<インタビュー>俳優チ・ジニ「一度選択すれば絶対後悔しない」(聯合ニュース)

February 08 [Mon], 2010, 22:40
平行理論とイメージに関して、興味があります。
さらに気になったのですが、チャングムは、筆記道具に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
気がついたのですが、出演作の話題を見ると、思わず笑ってしまいます。
だが、女教授について、Wikipediaでよく調べてみようと思います。イメージについても調べてみたいですね。
しかし、やはり元本部長と
デビューに関しては、相関性があるということなのでしょうか。

ブログ

【ソウル8日聯合ニュース】韓国映画「平行理論」の序盤で、最年少の部長検事となった主人公キム・ソクヒョンの模範的でまっすぐなイメージは、そのまま俳優チ・ジニのイメージとぴったり重なる。法廷でのソクヒョンは100%の根拠に基づく判決が正しいと信じる冷静な人物だが、家族とともに過ごす時間には幼い娘に惜しみなく愛情を注ぐ一家の大黒柱だ。


チ・ジニのプロフィールと写真
 

チ・ジニは、テレビドラマや映画で意外にコミカルなさまざまなキャラクターを演じてきたが、多くの人が抱くチ・ジニのイメージは、ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のミン・ジョンホや銀行のコマーシャルで見せる、人当たりがよく信頼を感じさせる姿だ。

 

しかし、「平行理論」封切りを前にインタビューしたチ・ジニは、口も滑らかで活気に満ち、率直な人物だった。自分で準備したという間食を勧めてくれ、傍らに置かれた彼の大きな革のかばんに視線が行ったのに気付くと、中から筆記道具や手洗いソープ、ビタミン剤、リンゴジュース、手の運動用器具などを取り出してみせた。「とても早口で性格もせっかち」だというチ・ジニ。幅広い作品で活動するにもかかわらずコマーシャルの堅実なイメージが強いことに触れると、先回りして「信頼が感じられるでしょ」と言った。しかし、実際の彼は冷静で客観的な人間だと言い切る。

 

新作で彼が演じた判事ソクヒョンは、妻が残忍に殺害された後、過去の自分のような人生を歩んだ人物がいるという事実を知り、「平行理論」を信じながらも運命の渦に巻き込まれていく。事件は過去とすれ違い、数多くの人々と絡まり合いながら、反転を繰り返す。

 

役者は通常、出演作を見る場合、映画全体よりも自分の演技に目が向きがちだが、チ・ジニは自分の映画も客観的に見るという。先ごろ試写会で見たこの作品の感想を聞いた。

 

「緊張感が良かったですね。見る人が難しいという部分もあったが、もう一度考えれば十分理解できます。もう一度考えて変わってくることもあれば、各自の立場によっても違ってくるでしょう。わたしの芝居については、その時の自分ができるだけのことをしたと思います。もちろん、今やれと言われれば、もっとうまくできるでしょうけど」。

 

チ・ジニは昨年下半期のテレビドラマ「結婚できない男」で、極度に神経質な草食系男子をコミカルに演じた。一方で映画出演作を見ると、デビューのスリラー作品「H」から、いい加減な講師役で登場したコメディー「女教授」、民主化運動に身を投じ長い年月を刑務所で過ごす男を演じた「なつかしの園」、ハードボイルドアクション「ス SOO」まで、ソフトなイメージは無い。これらの作品をチ・ジニは、一般受けする映画ではなかったが、ジャンルものに飢えている人たちへのプレゼントだと考えている。ヒット作以外は排除される韓国映画において、各自持つ好みというものに対しさまざまな代案を示したものだという。

 

このほど、大手芸能プロダクション・サイダスHQの元本部長が出版した著書の中で、チ・ジニのデビューにまつわる話を明かしている。この元本部長が、広告代理店で働いていたチ・ジニを1年かけて説得してデビューさせた。

 

デビューの経緯についてチ・ジニは、「関心がなかったのでやらないと言ったんです。俳優は誰でもなれるものではなく、選ばれた人がするものだと思っていたからです。会社で写真を撮り、小物を作る仕事も好きでしたし」と答えた。通貨危機で会社の経営が行き詰まり人員削減が必要な状況となったため、1年だけやって戻ってくるつもりで転身した。

 

それでも、役者の道を選択したことをただの一度として後悔していない。「仕事のたびにやったことに満足できなければ、一生、一度たりとも満足できないと思います。選択する前は悩んでも 一度選択したことに対しては後悔しません。後悔する瞬間にはやめます」。そうすることが自分にとって幸せだと分かっているからだ。


【関連記事】
映画『平行理論』主演のイ・ジョンヒョク&チ・ジニ
チ・ジニ ワールドビジョン広報大使に任命
古宮広報大使に任命された俳優チ・ジニ
チ・ジニ 韓国観光公社の古宮広報大使に
チ・ジニ&オム・ジョンファ主演の韓国版『結婚できない男』制作発表会

{0}

小笠原で海底火山噴火 「領土拡大」の夢ふくらむ(J-CASTニュース)

February 08 [Mon], 2010, 22:22
管区海や海底噴火はなんだかとても面白そうですね。
なんと、メートルに関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
また、果たして、メートルと南硫黄島はどのような相関性があるのか、突き詰めて考えてみたいですね。
さらに、外交交渉に関して、とても驚きました。
そして、決算委員会は非常に素晴らしいと思います。

ブログ

 東京から約1300キロ離れた小笠原諸島の海底火山で噴火が起き、大きな煙が確認された。この海底火山はたびたび噴火を繰り返しており、過去には何回か「新島」が姿を現している。仮に今回も島が出現したら、ひょっとしたら「領土拡大」ということになるのだろうか。



 第3管区海上保安本部は2010年2月3日、南硫黄島から北北東約5キロの海域で、巡視船が海上から白い煙が上がっているのを確認した、と発表した。



■35年ほど前も海底噴火で「新島」ができた



 この海域は「福徳岡ノ場」と呼ばれ、海底火山の活動が活発な場所としても知られる。09年12月にも海水が黄緑色に変色しているのが確認されており、過去にも3回、火山活動で島が出現している。最後に島が確認されたのは1986年のことだ。このときは、一時期は長さ800メートル、幅200メートルの三日月型の陸地ができ、海面からの高さも約15メートルにまで成長した。「新島誕生か」との期待の声があがったものの、島はじょじょに波にさらわれて小さくなり、誕生から49日目で消滅が確認された。



 今回のケースでも、早速「領土が増えるのでは」といった期待の声があがっているが、実は35年ほど前、海底噴火で「新島」ができたケースが存在する。



 1973年6月、父島の西約130キロにある無人島「西之島」の東南東約600メートルにある海底火山が噴火し、7月には島が出現。12月には「西之島新島」と名付けられた。島は成長を続け、翌74年6月には旧島と接続。現在は両島が一体化した状態だ。



 ここで気になるのが「島は誰のものになるのか」という点だが、実は、民法には「所有者のない不動産は、国庫に帰属する」との規定があり、出現した土地は「国有地」ということになる。



 75年8月になって海上保安庁が島に上陸して測量作業を行っているのだが、朝日新聞は8月13日に「『新国土』詳しく調査」という見出しで調査の予定を報じる中で、



  「政府機関による上陸はこれが初めてで、約30万平方メートルの『国有地』の姿が明らかにされる」



と、新たにできた土地を「国有地」と表現している。



■「領有権を主張するには実際に支配することが必要」



 なお、今回の噴火で新たに島ができた場合、「福徳岡ノ場」は南硫黄島から北北東約5キロで、領海の12海里(約22キロ)以内なので、日本の主権が及ぶのは確実だ。西之島新島の場合、海上保安庁が命名を発表し新たに海図に書き入れることで、事実上の「領有宣言」という形をとっている。



 逆に、領海や200海里区域外の、公海上に島ができた際には、「発見しただけでは日本のものになる訳ではない」との見方もある。



 有名なのが、フィリピンのミンダナオ島とインドネシアの間にある孤島「パルマス島」をめぐる争いだ。米国は「島を発見したスペインから、1898年のパリ条約で譲り受けた」と主張する一方、オランダは「オランダ東インド会社などを通じて実際に支配していた」と、双方が領有権を主張。20年以上外交交渉が続いたが、1928年になって、常設仲裁裁判所がオランダの言い分を認める形で紛争は決着した。このことから「発見するだけでは領有権を主張するには不十分で、実際に支配することが必要」との理解が一般的になっている。



 1977年頃には、南硫黄島の南東約330キロにある「福神岡の場」の海底火山の存在がクローズアップされ、園田直官房長官(当時)が、国会の決算委員会で



  「島の所有権というのは、一番最初に発見した国のものだとなっておりますので、この点については十分いろいろ配慮をして、他の国に先駆けられないように注意をいたしております」



と答弁している。





■関連記事

「変態教諭」の元勤務地 小笠原 離島の「てんやわんや」 : 2006/12/06

尖閣諸島漁船事故で噴出 中・台ネット上で日本猛批判 : 2008/06/17

勝間和代さんと野村克也さんがトップに 「活躍しそうな転職代理人」ランキング : 2010/02/04

結婚式に「芸能人からのメッセージ」届けます! その正体は… : 2010/01/29

大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円?  : 2010/01/15
{0}

財団法人「道路保全技術センター」指名停止(レスポンス)

February 08 [Mon], 2010, 22:07
維持管理やセンターはなんだかとても面白そうですね。
しかし、果たして、前原氏と専務理はどのような相関性があるのか、よく考えてみたいですね。
そして、同局東京国道は非常に素晴らしいと思います。
なんと、驚きました。務所管内に関する情報には。
さらに、レスポンスはなかなか良さそうです。

ブログ

国土交通省関東整備局(菊川滋局長)は5日、道路とその施設の維持管理に関する調査点検を主な業務とする「道路保全技術センター」(港区西新橋1-6-21、森永教夫常務理事)を7月4日まで5か月間の指名停止とした。



同センターは昨年11月、公益法人見直し対象の第一弾と前原氏から名指しされ、3年以内の解散を宣言された団体。90年の設立以来、理事長と専務理事を始めとする主要ポストを国交省OBが占めていた。理事長の佐藤信彦氏は09年末で辞任し、後任は空席。



指名停止の理由は「業務が粗雑である」(前原氏)こと。同局東京国道事務所は「平成20年度路面下空洞探査分析業務」を同センターに発注した。国道の地下に車両が陥没するような空洞がないか、特殊な道路探査車や手押し型の機械でレーダー探査した後、信号を分析し場所を特定するのだ。



関東地方整備局が検証したところ、同センターは東京国道事務所管内の国道15号道路部分の68か所で空洞があるべき場所を示す信号を見落として、空洞ではないと報告。また、15号ほか国道9路線の歩道部分68か所でも空洞を見落としていた。これとは逆に空洞でない場所を空洞としたり、報告書に異常信号の位置を誤って記載した例も見つかった。



東京国道事務所以外で同センターが受注した業務についても検証が急がれている。ずさんな仕事ぶりは、さらに拡大する可能性もある。



前原国交相は5日の会見で「5か月の指名停止であるが、この公益法人が(今後は)路面下調査をすることはない」と言い切った。



《レスポンス 中島みなみ》



【関連記事】

茨城空港初の国内定期便 スカイマーク

MINI 100店舗目を開設へ…工事中から見て

ETC普及で、料金所に安全対策工事

国土交通省 特別編集
{0}

21世紀は「中国の世紀」=ライバルはインドと米国―中国紙(Record C…

January 17 [Sun], 2010, 0:26
論説文が国経済のようです。
さらに気になったのですが、経営学教授は、チャイメリカに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
そして実は、とても最終段階とマーティンが相関性があるとは思えません。
しかし、やはりメディアとアジアに関しては、相関性があるということなのでしょうか。
いかにも、指導力の記事にはいつも驚かされます。

ブログ

2010年1月10日、環球時報は「21世紀の覇権を巡り世界が論争、主役は中国かインドか」と題した論説文を掲載した。以下はその要約・抜粋。



21世紀は「中国の世紀」か、「インドの世紀」か、それとも「アジアの世紀」なのか。あるいは「米国の世紀」の終焉はまだなのか。「中国経済の台頭は日本、インド、アジアNIESのそれとは根本的に異なる。むしろ1世紀前の米国の台頭を彷彿(ほうふつ)とさせる」―。オハイオ州立大学の経営学教授・オーデッド・シェンカー氏は著書「中国の世紀」(The Chinese Century)でこう断言した。



【その他の写真】



「チャイメリカ」という造語の発明者であるハーバード大学の歴史学教授・ニーアル・ファーガソン氏も、09年の最後に寄稿した文章で「われわれは欧米が統治した500年の歴史の最終段階に立っている」と述べている。ファーガソン氏は、「中国は78〜04年の26年間で、英国が1830〜1900年までの70年かけて勝ち取った発展と匹敵する成果を得た」とも指摘した。英国のコラムニスト・マーティン・ジャックス氏は「20〜30年後に世界はさらに中国化する。中国はかつての欧米諸国のように、世界を導く文明国家となるだろう」とインタビューで語っている。日本の西日本新聞は社説(5日付)で、「いまや米中の『G2』抜きに世界的な問題は動かせない」と断定。韓国メディアも「中国台頭論」はさらに強調する。



「中国の世紀」という言い方がある人々にとって多少過激だとしても、「アジアの世紀」の到来を否定する者は誰もいまい。国際的発言力と資産が西から東へ移動しており、アジアにおける外貨準備高上位7か国の外貨準備高は、以下の149か国の外貨準備高の総和に匹敵する。しかし、「米国よ、喜べ。米国はまだ世界一の座にある」。米国の指導力が欠ければ、多くの国際問題に解決は与えられない。(翻訳・編集/津野尾)



【関連記事】

10年間で最も重大なニュース、1位は「中国の台頭」―米研究機関

ポスト米国時代の覇権争い、中国1国では勝者たりえず=韓・日との連合で優位に―韓国メディア

最大ポータルサイトの傲慢書き込み!「中国の台頭」認めたがらない日本人、自信喪失の韓国―中国紙

知識産業の米国覇権は揺るがない=中国も日本同様、米を抜けず―米誌

中印、インド洋での覇権争いが激化―韓国メディア
{0}

大手出版社100億円超の赤字? 人気漫画家が内情を暴露 (J-CASTニュ…

January 16 [Sat], 2010, 22:32
果たして、ブラックジャックと大手出版社はどのような相関性があるのか、突き詰めて考えてみたいですね。
さらに、ビッグコミックスピリッツに関して、とても驚きました。
そして、講談社は非常に素晴らしいと思います。
しかし実は、出版社に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
ですが、方次第はとても面白そうですね。

ブログ

 70誌のうち60誌以上が赤字――。人気漫画家の佐藤秀峰さんが、自らのブログで、こんな「大手出版社」の苦境を明らかにした。2010年は100億円以上の赤字を出すうわさがあるというのだ。どの出版社のことなのか…。



 「ブラックジャックによろしく」で知られる佐藤秀峰さんは、ネット上で漫画販売を始めている。この試みについて、自らのブログで2010年1月13日、読者からの賛否両論はあると明かした。しかし、「紙媒体はもうダメだ」という認識では一致していたというのだ。



■出版社「どこの社だかは分かりません」



 そのうえで、佐藤さんは、ダメな例として、ある大手出版社を取り上げた。2009年に数十億円の赤字を出したこの出版社は、佐藤さんによると、なんと約70誌中60誌以上が赤字。メジャーな雑誌ですら、年間10〜15億円の赤字を出しているという。



 そして、出版業界では、2010年に100億円以上の赤字を出すといううわさが流れていると書き込んでいる。



 この出版社は、書籍の売り上げトップ10をすべて漫画の単行本が占めており、漫画が大きな収入源という。ところが、トップ10のうち3つが2010年に連載を終え、それに替わるヒット作もないとして、暗い未来を暗示している。



 この出版社名は、ブログには書かれていない。どこなのか。



 内容からすると、09年にそれぞれ63億円、76億円の赤字が分かった小学館、講談社が挙げられる。



 そこで小学館に取材すると、広報室では、「どこの社だかは分かりません」と言う。2010年2月期まで1年間の業績は、5月末の株主総会で発表するというが、現時点では何とも言えないとする。雑誌は約60あるが、個別の収支状況は発表していないという。トップ10すべてが漫画ということはないともしている。



 佐藤さんは、同社の「ビッグコミックスピリッツ」に連載している。これに対し、広報室では、「ブログは、極めて個人的なもので、公に公刊されたものではありませんので、お答えしないことにしています。ご自分の思いをそれぞれお書きになることについて、いちいち見解を説明する必要はないと思っています」としている。



■見切り付け、ネット上でビジネス



 一方、講談社の広報室に取材しても、この大手出版社について「どこだか分かりません」と答えた。業績については、2009年11月期までの1年分を2010年2月23日ごろに記者発表するが、この決算報告の内容はまだ把握していないという。



 雑誌は48あるが、損益は発表していない。また、書籍トップ10に漫画を入れて計算はしていないとしている。



 ただ、新文化通信社の09年11月12日付記事によると、講談社の場合、雑誌不振による売り上げ1割減などで、前期を超える赤字が出ていると同社常務が報告している。佐藤さんのブログの内容がどこまで本当かは定かでないが、出版不況はどこも同じで、一層厳しくなっているようだ。



 漫画家の佐藤秀峰さんがネット上でビジネスを始めたのは、こうした紙媒体の限界を考えてのことだという。ブログによると、ネット販売は安定しており、1日平均1万円以上を売り上げている。そして、出版社が取り次がないような広告イラストやインタビューの仕事が入っているという。



 出版社側が電子書籍の協会を作り、作品のデジタル化販売ができるように打開策を練っていることについては、著作者のことを考えていないと批判。著作者側は、出版社から手数料を取られないように、アマゾンなどと直接契約することができると主張している。



 佐藤さんの「ビジネス」については、ネット上で漫画家のあり方としての批判もある。とはいえ、週刊誌を経てネットメディアでも活躍している編集者の元木昌彦さんは、こうした声も聞きながら、出版社が生まれ変わるべきと指摘する。



  「出版社の考え方は後ろ向きで、自分たちの利益のことを考えています。これでは、著作者も反発するはずです。著作者の権利や利益を守るように一緒にやっていかないと、時代に取り残されることになりますね。もともと、電話1本で作者と企画を立て、面白いことで一発当ててやろうというのが出版社でした。それが、社員1000人も抱える大企業になってしまって、安定を求める人ばかりになっています。耳目を集めるコンセプトを持った新しい雑誌も、出てこなくなりました。やはり出版社は、面白いものを作らないとダメですね。紙媒体だって、ネットと協力して今までにない雑誌を作るとか、やり方次第で可能性は十分あると思いますよ」





■関連記事

「ブラックジャック」佐藤秀峰さん 自身のサイトで漫画有料配信 : 2009/09/15

「ブラックジャック」漫画家の「貧乏」月収なんと70万円しかない? : 2009/04/06

「ブラックジャックによろしく」 「スピリッツ」移籍の真相 : 2007/01/10

小沢疑惑を「国民は理解」? 選挙結果が意味するもの : 2010/01/14

テープの切り口が直線に 「ギザギザ」の歴史に幕 : 2010/01/12
{0}

P R
カテゴリアーカイブ