レジスター 

July 13 [Wed], 2005, 10:02
レジスターの横の壁に鏡を取り付けるとある。レジが倍になるということだ。うーむ。そういうものか?

凸面の30cmx25cm程度のコーナーミラー。よく、道路の見通しの悪いところに丸い大きな鏡がある。あれの小さいやつ。

万引き防止のために買ったものが、余っている。取り付けてみる。おお、角度によっては二倍になる。当たり前か・・金はどうやって取り出すのだろう。残りの古銭を3枚赤い糸に結び、その鏡の取っ手に取り付ける。

二本の横笛をレジの上につるすとある。必ずマウスピースを下にし、八卦の形に似せて、互いに斜めに寄りかかるようにつるすとある。横笛は、100円ショップにない。困ったものである。

レジの後ろに壁を作れとあるので、合板の板を急遽取り付ける。韓国人の女の子が、3000円くらい買い物をした。外人には効果があるのだろうか?

方位磁石 

July 12 [Tue], 2005, 12:02
1mmの太さの糸に針を打って固定して、写真の通りに作る。何度かほどいてそれらしきものは出来た。ただし、どれくらいでひもを二つ折りにすれば、どの場所に結び目が出来るか理解できない。適当にやれば、どこかにそれらしき結び目が出来たという程度である。

調べるとひも自体の長さにも、何か意味があるそうです。88cmとか8という数字には関係あるようです。そして、その長さを測るメジャーも売っています。

方位磁石を買えとのことでホームセンターへ行く。いい品物を買えと書いてはあったが、高いやつは高い。磁石を浮かしておく方式に違いがあるようだ。単にやじろべいみたいなやつと油に浮いているのか?たぶん抵抗が少ないのではないかと勝手に判断して、油がどうのというやつの一番安いやつを購入。まだ、袋から出していない。

200円以下。やすいもんだ。

古銭を結んだところ、なんと、白人が漬け物を購入した。アメリカ人が、漬け物を買ったのは初めてではないか?効果があるのかもしれない。というかそれくらいしかやることがない。

古銭 

July 11 [Mon], 2005, 11:14
万博に下ろしている業者に話を聞きました。15人から、20人体制で、朝方に納品して、一日、品だししているみたいですね。一日、500万くらいの納品はざらで、4tトラック三台ですと。他に落ち着いてきたとはいえ、セントレアもあり、忙しいようです。

名古屋が元気というのは、本当なんですね。

うちはやること無いので、実践。本をいろいろ読むと丸い形の古銭で、真ん中の穴が四角ならいいと書いてあった。古銭という長く流通したものは、多少お守り的な効果があるのかもしれないが、なぜ、穴が四角なのかは不明。日本のものでも良いとある。とにかく、リサイクルショップへ行ってみる。

寛永通報 さびて緑のかびがこびりついたものが、二枚で300円。真っ黒で、ほしいとは思わないが、とりあえず5枚ほど購入。赤いひもで結べとある。ただ結びつけるのも芸がないので、手芸ショップへ向かう。

店員に説明してもらい、1mmの赤い糸と280円のきっかけ本「アジアンノットのアクセサリー」購入。作ってみました。吉兆結びやってみた。

オレンジ 

July 10 [Sun], 2005, 9:53
万博で、人が来ない。毎年毎年、悪くなる一方ですが、ここまで暇なのは初めてです。ただ、中国人とか台湾人、韓国人、アメリカ人が多い。この人たちは、何も買わない。特に白人。刀でも置けばひょっとしたら買うかもしれない。韓国ドラマに、チャンネルが合わされているので、仕方なく見る。おかげで、何となく、韓国語の区別が付くようになりました。ちゃんぐむは、結構おもしろい。冬のソナタよりはいい。

東洋人の人は、最後にユニバーサルかディズニーによって帰るそうです。そこで金使うのでしょう。

あまりにも、暇なので、神頼み?を始めてみることにした。風水である。さるぼぼが、主な商品でも6色くらいある。風水の色の説明が付いている。HPで、販売しているなら、ちょっと調べてみるかと。

「オレンジ」 これが、なぜ売れるのかわからなかった。旅行運とある。図書館で調べると、自分の夢が叶うというような表記がありました。なるほどねー。

詐欺? 

July 09 [Sat], 2005, 10:55
さるぼぼキティの電話注文が入りました。2万円オーバー。通販では、最高金額です。しかし、商品を送ったのですが、入金がありません。しょうがないので電話を入れました。「姉が注文したのですが、振り込みに出かけて交通事故に遭いました。ばたばたしているので、確認してすぐ送ります。」記憶にある声が同じである。一応理解したむね伝え、「お大事に・・」。 うーん、めんどくせー。嘘っぽい。
 
 二、三日後、電話を入れる。何度もコールはするが、出ません。朝、夜 何度電話しました。どうやら、着信拒否です。しょうがないので、最終手段です。塩せんべい一個、クロネコヤマトメール便で送りました。ヤッパ、直接訪問されると払うのねー。

 今日、卸業者が言ってました。万博の売店は、一日、2,3000万売り上げがあるそうです。ポスレジが、15台ほど並んでいて商品をいっぱい抱えて、お客さんが、列を作っているとのことです。押し合いへし合いで、目の前の商品を買うそうです。ワゴン一台の販売でさえ、売り上げ150万いくときもあるようです。一つの商品に4トントラック一台、横付けして納品しても間に合うのだろうか。信じられない。ちょっとオーバーかも・・

あんのん 

July 08 [Fri], 2005, 12:33
また、参ったのは、二日にわたりかかってきた電話です。それも夜です。たぶん30過ぎです。彼氏が出来ませんが、さるぼぼを買うと出来るでしょうか。くらい声であり、下手なことを言えば、毎日、電話があるかもしれません。しゃべっていると、中島みゆきの歌が、頭の中に流れているような気もしてきます。

「適当なことかかくんじゃねーよ」と思いながらも、雑誌社が、たぶん読者からの投稿を元に作っているのではないかなどと適当に当たり障りのない話をします。20分くらいたっても電話を切ってくれません。俺が、書いたのではないと協調しました。態度はでかいのですが、妙に気が小さい。

次の日は、知っているさるぼぼの言われ これも、てきとーな話です。また、20分か30分。まるで、人生相談です。俺はわかんないのでどっかに相談してくださいと・・・後日、友達にその話をしたら、「写真送れ」とか・・顔みれば判断できるだろーと言います。てめー自分で話してみろよ。なんか嫌がらせされるぜ。

メールも来ます。にたような名前ばかりで、何がなんだかわからなくなります。店頭ならば、顔とか年とかで結構覚えていて、間違いは少ないのですが、全然、区別が付かなくなります。嫁さんはめんどくさがって電話に出ません。すげー大変です。一ヶ月ほどでこの攻撃は幸い終わり、ノイローゼにならないですみました。

のんのん? 

July 07 [Thu], 2005, 8:19
結構前からHPはやってました。3年位前に、マガジンハウスから、さるぼぼのホルダー 一個注文がありました。マガジンハウス?雑誌社か? 会社で受け取りたいと言うことかと気にもとめずに送ったところ、メールが来ました。アンアンだったかノンノという雑誌を作っているが、さるぼぼを紹介したいと。小さい写真をのせ、紹介文が載り、その横にうちの店の電話番号とURLをのせてもよいかという内容です。

「お願いします。」と返事だしました。すぐに注文が入りました。おおかたの注文が、1個です。「めんどくせー。」と思いながらも雑誌ってのはすげーもんだと感心しました。マガジンハウスから雑誌が送られてきました。みると「長い間、彼氏が出来なかった私にも彼氏が出来ました。飛騨高山でさるぼぼを買ったら・・・」というような内容です。他にもダイヤのネックレスとか下着が乗っており、手を変え品を換えという感じで、文章が添えてあります。この中では、さるぼぼが、一番安いので注文が来たのでしょう。

通販で買ったあんたが、彼氏が出来たのか?とつっこみながら読んでました。電話番号があるので、電話がかかってきます。非常にハイテンションで、えんえんと彼氏の話とかします。「最近、別れたのですが、また、つきあえるようになるのでしょうか?」・・・

「しらねーよ!」と電話を切りたいのですが、そういうわけにもいきません。「今日、彼氏とわかれたのですが、今すぐ注文したら、いつ、よりを戻せるでしょうか?」とか。「さるぼぼ買うより、なんか高いプレゼントやれば、ホストみてーに、適当につきあってくれるんじゃねーのかなー。」とか言いそうになります。

至急送ってくれとかもあります。強迫観念ですね。

web shop 

July 06 [Wed], 2005, 16:19
さるぼぼweb shopというHPをやってます。ブログにより自らアフリエイトをおこなうということなんですが、何を書こうかと迷い風水の色について調べました。占い的なことはあまり興味がなかったのですが、調べると結構いいのかもと・・単純ですね。

香港のビルディング群が、風水合戦ともいえるとんがった建物を競い合って立てていることは知っていました。店で買い物をする特におばちゃんが、黄色の財布かビトンの財布。八割位の人が、持っているのではないでしょうか。値段の高いものを持つ、黄色という色の持つ「金運に変化を与える」という力のようです。

図説 風水大全 リリアン・トゥー 著 小林祥晃 訳  東洋書林 によると大きな十字架と詠歌雨滴名外観をもつ中国銀行の建物には、近隣のビルにとって、毒矢として機能するようです。また、香港上海銀行のビルは、風水原理にのっとってたてられました。コンノートビルは、丸窓が硬貨を表している。地形的にもビクトリアピークという山が背後に控えており、香港自体が巾着袋の形とのことです。

訳者 こばやし さちあき  この人が、Dr、コパですと・・建築家なんですね。ふーん

1949年 蒋介石が、中国から逃れたときに故宮から大量の秘宝、風水に関する書物などが持ち出されたそうです。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sarubobo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる