さるぼぼ会 1月13日 “究極の選択”の巻

January 14 [Sat], 2012, 0:31
皆さん、明けましておめでとうございます。
岐阜大学医学部医学科1年の中神アキラです。
今まではくしゆかに任せっきりだったこのブログも、今回からはさるぼぼ会メンバーで回していきたいと思います。

初めて書くので、一応自己紹介も軽くしておきます。
現在岐阜大学の医学科で勉強しながら、医学部剣道部で剣道にはげみ、医学部室内合奏団でチェロを初心者なりに頑張り、さるぼぼ会でいろんなことを学習しています。

去年の暮れに「ポスト医ゼミin岐阜」ということで行いましたが、ポストについてはまた後日、頑張って書きたいと思います。さるぼぼ会のメンバーの皆さん、(特にくしゆか…)もう少し待っていてください。


さて。
今日(時間的には昨日ですが…)は、さるぼぼ会定例会でした。
今回の学習会はポスト医ゼミin岐阜で配布した情勢資料より、中日新聞さんの記事「避難 救助 究極の選択」というコラム記事を中心に、YouTubeで見ることのできるビデオ「高台へ逃げて 命の呼びかけ」を見て、ディスカッションを行いました。

今回は「てんでんこ」というキーワードをきっかけにSGDが始まりました。てんでんこというのは、津波が来たら家族も構わず、てんでんばらばらに逃げろという東北地方の伝承だそうです。自分を助けるか、他人を助けるか……道徳的には他人も助けるのが良いのだろうが、実際はそうは言ってもいられない。ここに答えのない問いかけがあります。


自分だったら、助けたい。置いては行けない。
てんでんこはできない。
津波は非常事態、フツウじゃない、リアルに考えられない。
理屈じゃない。
避難警告のアナウンスを高台でやれなかったのか…

てんでんこできる地域性、地域住民のあたたかさがあってこそ。
医療者として、自分たちが流されて多くの人たちを残す訳にはいかない。
被災者のケアが大切なのだから、自分たちは生きなければ!

トリアージという究極の判断はどうだろうか。
基準を統一しないのか。
訓練を積んだほうが良いのでは?
より多くの人命を救う=一般人から見れば、“見捨てる”
黒と赤の判断が難しすぎる。怖すぎる。

答えがない、だからこそ考えておくことが大事!
十人十色なのだ、自分の意思をもつべき。

といった意見が出ました。


今後は去年に引き続き震災の復興について学習を継続させたいと思います。
という訳で、来週は担当ユタカ?で、時間の関係上行えなかった、ポスト医ゼミの講演会のSGDを行なっていきたいと思います。

今回は初参加が2人もいた事に感動!!



それでは

Good Night and Have a nice Dream...


Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

更新ありがとー(^_^)/
ポストの記事もたのしみにしてまーす!(笑)

by くしゆか January 15 [Sun], 2012, 6:37

更新ありがとう☆
ブログの更新頻度があがると、さるぼぼ会の盛り上がりがみんなに伝わってすごくいいね(^^)
さるぼぼ会のまじめに、楽しく、あっとほーむな様子がブログから少しずつ広がりそーだね♪

みんなで分担していきながら、これからもがんばっていこー(*^_^*)

by えんどー January 14 [Sat], 2012, 22:34
最新コメント
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:さるぼぼ会 〜岐阜医療系学生サークル〜
  • 性別:男性
  • 現住所:岐阜県
  • 職業:大学生・大学院生
  • 趣味:
    ・友達作り
読者になる
Yapme!一覧
読者になる