速筆になって時間を節約する

July 01 [Sun], 2012, 19:00
皆さんは文字を書くのが速い方ですか?それとも遅い方ですか?

文字を書くのが速いと勉強に非常に有利です。

何故なら文字を書く時間を短縮する事で、
その余った時間を他の勉強に割けるからです。
よく「ノートが綺麗な人は勉強もできて頭が良い」と言われます。

ただし実際に授業で取るノートが綺麗な人は、
逆にノートを取る事に一生懸命で、
ノートを取る事で完結してしまう人が結構います。

重要なのはそのノートの綺麗さは、
単純な字の綺麗さではなく、
整理されているから綺麗に見えるという事です。

整理されて見やすいノートは、
自分で後で見返した時に復習をしやすいです。

授業で先生から教わった事を復習する習慣のある人は、
「常時テスト勉強の準備をしている事」と同じですから、
それはもうテストの点数が取れて当たり前ですね。



当ブログで説明している勉強法では、
授業で使ったノートから別のノートへ、
大事な所だけを改めてピックアップする「まとめ」を行います。

授業では先生が次々に黒板に書いた字を消していきますから、
できるだけ早くノートへ書き写さなければならず、字が汚くなってしまいます。

とにかく書き写すのに必死で字が汚かったり、
内容が整理されていないノートでは、
後でテスト勉強をする時にどこに何が書いてあるか分かりづらく、
更にテストに出ないような事まで書かれているはずです。

当ブログで説明する方法でテスト勉強をしやすくするためには
「一夜漬け」=「短期記憶力」をフル活用しますが、
この短期記憶力はメモリーが少ないので、
できるかぎり覚える事は少なくしておきたい・・・。
ので、授業用のノートはそれに適しません。

後日改めて別のノートに「まとめ」を行ない、
覚えるべき事だけをまとめて書いておきます。
(授業用ノートは最低でも自分だけには分かるように書いておく)
(字が綺麗でなくても整理されていなくても構わないが、後でまとめられるように書く事)
そうして見やすく、覚えやすくしておきましょう。

また、改めて書き写す時に「書く」事によって、
その後に行うテストの勉強が頭に入りやすくなります。
どう書いたら見やすくなるか配置などを考えながら書けば、より良いですね。



ただしこれを実行するためには準備が必要です。
何故ならまとめ作業は慣れないと時間がかかるからです。
まとめた後のテスト勉強の時間がとれないとまとめる意味がありません。
ただノートにまとめるだけでは記憶する事はできないのです。

まずは授業を真面目に受ける事、先生の言っている事を聞いてメモる事、
そして黒板に書かれた事を整理して確実にノートへ書き写す事。

まぁこれらは当たり前の事なんですが、
これによって「まとめ」がしやすくなり、「暗記」に時間を割けます。
ただ、普段からこれをやっている人には、
「一夜漬け」よりも地道に「復習」をする方が向いていると思います(笑)

授業なんてだるくて無理なんて人は、
授業中は「書く速度を速める事」に集中しましょう。
書くスピードというのは日頃の訓練の賜物です。
授業ではとにかく「書く速度を速める事」に集中します。

書く事に集中し過ぎて先生の言っている事をメモできないかもしれませんが、
目的はあくまで「書く速度を速める事」なのでそれに集中します。
ノートの字が汚くても良いです。後で自分が読める字であれば(笑)
とにかく確実に「黒板に書かれている事を書き写す」が重要です。

速筆能力が極限になると授業中は少し時間が空きます。
その時間的余裕がメリットと言えばメリットです。
先生に当てられた時の準備をしつつ、好きな事でも考えましょう。

書き写したノートは後で「まとめ」で改めて書き直す訳ですが、
その際に日頃から速筆能力が鍛えられていれば、
「まとめ」の時間も短縮できるので、「暗記」に時間を割く事ができます。



ちなみに私も授業はだるかったので、
ひたすら授業中は書くスピードを早くするだけを意識していました。
授業で余った時間は睡眠に使わせて頂きました(笑)
書き写しては寝て、書き写しては寝てという事ができる人はどうぞ。
(これは「仮眠」ができる人だけです。私は「睡眠学習」と呼んでいますw)

例えばスポーツが好きなら、授業中にスポーツの事を考えても良いでしょう。
絵が好きなら絵を描いても良いですし、本が好きなら本を読んでも良いでしょう。
足に重りを付けて筋トレをしても良いですし、他の勉強や宿題をやっても良いでしょう。

バレるとやばいので冗談にしておいて欲しいのですが、
要はそれぐらい時間的な余裕ができ、
効率の良い時間の使い方ができるようになるという事です。
もちろん真面目に授業の集中するに越した事はないですけど(笑)

そうして鍛えた速筆能力は「まとめ」に使います。
書く速度が速くなっていますから、時間を短縮できるはずです。
「暗記」に集中する事ができ、より点数を底上げする事ができるでしょう。
その内「一夜漬け」に脳が慣れていき、むしろ病み付きになるかもしれません(笑)

ただし無理してリスキーな「一夜漬け」をする必要はありません(笑)
地道に毎日復習する方がテストの点数は上がりやすいですし、
「テストが終わって忘れる」という事も少ないと思います。
  • URL:http://yaplog.jp/saruyamichael/archive/5
Trackback
Trackback URL
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さるやま
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 職業:フリーター
読者になる
よろしくです
2012年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる