野宿生活者炊き出し支援ボランティアに行ってきました!

October 27 [Sat], 2012, 11:58

はじめまして、岐阜大学医学部医学科1年の鈴木美也です
今回初めてさるぼぼ会のブログを書かせていただきました!
うまく書けるか不安ですが...10月12日にさるぼぼ会で行った
野宿生活者炊き出しボランティアについてお伝えします


岐阜バプテスト教会というところが野宿生活者の方々へ
長年にわたり炊き出しや物資配布を行っています。
このような活動が行われていることを私は初めて知りました
今回は教会の方々にお願いをして一緒に支援のお手伝いをする、という形となりました。

ボランティアが行われる公園で温かい出来立てのおにぎりやお薬、下着や靴下など
日常生活に必要なものを一人ひとつずつお配りしていきました。
教会の方は野宿生活者と少しずつお話をして、新しくきた方や生活の様子などに
気を配られていました。

皆さんは、野宿生活者というと、どのようなイメージを持っていますか?
今回会った”おっちゃん”たちは気さくな方が多く、中には
「昔は溶接のプロだったんだよ〜」と語ってくださった方もいました
教会の方のお話では、人とお話ししたいと思っている方もいらっしゃるようです。
この炊き出し、物資配布ボランティアはただの”慈善事業”ではなく
人とのコミュニケーションの場としての役割も果たしているようです。

活動終了後、デニーズでみんなでご飯を食べながら意見交換などを
行いました。
とてもたくさんの感想、意見が出ていました
興味のある方、ぜひ活動に行ったメンバーのお話を聞いてみてください〜
書ききれず...

その中で、ボランティアは偽善ではないか??という人もいるよね!?
という話になりました。
たしかに..感謝してもらえるとうれしいと思うこともあるし、自分のやったことが本当に
相手のためになっているのか、という思いはあります
教会の方が、”ただ物を配るだけではなく、その人がより命を長らえられますように!
と祈りながら自分の身の丈に合ったことをしてください”

とおっしゃっていました。

偽善とか偽善じゃないとか関係なく、ただ相手の命の存続や喜びを考えて行動できる
というのはなかなかできないことだし、素敵なことだなと思いました

うまくまとまったのか、まとまっていないのか..すいません(TT)
長文失礼しました!
読んでいただきありがとうございます

これからもよろしくお願いします!
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

みやちゃん、初更新ありがとう(^-^)/
今回は現場に触れて、貴重な体験ができたよね☆
今回感じたこと、疑問におもったこと、これからさるぼぼの学習で取り入れていけるといーね!

by くしゆか October 28 [Sun], 2012, 21:58
最新コメント
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:さるぼぼ会 〜岐阜医療系学生サークル〜
  • 性別:男性
  • 現住所:岐阜県
  • 職業:大学生・大学院生
  • 趣味:
    ・友達作り
読者になる
Yapme!一覧
読者になる