまだまし。

じっさいはそっちの方が多いんだけどね。

時間に乗り遅れると、まず時間のあとを必死で追いかける。

法律では、緊急事態につき、速そうな乗り物はなんでも使っていいことになっている。

そうは言っても急な話だし、庭先にあるロッキードSR−71偵察機に乗るのが精いっぱいだけど。

まず、時間て奴は足が速い。

マッハ3.3の全速力で飛ばしても、なかなか現在時間に追いつけない。

焦れば焦るほど、時間の圧力がかかって、ひりひりと肌が痛い。

急いでいるとはいえ、上に一枚はおってくればよかった。

こんな大焦りでもおなかはすく。

それはそうだ、昨夜はダイエット中ということで鮭茶漬けで済ませたのか。

バックのポケットからカロリーメイトフルーツ味を取り出して頬張る。

だめだ、のどが渇く。

とりあえず、急ぐか。

ぐおーーーん

ばどーーーん


大きな衝撃と同時に時間の壁に叩きつけられた。

痛い

肋骨折れたかも


だから、危ないんだよなー


だめだー、動けないな


眼が急に重くなって瞼を閉じた


時間の薄いピンクの膜がヌルヌルと自分を包みだした。


どこかに運ばれるみたい。


意識が遠のいた。


時間の薄いピンクの膜はヌルヌルヌルヌル、増え続けていた。







おわり






  • URL:http://yaplog.jp/sato-yoko/archive/1877
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽや
読者になる



ソプラノ歌手

国立音楽大学声楽科卒業
二期会オペラ研修所42期マスタークラス修了






歌は人の心をつなぐものだと思います。

ずっとずっと昔から。









自分の力は些細なものですが、音楽で受けた感動を少しでもほかの誰かに伝えることができたらいいな、と思っております。


企業情報管理士、個人情報保護士、文書情報管理士でもあります。

企業情報管理士(2010年取得)

個人情報保護士(2010年取得)

文書情報管理士2級 (2011年取得)

マイナンバー実務検定1級(2016年取得)

マイナンバー実務検定2級(2016年取得)



趣味は、短いお話を書くことと、絵を描くことです。

絵は、アクリルでキャンバスに描いたり、PCで描いているものがあります。


ブログの更新はまちまちですが、よろしくおねがいします。



佐藤容子ホームページ




イラスト







YOU TUBE



歌写真いろいろ





ひよこまんが



月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

とっても高いよ〜♪3点シの音
Yoko Sato

バナーを作成
Yapme!一覧
読者になる
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30