忙しい人のための理科勉強法

November 01 [Thu], 2012, 19:48
理科は基本的に当ブログで紹介した、
数学の勉強法と英語の勉強法の組み合わせで勉強します。

この2つの勉強法が確立されていれば、
そこまで難しいものではありません。
 
どこをどう組み合わせるかというと、
英語の「暗記」と数学の「暗記」を使います。
(詳細については該当記事でご覧下さい)

理科は社会と同じように基本的に「暗記」の比重が高いです。
なので、この暗記の部分には英語の時に使った勉強法を使います。

当然ながら理系の科目なので、計算問題が出る事があります。
なので途中で「公式を覚える→問題の反復」という、
数学の時に使った勉強法が必要になります。



という事でこの2つの部分を組み合わせて勉強していく事になります。
ただし、2度目になりますが「暗記の比重が高い」科目です。

計算問題に時間を取られていると、暗記に時間を割けなくなり、
点数が思うように上がらなくなってしまいます。

ですから、先に数学の勉強法を確立させておきましょう。
数学の勉強法に慣れておき、時間を節約しましょう。

暗記の部分に関しては英語の勉強法と同じです。
授業で使っている教科書やノートから、
改めて重要な箇所をピックアップして「まとめ」、見やすくします。
そしてそれをひたすら暗記する、という形になります。

英語は和訳と英文という形で覚えましたが、
理科では「単語」と「意味」という形で覚えます。

なので、英語よりも比較的簡単に暗記する事ができるはずです。
もちろんこれも英語の勉強法が確立されていれば、ですが(笑)



何度も言いますが、英語と数学の勉強法が確立されていないと、
「暗記」「計算問題」のそれぞれの所で時間を使ってしまいます。

英語と数学の勉強法を確立させてからこの勉強法は使いましょう。
いきなりやると混乱してしまい、点数が上がるどころか下がってしまいます。
  • URL:http://yaplog.jp/saruyamichael/archive/7
Trackback
Trackback URL
忙しい人のための理科勉強法
NOIhXBtz August 12 [Mon], 2013, 9:37
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さるやま
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 職業:フリーター
読者になる
よろしくです
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる