【大使館からのお知らせ】

August 19 [Wed], 2015, 0:12
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
タイ在留邦人の皆様へ
                   【大使館からのお知らせ】
                     緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
                 渡航情報(スポット情報)の発出

18日,外務省より,渡航情報(スポット情報)「タイ:バンコクにおける爆発事案の発生に伴う
注意喚起」が発出され,外務省海外安全ホームページに掲載されましたので,お知らせします。
なお,渡航情報(スポット情報)は,在タイ日本大使館ホームページのトップページ「海外安全
情報」欄の◆外務省海外安全スポット情報:タイをクリックしてもご覧頂けます。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
  電話:(66-2)207-8502,696-3002
  FAX
:(66-2)207-8511

【在タイ日本国大使館からのお知らせ】

August 18 [Tue], 2015, 10:40


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   邦人の皆様へ
              【在タイ日本国大使館からのお知らせ】
                    緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

爆発事案に関する注意喚起
              (2015年8月17日現在)

 17日午後,バンコク都内中心部の「ラーチャプラソン交差点」付近で,死傷者を伴う爆発
事案が発生しました。
 今後も不測の事態が発生する可能性も排除できませんので,外出する際には,十分注意
して下さい。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502,696-3002
 FAX
:(66-2)207-8511

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
邦人の皆様へ
【在タイ日本国大使館からのお知らせ】
                                緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

免税たばこや酒類等のタイ国内への持ち込みに係る注意喚起
              (2015年8月17日現在)

1 当館よりも,たびたびご注意させていただいておりますが,免税(納税シールのない)たばこや
酒類等を,規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとして,税関検査で摘発されるケースが最近
増えております。

2 かねてより,タイ物品税局では,免税(納税シールのない)たばこの不法所持で当局により
摘発された者に対し高額な罰金を科しています。免税(納税シールのない)たばこについては,
紙巻きたばこであれば200本(1カートン),葉巻等であれば250gまで,また酒類については
1リットルまで免税での持ち込みが認められます。これら免税たばこや酒類等を,規定量を超えて
タイ国内に持ち込もうとした場合,税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,
物品も全て没収されますので,十分注意してください。
 詳細は,タイ国政府観光庁ホームページを参考にして下さい。
 http://www.thailandtravel.or.jp/about/basic.html 

3 こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので,在外公館が当該人に
代わって交渉したり,判断に異議を唱えたりすることはできません。摘発を不服として罰金支払
を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となりますが,その間,身柄を拘束されるこ
ともあります。
 邦人の皆様には,当地の法律を守り,快適なタイの滞在を過ごされるようお願いします。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502,696-3002
 FAX
:(66-2)207-8511

MERSコロナウィルスによる感染症について

June 20 [Sat], 2015, 1:27
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
邦人の皆様へ
         【在タイ日本国大使館からのお知らせ】
               緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

        MERSコロナウィルスによる感染症について
            (2015年6月19日現在)

1 タイ国内における感染確認
(1)18日,タイ保健省は,15日に入国したオマーン人の男性がタイにおいて
初めて中東呼吸器症候群(MERS)の感染者として確認された旨発表しま
した。
(2)現在,患者は病院で隔離治療され,容態は安定しており,また,タイ当
局は感染者と接触のあった59人を特定し,健康状態を観察している状況と
のことです。なお,経過観察対象者の59人に日本人は含まれていないとの
情報を得ています。

2 MERSコロナウイルス感染について
症状や予防策をご参考までにお知らせします。
(1)一般的にコロナウイルスは飛沫感染や接触感染で伝播し,風邪などの
一般的症状を引き起こすほか,下痢などの消化器症状も報告されています。
また,重傷の場合には呼吸不全を起こすこともあります。
(2)コロナウイルスに対する一般的な具体的予防策は以下のとおりです。
 ● 休息、栄養を十分に取り,体に抵抗力をつける。
 ● 手指等の衛生保持に心掛ける。
 ● できるだけ人混みを避け,マスクの着用を励行する。
 ● 咳やくしゃみの症状がある患者とは,可能な限り濃厚接触を避ける。
 ● 温度の変化と乾燥しすぎに注意する。
 ● 高熱,咳,呼吸困難等の症状が見られた時は,適切なタイミングで専
門医の診断を受ける。

3 日本外務省は,MERSコロナウィルスの感染症発生について,海外安全
ホームページ上にて,6月19日付で広域情報を更新しましたので,注意事項
及びその予防対策等について参考にして下さい。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
  電話:(66-2)207-8501,696-3001
  FAX
:(66-2)207-8511

  【在タイ日本国大使館からのお知らせ】

June 04 [Thu], 2015, 15:34
This Message has been written in Japanese. Sorry for no
English.

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
邦人の皆様へ
                【在タイ日本国大使館からのお知らせ】
                                                 緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国債還付金に係る架空の証書(「還付金残高確認証」「認証書」)に関する注意喚起
(2015年6月4日現在)

1 過去に摘発された詐欺事件で使用されたものと同様の架空の証書(「還付金残高確認証」「認証書」)
が最近,タイを含むアジアの数か国において出回っています。

2 「還付金残高確認証」とは,証書上に記載された金額の国債還付金の残高の存在を示し,これと同額
の国債に引き換えることを大蔵大臣が約束したとする架空の証書であり,財務省ホームページにも,そのような
証書は法律上存在しない旨,注意喚起が出されております。
https://www.mof.go.jp/jgbs/topics/za072.htm

3 また,上記「還付金残高確認証」の効力を裏付けするような「認証書」と呼ばれる和文および英文の証書
も出回っているようです。
「認証書」には「財務省」「理財局」などの記載とともに押印もなされておりますが,上記「還付金残高確認証」
が法律上存在しない以上,「認証書」も架空の書類となります。

4 「還付金残高確認証」「認証書」を用いた資金提供等を持ちかけられた場合は最寄りの警察署等にご相談
ください。
また,架空であることを知らずに「還付金残高確認証」「認証書」を受け取り,銀行や公的機関に持ち込むことで,
気づかぬ内に犯罪に加担することになってしまう可能性もありますので,十分ご注意ください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
  電話:(66-2)207-8501,696-3001
  FAX
:(66-2)207-8511
----------------------------------------------------------------------
◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの
追加・変更等),または帰国による転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)について,現地での
滞在予定を登録して頂けるシステムとして,2014年7月1日より,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)の運用を
開始しています(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
)。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急
事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能ですので,ぜひ活用してください。

ああネパール

May 02 [Sat], 2015, 11:38


 金さえ積めば登頂できるエベレストと違い、この聖山には有史以来誰一人として登ったことがない。

 頂上にはヒンドゥー教における最高神【シバ】が鎮座…と伝説にある。

 しかし、罪もない貧しいネパールが直下型の大地震に見舞われた。シバは何をぼんやりしていたのか?

 私の知る限り、地方の村々がこの規模の揺れに襲われたらひとたまりもない。がけ崩れも多発しているだろうから、道路を伝っての支援も難しいはず。

 さんざんネパールに癒されてきたのに、何もしてあげられない自分が歯痒い。

黙祷の日

March 11 [Wed], 2015, 2:01
 あの日から早くも4年が過ぎたというのが信じられない。

 どんな記憶も風化していくのは仕方がないとしても、善良な人々が一瞬にして黒い波に飲み込まれ、人生に残酷で理不尽な結果を与えられた日を、そう簡単に色を薄くしていって良いとも思えない。

 だから、一か月以上放置している怠惰なブログではあるけれど、遠く異国のテレビの前で震えたあの日を思い出し、万感の思いを込めて黙祷する。

領事館からの注意喚起

February 02 [Mon], 2015, 18:48
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイ在留邦人の皆様へ
                【大使館からのお知らせ】
                                     緊急一斉メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

             爆発事案発生に関する注意喚起
                (2015年2月2日現在)

1 2月1日,BTSサイアム駅とサイアム・パラゴン・ショッピングセンターとを結ぶ通路(スカイ
ウオーク)において,IED(即製爆弾)が爆発し(2回爆発との情報有り),1名が負傷する
事案が発生しました。

2 国内は現在も引き続き戒厳令下にある点に留意するとともに,最新情報を入手する
など治安状況等の把握に努め,不測の事態に巻き込まれないよう十分な安全対策を
とってください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502,696-3002
  FAX :(66-2)207-8511

NHKはアホ

January 22 [Thu], 2015, 14:19
 ひつじ年は世界にとって無難になるように…などと年明けのブログに書いた早々、「神は偉大なり!」と叫びつつ、神そのものを冒涜して貶めるような行為をする馬鹿たちが現れて、世界はまたしても波乱の幕開けとなってしまった。

 それに続いて、今度は日本人の期限付き殺害予告である。

 これがどれほどのビッグニュースかは計りようもないが、第一報が飛び込んで来てから、NHKは総合テレビでずっと同じ映像を流しながら、しつこいくらいこれまた同じ内容の発言を繰り返していた。

 これに激怒したのが89歳の異国に住む老人である。

 何しろ、この時間帯は普通なら、日本への郷愁を駆り立ててくれる大相撲中継である。それが佳境に入ろうとするところで、ずっと中断されてしまったのである。オフクロ様はオレンジ色の服を着せられた日本人二人と、黒服の気違いをずっと繰り返し強制的に見させられることになった。

 せめて15分程度の割り込みニュースなら判る。また、東日本大震災の時のような国家的非常事態なら、もちろん理解する。

 だが今回の場合、日本のお年寄りたちが楽しみにしている相撲中継を潰してまで、こんな愚かな話をしつこく見せつける意味は全くない。

 さらにNHKがアホだと決定的に思うのは、民放ならいざ知らず、多数の放送チャンネルを持ちながら、そのどれ一つも相撲中継に切り替えなかったことだ。

 私はこの様子なら、BS1、Eテレ、BSプライム、その他にもあるようだが、どれかで急遽相撲中継に切り替えたチャンネルがあると思っていた。しかし、どれも全滅だった。他のチャンネルでは視聴率0.数パーセントと思しきレギュラー番組を、ごく普通の日のように流していた。

 ようやくEテレで一時間後位に相撲を流したが、これは全国のオフクロ様のような相撲ファンが、怒りまくって抗議の電話を何万本も掛けた結果ではないかと私は思っている。

 とかくNHKには頭の固いお役所的思考しかないワーカーが多いと聞く。そうでなければ、【清盛】の例で確認できた、とてつもない勘違い野郎が、一部を牛耳っているのかもしれない。

 いずれにしても、オレンジ色の服はもう結構である。

 ついでに思うところを書かせて頂くと、この二人に対して、日本政府が身代金を払うとしたら、たとえスーパーの売れ残りセールのように、大ディスカウントされたとしても、絶対にYESと言うべきではない、と考える。

 理由は明白で、元々この二人は日本政府が渡航の禁止を決している危険地帯に、自らの意思で入ったからだ。しかも、一人は明らかに何やら胡散臭い金儲けのためであり、同情の余地はない。もう一人は良く判らないが、とてつもなく危険な地域に足を踏み入れている以上、結果は誰が何と言おうと自己責任である。

 大体、この連中に払う要求額の身代金があったら、大震災の被災者たちをどれだけ救えるか考えてみたら良い。

 彼らは真面目に大人しく日本国内で生きながら、突然の理不尽な自然災害によって、生活を根底から覆された人々である。

 もうかなりの高齢者も多いらしいから、こんな奴らにあれほど高額な身代金を払う金があるのなら、故郷の近くに皆で暮らせる施設でも幾つか建設したほうが、100億倍も生きた税金の使い方になるはずだ。

 加えて、これを払ったら、この狂人たちは助長するに決まっている。つまりこれからも昆虫採集のように西側先進国の外国人を捕獲しては、銭をよこせと要求するようになるのである。

 すでに幾つかの国は水面下で身代金を払い、リリースを得たようだが、このやり方は良くない。

 そういえばかつて劣化ウラン弾少年を含む三馬鹿トリオが、イラクだかイランだかで捕獲されたとき、確か日本政府は身代金を払って解放してもらったはずだが、この事実に関してのニュースはちっとも流れないのが不思議だ。

 かつての身代金要求に関しては、どういう訳か、【拒否した】、その結果、首を切られて殺害された、SKさんの例ばかりである。おかしくはないか? 払った例もあるのに、払わない例ばかりが流される。

 確かアルカイダによるSKさんのときの身代金は、桁が遥かに違うくらい安かったはずである。それを払わずに、今回の莫大な身代金を払ってこの二人を助けたら、黙って死んでいったSKさんは浮かばれない。

 もっとも、私は払わないとみている。それで二人が悲しい結果を招けば、これからあんな狂気の世界へ行こうとする日本人に対しての抑止力になることが間違いないからだ。

 さらにこれまで身代金を払わずに自国人を殺害された、アメリカやイギリスとの連携ももっと深化する。

 72時間はあっという間だ。今度はこの事件の顛末がどうあろうと、NHKさんには、どれかのチャンネルで相撲中継だけはきちんと放送して頂きたい。

多忙

January 06 [Tue], 2015, 2:02

 何もしていないはずなのに、年明け早々やたらと忙しくて参ってしまう。

 昨日は正月休み明けのイミグレへ、オフクロ様の90日レポートを提出しに行ったら、ドアを開けた瞬間に立ち並ぶファランの頭しか見えないほどの混雑に慄き、次の予定もあるのでそのまま退散。
 明日改めて行くことにした。

 何しろ、整理券を貰うのにも20人位が並んでいるのだから、この日、90日レポートはともかく、ビザの更新やリエントリーを取ろうとした人は、丸一日仕事になったに違いない。

 そんな訳で他にも修理や申請が沢山。さらに日本行きの準備もある。

 そこで今日は、大晦日から正月三が日のことを書こうと思ったけれど、とりあえず今年もいささか手抜きで作った、オセチモドキの写真だけ掲載させて頂くことにした。

 羊年の今年が、世界にとって無難な一年となりますように…。

謹賀新年

January 02 [Fri], 2015, 3:45
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:小林龍彦
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1959年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-Fishing
読者になる
1998年度JTB旅行記賞受賞。
他にハービス旅大賞、PROMISE.ESSAY大賞・優秀賞、三省堂「私の辞書活用法」エッセイ・優秀賞、男の生き様コンテスト・優秀賞、北海道池田町百周年記念事業、ワインにまつわるエッセイ・入賞、東京都近代水道百周年記念、水のエッセイ・優秀賞、他・・01年までにエッセイ・紀行文で入賞十数回。
02年三月号から03年十月号まで月刊誌【つり人】に《世界の釣流》連載。
著書に《人生を激変させた神の魚サハール》【つり人社刊】がある。
【略歴】 1959年東京都生まれ。 81年、大学中退後、シベリア鉄道経由で渡仏。釣り竿を抱えて欧州11ヵ国を放浪の後、帰国。 83年、渡米。4年後NY州マンハッタンにて日本レストラン開業、10年間経営。 96年、事業売却、帰国。その翌年釣り竿と供に中国、ベトナム、カンボジア、タイ、インド、ネパールを半年間漂流。初めて未知の大魚サハールの存在を知り魅せられる。同年、中国茶輸入業開始。 98年、タイ経由でネパール訪国。同年ラオスを一ヶ月間放浪。 99年、大河産のサハールをターゲットに三度ネパールに飛ぶ。また、オーストラリア、ニュージーランドなどに釣行。 03年、タイ王国に移住。
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/saruyomeyawa/index1_0.rdf