不思議 

2009年05月06日(水) 12時43分
つながっているのに
そこには何もなくて

信じていなければ
無意味なもので

不安はいつまでも消えないで

何度も
何度も

聞いては
同じ答えを繰り返して



信じていても
不安は消えなくて



いつまで

こんなことを続けているのだろうと



哀しいの?
寂しいの?

あなたは
何がほしいの?



ぬくもりがほしい
言葉がほしい

だけどそれは

たった一人からのでいい。



ほかはいらないから


たったひとりだけで
いい






ほんとに?




わかんない。


ただね


会いたいの。
ひとりぼっちだから

お星さまに
お願いしてね

お月さまと
一緒にいてもね



会いたいの。

忙しくて
忙しくて
忙しいから


ぎゅってしてね
だいじょぶ
って

それでね

おやすみなさいして・・・





・・・一番会いたいとき

いつもそばにいないから

余計会いたくて


だから


…辛いね

いっぱい放置 

2008年12月28日(日) 10時40分
してた。。。


引っ越しをして、ネットのない環境のなかにいると、そうなってしまうTT



せめて日記だけでもと。がんばるんだけど。。。
がんばれなくて。


いつか表に乗っけようと思ってる詩を
とりあえずのっけて置いてみるTT




ボクが生まれた日


ボクが生まれたその時に
小鳥は奇麗な歌歌い

ボクが泣いたその日には
風がやさしく抱きしめた

ボクが笑ったその時に
太陽は一緒に笑ってくれた

ボクが悩んだその日には
月が暗闇照らしてくれた

たくさんの仲間がそばにいて
みんなが助けてくれるから
大切なこと忘れちゃう


ボクが生まれたその日には
ありがとうって泣いてくれた

ボクが泣いたその日には
一緒になって泣いてくれた

ボクが笑ったその時は
よかったねって笑い泣き

ボクが悩んだその時も
一緒に悩んで泣いていた


いつでもボクのそばにいる
泣き虫さんなお母さん

いつもありがとう。言ったらね
ちょっと照れて笑いながら
やっぱり泣いてこういった

生まれてくれて、ありがとう。

ごちゃごちゃ 

2008年11月24日(月) 16時32分
してる原因は、私にあるんだけれどもね。


いいですよ〜

って、軽く引き受けて

不安見せないように、笑っていられるようにって



できもしないことをため込んでいる




不安定になればすぐにナイフを握るような人間を

どうして独りにできるだろう?


私はいやだ。


家族が、友達が

そんな人間だったら、心配するし、一人になりたいといわれても反対するだろう。



だから


ごちゃごちゃしている周りの反応を

私は冷静に正しいと思う。



だけど、私は、いかなくちゃいけないから




そのごちゃごちゃのなかで、不安定になりながらも

それでも出ていかなくちゃいけないから




ナイフを握るんだ





知ってる


だれも間違ってないこと


それでも



知ってる

だから泣いてはいけないことを



知ってる


だから今は強くいなくちゃいけないことを




だけど


つぶやく

だけど

小さく叫んでしまう


助けて


大切な人の名を





間違っているのはわたしか?


なぜ、泣くのだ?

なぜ、怒るのだ?


私が悪いからか?

私が間違っているからか?




私が留まれば、あなたは笑ってくれるのか?




だれも私を肯定しないから

だれも私を信じたりしないから

だれも私の手を握ってはくれないから




すべては自分で決めなさいと


怒るから

泣くから



笑ってくれないから






動けないんだ。




どうして私はうさぎでないんだろう?


うさぎだったら、寂しさにまかせて死んで行けたのに


どうして私は猫でないんだろう?

首輪をかけてもらえたなら、誰かのものになれたのなら
それでよかったのに


人はモノではないから、誰かのものにはなれないんだって。
自分のために、生きなきゃいけないんだって。

ご主人の命令だけ聞いて、その主従関係に甘えてただ、自己を持たずに生きて行けたなら


楽なのにね。



愛されてる間は幸せ

捨てられたら、死ぬだけ



それだけ。



簡単なこと。






震えている
つきうさぎ


会いたくていとしい人の名を
叫んでも声は届かない


だからひとり
ずっとひとり

歩き出す勇気もなく
待つだけの時間もない


その身が朽ち果てるまで


ただ、思い続けるだけ

何度も 

2008年11月09日(日) 23時29分
電話をしていたら、途中で切れた。


不安になって何度も何度もかけなおして


やっとつながった電話の先で


助けて・・・




そこで、目が覚めた。




不安になって、電話かけようとして・・・


朝早いことを、かろうじて理解して

メールだけ送って・・・




大丈夫。
なのはわかっているのに

当たり前なのに


頭で理解してても
確証がほしかった。





ずっとずっとまって、やっとメール返ってきて


安心して。





よかった。っておもって



疲れ果てて寝ました。




悪夢ばかり。
哀しい夢ばかり。
嫌な夢ばかり。


見ている。


普段夢見ないのに。

どうしてだろう・・・



大切なものができると
失うことが怖くなるから?

何ともなかったことが、急に怖くなるから?



わかんない。



ただ・・・
弱いのは・・・嫌いだ。



ホントは不安におびえているとか

頭の中がぐちゃぐちゃでどうしたらいいのかわからないとか

時々パニックを起こして死に急ごうとするのを必死で押さえているとか


・・全部かくして行かなくちゃいけないけれど

かくして行くこと自体が、不安定になる要素でもあって。


大変なの。

まだ 

2008年10月15日(水) 21時52分
内緒


というか


わかりたくない。



わかってる。
だけど

受け入れられない



だから

わからない。


わからないから笑ってられる
わからないから平然としてられる



そう

私は逃げてるだけなんだ




どうしてか
逃げることだけは一人前だった



だから


私は何も

いまだにホントは

受け入れてなんていないんだと思う。



こどものまま
なにもしらないまんま


きっとここまできて

これからもそうしていくんだとおもう



知りたくない
何も

わかりたくない

全部


夢だけ見ていたい


それじゃだめなことはもう

しっているけれど




身近な人間の死だって私は
いまだに受け入れてなんていなくて

ずっとずっとあっていないその人達は
別に会おうと思えばいつでも会えるんじゃないかって、思ってる



だけど会えないこと知ってるから
会おうという気は起きないけれど




くだらないね。




いつも笑っている
どんなこともすんなり受け入れられる

なかなかできることじゃない

えらいね


よく言われた

今も言われる





辛い


ホントは泣きたくて仕方がない



だけど現実に帰る瞬間
すべての事実が垣間見える瞬間


私はいつだって一人だ





泣いて
寝て

泣いて
寝て


それをくりかえして


一日一日が過ぎていく




約束したのに


今度は私が約束守れそうにないよ・・・

だって


だって・・・



まだ、内緒。
知りたくなんてない。


知らなくていい。

知ってしまったら、本当に泣いてしまうから。



だから、知らなくていいよ・・・




いつになったら覚めるんだろう

このくだらない夢は


いつになったら終わるんだろう


このくだらない人生は





その日まで、がんばらなくちゃいけないのなら




大丈夫。
私は今日も、がんばるよ。

fratello 

2008年09月23日(火) 3時34分
私の大切な人は、血のつながりのない fratello

とっても大好きで

とっても大切


けど


その名前を呼んでいいのは、恋人だけだと思っている。

だから、彼の名前を、私は呼んだことがない


恋人ではなくfratelloであることを


私は忘れちゃいけないんだ




それでいいんだと、今は思う。




いけないことをしているのだろうか?

私は間違っているのだろうか?

私は、あなたがそれでいいのなら、それでいいと思っているよ。


だって、私は

見返りを求めて身を犠牲にしているわけじゃないもの。


例えば、私の相手が嫌になって、もう二度と会えなくなったとしても

それはそれで仕方のないことだよ。


こんなにも愛したのに
こんなにも尽くしたのに
あなたは私を捨てたのね。裏切り者。


って、なるひとの頭の中が、私には理解できない。


私は別に、したいことをしているだけで
身を犠牲にして尽くしているわけじゃないんだよ。
案外自分を大切にしてるんだ。


むしろ、色々感謝しているんだ。
心配できることとか、好きって言えることとか、大切って言えることとか
ちょっと嫌なことを我慢したり、迷惑掛けないように努力したり

全部、すきでやってることだからね。

好き勝手やらせてくれてありがとう。なんだよ。


あなたが傷つかないでいてくれるなら
私はどれだけ傷ついてもいいって思うよ。

まぁ、実際傷ついたら迷惑掛けるんだろうけどw


世間体を気にするのなら
間違っているのは私たちなんだろう。

けど

私は世間体からはずれることなんてもう、慣れっこだから。

だから

私は、あなたがそれでいいなら、そこに一緒にいたいって思う。

それだけ。


fratelloなんだもの。
愛を語らう言葉なんていらないよ。


ただずっと、きがすむまで

一緒にいたらいい。



大丈夫。

私は今日も、がんばるよ。

はぁ 

2008年09月21日(日) 20時33分
掃除しないとな・・・


散らばった原稿用紙と
楽譜と
本と
CDと

・・・ゴミ



全部捨ててしまえばいいのかなぁ?

全部捨てたら

楽になれるのかな?



どんなにきれいにしても
どんなに捨てても

いらないものって、たまっていく

生きてる限り

汚れてく



いつからか面倒になった。
もともと得意ではなかったけれど


きれいにするほど

たったひとつの傷が目立つんだ

傷を隠そうとそこに物を置けば、そこに埃がたまっていくだけじゃないか



わけのわからないものが増えていく

傷がふえていく


もう、何も見たくなくて、全部覆い隠してしまおうと


気づけば、どこから片付けたらいいのかよくわからない


仕方がないから、その上に布をかけてみたり


そうやって積み重ねたいろいろな物。
そうやって隠してきたいろいろな物。


片付けると、そういうもの、全部見なくちゃいけないし・・・・




でもけっきょく、面倒だ。


そんな時間ないし。



イタイ。。。


見たくないものまで、見える眼なんていらない。

月ウサギ 

2008年09月14日(日) 23時11分
ねぇ、うさぎさん
どうしてあなたはたったひとりで
月にいるの?

満月の夜に、うさぎさんに聞いてみた

うさぎさんは答えたよ

大切な人を、待っているんですよ。


すこしだけ哀しい顔をして

うさぎさんは、お話ししてくれたの。



大切な人がいたこと

その人とずっと一緒にいるって約束したこと

幸せだったこと


ある日
その人が、遠くへ行かなければならなくなって

どうしても、行かなければならなくなって

真っ暗な暗闇と、広い広い空の上では

もう一度巡り合うことは難しくて


だから、月で待っていてほしいと、その人は言った。

そうすれば、ボクはキミを見失ったりしない

いつでも見ているから

そして、必ず迎えに来るから

だから、待っていてほしい。


そう、言われたから

うさぎさんはずっと、待ってる。

大切な人が帰ってくるのを。

ずっとずっと、待ってる。


約束だから。


信じているから







でも、そこまでお話ししてから、うさぎさんは笑った。




それは、ずっと、ずっと、昔のお話。

この世界がもっともっと、緑であふれていて

空にはもっともっとたくさんの星があって

空気が今より冷たくて


もう、約束は朽ちていて

私はあきらめてしまっている


だから、待っているのはホントは

大切な人じゃなくて

ここから私を連れ出してくれる誰か。


自分からここを出る勇気はないけれど
ここまで誰かがたどり着いたなら、私はもう

一人はいやだな

待ってるのも


嫌だな・・・





うさぎさんは
ひとりでずっと、待っていたんだね

今もまだ、お月さまの上で待っているんだね


哀しいね。


だから、月は奇麗なのかもしれないね。



今日は満月の夜なのに
お月見の夜なのに

だから、うさぎさんが
少しだけ泣いているように見えたよ

にはは 

2008年09月04日(木) 23時36分
私だって

人間だもの。

他人の心配くらいしますよ。


大切だから

いつも願う

いつも想う



仕方ないよ。


具合悪そうなら、大丈夫かなって

忙しそうなら、無理してないかなって

長く連絡取れなかったら、今どうしてるのかな?って


言っても言わなくても

そのくらい考えるよ。



でもそれはきっと


私を大切にしてくれるキミが

私を心配しているのと同じで


気になっちゃうから、勝手に心配してるだけで

どうしても気にしちゃうコトだから


だから、キミが気をつけるコトはないんだよ。



たとえキミが、心配をかけまいと努力したところで


私は結局、あれやこれやと気にするわけで

心配しちゃうわけで



だから、気にするコトはないし、気にしても無駄だし


心配するのはお互い様なのさ。

でも結局、相手に心配かけないようにしようって、思うのもお互い様かな(笑)


無意味なのは分かってて、だけどわからないで


もっと単純だったら、色々うまくできたのかな?っておもうけど


そんなキミとのやり取りの中で、見えてくる世界を眺めていたら


なんかね、こういうのも楽しいかなって、思えるようになったよ。




お互い様。

迷惑かけるのも
かけられるのも
心配かけるのも
かけられるのも

それらをしないように頑張るのも

お互い様。

それでいいのさ。


きっと、それで。


ダメな時は、全部忘れて頼ればいいし
大丈夫な時は、意味があろうとなかろうと、やりたいこと頑張れいいのさ。

そうやって、一緒にいたらいいんだよ。

ね^^

きっと、それが一番、いいんだよっ。




ま…

実際ぶっちゃけ


明らかに私が迷惑掛けまくって、心配掛けまくって、

頑張れてないけど…



…頑張ろう…





うん。

私は頑張ろう。

いっぱいいっぱい頑張ろう。

もしかしたら、この頑張りはキミに続いていて

私が無駄に頑張った分、キミが頑張らないで少しでも休めるかもしれない


そんなことないかもしれないね

でも

あるかもしれない

だから、頑張ろう。




そう思うと、頑張れるよ(笑)



うんっ。


だから大丈夫。
私は今日も頑張るよっ♪

好きだから 

2008年09月02日(火) 23時48分
大切だから


そばにいたいって思う


だから


きっと


私も一人じゃない。


そうだよね?
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像えびふりゃー
» 月ウサギ (2008年09月18日)
アイコン画像太乙
» はは・・・ (2008年01月31日)
アイコン画像tomo
» 希望♪ (2006年12月15日)
アイコン画像tomo
» 待っているもの (2006年12月12日)
アイコン画像時雨 哀
» 変わってくから (2006年12月12日)
アイコン画像tomo
» 変わってくから (2006年12月11日)
アイコン画像時雨 哀
» 自殺をとりあげられるなかで (2006年12月05日)
アイコン画像tomo
» 自殺をとりあげられるなかで (2006年12月04日)
アイコン画像流れ者
» 助けて (2006年11月11日)
アイコン画像便
» HP (2006年09月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sasagani
読者になる
Yapme!一覧
読者になる