BATTLES LIVE2011 / 2011年11月11日(金)
久々の更新・・・

久々のライブに行ってきました。

BATTLES LIVE2011 TOKYO
SHIBUYA-AX 2011/11・11

ここ最近はイベントもののライブ(レコードショップのインストアライブetc)
しか行かなかったので、お金を出してチケットを買ったのは久しぶりです。

バトルスは今年はじめて知ったバンド(?)です。
海外の方たちです。
春に発表したアルバム「グロス・ドロップ」のジャケットが
あまりにも良くて、どんな音楽かも分からずに買ってしまったのです。

聴いてみるとヴォーカルなしのバンドなのですね。
全くよくわからない音楽なのですが耳に残る感じ。

11月に日本でツアーがあるというので、
せっかくだから観たい!と思い行ってきました。

会場はライブハウスなのでスタンディングでした。
めっちゃギュウギュウ満員でした。
後ろの方でゆっくり観ることも出来ず人の波に揺れてました。

楽しかったのですが、圧倒されました。
バトルスにも観客にも。
疲れました。立ちっぱなしなことだけではなく。

当たり前なことですが音楽は本当にいろいろなジャンルというか広さがあって、
好き嫌いじゃなく受け入れて聴いてみるのもいいかなと
ライブに行ってかなり思いました。

 
   
Posted at 23:11/ この記事のURL
コメント(0)
海の日 鵠沼海岸 / 2010年07月19日(月)
TUBEハウスのあと

適当に海をプラプラして
ちがう海の家でヤキソバとカレーを食べ

海沿いを鵠沼方面へ歩いて行きました

途中には新江ノ島水族館や
134号線沿いの青い看板のカフェ
青い看板のレッドロブスター
モスバーガー、サーフショップなどありました

まるで
現代版映画「波の数だけ抱きしめて」(1991年)
気分です

NO SURF NO LIFE

鵠沼海岸は人が少なめでゆったりした感じです

また海を満喫し

そろそろ帰ろうということで
鵠沼海岸駅へと向かいました

駅前は住宅街の中にある感じでとても静かな印象

家を出たらすぐ海なんて凄いですよ
ちょこっとコンビニに行く感じで行けちゃうのですから

きっと東京住まいだからうらやましく思うのでしょうね

帰りの電車は
ANRIの「 SURF&TEARS 」(1987年)
が頭の中を流れて過ぎました


 
   
Posted at 22:15/ この記事のURL
コメント(0)
海の日 海の家 「TUBE Surprise!」 / 2010年07月19日(月)
江ノ島に来たのは
もうひとつ理由があって

TUBEが作った海の家に行きたくて

「TUBE BEACH HOUSE Surprise!」

着いた早々直行

ドリンクとか買わず
Tシャツ、タオルなどグッズを購入

スタッフの方が
「今、前田さんいらっしゃいますよ〜」って
教えてくれて
覗いてみてもちょうど見えない位置で
髪と背中だけな感じでした

ちゃんと来てるのですね
サプライズな出来事でした

ニューアルバム「Surprise!」
聴いてますよ


 
   
Posted at 21:51/ この記事のURL
コメント(0)
海の日 江ノ島 / 2010年07月19日(月)
今日は海の日

「どうしても僕はの日にへ行きたいんだ」

そんなことを前日に語りだしてしまい

遂にに行ってきました

はじめての江ノ島・魂の旅へ
やっぱといえばねッ!
晴天すぎ!!

ドキドキで小田急江ノ島線に乗り
鵠沼海岸駅を過ぎた頃、
窓からチラリと見えたに大興奮

「江ノ島が見えてきた〜♪」(byサザン)

と心で大熱唱

そして片瀬江ノ島駅に到着

駅を出るともう水着の人だらけ
弁天橋を渡る頃は
「海だーっ!!」と叫んでました

江ノ島海岸(片瀬東浜海水浴場)には
溢れるほどの人がいました

ただを見たかっただけなので、
水着は持って来ていなくて、足だけ入りました

かなりもったいないことですよね
わざわざ来たのに

でもいいのです
を見ることが目的なのですから

つづく

 
   
Posted at 21:05/ この記事のURL
コメント(0)
TOKYO RIP / 2010年07月15日(木)
渋谷パルコで開催されている
リップスライムのイベントに行ってきました。

RIP SLYME 大博覧会「GOOD TIMES 2001-2010」
   ※デビューからのアートワークやビジュアルの展示、グッズ販売など
     10周年を記念した「大博覧会」

初日の午前中に行ったのですが、受付前で行列でした。
若い子ばっかりカップルばっかり乙女ばっかりで。
やっぱりこの層なんだ・・・って見せつけられた感じです。
おっさん混じってるよ(照とこっぱ恥)

そんな中でもくもくと展示物をカメラで撮りまくり、
グッズを買いあさりな危ないおっさんを強行しました。

リップになぜ惹かれるのかは、
曲はもちろんですが、やっぱりあの面白くて楽しさがある
Groovisions等が手がけるジャケットやポスターだったりで。









数々の展示物を眺めているだけでワクワクしてきます。
ただなぜか「楽園ベイべー」や「TOKYO CLASSIC」
を聴きまくったあの頃(02年当時20代突入前半)が
せつなくよみがえって来るのです。

大人になれないどーしようもない大人だからでしょうか。
幸せだろうが、不幸だろうが、
若かった過去ばかり気にしてようが、時間は確実に流れているのに。

パルコを出て太陽がジンジン照りつける
APE前でアイス缶コーヒーを飲み干し、
そのままブックオフへ向かいました。
 
   
Posted at 23:41/ この記事のURL
コメント(0)
モスオ / 2010年07月03日(土)
最近ほぼ毎日モスのアイスウーロン茶を飲む。

このカップのデザイン良いですね。
Mサイズはブルー

だから?ってかんじですが何となく。。。


 
   
Posted at 22:11/ この記事のURL
コメント(0)
波の日 / 2010年07月03日(土)
今日は7月3日ということで波の日みたいです。

先月、映画「波の数だけ抱きしめて」のDVDと
サウンドトラックコンプリート版CDが一挙発売になりました。

この時期にピッタリなミュージックムービー

サウンドトラックは91年に出されたとき収録できなかった曲や
劇中に流れるジングルも追加され完全版として発売。

DVDは特に映像特典などは無いですが、
ずっと待っていたので良いとしましょう。

この映画ホントに好きなのです。
よかった〜

波の数だけ抱きしめて Seaside FM Kiwi76・3mhz
                                  
キャスト:中山美穂/織田裕二
監督:馬場康夫

(1991年公開)



 
   
Posted at 21:29/ この記事のURL
コメント(0)
blue / 2010年05月17日(月)
聴いてみたいな〜思いながら3年位たってしまいました。

やっと

聴き出しましたよ。

曽我部恵一さんのアルバム「blue」



曽我部恵一「blue」 2007年

★1  朝日のあたる街   hot love, cold city
★2  春を待つ人      a spoonful spring
★3  スウィング時代   swing era
★4  夕立ち通り     soft summer breezin'
★5  サマー’71      summer '71
★6  夢を見ていた午後    goodbye! summer days
★7  LOVE SONG    l.o.v.e. song
★8  センチメンタルな夏   sentimental na natsu
★9  ぼくたちの昨日   yesterday today tomorrow
★10  ブルー       blue -hot love,cold city reprise


タイトルと曲名がすごく好きな感じだったのです。

聴くと思っていたよりずっとさわやかな声の方でした。

真夏の日々のちょっとした気分、感情(ブルー)な曲たちです。

 
   
Posted at 17:17/ この記事のURL
コメント(0)
井上三太展 / 2010年05月12日(水)
渋谷パルコで8日から
井上三太さんの漫画家20周年を記念した
個展が開かれています。

「井上三太展」

2010年5月8日〜5月23日
場所:東京渋谷パルコ


初日に行ってきました。
午前中に行くと三太さんご本人がいました。
図録を買い、それにサインをしてもらい写真も一緒に撮っていただきました。

展示の方はすごく濃くてじーっと眺めてしまいました。
イラストや原稿、フィギュアなど。
写真撮影もOKみたいなのでたくさん撮りましたよ。

「TOKYO TRIBE2」のカイやハシームのイラストを見ると
はじめて三太さんの本に出会った頃を思い出します。
まだ20代前半でした・・・

また行けたらいいなと思います。



 
   
Posted at 17:17/ この記事のURL
コメント(0)
Earth Day Tokyo 2010 / 2010年04月17日(土)
代々木公園で行われたイベント

「Earth Day Tokyo 2010」

に犬(Dog)と一緒に行ってきました。



環境、資源、未来・・・を考えてみる
 
   
Posted at 23:17/ この記事のURL
コメント(0)
P R
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!