Save me 

May 09 [Sun], 2010, 7:00

画面
ドラキュラ
まなざし
疎外感
アコースティックギター
冷や汗
敗北
息子
憧れ
クソまみれ
アラームブラウザ
アニメ
B棟喫煙室

チキンフィレオ
iphone
未来永劫
届け出印
クトゥルフ
ボーカロイド
AM6:00
理想
モン・サン・ミッシェル
shinedown

瀬底島
大雨
褐色肌
フロアタム
カードキー
利用
まぶた

アルカディア
PSP3000
脱臼
逆探知
継承
風俗
作業着
食パン
総大将

コルトパイソン
大甕
旋律
吐き気
マンネリ
Wii
葬儀
東西線
叱責
映像の世紀
デブ専
白馬村
PM18:00
チップスター
寝不足
ラジオ
無視
コンタクト

ベビーカー
表裏
メダル
侮蔑
ケチャップ

天国


Shed Some Light 

April 25 [Sun], 2010, 5:21
これだけのことをして
なんてシラけたツラしやがる

あの娘たちの笑顔は消えない
この音楽はずっと心に残る
俺はいつか救世主に

間違ってない
俺は間違ってないよ神様

誰の力も必要ない
独りにされても構わない
踏みにじられても
どれだけ苦渋を味わっても

構わない
構わないから

俺の席を用意しておいて
がんばってきたはずだから
血が流れている間に
とても多くの優しさを与えてきたはずだから

これだけのことをしてきたのに
なんてシラけたツラしやがる
おまえら

Leave a Scar 

December 19 [Sat], 2009, 1:07
青い海が見える
教会の頂上にある十字架が陽の光を浴びて輝く
自由を謳歌する鴎
潮騒の音は静かに力強い

白いドレスを着て、綺麗なカチューシャをととのえる
その姿に見惚れていると
笑顔で微笑んで俺の手を握り返してくれた
浜辺にできた二つの足跡

丘のテラスにある長椅子に腰掛け
生きていた頃の思い出話にふける
あの頃はささいな事でもめていたね
どちらが悪いとも言い切れないようなことばかりで
君はへそを曲げてしまったけど
僕はそれでも愛していたよ
そしていつしか笑顔が戻ることも知っていた
だから頑張れたんだ

その美しい頬に触れ
キスをした
「愛してる」
君はそう言ってくれた
いつまでも一緒にいると
絶対にもう離れたくないと

今こうして二人で永遠に幸せな日々を送ることが
どれだけ嬉しくてどれだけ望んでいたことか
実現した時には
二人とも翼が生えていたけど
それでも僕は幸せだ
これからもずっと二人で
ずっと…





シュレッダーのけたたましい音
真っ赤に点滅する画面から鳴るブザーで目を覚ます
携帯電話に目を移すと
ランプは光っていなかった

仮眠を終え、重い腰を上げる
壊れた機械を直しながらつぶやく
「死にたい」

優しさなんて欠片も残っていない
抱きしめてくれる人間なんて誰もいない
ただの使い捨て歯車

でもあれは夢じゃない
生きている間にできないことを神が見せてくれただけ
それが実現する日まで
無言で続ける

到達点は遠い

Disconnect 

November 23 [Mon], 2009, 4:02
おまえが何を思っているか感じる
おまえが何を視ているか知っている


俺はずっと横でおまえを見てきた
50年も過去に縋り
己という存在に驕り
口を開けば罵倒
視線の先にあるのは侮蔑
そして俺の父を鎖で閉じ込めた


でも俺は何も言わない
おまえに唾を吐きかけられようが
おまえにこの顔を殴られようが
どれだけ蔑まれようとも
文句など何ひとつ言わない
そのひとつひとつを笑顔で返す


おまえは心の奥底で怯えているのさ
永遠に続くはずの遺産が
ある日突然粉々に砕けてしまうのを
そしてそれを誰が粉微塵に破壊するのかを
おまえは知っているんだ


そうさ
おまえの恐怖は現実になるよ
白髪の人間がいなくなったら
この鎖は断ち切れる
それはおまえが何をしようと変えられない


いよいよ期が迫って
おまえが必死で俺と向き合ったら
眼鏡を外してやるよ
そこにいるのは次代当主でも次男家の跡取りでもない
悪魔さ


.execute 

January 27 [Tue], 2009, 4:01
限界が訪れたようだ
刺激と昏睡状態が衝突する頂点
40年前、支配者は奇怪な時代がやってきたと主張した
支配者は俺達の遺産を破壊し
俺達の知識を侮辱したにも関わらず
その時代は現実のものとなっていった
俺達は一生懸命快楽を得ようとし
重圧という罪悪感を憎む
俺の世代は今ある反感を作り出した者達として歴史に残るだろう
中には戦って死んだ者もいる
目的以外のものから興味をそがれたまま
価値の分からない代償を胸に
権力者が惨殺されるのを許した

俺自身、歪な類の者達の利己的な顔に追い詰められている
情報への不信感
意見の根本主義
壊滅的な退屈とどうでもいいことへの狂信的な執念
お前らの栄光はどこにある?
お前らの神と救済はどこにある?
何も理解できないから理由もないのに激怒するんだ
今まで何の為に戦ったんだ?
何の為に血を流した?
生きた屍で地球の顔に傷がついている
この奇怪な時代は生きた病原菌だ
これはお前が作り出した未来
これはお前が火をつけてしまった世界だ

お前の嘘が現実となり
全ての自由が失われ
全ての希望は消え失せた

ZERO 

December 12 [Fri], 2008, 3:04
【1st day】
解放に手の届く寸前で起きた神のいたずら

【2nd day】
餓えと寒さの中に放り出された神の気まぐれ

【3rd day】
報われず、耐え忍ぶ事を引き伸ばした神の嘲笑

【4th day
全てを負わせ、死を呼び寄せた神の戯れ



前はこう思っていた。

「耐え忍んだ先には必ずその背負った重荷と同じほどの幸運が待っている。
 だから今は天国へ入るための試練なのだ。」

だがおまえは言う。
「信じるものは救われる。おまえは信じていない。」
いや、「信じるだけで救われる。おまえは信じていない。」と。

これほどまでに自身は裂いてきたのに、
これほどまでに他人は堕落しているのに、
これほどまでに正しき道を貫いているのに、


信じていないだけで貴様は一向に手を差し伸べる気配がない。


今はこう思う。

「足りない。どうせなら殺すぐらいにいたぶれ。
おまえは見えないところから指差して笑うだけのただの臆病者。
かかってこいよ。この拳でおまえを迎えてやる。」


これでひとつの悲しみの連鎖は止まる。
残るのは長き道の悪路と永遠につかめない幸福の幻影。


全てをZEROに戻し、次の世代に未来を託そう。

Snuff 

September 09 [Tue], 2008, 4:43
空が白み始めている
悪夢と闘い続けて5年
癒しの時も安らぎの場も無かった日々

鳴らない携帯
空の煙草
イカ臭い右手
WMA/Snuff
偏頭痛

あいつが孕んだのは俺の子じゃない
財布から血が流れている
嘘で塗り固められた真実
蚊帳の外で待ちわびる愛
必要の無くなった心
用済みの烙印
涙を流す事も無く項垂れる

これで終わりだろう
真実は死んだ後に分かる
誰が正しく、誰が間違っていたか
俺が行ってきた事の裁定は下る

悲しみはこの曲と共に
この曲と共に

Obsequey (The Death Of Art) 

June 07 [Sat], 2008, 4:58
嘲笑する者
搾取する者
偽証する者
姦淫する者
圧制する者
干渉する者
虚勢する者


断罪すべき罪
断罪すべき人


この旋律に乗せて
黒い風が吹く
過去に味わった痛み、苦しみを見せながら
その身を切り刻む


下を向いたまま立ち尽くす男
両の拳からしたたる血
悪魔の雄叫び
振り上げた腕に見えた「9」の文字


真実と共にさらけ出す荒ぶる狂気
あの男もあの女も全て
消し炭になるまで
ただの肉片になるまで


暴れろ






fuck 

June 06 [Fri], 2008, 16:52
そうして体を売り
金を吸い尽くし
作業が終われば用なし


また来月会いましょう


Fuck
殺してやる

Baboon Rape Party 

June 01 [Sun], 2008, 20:44
my hate
my anger
my desire

all of my violence




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sarusuberi515
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる