定例会 

September 12 [Tue], 2017, 19:17
今日は定例の会でした。

毎月第二火曜日です。

来月は10日

鈴鹿市社会福祉センター小会議室で、10時から2時ころまで。


今日の感想をHさんよりいただきました。


「 夏休み明けのこんぺいとう、少し遅れて始まりました。

前代表、現代表からの色々な報告から、自分の子どもにも必要だと強く思ったことは…。

・自分の意志を表出できるようにすること
・経験値を積むこと
・自己選択、自己決定


これからの自分への宿題は、生育歴作成。
障がい者年金手続きには必要になるから。
(わが子の母子手帳は、できないが増えてから記録してな〜い)


就労に関する話
親亡きあとの生活の場の選択肢
盛りだくさんすぎて、一日ではもったいない内容でした。

写真は、今日の職業の授業で、わが子に伝えられた目標です。(特別支援学校高等部1年)

「嫌です」「困ってます」と言えることで、身の危険を回避できます。
また「わかりません」と言えなきゃ仕事にも影響でますもんね。」

また、お約束していた「暮らしのルールブック」を持って行きました。


Mさんより



「今日いただいた「暮らしのルールブック」娘に渡すと熟読していました。

イラストが沢山でわかりやすいこともありますが、
それをすると犯罪になり、〇〇罪 懲役◯年または▲円以下の罰金と
具体的に書いてあるのでよりリアルに感じたようです。」

バリアフリー 

August 17 [Thu], 2017, 16:57
管理人です。


いま、勉強に行ってますが、


支援とは?とか


バリアフリーとか?




と、いう、基本的な講義を受けています。


バリアフリーのイメージは
それぞれだとは思いますが、
私たちはその基本を知らないでバリアフリーと
うたってはいないか?


支援の基本を知らないで支援と言ってはいないか。


福祉の事をあまり知らない人は


午前の3時間で


考えかたが変わるのではないかなあ。


今日の講師さん


お呼びしたいくらい。



ICF(国際生活機能分類) 

July 15 [Sat], 2017, 19:16
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/032/siryo/06091306/002.htm



管理人です。

今勉強中なのですが

これ、大事なところです

りんりん祭り 

July 12 [Wed], 2017, 14:16






今日は、りんりん祭りでした。

暑い中、午前午後各50組、計100組の親子連れで賑わいました。

こんぺいとうのブースには、まず、学生さんが来てくれました。
体験で感じたことを将来の職種で活かしてくれるといいな。

「これ(イヤーマフ)をしている人を街中で見かけたことは、ありませんか?」

私たちのブース前で立ち止まるお母さんに話しかけると、「あります」と。

早速イヤーマフをはめてもらいます。

音楽を聞いているのではなく、音刺激を減らすため。りんりんのホールいっぱいのザワザワ感が和らぎ、

「あ〜」と納得されるお母さん。

私たちのブースは特にお土産も無いので、立ち寄り率が低いですが(笑)

それでもホールでの出し物中に熱心に読んでいる方もみえました。みなさんの記憶に残れば嬉しいです。


7月11日 

July 11 [Tue], 2017, 14:10
こんぺいとうの例会でした。
この日はゆるゆると。

新しく来てくれたお母さんがいて

デジタル耳栓に興味を持ってくれてましたよ。

本日のキャラバン隊 

June 29 [Thu], 2017, 20:27


今日、2年前にキャラバンをした小学校へ行ってきました。

子どもたちの成長もさることながら、「上靴」に目が行きました。

土地柄でしょうね、上履きではなく、みな運動靴を履いていました。
いざって時にすぐ逃げられるように…。(海に近い小学校だからでしょうね)

さて


キャラバンの内容は、少し難しく感じたでしょうか?
それでも、前回の内容に触れると「あ〜」と思い出してくれてました。
嬉しかったです。

今日一番の「あ〜」が出たのは、折り紙のコーナー。
私たちの説明だけで折り紙おるのに苦労していた子どもたち。
ひとりひとり違う作品になってしまいました。

パワーポイントに正解の作品と折り方図が映し出されると、どの子も「あ〜」と…。

キャラバン隊はみな「しめしめ」と、ほくそ笑む…。

ここでは「話し言葉だけでは思うように伝わらない」という体験でした。

今回用に
脳の中の考えていること。脳の中の容量をお伝えしたかったのですが
どうかな?うまく伝わってたらいいなあ?

子どもたちは
クラス替えがない分、(少人数なので)
みな兄弟姉妹のような関係。

反面、遠慮ない発言もあり友達関係が難しいですね。
それでも校長先生には、私たちがこの2限という短い時間で感じた対象児童には

「介助は全介助でなくてもいいから必要だ」

と伝えてきました。

あと、後半は見本で持っていったイヤマフを児童に貸してあげたら、
最後まで 落ち着いて参加していました。

これには先生もビックリ‼️

本人に確認してみたら「嫌な音が聞こえないから良かった。」とのこと。


先生からお母さんに、お話しをしてあげようか?と児童に言うと

「話をして欲しい」

と!!

お母さんがイヤマフを買ってくれたらいいなぁ〜と思います。


キャラバン隊はその都度どうしたら伝わりやすいかなど
考えて、パワーポイントをつくりかえたりして日々進化はしていますが

「伝える伝わる」ってことが基本なので
どうぞ呼んでくださいね!

私たちも勉強になるので!



何故視覚化なのか 

June 14 [Wed], 2017, 8:25
昨日はソーシャルスキルの話が出てましたが

なぜ、視覚化なのか。

どうしても支援者とか大人は

喋り言葉で伝えていませんか?

でも本人にちゃんと伝わってるかな?

自分自身もよく考えてください。

名刺をもらったりしますよね。

お名前部署が書いてあってそれをケースに入れたりして記憶したりします。

手帳を持ってますよね。どこどこに誰さんと何時。とか視覚化しているはず。

買い物するときにメモしますよね。忘れないようにね。

当たり前のことを

子どもたちの毎日にしたらいいだけです。

「できない」じゃなく「できていくような」支援に変えていくだけ。

一人一人違うからそのお子さんにあってる方法で支援したらいいだけです。

押しつけじゃなく。

カレンダーでいつ出かけることができるかとか、

スケジュールで今日は大好きな実習があるとか

学校の後は大好きなおやつが待っているとか。


楽しいことがあるとやる気が出るよね。


たったそれだけ。

見やすいフォーマットで伝えるだけ。

あとは日々の会話の中で


「お母さんがあんなこと言ったじゃない!」「いや、言ってない!」とけんかするより

吹き出しのメモで会話して残しておきませんか?


生活の工夫でみんなハッピーだと思うんだけどな。


ソーシャルスキルの話 

June 13 [Tue], 2017, 17:00


今日はおもに「ソーシャルスキル」の話になりました。

SASから気が付いたら15年くらい勉強会してるんだね。

管理人の子どもは大人になってます^^

最重度判定なのですが、来てくれるお母さんたちの子どもさんは

今ではとても軽くおしゃべりできたりする子がメインです。

私も知らないことがいっぱいで勉強になります。

基本は

視覚的、具体的、肯定的。

目で見える形に置き換えて話をしていくことを重要視してほしいです。

ですから、おめめどうの吹き出しメモなどを使うとわかりやすいのではないでしょうか?

http://omemedo.tanba-sasayama.com/


事例もたくさんあります。

よい出会いがありますように 

May 28 [Sun], 2017, 23:13
早いうちに


先輩お母さんとの


よい出会いがありますように。




人それぞれですが、


2歳の時
息子の
育児に疲れていた管理人。


早いうちに親の会に入会しました。


大きな会だと、いろんなタイプの


子どものお母さんに出会えます。


先を過ごしているので、見通しが持てました。


どうやって


お手伝いをするようになったか。


どうしたら


一人で学校まで歩いて行けたのか。


習い事はできるのか。


など。


実行するにはどうするかのヒントを


早くからもらえますように。







お母さんが気が付いたうちに・・・ 

May 28 [Sun], 2017, 22:28

いま

子どもと向き合ってみて

何が問題なのか書き出してみてください。


トイレのこと

勉強のこと

癇癪のこと




色々あるかもしれません。



ゲームが辞めれない・・・でもそれに集中しているときはおとなしいからつい与えてしまっている。
ゲームを取り上げると暴れる。


いずれも幼児期の悩み。


でね


考えてみてください。

小さい男の子の癇癪。
今なら親の力で収めることができても

思春期お母さんより大きくなってしまった男の子を想像することはありますか?

大人なのでどう暴れると思いますか?

そこから考えてみてください。
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
confeito は ポルトガル語で「金平糖」のこと。 私たちの子供たちは金平糖のように発達にばらつきがありますが 食べてみると(笑)甘いんです。(笑) ばらつきがあっても本人に会う支援でまあるくなっていくと思っています。 考えとしては・・・ 自閉症を含む発達障がいの人々に対する理解を深め、 子ども達が将来、自立した生活を楽しく送るために それぞれに合ったコミュニケーションの方法を考え、 どのような援助が毎日の生活に必要かをともに学びあう会です。 気軽にご参加ください。
最新コメント
アイコン画像すずか雀
» ネタバレ (2016年12月06日)
アイコン画像はは亀
» pockeさんでキャラバンをしました (2014年06月20日)
アイコン画像Mam Kitty
» pockeさんでキャラバンをしました (2014年02月13日)
アイコン画像はは亀
» 市内小学校先生向け疑似体験キャラバン (2012年08月08日)
アイコン画像安江愛
» 市内小学校先生向け疑似体験キャラバン (2012年08月07日)
アイコン画像はは亀
» お問い合わせぼちぼち (2009年09月06日)
アイコン画像NPO法人チットチャット 森嶋です
» お問い合わせぼちぼち (2009年09月05日)
アイコン画像はは亀
» 講演会終了〜〜 (2009年07月07日)
アイコン画像ビク
» 講演会終了〜〜 (2009年07月06日)
アイコン画像はは亀
» おがっちありがとうぅぅぅ〜〜〜 (2008年12月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:confeito〜こんぺいとう〜
読者になる
Yapme!一覧
読者になる