施工法を覚える

December 13 [Sat], 2008, 1:39
現在、二級建築士の勉強をしていますが、、、、
やっぱり、勉強するのが難しいのが施工法関係だと思います。

建築施工というのは、実際に現場に出ていないと具体的なイメージがつかめないのです。

参考書や問題集も見ても、挿絵でちょこっと画像があるくらいで、
説明文を見ても、実際に、どんな施工なのかと言うのは、分かり難いのです。


ベント工法とベネト工法とか、似たような名前の紛らわしいものもあるし、
もう、なんだか意味が分からん。。


こんななんで、資格合格できるんだろうか?
あー、心配になってきた。。

技術系の資格

December 08 [Mon], 2008, 5:06
今、とある技術系資格を取得するべく頑張っています。


建築士などの技術系の資格を取ろうと思った時は、
やはり、工事の施工方法や材料学などの知識もさることながら、
力学的な部分の把握も大事な事だと思います。


施工や材料学・・・ゼネコンとか工務店など実際の作業現場で重要
力学的な分野・・・設計時において特に重要

こういうことも言えると思います。


ここで、「力とは何だろう」・・・と考えると、最も考えないといけないのは、モノの重さ、荷重ですね。



荷重の考え方は、建築土木分野の設計士には欠かせない基礎中の基礎の部分ですので、
将来設計士や建設コンサルタントに就職しようと思われる方は、
しっかり、荷重考え方は覚えておかなければいけませんね。
(ちなみに、昔の構造物を扱う改良などでは、昔の荷重の考え方も把握しなければいけませんね)



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:satffblog
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/satffblog/index1_0.rdf