アンチ有料サイト 

2005年05月26日(木) 20時57分
あー、今日の事。

ふだんあんまり仕事をする機会のない経理部長のところへ
ちょっとした仕事を持っていったのだが、
そのとき経理部長がアダルトサイトを見ていたのに笑った。
いや、その時は笑わなかった、つか笑えないっつの。

もう、やるせないっすよ。
初めて親父のエロビデオ見つけたときぐらいのやるせなさ。
本じゃなくて、ビデオ。ここ重要。
あるいは、友達の家で友達の親父がみてる
外人のポルノ雑誌を見つけたときぐらいのやるせなさ。
なんでちゃんとした大人がエロいものを隠してるのを発見したら
あんなにやるせなくなるんだろうなぁ。

そりゃま、部長だってみるよなぁ。オッサンやしな。
なんて自分の机に戻って思ってたら、笑いがこみ上げてきて
こらえるのに一苦労したよ。

つか、経理部長。机に行く前に話しかけたんだから
ブラウザ閉じるなり最小化するなりの措置ぐらいとってくれよ。
部長もたぶん忘れてたんだろな。
自分で画面を見て、いきなり作業が早くなってんの。あわてちゃって。
オレはやるせない気持ちを引きずったまま見てみぬふりっすよ。
オレはあの時、つっこんでたらよかったのか?いやつっこめねぇ。
今のオレと部長の関係上、つっこめるわけない。あんまり話しないし。

ああ、やるせねぇ・・・。

最近の暖冬傾向ってどーよ 

2004年12月12日(日) 21時12分
あー、冬だなぁ。
俺的にもう少し寒くてもいいと思うのだが、
つーか、暖冬ってなんじゃい。冬は寒いもんなのに・・・。
暖冬は嫌いです。寒い冬がいいなぁ。

冬っちゅーたら、ストーブの灯油の匂いとみかん、あと鍋。
これに尽きますな。

冬も数々イベントはありますが、
俺の場合12月に入ったぐらいから既に
持ちは正月に向かってるんだよなぁ。
正月って言うか、年明け。29日ぐらいからの
もうすぐ年明けや」
っていうあの押し迫ったソワソワ感から、
大晦日→正月の静けさから一気に祭りへっていう、
ものすごくガラリと変わった感じがする瞬間。
で、三が日のだらけきった感じ。それがものすごく待ち遠しい。

それが済んだらもう冬は終わりだと思う。
正月過ぎたら俺の気持ちはもう
三月の年度末から新学期に向かってると思う。

しかし、どうしてこう寒くないのだろう。
正月までの気分がもりあがらねーじゃん、寒くねーとよー。


今日コンビニで発見したのだが、で、でた!!!
キャラメルコーンのフォンダンショコラ。
これ、めちゃウマっす。
去年食べまくってたんだけど、突然消えてしまってショックだった。
たぶん季節限定なんだろな。今年も食べまくろう。
そしてまた肥える。

モヤマ 

2004年12月05日(日) 22時03分
さあて、久々の更新です。
久々なのに、今日はちょっと変なことを書かせてもらいます。
だけど「変」なのは俺の特性なので仕方ありません。
高校のときに「僕は『あいつは変な人だ』といわれる人間になりたい」
という作文を書いた俺ですから。

さて、こうしてブログを更新する気持ちになったのはあるきっかけが
あったからなのですが、今日は一日家でぐうたらしていたわけであり、
どこに出かけていったわけでも、誰に会った訳でもなく。
もともと出不精でめんどくさがりなので俺にとってはごく自然なことです。
俺にとっては「ぐうたら」こそが最も良い充電方法ですのでね。
しかし充電したからといって、書く意欲がわく訳でもありません。

ぐうたらついでに今日は借りていた漫画を読み、昨日買った漫画を読み、
さらにネットで新しい漫画を探してみたりしました。
漫画ばっかりでした。
じゃあ、その漫画に触発されたんだな、ということになるのですが、
今日読んだ漫画に触発されたのではなく、
ネットで探した漫画、つまりまだ読んでない漫画の方に
こうして書く意欲をわかせられたのです。レビューとか読んだだけで。

自分なりにいろいろと考えてみましたが、
俺の書く意欲をつくる源っていうのは、
説明のつかないモヤモヤした気持ちなんです。
高校生の時ってずっとモヤモヤしてましたから
何でもかんでも書けたんだと思います。
もちろん大学生のときも将来に対する不安などがありましたので。

今はなんかあんまりモヤモヤしてないです。
それが若さを失うということなのでしょうか。
最近俺は「淘汰」って言う言葉が気に入ってたのですが、
本当に淘汰されるのはいいことなのか疑問を抱いてしまいます。
社会に対してこなれてしまうことを「淘汰」というなら、
それはちょっとやばいですね。
技術的、能力的な面での淘汰は大いにかまわないんですがね。
若さがそぎ落とされていくのをこうして実感してしまうのは悲しいものがあります。

というか俺、今かなりモヤモヤしています。

原題:十面埋伏 

2004年09月05日(日) 1時25分
映画「LOVERS」みてきた。

あんまりこういう場で映画の感想として主観的な意見を述べるのは
好きではないのだが、よかったっス。マジで。いや、MAJIDE。

本当に非の打ち所がないからなー。完璧。いや、パーペキ。参ったー。

俺は、恋愛をストーリの軸とした映画はあまり好まない。
おそらく人事のような気がして感情移入しにくいからなんやろうけど、
そんな俺が、この映画では恋愛の場面で何度かホロリと涙を誘われた。
いやー、「愛」っていうのは素晴らしいっス。
なんて恥ずかしいこともこの映画をみた後なら言えるね。余裕で。

ストーリーだけじゃないよ。
アクションがまた、笑えるんだ。そして震えるんだ。
演舞のように計算された殺陣、
ありえない動きで空中を舞うワイヤーアクション。等、
大陸系映画のお約束事を網羅した上で、CGやワダエミ女史の衣装など、
新しさを取り入れて、より「魅せる」ことに磨きがかかったアクションは必見っス!

せやけど、もともとこういう映画が嫌いな人には進められんかもしれませんがね。
けど実は間口は広い。
「ラブストーリー」に「アクション」に「金城武の中国語の演技(これがまたいいんだ)」。

最後に言わせてもらうなら、チャン・ツィイーがやっぱりかっこよかった。

とかなんとか。 

2004年09月01日(水) 0時09分
あー、おれ「眠り姫」になりたい。

とかなんとか。

あいや、べつに「王子様に助けられたい願望」があるとかそんなのではなくて、
ただただ、眠りこけたいだけ。

「一日じゅう寝てられたらなー」

とかなんとか。

俺はいつからこんな怠け者になったんやろう。
でも、昼間っから眠いのだからしょうがない。これは単なる寝不足じゃない。

せやけど、眠り姫は起こしてくれる王子様がおったからよかったものの、
俺には・・・。

人はひとりで起きて生活を始めていかないかんのですよ。あーあ。

「眠り姫」ってどんな話だっけか?
指に針が刺さって、眠りに落ちて、茨で囲まれた白に王子様が助けに来て、
キスで目を覚ますと。

こんな話か?なんで針が刺さっただけで眠ったのかが疑問。

とかなんとか、思いつつ、
飼い犬のトメをみながら一日じゅう寝てられてうらやましいと思う、
とことんまで怠け者。
鎖につながれてんのによー。でも、幸せそうな顔して寝てるんやもん。

109 

2004年08月30日(月) 22時37分
おれ、つい最近わかったことがある。
「一休さん」の歌の歌詞でな、

わからんちんども とっちめちん

って言うのがあるんやけど、この意味がやっとわかったよ。

せやけど、この歌詞はわかりにくいですよ。
俺がまだ小さかった頃「一休さん」よくみてたけど、
全体的に歌詞の意味が不明やった。

とんちはあざやかだよ いっきゅうひん

まずここから分からなかった。
■幼少期の俺の思考■
「いっきゅうひん?いっきゅうは一休さんのいっきゅうだろ?
「ひん」?「ひん」ってなんや?」

その後ボキャブラリーが満たされるにつれ「一級品」と言う言葉を覚えて
ようやく理解できるようになった。

「いたずらきびしく」っていうのもよく分からんかったなー。
■幼少期の俺の思考■
「いたずらがきびしい?いたずら君のしつけは厳しいなぁ?
なんじゃそら、ワケワカメ。ほんで、なんで「一休ひん」?「ひん」ってなんや?」

これもその後「きびしい」の他の意味を覚えたので理解できた。

それから、「なむさん」。これなんとなくわかってたなー。
文脈から「なんか参ったときに言う言葉かなー」て。

しかし、「とんちんかんちん」とか全体的に呪文みたいな歌詞やったけど、
よく歌ってたなー。歌詞の意味も「好き好き」ぐらいしか分からなかったのに。

日記 

2004年08月28日(土) 23時50分
日記らしいことも書いておこうと思った。

・BUMP OF CHICKENの新しいアルバム買いました。
 新しいバンプという感じがして、名曲ぞろいなのですが
 その中でも一曲、自分の琴線に触れたとんでもない名曲がありました。
 鳥肌が立ってそのことに自分で驚きました。泣きそうになりました。

・鳥取へ行ってきました。境港の水木しげるロード、記念館はとても楽しかったです。
 「とても楽しかったです」と言う一節では伝えられないぐらい興奮しました。
 水木先生が漫画界においていかに偉大な人物かを知りました。
 また行きたいです。
 鳥取砂丘は疲れました。しかしそれ以上に思い出に残りました。
 疲労はやがて取れるものの、この思い出は消えないことでしょう。
 その他いろいろな場所へ赴きましたが、鳥取葉非常によい場所で
 本気でここに住みたいと思いました。
 道中の車内が面白かったのはいうまでもありません。

HERO(ヘロ) 

2004年08月27日(金) 23時50分
シンクロがアレほどドキドキするものとは知らなんだ。
ドキドキつか、ひやひや。「この演技がよもや乱れはしまいか」と、ひやひや。
でも、おもしろいっすねー。


今日は、帰りになんとなく珈琲牛乳プリン(好物)が食べたくなったので、
仏生山のMナカに行ったのだが。

仏生山のMナカってあるスポットだけ
インドネシアのスーパーのにおいがするぞ。なんで?
ここでいう「におい」というのは「雰囲気」とかそういう意味でなくして、
「香り」とかそういう意味の「におい」。若しくは”スメル”。
インドネシアのスーパーのにおいってのは、要は”バッドスメル”なんやけど、
なんでや・・・?同じアジアやからかなー。

インドネシアのスーパーのにおいを体験したい方は、
どうぞ仏生山のMナカへ。是非。ぜし!
場所的には酒コーナーの前。酒コーナーと化粧品売り場の間の通路みたいなとこ。


ほんで、結局珈琲牛乳プリンは売っとりませんでした。
やはり、Kョーエイにしかないかー。実は、Jドラにもあるけどの。
でも、Mナカは俺の好きなポップコーンが置いてあるから好きさ。

スカンクうすうすにおいつき 

2004年08月11日(水) 23時36分
「好きなもの」

好きなものが増えていく。
好きなものは増えるものだ。
だと思っているのだ。いや、実際そうだ。

だって、子どものころ嫌いだった食べ物が好きになって
なおかつ、子どものころ好きだった食べ物は相変わらず好きだしや。

そういうわけで、好きなものは増えていく。
大人になるのはお得な面もあるということだ。

で、ここで何が必要か。
ただ単に好きなものが増える時が来るのを待っているだけではいけない。
嫌いなものを好きになろうとしなければいけない。
「好きなものはいい。嫌いなものはいけない。だから嫌いなものをへらそう」
そういう単純な思考の下にこの考えは成り立っている。

嫌いなものがあってもいい。つーか、ないといけない。それは確かである。
だけと、やっぱり好きになったほうが嬉しい。
あー、ちなみにここで言う「好きなもの、嫌いなもの」ていうのは
観念や概念とかではなく、善悪の判別にはあまりかかわりのない「もの」あるいは「ひと」。
政治とか犯罪とか主義とかそんなのではない。

であるからして、「好きなものはひとつだけでいい」とか、
そういうこだわった考え方もかっこいいですが、
ようはいろいろ受け入れろと。食わず嫌いはやめろと。

怖いのは好きなものを失うとき。

「好きなもの」

角煮 

2004年07月14日(水) 22時43分
今日、仕事でもらった。
とか言うて、かなり話をはしょってはしょって。

これはラジオなのだが、口の部分がカタカタ動く。
てか、ビジュアルがどうにも俺に似てるので、気に入ってしまった。
日本語も英語も達者なブタさんですよ。

箱を見ると、どうやらほかに「カエル」と「くちびる」タイプがあるらしいのだが
やっぱブタさんでしょう!

FMしか聞けんけどね。でもこれは宝もん決定だな。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像sasurobo26
» 109 (2004年09月05日)
アイコン画像IJIES
» 109 (2004年09月03日)
アイコン画像sasurobo26
» 日記 (2004年09月01日)
アイコン画像いちこ
» 日記 (2004年08月31日)
アイコン画像sasurobo26
» 日記 (2004年08月30日)
アイコン画像いちこ
» 日記 (2004年08月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sasurobo26
読者になる
Yapme!一覧
読者になる