角質層のバリア機能が傷つく 

October 14 [Wed], 2009, 18:58

角質細胞は浮き上がって剥がれ、水分は失われ、皮膚は乾燥し、荒れた状態となってしまいます。バリア機能の損傷は皮膚炎の原因となります,さらに、角質層が損傷を受けると、角質層のバリア機能に続く第2の防御機能として、表皮の免疫細胞が異物の侵入に対し反応します。中絶薬

これが、炎症などの皮膚トラブルの原因となってしまいます。アトピー性皮膚炎なども、角質層のバリア機能の低下あるいは損傷によって、外的刺激物が肌内部に侵入し、それに対して免疫細胞が反応することが原因のひとつでもあります。また、このように角質層のバリア機能が損傷を受けると、皮膚はそれを修復し有害物質の侵入に対処しようとします。その表皮基底層における細胞増殖が活発になり、生成された細胞は次々と上へ押し上げられ角質細胞となっていきます。
しかし、短期間で角質層へ押し上げられてしまった角質細胞は、即製の機能の劣る角質細胞であるため、角質層において十分ははたらきをすることができません。古い角質細胞の自然剥離(フケやアカとして自然に剥がれ落ちること)にも支障をきたすようになり、角質細胞がいつまでも皮膚表面に残存し、皮膚表面は、カサカサとして、厚ぼったい状態となってしまいます。このような角質層では、バリア機能?保水機能も低下していますので、様々な有害物質の侵入をさらに許すことになってしまいます。早めに対処しないと、まさに悪循環となって皮膚の状態をますます悪化させてしまいます。皮膚の健康を支えるバリア機能は、皮膚をこするなどの物理的刺激をはじめとして、界面活性剤などの化学物質、洗浄力の強い洗浄剤の使用、紫外線、大気の乾燥、温熱、寒冷、老化(加齢)など、様々な要因により損傷を受けたりその機能が低下したりします。催情

こういったバリア機能の損傷要因となるものを極力排除するとともに、角質層のバリア機能や水分保持機能を補うための日常のスキンケアも必要になってきます。まず、クレンジングや洗顔など、皮膚の汚れを取り除く際に、洗浄力の強すぎるクレンジング剤や洗顔フォームを使わないことです。また、クレンジングや洗顔の際、決して強くこすらないことです。皮膚に残存する必要のある角質細胞まで取り除き、角質層の機能を低下させてしまいます。さらに、洗浄力の強い洗顔剤には、界面活性剤が使用されていることがありますが、界面活性剤には角質層の細胞間脂質を変性させバリア機能を低下させる作用もありますから要注意です。特に、オイルクレンジングなどは油性の汚れが落ちやすい反面、界面活性剤が配合されていますので、使用については慎重に考えた方が良さそうです。次に、角質層のバリア機能と水分保持機能を補うために、水分、保湿成分、油分などを必要に応じて与えることも必要となってきます。角質層ではバリア機能と水分保持機能は相関関係にあり、バリア機能が低下したときは水分保持機能も低下しており、水分保持機能が低下したときはバリア機能も低下しています。角質層の水分保持機能を支えているのは、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF成分」です。
催淫