ε3ε3☆§⌒(◎ゝ∀・ノнёllо ε3 

February 04 [Sun], 2007, 19:50
みなさん。こんばんゎヾ(´∀`○人●´∀`)ノ


とってもぉバカな、ハァーーチャンです((黙


今日は、塾にいってまぃりましたぁー。


1時間も勉強づけで疲れましたぁ(死


来週もぁるので、嫌デスゥー((泣


でもじ・つ・ゎ。好きな人と一緒の塾なので


そのへんはラッキーかなぁ~~なんて


思ったりしちゃう、バカなぁたしです(´Д`A;)


でも、しっかりと勉強もしてぃるんですょ。


好きな人をみながら((ぇ?


まぁ。こんな私を許してくださぃなww


今日も小説更新しますのでぇ。


できなぃかもですけど(´Д`A;)


できなかったらすぃません


でゎでゎ。【出口】ョゝω・o)ノ)) バィチャ〜♪

・小説・ Nо.4 

January 29 [Mon], 2007, 22:22
私達はしばらく歩くと教室の前についた。


教室のドアを開けると
教室の中はザワザワしていた。


私たちが教室に入ると、


「あッ、来た来た。ぉーぃ。こっちこっち」


翔太と隆志が私達を呼んだ。


翔太と隆志の周りには女の仔がたくさん集まってぃて
私はそれを見た瞬間ヤバイッと思った。


おそる、おそる横を見てみると、


やはり思った通り、渚がチョー不機嫌だった。


私はとっさに周りの女達を
おもいっきり睨んだ。


すると女達はそそくさと逃げて行った。


じつは、私は姉と兄が族の頭を
はっていて、私は普通の女の子なのだが


みんなは、私を少し恐れているようでぁる。


女達がいなくなった後、渚は翔太のもとに
かけて行った。


私もそれに続いて翔太と隆志のもとぇ急いだ。

・小説・ Nо.3 

January 29 [Mon], 2007, 21:18
「何組だったぁ〜?」


渚が私に問いかける、


「えっとネェー」


私は掲示板を見ながら答えた。


「あッ。4組だぁ」


私が答えると、渚は周りがビックリするような声で叫んだ


「マジデェ~。一緒じゃんッ!!やった−−−。
ぁ。しかも、翔太と隆志も一緒じゃぁ~~ん!!やったぁ」



翔太(しょうた)と隆志(たかし)は、中学校からの
友達の事。


じつは渚は、翔太に惚れている。

中2からずっと片思いだ。


翔太と隆志は、そこそこモテるので、渚は
いつも不安がっていて私は愚痴をよく聞かされてる。


渚はモテて、中学生1のころは男遊びが
激しかったが、中2で翔太に惚れてからは告白もしっかり


断って、翔太1筋である。


私は、翔太をそこまでいちずに思ぇる渚が
羨ましかった。


じつは私は中学校の時
付き合っていた人は何人かいたけれど、
本気で好きと思える人はできなかった


自分から告白はし事はなく


告白されて付き合う、そのくりかえしだった。


だから私はずっと本気の恋がしたかった。


そんな事を考えながら、私は渚と一緒に教室に向かった。

(oゝ艸・)。o○【☆Good Evening☆】 

January 29 [Mon], 2007, 17:37
みなさんこんばんわッ(。+・`д・。)ゞ


小説を書き始めょぅと決意してからちょうど、


1週間たちましたぁ((驚´∀`)


ですが・・・。書き始めてからゎまだ2日デス((ぇ?


今日もちゃんと書きますょ


まだ2ページしかかけてませんが|ョд・`●)il||li ドョォォォォォン


でも、あきらめずに。しつこく書いてぃきまぁーす((藁

話し変わりますが・・・

今日ゎ、嫌なことがあって気分が、メチャ凹んでマス・・・。


詳しくゎ言ぇなぃけど、まじデムカつくぅぅぅぅぅ


いらいらMAXですッヾ(`□´メ)ゞ


ダレかなぐさめてぇ((黙


ストレス解消のために、今から小説書きますネェ( ´∀`)Ь

でゎでゎ、

・小説・ Nо.2 

January 28 [Sun], 2007, 15:46
今日は待ちに待った高校の入学式でぁる。
私は、今日から通う“東城学園高等学校”にむかってぃた。


「さぁ〜く〜らッ」


名前を呼ばれて振り返ると、
そこには、親友の渚(なぎさ)がいた。


「おはよ。渚」


「おはょ〜、ぃょぃょ今日だねぇ。クラス一緒かなぁ??」


「どぅかなぁ?まぁ。とりあえず行こッ?」


私達2人は学校のに腕を組んで入っていった。



この時私は知らなかったんだ・・・。


この学校で私の運命を狂わせる出来事がぁるなんて。


でも、今は後悔してないょ。


そしてこれから先もずっとずっと。この学校に入った事
後悔なんてしない。


だってぁなたに出会えたものネ・・・。

・小説・ Nо.1 

January 27 [Sat], 2007, 18:18
   ごめんネ。 でもぁりがとぅ・・・。
 


          ぁなたは私の光でした。



  「忘とぃてゃ・・・。」 ぁなたが私に言った最後の言葉。



      絶対に、絶対に忘れんょ。



         本当に楽しくて、嬉しくて



      でも、悲しくて。 それでも、



   すごく幸せな、恋でした・・・。  ありがとう



       さようなら。



    ぃつになるか分からないけど



                 絶対にまた会ぉぅ。



    さようなら。



                   愛しています。


   

・小説・ 

January 22 [Mon], 2007, 16:51
今日から小説書こうと思ぃマァース((嬉´∀`)


書くの初めてなので、


分かりにくかったりするかもですが・・・。


暖かいメで見てやってくださぃな


タイトルは・・・。 決めてぃませぇーん((ぇ


しばらくして、話が


できあがってきたら決めるつもりですので、


それまでは、未定の予定デェースヽ(゜∇゜*ヽ)


切ないラブロマンスで書くつもりです。


できるだけ更新してぃきたぃですが、


できなぃ日もぁると思いますので


許してくださぃな。でゎ。さぃなら(●+・Å・)ゞ

こんばんゎ(嬉оゝ艸U●) 

January 21 [Sun], 2007, 16:29





みなさん。初めましてぇ(*´ェ`*)ゞ


羽乃デスッ!!ハァーーちゃんって呼んでください((黙


ブログを始めた理由ゎ、ぶっちゃけたはなしぃー


暇してたからデェース((ァハハ


σ(´∀`мe)がこのブログにしたのわぁ・・・。


まぁ。たまたま見つけたから・・・。


なんですょ(;´∀`)…


でも、このブログめちゃ気に入っちゃぃましたょw


かわぃぃスキンゎいっぱいぁるし?


見やすいし?


そして何ょり・・・。バカがぃなぃしネェ((死


シーン
――――――――沈黙・・・


みなさま。。。↑の会話ゎ忘れてくだせぇ((藁


前やってたブログで荒らすバカで害児な野郎


がいたもんですから;;


ま。この話ゎ置いといてヾ(;´▽`A``


これからゎ、楽しくやってぃきたぃので、


みなさまどぅぞ暖かく見守ってやってくださぃな。


でゎ。またぉ会いぃたしましょぅ


バィバィキーン!!−=Ξヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(*´▽`)ツ



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o羽乃o
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年5月3日
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-恋愛小説にはまってるョ(b'v`●)
    ・恋愛-しつこく片思ぃ((哀´_`)
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる