秋冬番茶が始まります

September 04 [Mon], 2017, 15:25


また永らく投稿を空けてしまいました。

みなさん、
今年の夏はどうお過ごしになりましたか。
7月よりの猛暑と
雨に湿気の8月が過ぎ、
ようやく涼しい風を感じる9月になりました。

あまり猛暑だとみなさん
お茶をあまり飲まれないようで
この時期(夏場)は毎年水出し茶をすすめたり、
工場の清掃などを主にやっていました。

今度はそんな暑さ対策から一変、
気候はドンドン寒く乾燥の時期に入っていきます。

冬が来る前にやる仕事が

『秋冬番茶』です。

今年も9月下旬より
また工場が動いて荒茶製造が始まります。

一番・二番茶よりも沢山の茶葉が製造されるため
今年最後の大仕事といっても過言ではないです。


今から気を引き締めて準備しています。




お中元承ります

July 02 [Sun], 2017, 10:04




永らくまた日を空けての投稿です。

ただいまお茶工場は
二番茶生産期です。
梅雨時期ということもあって、
雨天中止が目立っています。
まだ7日ほどの日数で
摘採(収穫)数量も半分に届かず
7月に入ってあと7〜10日間は
忙しい日々が続きます。


そんな中ではございますが、
並行して小売り販売も通常に承っています。

この時期はお中元。

これからの暑い日々に備えるように
稲木製茶では『水出し煎茶』を
この時期おススメしています。

テトラパックになっているので
市販の麦茶や紅茶と一緒。

1pを1Lの水に入れて放置。

サイバシ何かでかき混ぜると
色味濃い冷茶ができます。

インスタント感はありますが、
栄養素や味はちゃんとあります(笑)
煎茶で急須を使って入れる冷茶もおいしいですが、
気だるい暑さが続く最近の夏には
常備出来る水出しがおススメ。

もちろんお中元にも使っていただけます。
ぜひ、お試しください。


永らくお待たせしました

June 14 [Wed], 2017, 11:14




前からご予約いただいていたお客様には
大変永らくお待たせしました。

ようやく葉の茎の部分でつくる

『棒茶(くき茶)』(200g¥800)

葉の先端部分の細かくなった部分の

『粉茶』(200g¥600) が出来ました。

葉の固い部分と
やわらかい部分の商品。
通常の煎茶はその中間の
部分を使って作っています。

1枚の葉っぱから3種類の加工法があるんですね。


棒茶はさっばり浅入り好きな方にお勧め。

粉茶はガツンと濃いお茶が好きな方に好まれています。
お客さんの中には(ちょっと薄いな〜)と思うと
粉茶をブレンドして調節して使ってくれる方もいます。

他にも、
粉茶はTパック加工してパック茶になったり、
棒茶は玄米茶にブレンドされたりします。

煎茶ばかりがライトに当たりますが、
実は商売の裏ではひそかに
この2種類の商品は活躍しています。


お茶という商品は

本当に無駄がありません





出そろいました

May 31 [Wed], 2017, 10:59




上煎茶 100g/\800



やぶきた茶 100g/\600
      200g/\1200(奥白い袋)





5月も終わりのころ、
ようやく一番茶でつくる商品がそろいました。




それまでの『初摘み・八十八・特上』の商品は
最旬の柔らかい葉でつくった希少な商品として
贈答や旬を感じる特別な日に飲んでいただく
お客様が多いです。

この2品は贈答用はもちろん
普段飲みに買ってくださるお客さんが多い商品です。
気兼ねなく新茶を楽しんでいただくのには
おススメです。



ココまでのお茶が5月の収穫(摘採)でつくられる商品になります。
棒茶・粉茶につきまして、
今年は葉の数量が例年よりも少なく、
材料となる葉の茎や細かい部分が商品にするのに
中々集まりません。
遅くはなってしまいますが、
商品はつくるつもりですので、
ご予約頂いているお客様には
もう少し待っていただきたいと思います。

また、
以降の商品につきましては
6月下旬から始まる2番茶の摘採で製造していきます。
ついこの間工場での仕事が落ち着いたと思ったのに、
またあの忙しい期間がやってきます。
しかも気候は夏の梅雨の時期。
そして『お中元シーズン』もやってきます。

この時期は本当、お茶屋は忙しい(笑)

日々、はりきってお仕事しております


茶葉の受け取り終了。

May 18 [Thu], 2017, 17:34


ようやく今年の一番茶、
農家の方からの

茶葉の受け取りが終了しました。

同時に工場製造も一段落いたします。
これでまた二番茶まで
肉体労働も一段落(笑)

今年は例年よりも葉の数量的には
3〜4割減となってしまいましたが、
出来は上々。
色味ともに、好評をいただいております。

数量ばかりは、気候に左右されて
どうしようもないのが残念ですが、、、。
それでも良い商品を出すために、
社長も火調整や機械のメンテと、
経験を頼りに微調整を重ねて
今日(こんにち)のお茶ができあがりました。


おかげさまで、100gにした商品ですが
早くも準備した袋が品薄になりつつあります。
ありがたいことです。
味を見ていただいたお客様からも
嬉しい声をいただいています。

コレを調子に、
まだまだ商品をつくってまいります


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:お茶屋の稲木
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:静岡県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
このブログは『稲木製茶工場』の商品の紹介、出来事などを提供するページです。お気軽に見ていってください。

初めてのお茶注文、
冠婚葬祭、
普段飲み用から贈り物まで、
用途に合わせ
お気軽にお問い合わせください。

〒410-0307
静岡県沼津市青野384-1
TEL (055)-966-4248
FAX (055)-967-8378
Mail sasuyone-inaki@ny.thn.ne.jp

2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30