コスモス旅日記。
2005.10.08 [Sat] 19:01

「お母さん、コスモスが見たいわぁ」という一言が発せられた事により
6時起床・7時半出発というハードなドライブがスタート。
2時間ほどの距離だけれども姉にとっては果てしなく長い道のり。

でも目的地に着くと、たくさんのコスモスが一面に咲き乱れており、
家族でキャキャと喜びながら写真を撮ったり撮られたり
撮ってる姿を撮ってみたり焼きそばを食べたりおむすびを食べたりと大満足。

そうそうチョコレートコスモスなる種類の花があり、
鼻を近づけると本当にチョコの香りがするのです。
チョコが好きな姉はそのにおいをかぐだけでもう。
目を閉じればほら、チョコがそこに。
うっとりしながらフゴフゴと鼻をふくらませているその姿はただの気持ち悪い人。

高台から見下ろすコスモスの群生はそれはそれは美しく、
普段は大ざっぱの典型といわれる姉もジーンときました。
一人で運転はちょっぴり辛かったけれど
家族も喜んでくれてるのが何よりも良い。
とっても遠かったけど来てよかった。
辛さなんて帳消しだ。

そんな事を思いながらコスモスを眺めていた姉に最後の試練が。
帰りの運転も当然の任務として与えられ、
前日からの寝不足による睡魔が規則的に訪れる中での高速の旅。
しかも気がつくと残りの家族全員が深く深く眠っているし。
帳消しとりやめ。今すぐ車を降りなさい。

イチャイチャロード。
2005.10.07 [Fri] 16:27

毎朝同じ道を通っていると、見掛ける顔は自然と決まってくるもので。
その中でも一際視野に入ってくる濃厚なカップルがいる。
ある時なんか、何があったのかは存じませんが
道の真ん中でイヤイヤをしながらさめざめと泣く彼女を
「仕方ないなぁ」と抱きかかえる彼が。
そんな事件があったのに次の日にはケロリと
いつものイチャイチャっぷりを見せつける始末。いったいなんなの。

でも姉は知っている。

その子と付き合う数日間前まで他の子にアタックしまくり、
待ち伏せしてまで一緒に歩いてた事を。
フラれた(らしい)直後からは時間をずらし、会わないようにしてた事を。
しかし本当に物すごい切り替えっぷりで、
ダメならはい次、というのが姉には信じられない。
もう少し悲しむとか落ち込むとかしなされよ、と
通りすがりの女が思っているなんて彼は知らない。

ねむりの定説。
2005.10.06 [Thu] 20:41

ちょっと前から早寝早起きというか遅寝早起きな姉。
本日も6時前には目が覚め、
ヨガをしたりお弁当を作ったり朝ごはんを食べたりと
文字だけを追えば大変に優雅な1日の始まり。

今までは「朝ごはん食べると目覚めがいいなぁ、では行ってきます」と
元気いっぱい出かけていたのだが
『人は食べてから1時間後に睡魔が襲ってくるのです。
だからお昼ご飯の後は眠いのです。』という分析を紹介する
テレビ番組を見た瞬間から思いっきりそれを真に受けてしまい
お約束どおりに1時間後には必ず眠くなる姉。
信じやすいにも程がある。

今日も思いっきりその説に踊らされ、
ひとやすみひとやすみ、と目を閉じた瞬間猛烈な睡魔が。

「ちょっとちょっと寝ちゃだめっ」と家人に起こされた瞬間は、
ピョンと跳ね起きたくらいビックリした。たった5分で熟睡してしまうなんて。
まさかここまで情報に踊らされるとは。くやしい。

転換期。
2005.10.05 [Wed] 23:57

小さい頃からのお友達と食事をする。

始めはいつもどおりの近況報告をお互い行い、
元気そうだねとにこやかに会話が進んでいたのだが。

お酒が入っていくうちにお友達が
「姉ちゃんは今の人生のままでいいと思う?」
「どこかで転換したいと思わない?」と言い始め。

なんだなんだと驚きながら黙って聞いていると
「私は月に2回くらいいろんな人が集まって
ディスカッションする会に参加してるの。
ぜひ姉ちゃんにも参加してもらって、一緒に幸せになってほしい」と。

「あいにく今のところ大変楽しく生活しています。
あと、転換するなら人の力を借りずに自分で転換するよ。
誘ってくれてありがとう。でも興味はわかないなぁ」と答えると
大変悲しそうな、そして不服そうな顔をされ
「幸せを自分から手放してるよね」と。

姉の知らないうちにみんな変わっていく。
そんな事を思う自分自身は変わっていないはずと思っていても、
案外周りの人たちは「姉ちゃん、変わったよね」とささやいてるのかも。

いつも楽しい事しか起きない姉に久々に訪れた悲しい切ない出来事。
たまにはブルーでも良いか。いや良くない。

いじわるメール。
2005.10.04 [Tue] 23:02

姉の携帯電話にはここ数ヶ月、膨大な量のメールが入ってくる。
ひどい時は一晩寝て起きてみると15通届いていた事も。
15通も届いて目覚めなかった姉も姉だがとにかくひどい。

しかも内容が
「人妻の欲求を貴方が満たしてみませんか」
「独り身の寂しさを女子高生がお相手します」等々、
どう考えても男性をターゲットにした内容ばかり。

姉は妻よりむしろ夫がほしい性別だし、
ましてや女子高生なんて。
独り身という部分に対するコメントはこの際なしで。

まったくもって朝から不愉快、とぷりぷり怒りながら
家人に「いじわるメールが満載ですよ!!!」と訴えると
「それっていたずらメールの間違いでは・・・もしくは迷惑メール」とやんわり指摘が。

いやん、いじわるメールってなんだかかわいい。
顔も知らぬ人妻や女子高生に負けた気分。

読書の秋。
2005.10.03 [Mon] 21:57

我が家への帰り道、久しぶりにバスに乗ってみた。
バスの中はガラ空きで、座席の斜め向かいに
いかにも「ばりばりと仕事してますよ」といった風情のサラリーマンがおり。
文庫本1冊をひざの上、
そしてもう1冊をそれはもう真剣な顔で読んでいらっしゃる。

最近携帯電話を操る人ばかりで読書をする姿を見る事が少なくなっており
「わぁいいなぁ、知的な感じ」と思いつつ、
どんな本を読んでいるのか目を凝らしてみると。

「ズッコケ3人組」シリーズがそこに。
なんだか全体的に何かがガタ崩れ。しかもよりによって2冊ともか。
ときめきを返せ。

眠りの秋。
2005.10.02 [Sun] 21:38

ここ1週間、生活のペースがなぜだか著しく乱れ
1時半就寝・5時半起床、場合によっては4時過ぎに目がさめるという
早起きなんだか何なんだかまったく分からない生活を送っていた姉。

週末ともなると姉の身体にも限界がきたらしく、
金曜日は文字を書きながら睡眠、
土曜日はご飯を食べながら睡眠と
どんどん一般的なヒトからかけ離れた行動をするようになり
いささか危機感を感じていた。

とうとう本日日曜は
朝ご飯食べる−寝る−昼ご飯食べる−寝る−夜ご飯食べる という
『人間2大欲求のみの日』としか表現できない1日を送ってしまった。
たぶん30歩くらいしか歩いてない。

朝出かけて昼戻り、昼から再び出かけて夕方戻ってきた家人は
いつ見てもソファの上でまったく同じ姿でこんこんと眠っている姉に驚愕。
「死んでるのかと思ったよ」と言われ、無駄な1日を過ごしたことを実感。

明日こそは、明日こそは活動的な1日を。

骨折り婆。
2005.10.01 [Sat] 17:50

先日、犬さんにワンと吠えられて、うわあと驚き尻もちをついた瞬間に
両手首骨折・脊椎圧迫骨折という、間違いなくカルシウム不足も
理由であろう豪快な折りっぷりを見せてくれた姉の婆。
犬さんだけが理由ではなかろうよ、間違いなく。

そんなおっちょこちょいという一言でとても片付けられない
ダイナミックな事をしでかした婆を見舞いに一路車は離島へ。

姉の住んでいる地域では想像もつかないような峠が次々と現れ、
気分はさながら「頭文字D」
バリバリ全開な気分で海を見ながらドライビング。
室内を見回すと同乗者全員が大変に青白い顔。
なんでかなー、うふふ大丈夫ですよー。

そんなこんなで婆の滞在している病院へ到着。
あ、ばあちゃんいない。
慌てて探すといきなり病室を抜け出し
一人勝手に日なたぼっこをしている不良婆。
たばこでも吸ってたら不良っぽさが増しそうだね。

本日はお見舞いに来てくださるお客様がいなかったらしく、
姉らの顔を見た瞬間から怒涛の勢いでトークを繰り広げて全員を圧倒。
齢80近いのに。骨折しているのに。
気弱さのみじんも感じさせないその姿に姉家の血筋を感じ。

そんな婆もいざ帰りますと宣言するととたんに寂しそうに。
「わざわざすまんかったのー、ありがとうのー」としんみり。
いやん、そんな事言わないで。

ばあちゃんまた来るね。

偏見はなしよ。
2005.09.30 [Fri] 21:51

友達と遊んだ帰り道、尋常じゃないほどのロカビリーの方たちが。
「なんだか怖いね〜、こういうのが好きな知り合いっていないなぁ」と
失礼な事を言いつつ通り過ぎようとすると、
なんといつも行っている美容院の方がそこにおられ。

とりあえず挨拶だけして立ち去ったけど、
その瞬間から「ロカビリーな女」というイメージがはびこり。
顔見知りなだけなのにすごい誤解。
でもお店のときと変わらずとてもいい人だった。
案外ああいう人々の方がいい人率が高いのかも。

見かけで判断してはいけないという具体的な例を体験。
今度お店に行ったときは勇気を出して声掛けしてみよう。

がぼべー。
2005.09.29 [Thu] 05:21

変に健康ぶって野菜ジュースを飲んでみたらば、
なんとまぁすごい風味が姉の鼻腔を一気に駆け抜けた。
口に含んだ瞬間セロリやらパセリやらの味が渾然と一体に。
人の前じゃなければ志村ばりにエボーと出すところだった。危機一髪。
健康になりたくて飲み始めたのにおおいに逆効果。
とりあえず我が家にはあと59本同じ物が。
P R
2005年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム
タイトル

内容
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sarumata2000
読者になる
Yapme!一覧
読者になる