HD(ハードディスク)がクラッシュしたら

January 18 [Fri], 2013, 16:25
明日にでも自分の身に起こる可能性が大きいクラッシュ、即CD−RやDVD−Rなどの記憶装置にバックアップを実行しましょう。
HDは、いつ壊れるか分からないパーツだと認め、CD−RやDVD−Rなどの記憶装置にバックアップしておく事が大切だと思います。
「データ修復の注意!について」もし運悪く、HDがクラッシュしてしまった時の事を想定して、データ修復が少しでも可能性があるのであれば、出来るだけのデータを残すために注意するべきことを考えてみましょう。

壊れたHDの復旧作業をする前に、必ずそのデータを別のシステムにバックアップを取りましょう。
そうしないと、何が起こるか分からないデリケイトなHD、とても危険です。
オリジナルそのものも駄目にしてしまう危険があります。

可能だった修復も不可能になってしまっては、悔やみきれません。
大切なことなので再度繰り返しますがあなたの脳にもバックアップの「重要さ」を認識させましょう。
そうはいっても、殆どの方は、ご自分では出来ませんね。

となるとデータ復旧業者を選ぶ際には信頼できる方を探しましょう。
参考にあげますと、データ修復する施設や設備はしっかりしているか。
日々進化していくパソコンに対応できるだけ最新の技術はあるか。

データ修復に関しての技術も確かかどうか。
とは言っても、自分で見極めるのは難しいと思いますので、実績で選択するのもいいかも知れません。
過去の修復作業の参考として、1年間にどれだけの修復作業に成功しているか。
流出の危険を防ぐためのデータ管理は厳重か。
業者に預けたデータの完全消去は実践されているか。
個人情報漏洩に対してのセキュリティーも万全か。

などあげてみましたが、高額の修理代や復旧手数料が掛かり、さらに大切なデータの生きるか死ぬかを託すのですから、多くの同業者の中から、信頼のおける業者を慎重に探しましょう。

http://www.simonebadour.com/

ネットショップ運営ならレンタルサーバ

January 06 [Tue], 2009, 18:37
レンタルサーバは、自由度が高く、ネットショップでの顔となる「独自ドメイン」が使えたり、複数のメールアドレスを、受注・問い合わせ・サポート用や従業員などの個別アドレスを割り当てたり、また、フォームや掲示板などのCGIを自由に設置できるのもレンタルサーバの大きなメリットといえます。商業利用を前提として設計されていて、安心できる太いバックボーンで大量のデータを一度に安定して高速に送受信できるため、アクセススピードがとても速く、利用者にストレスを与えません。

個人でホームページを開設されている方ならプロバイダーのサービスを利用して公開している方が多いと思いますが、このレンタルサーバはそれとは異なります。

ネットショップを運営するなら「独自ドメイン」「サーバ容量の大きさ」「サーバ運営とサポートを任せられる」などのメリットがあるレンタルサーバを利用するのがおすすめです。

レンタルサーバとは、単純にハードディスクのスペースをレンタルするというものです。

ホスティングサーバ価格

January 06 [Tue], 2009, 18:36
ホスティングサーバには、だいたいウェブサーバ ・メールサーバ ・FTPサーバ ・ドメインネームサーバ などの機能が組み込まれています。その他にもホスティングサーバを利用するメリットはかなりあります。ーに利用させるサービスを言います。サーバその物のコストは余り影響しないようですが、価格が安ければ安いほど1台のサーバの同居者数が多くなるのでネットワーク速度が遅いなどのリスクを伴い、回線やCPU負荷の上昇時には表示速度などに大きく影響が出てしまうこともあるようです。サーバー選びで重視する点は料金・機能・容量・サポート・安定性 これくらいは他のホスティングサーバと比較してみましょう。ホスティングサーバとは、インターネットなどで,通信事業者のサーバーの一部領域をユーザーに貸し出し,ユーザー独自のウェブ-サーバーとして運用するサービスで、俗に言う「レンタルサーバ」と同じですが、レンタルサーバは、ウェブサーバ専用としての利用に限定される場合がほとんどです。サーバホスティングともいわれます。セキュリティの強化ホスティングサーバは24時間監視のデーターセンターに保管されています。

最近ではMovableTypeや、XoopsなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)、cron、php、MySQL、マルチドメインなどはほとんどのホスティングサーバで標準で利用できるようになりました。運用コストとは、ホスティングサーバ1台の共同利用ユーザー数、インターネットエクスチェンジ(IX)等との通信費、セキュリティ、電気、空調などの費用、トラブル対応の程度を基に算出されます。月間の最大データ転送量が決められている場合、DoS攻撃など、サーバ使用者でコントロールできない不測のアクセス頻度の増加で使用料金が跳ね上がることがあるようです。さらに制限がなく自由度の高いハイクオリティなWebサイトを作りたい場合や、お好きな名前.com のような自分専用のアドレス、独自ドメインが欲しいときに、有料のホスティングサービスを借りるのが良いでしょう。ホスティングサーバのほとんどは1台のサーバを複数の領域に分けて、多数のユーザーで共同利用されることが多いです。これによって詳しい専門知識やスキルが乏しくても比較的簡単に管理ができるようになってます。サーバ機上でのデータベースなどのアプリケーションソフトのテスト作業が困難。

ホスティングサーバとは、サーバの利用者が自分自身でサーバの管理や運営をしなくてもいいように、無料または有料でサーバ機のHDDの記憶スペースや情報処理機能などをユーザホスティングサーバの価格は基本的に、データセンターの運用コストで決まるようです。またショッピングカート、グループウェア機能付き、メーリングリスト機能付き、電話サポート有りなどの所は、利用料金が上乗せされている事があります。ホスティングサーバのデメリットまともなホスティングサーバを利用するにはお金がかかる。これら以外にもネットワークファイルシステムとして使用する場合もあるようです。一般的には、ホームページ公開用のウェブサーバとしての利用がもっとも多いですが、データベースやグループウェアなどのウェブアプリケーションとしての利用する方もわりといるようです。しかし、無料ホームページスペースには、邪魔な広告が付いたり、機能が制限されてしまったりなどデメリットがあります。ホスティングサーバのメリット・デメリットホスティングサーバのメリット、個々にサーバを設置する場合に比べホスティングサーバを利用するメリットは、まず運用コストの低減ダウンに対する代替機の用意や通信料等の削減、サーバソフトウェアの更新をセンタで行ってくれるなど。

ホスティングサーバ付属のツールにより管理作業の簡略化多くの場合、メールアカウントの管理やログの確認、アクセス制限などといった日常的な管理作業をWeb上で設定できるツールが提供されています。ネットショップ利用や格安の独自ドメイン取得、法人向けのホスティングや個人向けの格安サービスなど、用途によって料金形態も変わってきます。また、提供者やサービスによってCGIやSSIなどの利用のできるできないの差や、使用可能な最大ディスク容量の違い、月間の最大データ転送量の使用可能容量の差などがあります。サーバ機にCPUや回線負荷をかける大規模なデータベースやCGI、ストリーミング送出などのアプリケーションは動かしにくい。ホームページを初めて作成する方には、まずは無料で利用できる、無料ホームページスペースをお勧めします。ホスティングサーバの選択と価格使用するホスティングサーバの選択、ホームページスペースの選び方はとても大切です。あなたの利用目的に合わせて選びましょう。

ホスティング サーバとは

January 06 [Tue], 2009, 18:35
ホスティングサーバとは、サーバの利用者が自分自身でサーバの管理や運営をしなくてもいいように、無料または有料でサーバ機のHDDの記憶スペースや情報処理機能などをユーザーに利用させるサービスを言います。サーバー選びで重視する点は料金・機能・容量・サポート・安定性 これくらいは他のホスティングサーバと比較してみましょう。ネットショップ利用や格安の独自ドメイン取得、法人向けのホスティングや個人向けの格安サービスなど、用途によって料金形態も変わってきます。最近ではMovableTypeや、XoopsなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)、cron、php、MySQL、マルチドメインなどはほとんどのホスティングサーバで標準で利用できるようになりました。

サーバホスティングともいわれます。また、提供者やサービスによってCGIやSSIなどの利用のできるできないの差や、使用可能な最大ディスク容量の違い、月間の最大データ転送量の使用可能容量の差などがあります。しかし、無料ホームページスペースには、邪魔な広告が付いたり、機能が制限されてしまったりなどデメリットがあります。さらに制限がなく自由度の高いハイクオリティなWebサイトを作りたい場合や、お好きな名前.com のような自分専用のアドレス、独自ドメインが欲しいときに、有料のホスティングサービスを借りるのが良いでしょう。

あなたの利用目的に合わせて選びましょう。ホームページを初めて作成する方には、まずは無料で利用できる、無料ホームページスペースをお勧めします。これら以外にもネットワークファイルシステムとして使用する場合もあるようです。ホスティングサーバの選択と価格使用するホスティングサーバの選択、ホームページスペースの選び方はとても大切です。

一般的には、ホームページ公開用のウェブサーバとしての利用がもっとも多いですが、データベースやグループウェアなどのウェブアプリケーションとしての利用する方もわりといるようです。ホスティングサーバのほとんどは1台のサーバを複数の領域に分けて、多数のユーザーで共同利用されることが多いです。ホスティングサーバには、だいたいウェブサーバ ・メールサーバ ・FTPサーバ ・ドメインネームサーバ などの機能が組み込まれています。ホスティングサーバとは、インターネットなどで,通信事業者のサーバーの一部領域をユーザーに貸し出し,ユーザー独自のウェブ-サーバーとして運用するサービスで、俗に言う「レンタルサーバ」と同じですが、レンタルサーバは、ウェブサーバ専用としての利用に限定される場合がほとんどです。

サーバホスティングとは

January 06 [Tue], 2009, 18:34
コンピュータネットワークにおいて、サーバという言葉をよく耳にする。これに対して、「サービスを提供する側、」などをサーバと言う。ではクライアントに対してどんなサービスを提供してくれるサーバがあるかというと、一般的にメールサーバを使えば、電子メールの送受信ができるし。

Webサーバを使えば、ホームページを見ることができます。これらの色々な種類のサーバからクライアント側は目的に応じてサービスを提供してもらっていることになります。

サーバが混み合っています、サーバが見つかりませんなど、ではサーバとは一体何か、どんな役割をしているのでょうか?インターネットを閲覧するイメージを描いてもらえるとわかりやすいと思います。なおサーバ用のパソコンにおける代表的なOSには、UNIXなどがあげられるが、これらのサービスをクライアント側でサーバの運営や管理をしなくてもいいように有料または無料でサーバ機のHDDの記憶スペースや情報処理機能などを利用させるサービスの事をサーバホスティング、または「レンタルサーバ」とも呼ぶ。

クライアントとは、サーバを利用する側、(家庭でインターネットを利用する際のパソコン)などが該当する。その他FTPサーバ (ファイルを転送)、ニュースサーバ( ニュース購読 )ネームサーバ (DNSサービス) プロキシサーバ( 仲介・代理をする)など一例ですがサーバには用途によっていろんな種類、目的があります。

レンタルサーバを選ぶコツ

January 06 [Tue], 2009, 18:33
レンタルサーバを選ぶときのコツは、まず自分がレンタルサーバを借りて何をするかはっきりさせる事です。アクセスが多く急に接続できなくなることも有ります。

ネットショップを作ったり、会社で消費者にアンケートをするなどのときは、CGI,SSIが動作可能か、メールボックスの設置可能数や自動応答メールなどの付加機能のメールアカウントがあるかなどレンタルサーバを確認しましょう。また、レンタルサーバの共用人数を確認する必要があります。

趣味のホームページを作る、ネットショップを作る、SNSなどを自分で運営する、会社で消費者にアンケートをするなどレンタルサーバを借りる目的をはっきりさせることが重要です。趣味のホームページを作る様なときは、ディスクスペースの容量やメールボックスの容量などがレンタルサーバを決めるポイントになります。

「レンタルサーバと言われても、良く分からないから」「レンタルサーバはどれも同じしゃないの」なんて言って選んでいませんか。レンタルサーバを選ぶとき、あなたはなんとなく選んでいませんか。

ブレードサーバ、ラックマウント型のサーバー

January 06 [Tue], 2009, 18:33
サーバとは企業で使われる目的別のコンピュータの事。これをラックマウント型のサーバという。しかし、企業内で様々な目的でコンピュータシステムが利用されるようになると、1台1台に電源装置や冷却装置、外部インターフェースなどを必要とするラックマウント型のサーバではサーバを設置する面積も大きくなり、無駄も多くなるため、より省スペース型のサーバの必要性が叫ばれた。

当初は高価なため、普及していなかったが、最近は価格も下がり、各コンピュータ会社から意欲的な製品が相次ぎ登場し、普及しつつある。この声に応えて登場したのがブレードサーバである。通常、これらのサーバを構成するCPU、HDD、メモリ、などは筐体に収納される。

電源装置、冷却機構を複数のサーバモジュール(ブレード)で共有化し、エネルギー効率が向上、部品点数も削減され信頼性も向上するといったメリットがある。ブレードサーバは一口で言うと、1台のラックマウントサーバの中枢部を1枚のブレードで構成し、複数のブレードを1つの筐体に収めたものである。

社内でのメールシステムを提供するのはメールサーバ、ホームページを提供するのはウェブサーバといった具合だ。ラック(筐体)の大きさは米国電子工業会(EIA)で規格で決められており、ラックマウント型サーバは世界中で普及している。

P R