所見。 

2011年05月31日(火) 22時07分



Twitterを一ヶ月以上放置しているには大きな訳がありまして。というのは言い訳です。
mixiを完全に利用していないのにも大変な理由があるためで。というのは単なる思い込みです。
公式なんて存在すら忘れていた。というのは満更嘘ではありません←

ここ一月ほど様々な事件や現象に見舞われている。

プロバイダーの勝手な会社経営体制の変更により業者が私が不在の間にあれやこれやとルーターとモデムを増設したせいで無線LAN仕様の私の窓PCデップルのみネットに繋がらず、結果WiFi系列も全滅。急遽ヘルプデスクに新しいルーターをアクセスポイント用に発注し、その設定にも混線とセキュリティの問題等面倒くさいトラップを潜り抜けたりなんだりで丸一日かかる始末。これはどちらかというと業者のずさんさとヘルプデスクの否スマートかつ美しくないちゃんちゃらおかしいうっかりな仕事ぶりのせいという呆れる事態です。

そうこうするうちに新学期も始まり定期券を更新しようとしたところ機械では更新できなかったため駅員をに問題点を尋ねたところ、これまた地元JRみどまどの馬鹿駅員が頼んでも居ないのに人が長年愛用していた年期の入ったSuicaを勝手に新しいのに変え、「そんな行為は頼んでいも居なければ、むしろ『お取替えしますか?』の一言もないので前のものを返してくれ」と申し立てすると「返せない」「データが戻せない」「申し訳ございません」の三本調子。

こちらに落ち度がないことを自分よりも何回りも上であろうオッサンに痛烈に確認提示し「返せ」とつめよりまくるも何の進展もなく、後日対応を駅員中何名もたらいまわしにされたにも関わらず「申し訳ございません」のみ。
筋が通らないお話は耳を通りませんしこちらは折れる必要もないことなので結局本部に電話で直談判。内部調査を約束させたがそれもどうなってんのかわからん状態なので、同じことは三回言わない主義からみどまど駅員数名をゴミ以下とみなした判断を直に下させていただきました。

というか私の家の家訓で「やられたら三倍返し」は基本鉄則なのでじわじわと追い込み猟と称した首ハネを要検討かな、と思う今日この頃です。SHEAMを相手に彼らが出来ることといえば謝罪記者会見で90度頭を下げ続けるくらいです。

おやおやと思いながら過ごしていると、今度はちゅーちゅーねずみが自宅に出現し毎夜彼奴と大格闘、完全夜型にいつの間にか移行してしまった私はちゅーと遭遇する機会も多く、姿を見せれば全長2m弱の物干し竿を振り回し家中追い掛け回しています。
しかし図太さとずるがしこさは私よりもちゅーの方が何枚も上手であり、約一月ほど追い出すことも確保することも出来ていないという口惜しさ。
粘着シートやねずみの嫌う音波と電磁波の流れる機械を通販で調達しましたが、本来人には聞こえないはずの二種類の周波がなぜか私の耳にはしっかりと聞こえるため、深夜に家中で大合唱と反響を繰り返す不協和音でノイローゼ寸前です。

そうこうするうちに日頃の行いの悪さがついに表に出てしまい、完全なる痔主生活で黄門ちゃまが爆弾処理をしきれず激痛を抱えながらなんでもかんでもスローペース+前傾姿勢で生活している。

しまいには「パソコンは恋人。酒は親友。タバコは愛人。」と長年襷をかけてやってきましたが、ある頃から体が親友であるアルコール族をいつの間にやら受け付けなくなり、飲んでいる最中から二日酔いと強烈な吐き気を催すようになってしまった為、一時は本当に酒を飲む行為にすら関心がなくなってしまった。
昔は起きて酒、終業後に酒、飲み会と聞けば要参加、帰宅後も酒、酒を片手に散歩、これは私の基本スタイルだったため、周囲からは「完全なるアル中の駄目な女」というありがたくもないレッテルを貼られ続けてきましたが、その称号も今や手放すほかないという状態です。

このまま酒が飲めなくなるのも長年の酒豪酒乱人生に損を感じるところもあるし、何だかよくわからないプライドが許さないので、今は自宅で某「下町のナポレオン」をほんの少し飲む程度でアルコール免疫力を維持していますが、外での飲み会やらではもっぱらソフトドリンクが主になってしまいました。

これは私にとって結構なショックであり、世の中にはまだ私の口にしたことのないような黄金の水が沢山あるというのにそれらに触れることが出来なくなってしまうという物悲しさにさいなまれています。
私にとってのガソリンは酒であったのに、それがいつのまにやら赤牛ブランドが私のガソリンとなんともありきたりな大人になってしまったのです。

そして中学生のころから悩まされていた左胸の痛みが「肋間神経痛」である可能性が高くなった事、仕舞いには年度初めの健康診断で、視力ががくんと落ちた事や、胸のレントゲン写真の結果が「所見あり」なため精密検査を受ける必要があるとまで言い渡されてしまったなど、次々と厄災が襲い掛かっています。もうこれは完全に呪詛返しみたいなもんです。

そんなこんなで毎日がくそのようですが何となくLinuxに手を出し始め、まっさらおもちゃPCがもう一台近日届く予定だというのが唯一の楽しみです。


〓jow〓

激震。 

2011年03月22日(火) 23時39分




今回の東北関東地方における震災により被害に遭われた方々に深くお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興を遂げられることを切に願っております。



地震の影響は被災の大小関わらず、様々な場所においてその爪あとを残しているわけでありまして、残念なことに自分がお手伝いしていたり楽しみにしていたイベントや展覧会も、略中止や開催の見合わせといった事態になってしまいました。

東北地方の方々が信じられないような状況に陥っているなか、文句や不満をぶつけるなど到底足元にも及ばないことと思われるかもしれませんが、やはり様々な形で多くの物事、人々に尋常でない影響を与えた今回の地震は、天災とはいえ惨いものであると痛感しております。



とりわけ今月からお手伝いしていたイベントに関しましては、地震当日に会場において地震に見舞われたことと、開催二日半で中止となってしまったことが残念で成りません。

こちらで宣伝のお知らせをする間もなく中止してしまいましたことも、なんだかやるせない限りです。


現状、展覧会場を利用しての展示は不可能なものとなってしまったそうですが、web上にて美術家である山城大督氏の作品が徐々にアップされているようですので、ぜひ、多くの方に知っていただきたいと思います。


山城大督展「トーキョー・テレパシー」
http://telepathy.yamashirodaisuke.com/



様々な分野の方々が色々な形で一人のアーティストを支え、その展覧会を作り上げていかれる姿を数日間でしたが身近に拝見できたこと、そしてそのような機会を与えてくださった山城大督氏、墨東まち見世のスタッフの皆様、東テレスタッフの皆様、名前をあげれば限がないほど多くの方々にこの場を借りて感謝させていただくと共に、お礼の言葉とさせていただきたいと思います。
どうもありがとうございます。




ああ、そして今もまだ揺れ続け、プレートがだだっこのようにぐずついている現状において、何か出来ないかと思う日々がむなしく過ぎてゆくばかりですが、はっきり言えば、被災地の方々が一番に求めていることといえば「義援金」や「救助」であり、こんな何百キロも離れた土地でのうのうと毎日平々凡々に生きている何にもないイチ女子大生ができること等戯言でしかないのが現実です。

それでも何かしたい、せずには居られないという声はTwitterやmixiを初め多くのメディアで声を大にしてささやかれています。ひしめきあっています。
この熱量をゲームの世界のように換金するシステムが出来れば相当な額になるであろうというような事態です。


そんななか、アートの分野の方々も、歯がゆい想いを形にしようという動きが多くあります。

下記はそんな応援プロジェクトの一つであり、有名無名を問わず作品を使って被災地にエールを送ると共に、募金活動等を行おうというプロジェクトです。


「yell art」 http://yellart.jp/


はっきり言ってしまえば、絵で応援する、音楽で応援する、スポーツで応援する、など現在進行形で被害が続く被災地において何の役に立つのか分らないという想いも少なからずあるのが素直な意見ですが、
それでもこうした想いが各地で存在するということは、必ずしも今回の地震が全国をまたぎ、世界中で大きな衝撃を与える出来事であったこと、そして誰もが「他人事」ではないという認識をもって動き出しているという証拠なのではないでしょうか。


「yellart」においては、Twitter上で作品の写真をつぶやきと共に掲載し、#yellartをつけて投稿するというシステムから動き出しているそうです。

ぜひ、興味をもたれた方、twitterをやってらっしゃる方はハッシュタグをつけて一つぶやきされてみてください。

また、有名無名を問わずより多くの方々の参加を募集されているので、よろしければこんなプロジェクトがあるということを拡散していただければと思います。


そうして様々な動きが発生する中、どういったプロジェクトに参加するか選び取ることはかなり慎重になるべきものでもあると思います。

義援金を装った詐欺なども多い現状、アートという何だかそれだけで胡散臭い世界における支援活動では、一人一人が自らの目でちゃんと見極め、関わりやすい活動と繋がって頂ければと思うところです。


〓jow〓

情報。 

2011年02月07日(月) 1時16分



最近幾分と暖かくなり、自転車乗りが苦しくないので大変よろしい。
しかし課題に追われて正直そんな時間はない、という現実。

出来もしないのにiPhoneにオンラインゲーム搭載してしかもそれ全部英語表記でもう死にたいとか言っている場合ぢゃなかったんだったと鼻で笑って気づかぬ振りの深夜2時台の魔力こえええええええええええええ

そんなこんなですが。


ハイパーメディアなんちゃライクあれやこれやとメディアアートにかじり付く2011年に相応しいお知らせです。



『クリエイティブファンタジスタ 2011』

http://fantasista.creativecluster.jp/
twitter: http://twitter.com/#!/Fantasista2011

【期間】 2011.2.5.sat - 2.20.sun
【時間】 12:00 - 19:00
【会場】 Vacant JR「原宿」徒歩5分 / 東京メトロ「明治神宮前」徒歩2分

主催: クリエイティブクラスター http://creativecluster.jp/
受託: 平成22年度 文化庁メディア芸術祭 人材育成支援事業

※入場無料



TwitterやUstreamなど近年におけるソーシャルメディアは爆発的に普及し、21世紀における我々のライフスタイルは先人の描いていた未来予想図を超越したものとなっているのではないでしょうか。

マスターピースと呼ばれる一点ものの作品が「芸術」と高く評価される世界が存在します。
しかし、現代では大量生産品やレディメイドと呼ばれる既製品を通した作品が総じて「芸術」ないし「アート」と称され、様々なデバイスを通じた個人の表現の場が設けられる時代におけるソーシャルメディア革命は、ネット時代におけるメディア技術とテクノロジーの開拓と共にメディアアートという枠組みを確立しました。

デバイスとテクノロジーの進歩がアートに与えた新境地、そしてアートが変えるインターフェイスの衝撃を様々なファンタジスタ(アーティスト)の作品がソーシャルメディアという媒体を解して視聴覚という伝達機能を通じ我々の五感を走り抜けることでしょう。


国立新美術館において絶賛開催中の「文化庁メディア芸術祭」。
そんな今アツい「メディア芸術」ですが、二駅離れた原宿においても平行してイベントを開催しています。

自分は今回出展参加はしていませんが、会場にて運営スタッフという名のgdgdキュレーターとしてお手伝いさせていただいています。
開催期間は2/6.11.13.17.18.20と会場にOPENからずっと居りますので、メディアアートに興味のある方も、あまり興味ない方も、むしろ眼中になかったんですけどという方も、入場無料ですので是非御来場下さい。

ソーシャルメディアコンセプトの元、Twitter連動作品も多く展示されています。
先日は2日目ということもあり、これから搬入される作品にも期待が出来ます。

ちなみにTwitter上でハッシュタグ「#CF2011」をつけてつぶやいて頂くと、会場でTwitter音楽として上映されたり。

原宿の竹下通りを下りましてKDDI DESIGNING STUDIO裏手にてお待ちしております。


詳しくはクリエイティブファンタジスタ公式サイトを御覧下さい。

つうかお手伝いが足りないので誰か助けてくださいとか主催者側が言っていましたので、興味のある方、どうぞ自分宛にご連絡下さい。


余談ですけど、先日人生初の「ネイル」を体験してきました。
今度はりぐりを足に描いてもらう予定です。

久しぶりの原宿は何だかすごく魅力的な街だった。

〓jow〓

聖人。 

2010年12月24日(金) 1時48分


twitterウィジェットをサイドバーに貼り付けてみました。反映されているかどうかは知らん←

さあて、泣く子も黙るクリスマス・イヴですよおおおおおおおう

自分はイヴも本家も課題詰め+A型インフルエンザ感染などもろもろでIN THE HOUSEです。
タミフルを処方されましたが取り分け発狂した痕跡は無いのでこのままインフルが撃沈してくれるのを待とうと思います。


今年は「イベントの年!!」とか年始に張り切っていたのは何処へ行ったやら、気がつけばさっぱりと一年が過ぎてしまいました。
思い立ったら何でもやっとかなきゃ駄目ってのは毎年年末になると身に染みてくる言葉であると同時に後悔の念を湧き上がらせる言葉です。


絶賛具合悪いなので気も滅入るのは仕方の無いことなんですが、2010年を振り返れば足踏みばかりをし、何の進歩もしない一年でした。

様々な分野で大事なものを手に入れ、そして失ったものも多かった一年でしたが、自分の生活は何だか全てがしっくりこないまま空回り空焚き状態だったようにも思います。

とりわけ年末は何だか厄災のようなものに包囲され、自分は厄年が何回あるんだろうかと呆れるほどです。

来年の抱負やらは思い立ったがあれこれな自分には持つべきものではないと思うし、何よりも来年なんて来るのかどうかも疑心暗鬼ですが、着手したことを確実にモノにして行きたいことに変わりはありませんから、何とかやっていくんだろうと思っていますw

やっつけるべきことが多いことを吉と取るか、それとも凶と取るか。
対象物があるだけでも不毛な時間を経過させるには好都合なのかもしれません。

対処すべき問題に対し暗中模索という状態は、人にとっちゃ何よりも厄介のではないだろうかと思う今日この頃です。


〓jow〓

最果。 

2010年12月17日(金) 22時42分
2%も残すところ後二週間、年末だというのにあれよあれよと超表裏現者活動に向けて動き出しています。

活動拠点をネット上に置くためレンタルサーバー探しに没頭、HPも新たに開設予定です。
表に出る準備が出来次第、黒歴史云々を無かったことにしようと目論んで要るため、放置状態の続くブログあれこれのみデータ移行し閉鎖する予定です。

活動に際して、新生ぶろっぐちゃんは正式サイトの方で新たに開設します。

(ちなみに裏公式、mhmhサイトは残す予定なので、見えないネットの海にドラム缶のコンクリ詰めにして静かに息を潜めさせます。問題はこのプライベート駄々漏れのサテブロですねっorz)

mixiの方も日記系統は伏せて形のみ残す予定です。
twitter垢も新たに取りますが、現行状況は手っ取り早く、私の行動がリアルタイムでチェケラできてしまうこちらをどうぞ。


●丸裸ついったぼやき大杉ID→ @衛星twit (※@以下「衛星」を英語変換)

●御存知私事ブログ(ここ) 「サテラヰトヴログ。」
http://yaplog.jp/satelliteblog/

●馬鹿話のみぞ亀更新ニキ 「mixi」
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4232482&level=4

●地下芸術活動拠点、裏公式 「CHRONICLE*satellite」
http://x13.peps.jp/heliogabalus/

●おバカまじめ研究室 「ザ★劇的集団マヒマヒ」
http://96.xmbs.jp/stupor2/


また、新たな形で彗星のごとく変貌して現れる予定ですので宜しく何卒。



さて。そんなこんなでBEAT MANIA弐寺にハマりバカスカと毎日毎日ゲーセン通いの今日この頃ですが、
ハイパーメディアなんちゃライクな個人活動はしょっぱなは「イラスト」「映像」「音楽」の三つになると思います。
立体作業や装置作りもおいおい三次映像として面白いことしたいと思っていますが、とりあえずは「映像」を造るにあたり、まあ、「絵」と「音楽」がそろえば出来る様な気がしなくも無いため手始めに「音楽制作」に着手することに。

とはいえ、アナログな楽器しか触れたことの無い自分は右も左も分からずとりあえずは「シンセサイザー」云々言い始めましたあばばばばばばばばば

しかし機材はお高いものです。フリーで出回るものもチョイスが難しい(個人的には)
どやさどやさと言っているうちに、手元にある大きいお友達の必須アイテムiPhoneのアプリを手慣らしにしてみようということに。


元祖ウザイおっさんこと先輩氏がアイツーンカード\3000を奉納して下さったため、調子に乗り千円を超えるアポリを購入。


なんというたからのもちぐされでしょう!!!!


とりあえず手元のあいぽん通称「めておたん(ツンデレ僕っ娘。口癖は『めておたんお馬鹿ちゃんちがうもん!!』」に現状詰め込んであるアポリを恥も知らずご紹介なう↓↓↓↓↓↓







まずはこちら様、知る人ぞ知る1997年生まれのテクノ番長、Propellerhead社の「ReBirth」(\800)。
TB-303 ×2 シンセサイザー、TR-808 ×1 ドラムマシン、TR-909 ×1 ドラムマシン、というなんだか凄いことに成っています。Rolandが80年代に製造したハードウェアをシュミレートしているという、ちっちゃくたって一人前なアプリ。エフェクト関連はPCF(Pattern controlled Low-pass) 、DELAY、DISTORTION、COMPRESSORとかなんとか言っていますがもうわかりません。

しかしこの風貌からして相当なちまちま作業が予想される模様。

眼精疲労が期待できます(タヒ)

ちなみにこちら様、現在はPC版がフリー化し、iPadでも登場とのこと。


絶対そっちのほうがいいぢゃんはやく言えし。




続いてはこちら↓



もうこれが何か超凄え。

INTUA社の「Beat Maker」(\1,200)。
リズムマシン、サンプラー、シーケンサーを兼ね備えたモバイルミュージッククリエーションスタジオなんちゃらとのこと。とにかく何かが凄いってことは分かりますが触った限りでは直感的でサンプラーを搭載している為、上記の「ReBirth」より優秀という感じです。
ユーザーも多く、ちまちま感の無い操作パッドもiPhoneアポリとしては◎。

ただ、出来ることが相当多いのでその分新参には厄介な相手かとも思ってみたり。



お次はアナログシンセの音作りアプリ↓




ポリフォニックシンセアプリのRolf Wöhrmann、「NLog Synth Free」(無料)。
無料と言いながらも高性能で、プロっぽい(あくまでプロっぽい)機能を搭載しています。鍵盤も88のフルスケールで、音作りに関しての機能はなかなかのものだとか。



お次はシーケンサーあれこれのアプリ



XEWTON、「MusicStudioLite」 (無料)。
自分は手始めにLiteを手にしてみました。サンプリングや外部オーディオを扱うことはできませんが、各トラックに楽器の音を割り当てピアノロールにより管理できるということで、鍵盤経験者にはありがたい一品かと。
あと作成したデータはWiFi接続経由でPCに保存が可能。



しかし本格的なDTMを使用されている方々のコメントでは機能不足な点もあるらしく、ポケットからさっと取り出し出先でちょこっとやるにはいいかもという感じだそうです。



とまあ、ざっと見ただけでも絶対的に現段階で使いこなせそうなものは略ゼロw
お安く上がるものをさわさわしながら成れて行こうと思っています。
ちなみにiPhoneで全て作業しようという話でもなく、自分はiPhone信者でもないので、願わくばPCと共有できるものの方が後々ありがたいなぁという感じです。



あと以下は遊びながら音に触れるアプリ各種。





言わずもがな御存知Yudo Inc.「Tangible Gloove pad」
つべとかニコ動とかにもよくこれを使って才能の無駄遣いをしてらっしゃる方々も多い音楽アプリです。
ドラム、ベース、シンセ、アルペジエイターをそれぞれ複数パターン化しシーケンサーに登録することで、それぞれの項目6つから1つづつ、各自3つのバック音に合わせ、あとは光る二つのボタンの位置を操作するだけ。
音や曲調を変化させ再生していくことの出来るリアルタイム楽器ですが、操作性に慣れると一躍飲みの席やクラスの人気者になれます←




デジタルサウンドでも、もっとチープな奴をさらっと使いたいとなるとこちら。




懐かしの8bitゲーム機のサウンドをリアルに再現したバーチャルシンセ、Newforest「NESynth」 (NEシンセ)。
チップチューンサウンドをお手軽に楽しむことができるアプリですが、シーケンサーなどは搭載されていません。しかし加速度センサーなんてものが搭載されているので、iPhone本体を傾けると面白いくらい音が変化します。打ち込みには向きませんが、何らかPCに音を取り込むことが可能ならば使えそうな感じです。あくまで「楽器」としての用途がメインで、私も出先でよく暇つぶしに遊んでいるアプリの一つです。



そして最後はこちら。「あの楽器」wwww




4音同時再生可能、ビジュアルエフェクト付きシンセサイザー、Satoshi Kondo氏開発の「イノセンサー」
8つのアルゴリズムなるものを選択、周波数比、出力レベル、エンベロープ、波形タイプを指定(それぞれ単音と和音のテストが可能)。名前をつけて保存することでユーザー音源として使用することになるそうです。
演奏モードは4音のポリフォニックで、鍵盤をたたいたあとに指をスライドさせることで音程が上下に変化しするらしく、私はこちら、ちょっとしか触っていませんが、面白い音が鳴っていますw
鍵盤モード、コード進行(和音)モード、Air Playモードを搭載しており、Air Playモード使用で指定したURLからスタンダードMIDIフォーマットを読み込むことで自動演奏が可能なアプリだそうです。




とまあいくつかご紹介させていただきましたが、ほとんどが未だ手探りなものばかりです。
普段から触っているものもいくつかあるので、音をまとめることが可能ならば色んなもので出来たに繋げていけるような気もします。

しかしRebirthBeatMakerなんてのは結構単体でも優秀なアプリなので、あまり手広く使い始めてもなぁというのが正直なところですwww


とまあ、駆け出したは良いものの右も左も分からずじまいでうっかり投げ出しそうですが、新しいことを始めていくというのはそう簡単なことではないものだなと、いたく再確認。



っていうかわけも分からずアプリ買っちゃ駄目だよねええええええええええええええええええええええ



〓jow〓

水槽。 

2010年06月07日(月) 0時16分


カテゴリというものを設定してみました。

自分の話がずいぶん二転三転して整理が面倒なのでこれからはカテゴリ化してみます。
そんな私はカテゴライズされることがだいきらいwwwwwwwww

さて。5日の話ですが、どうしても観たい芝居があって本駒込まで行って来たぜ。

『水族館劇場』さんの「NOMAD 恋する虜」という作品です。

数週間前にゼミでアングラ演劇の発表をしてから「テント芝居」に随分と引っかかっていた最中の出会いです。

前回御邪魔した『中野成樹+フランケンズ』さんの御芝居で頂いた大量のチラシに紛れていた問題児。
宣伝美術が異彩を放っていて一目で気に入って絶対に観に行くぞとか思っていた芝居です。


事前の情報ではなんだか想像もつかないほど凝った舞台装置だとかで、
水、何tとか、空中を飛ぶ、とか、水族館劇場さんのサイトを見てもとても自分の感性に引っかかるヴィジュアル、

普段芝居を多く観るほうでもないンだが、どうも気になって結局当日券で行くことにしたとか。


感想というか、観客を驚かせることに関しては抜群のセンスとそれを現実にやってのける沢山の才能に脱帽したというのが良いのかね。
とにかく空間というものに制限を感じない舞台が存在するんだと思わされた。
多分自分の頭の中ではそういうスゲー舞台装置とかは大枚をはたく様な仰々しい「商業演劇」の方面でしか可能ぢゃないんだろうな、と思っていたのだけれど、

なんかもうそういう先入観とか一気にぶっ飛ばされた、つうか打ち砕かれた。

私はこの劇団さんについては宣伝美術から入ったものだから特色とか顔とか全く持ってわからなかったのだけれど、
自分にとっては演劇のストーリーとかは舞台美術や照明とか、舞台装置に比べたら結構求める割合が少ないから満足できるというか、とても劇団全体の世界観が気に入りました。

とにかく座長の人柄が良いってことは素敵な劇団なんだろうなと思った。

私の行った日は通常の三倍の集客だったそうで、テントの中なんて笑えるくらい人人人とそのまた人wwwww

そのテントの作りもあれだけ大掛かりな仕掛けをするには相当計算されているだろうなという巨大さ。
あと野外ステージも良い。神社でのテント公演でしたけれど、場所を余すところなく使って、挙句の果てにはその両方をひとつの空間として収めるとか、かっこいいことしますよねニクイ。


もうあとは水。水とポケモン現象wwwwwwwwww

スゲー、で水。うおおおおおおお、で、水。パッカーン、ザバーン、で、拍手喝采。


あこがれちゃうほど素敵な水族館劇場。ストーリー+演技力の2割をスルーで私は8割の仕掛けに満足です。

年に一度大観音に出現する蜃気楼劇場と野外空間、私はもう虜なのかもしれない。


〓jow〓

夢精。 

2010年05月13日(木) 2時26分



一寸長年DLしたまま完全放置だった某鬱ゲーをいまさらやり始めてみたりw

http://www3.nns.ne.jp/pri/tk-mto/ ←これね。「ゆめにっき」。


超新星が来てから今まで制限されていたものが略なくなったんでかなりフリーダムなうだ、ぜ。


自分はかなりのゲー痴だから
音ゲーとガンゲーと格ゲー、あとホラーとソリティアくらいしかやらねえけどさ、
まあRPGとかもやらないわけぢゃないが、
ほとんど中途半端だよね(現P3Pとか良い例だ)。

まあこれは結構メジャーなゲームなんでほんといまさらなんだが、自分は申し分なく気に入っている。

つうかこういうことを書くともう本当に家にいるときはPCの前にへばりついていると思うだろうが
リアルにそうだから何もいえねえwwwwwwwww

これを俗に 恋人はパソコン という。

そうそう、話は変わるけれども最近のブームな食品は「ビーフジャーキー」だったり。

現に今もビールとビーフジャーキーなうこれをB.B.NIGHTというのは自分だけか?
誰かはやらせてくれまじでwwwwww


あと長年敬愛しているある方の展覧会が東京でやるそうなんで行ってこようと思っています。

ちなみに画像はせんぱーの家での一部始終。


なんだかいろいろやっているみたいです。自分も勉強させてもらいます。


〓jow〓

迷信。 

2010年05月11日(火) 19時54分



やあやあ自分が何匹もいる。
めておと一緒に撮りましためておもたくさん写るんだなあ。

最近まったくHG-web離れが激しいとか言いつつ2の字の方角には常に過敏でしてahahahahahaha//////
相方がL.A.から帰国食後にダウンしたんで結局mh25系(なんか電車みたいだな)の話が進まんwwww

仕方ないんでとりま情報量をと思って魔窟という名のアトリエつうか先輩宅を拠点にPC関連の諸々をしていたり。
つうかロゴを請け負うんだけれど会議が何度か吹っ飛んだらしいのでまだ詳細がわからんやべえww

そんなこんなで里子に来たデップルこと超新星は、現段階では自分の悪い趣味にばかり活用されているなうorz

あー来月は吉祥寺シアターの「ひょっとこ乱舞」に足を運ぶかもね。
今月は目黒の方に行く予定です。

ひょっとこは自分がリストに挙げたもんでガースーものぶりんも行くらしくご一緒できたらいいかねえと。

めておたんばかり構っていると衛星くんが嫉妬を起こして朝自分を起こしてくれないなんてこったい。

おまけに今日はコメットさんのりぐりイヤホンがまたしても故障wwwww
もこれぜったい不良品ていうか粗悪品なんぢゃないですかまじでwwwwwwwwwww

とりま飯食ったらカーンケーンですね。

ぜったいやらないけどさwwww


〓jow〓

絢爛。 

2010年05月06日(木) 4時28分



何がどうしてこうなったかのか知らんが、突然名古屋遠征となった、ぜ。

当日拉致られた結果、気がついたら新幹線でしたよ。

画像は、結局こうなる白●公園だったり。

GWも終盤の4日から突発的名古屋ロケ(下見)に行ってきました。
まあ、一泊なのでかなりカツカツなスケジュールだったが。

強引にでもひっぱってってくださった先輩には大変感謝していますどうもどうも。


どンけ頭を抱えても、自分の生きる形がアーティストしかないと、あーつくづく思い知らされたり。


Vは何本かまわしたんで、編集作業が楽しみだ。


まあここ最近の話をすれば、色々あったり。

なおがGVやめたり。

iPhone買ったり。

パソコン手に入ったり。

キャンパスが都内に移ったり。


とりま。たくさん、しっかり生きていこうと思います。

GW中相方がL.A.行ったりであまりにこにこしかねたンすけど、無事にどうやら先日帰国したらしく。

おかえりー、とね。


名古屋では「登山」できなかったのと、スイパラ行けなかったのが心残りですけれど、

まあ、なんか塚っちのヘボバンに呼ばれていたり、楽しみはたくさんある。


ああ、ゼミは総合芸術ことヨコタロスの舞台芸術です。

んー自分は美術専門なんすけど、まあ、総合芸術だし好きなもの詰まってるンで、あははははは。


ていうか、ツイッタのサイトバーってどうすりゃいいんだかwww


とりま、今期からは、ずいぶんと体たらくで学校いこうとおもいます。

いいぢゃねえか、去年通年でオールAだったんだからさ。


あーかしわもちうめええええええええ


〓jow〓

粛正。 

2010年03月08日(月) 9時32分


笑いたければ笑えばいい

自分がどれほど脆弱で滑稽かなど分かり切っている

後ろ指を差して噂したいならばそうすればいい

ただ私は自分の欲に素直に生きていたい

それが程度が低いと罵られようと
見知らぬ人にあらぬことをいわれようと

私はやらなくてはいけない

自分の存在する意味や
与えられたものが本物であるのか否かを

ちゃんと自分の目で確認して提示しなくてはいけない

どこまで行けるかはわからない

まるで未知であり 大変怖いことである

ただ 私は一心にアーティストでいたいと

そのことだけに縋って生きてきた

きっと誰もが雑魚と笑うでしょう

でもどうか 在り方だけはしづかに認めてほしい

私がいかに愚かであろうと

胸の内に芽生えた炎だけは

誰にも消すことはできないのだから


〓jow〓
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:UH;SATELLITE_(jow).
  • アイコン画像 趣味:
    ・芸術-芸なる術は我が道に在り。
    ・文化-教養に喰われれば良い。
    ・二次-にの字の方角に屈折。
読者になる
廃墟で朽ちたい御年頃。
ニケに魅せられ藝術活動。
アングラサブカルヲカルト性癖。
人詠ンで劇的独り秘密結社、
妄想支部2の字系配属。
某劇的集団所属。


公式家頁↓
■CHRONICLE*satellite□
http://x13.peps.jp/heliogabalus/
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像jow
» 宇宙。 (2010年01月24日)
アイコン画像jow
» 林檎。 (2010年01月24日)
アイコン画像zi-na
» 宇宙。 (2010年01月24日)
アイコン画像zi-na
» 林檎。 (2010年01月24日)
アイコン画像jow
» 汽笛。 (2009年12月04日)
アイコン画像zi-na
» 汽笛。 (2009年12月03日)
アイコン画像zi-na
» 身悶える夜明け。 (2008年10月04日)
アイコン画像zi-na
» 夜のプロキオン。 (2008年09月28日)
アイコン画像zi-na
» 卒業。 (2008年04月10日)
Yapme!一覧
読者になる