硫黄島からの手紙

August 15 [Fri], 2014, 23:11
クリントイーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」を見る。
今回で2回目だが、何度見てもいいものはいい。

何といっても人間の内面を見事に描いている点が素晴らしい。
人間の強さ、弱さ、悲しみ、苦しみ・・・そういう様々な面が出てくる。
そういうことは日本人が得意とするものだと思い込んでいたが、
「硫黄島からの手紙」を見て、考えを改めた。

それにしても二宮和也の演技が素晴らしい。
アイドルとか、タレントとかの「嵐」のメンバーとは思えない。
渡辺謙が主役の映画であろうが、どこにでもいる日本の庶民の一人としての役を
二宮和也が実に見事に演じている。

印象に残る場面がたくさんあるが、どの場面も二宮和也の演技で
強烈な印象を与える。
洞窟内や夜の場面が多いため、表情もわかりにくいのだが、
二宮はそのわずかに見える一瞬の表情に見る者を引き込んでいく。

これは二宮が元々持っている才能であろう。
努力とかでできるものとは違うと思う。
考えればわかる。監督は外国人。しかもクリントイーストウッドだ。
その監督の下でのいきなりの演技だ。
努力なんぞでできるものではないと思う。

何かの本で読んだことがあるが、撮影の間、
クリントイーストウッドは、二宮の演技に、あれこれ言わなかったそうだ。
黙って撮影の成り行きを見守っていたようだ。
二宮の演技を見たら、あれこれ言う必要がなかったのだろう。
そう思わざるを得ないくらい、見事だった。

一度目は娘と二人でレンタルDVDで見た映画だった。
今思えば、娘と二人でいい映画を見ることができたと思う。
良かったと思う。いつでもできることのようだが、そうではないのだから。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:北山和彦
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像北山和彦
» 1980年12月8日 (2013年10月10日)
アイコン画像スナフキン
» 1980年12月8日 (2013年10月10日)
アイコン画像スナフキン
» ゴルフ (2013年10月04日)
アイコン画像リードギター
» I'm only sleeping. (2013年10月02日)
ヤプミー!一覧
読者になる