水面下で踊る
2015.06.24 [Wed] 03:28

ずっとつくっている。

ここから
深く深く潜る時期だ。

いいたいことは
たくさんあったけれど
今はもう
あまりない。

遊びじゃねえんだよ。
または
全部遊びなんだよ。

全部
本当に大切なんだ。




忙しそうだから声かけなかったと言われることは
あまりにも多すぎて、なれたけれど。
あたしそれ、あまり好きじゃないよ。

あたしだったら
忙しそうだなと思ったら
ふぁいとぉ〜って、言うけどな。

淋しいもんすよ。

ここのここ
2015.06.22 [Mon] 02:31

あたしは

どこまで
見えているんだろう

あたしは

目を閉じて
想う

夏がくる
2015.06.14 [Sun] 12:57

ふたりの間で
なにかおこったら
きっと

そこにまつわる想いは
ひとつでは、ないよ


こういう世の中で

おしゃべりな方に
耳を傾けてしまうけれど

じっと

じっと

ことばにせずに
待つ、人


我慢するなよ、と誰かがいって

自由になれよ、と誰かがいった

自分のために、と誰かがささやき

泣いちゃいなって、あのこはいった


それでも
じっと
じっと待つ、人



やさしさとは
なんだ



届いてくるのは
その人の宇宙
深く深く広がる
その人の宇宙

きみは
魅力的

もう
泣かなくていい
笑ってていい

幸せにだって
気づいていい


夏がくる

さよならと
2015.05.29 [Fri] 10:47

片付けをしている
それも5年ぶりくらい

といっていたけれど
多分もう少しぶりだ。


ややこしくなりはじめたのは
あの頃だ、と
漠然と思い出すことはできるけれど

はっきりと
目に見えてズレやひずみがでてきたのは
震災がきっかけだった。

それから
布団を敷かないで眠る日々が続いた。

ずっと
ずっと
不安だったし
焦っていた。



その時から
一度も出していなかった布団を
久しぶりに外に出して干した。

ずっとあけられなかった
窓をあけた。


片付けなかったんじゃなくて
片付けられなかったんでしょう

優しい人の声が届く。

うん
ずっとできなかった。

目を向けることも怖くて
一心不乱に全力で走っていた。


5年という月日は
捨てられなかったものとやさしくさよならさせてくれるだけの余裕をくれた。

ここからだ、と思う。


り セット
2015.04.25 [Sat] 09:54

人の気分は
人の気分だ

本当ですよ。
本当ですわ。

あたしが大切にできるのなんて
あたしの感情くらいだよ。

軽くリセット

もう一回
みみをかたむける

また、ね
2015.04.14 [Tue] 01:45

あたしは
いつから立ち止まっていたのだろう

そっと風が吹いてきた


何度目の春というのだ

2015.03.29 [Sun] 02:08

七年に一度の祭りを見逃してしまった。
本当はすごく行きたかったけれど
無理だった、残念。

元気がなかったけれど
友達が念をおくってくれてなんだか元気でた。

何もかもが
うまくいけばいいなんて、別に思ってないけれど

もうちょっと報われてもよくねえか?とはいつも思う。

部屋で作業をしていると
季節が変わったことに気づけない

ドアをあけるたびに
春がどんどん近づいてきて

うれしいけれど
やっぱり
ちょっと焦って涙が出た。

ハンドルを握りながら思う

あたしが音楽を好きなのは
あたしが絵を描いているときも隣りにいてくれるからかもしれない
そう思った
そう思った

今年も春が来る


笑顔
2015.02.15 [Sun] 03:36

たとえ
落ち込むことは多くても
発見もあって

一つ
気づいたのは

あたし
笑顔は
ずっと描いていきたい

落ち込んでいるときこそ
笑顔描くことで
救われたりするんだってこと

気づいた。

あたし
笑顔が好きなんだ。

これからも
どんどんいろんな絵、描いていくけれど

笑顔だけは
ずっと描くと思う。

笑顔、みて
元気もらった、って、それは

かつて夢見た、幸せ配達人の姿だと
ちょっと、思った。


誰も思いつかないような
奇抜なもの、
みんながあっと驚くもの、
そういうのに、憧れないわけではない、けれど

思わず
大好きな、あのこを思い出したりしてしまうような

そんな笑顔を、描き続けていきたい。

にこにこが
伝染してしまうような。

もう
派手じゃなくてもいいから。

そんなことを
思いました。



すって、はく
2015.01.26 [Mon] 21:29

きっと君は
一度深呼吸した方が、いいよ


温度もなにもない
空っぽのメールをみて思った

あたしは
2015.01.23 [Fri] 09:35

偉い人のことばより

どんな説得力のある名言より

明日気が変わってしまっても
しょうもなくても、言ってることがどんどん変わっても

その時、の、気持ちの方が、断然聴きたい。
P R
2015年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
Yapme!一覧