さて、あっという間に2012年。

January 04 [Wed], 2012, 15:17
えーーーーーーーっ!!

…一昨年1エントリ、昨年1エントリって…そんなことを気づいたのは2012年1月4日。
今年こそ、このエントリだけで来年を迎えないよう、頑張る! 頑張ろう!

あ、あけましておめでとうございます。
まったくもって過疎地と化したこのブログに、「玉野淳」のキーワード検索で来訪される方以外の人にも
お越しいただけるよう、なんとかUPしていきます。。。
(今トレンドなのか? 玉野淳…)


2011年は本当にいろんなことがあって、選手もサポもみんなきつかったよね。。。
年末を迎えた頃には、次々と移籍も発表され。
そりゃ聞いた時にはここには書けないような毒舌も吐いたけれど、本人が決めたことだし
鹿で頑張っている、これから頑張ってくれる選手を全力で応援したいと思うです。

と、えらそうなことを言っている私は、昨シーズン、近年にない参加率の悪さで、
自分でも情けなかったです。。。
毎年5試合ぐらいは不参加で、残りはカップ戦やACLも含め、なんとか参戦していたのが、
昨季は30試合行けてるかどうかという。。。
今季こそ、もう少し行けますように。微力ながらも、チームの後押しとなるような応援ができますように。

未練がましいかもしれんが、ACLの道はまだ残されている!
今季リーグ優勝すれば、開催地枠で出られる…んだよね? 昨年の柏のようにさ。
ジョルジのもとで、なんとか行こうぜ!!
(もし違ってたらすまねえ。。。調べるのも面倒なので。。。)


と、とりとめもなく、2012年初エントリを終える。
次のエントリが来年になりませんように。。。

鹿サポなんだけど、真田さんの思い出書いてみる

September 09 [Fri], 2011, 18:45
久々の更新なのに、悲しい出来事はやなんだけど、ちょっと書きたくなったので。
鹿サポなんで、なんなんですが…。

真田さん(とあえてこの字で。確か当時はそうだったと思う)。
ツイッターで訃報を知り、真っ先に思い出したのが、「清水のGKの?」だった。
そして対で思い出すのが、当時のレオン監督。
彼がいつもいつもコメントで「補強の急務はGK!」と断言していて。
まあ、レオンは元々GKだしなあ。と思いながらも、ひどいこと言うなあと思ってたっけ。
確かに、当時の真田さんは…だった。
そのあとシジマールの加入で真田さんの出番はなくなり。
ふたたび正GKとして復活した真田さんは、驚くほどうまくなっていた。
シジマールのおかげ、と言っていたように思う。
本当にうまくなってたんだよ。。。ビックリした記憶がある。

思うに。
本当に努力の人だったんだろうなと。
やさしげで少し気弱に見える感じが、なんか好きだったなあ。
レオンに言い返したれよ!と思ってた。

清水のGKコーチに戻ってきていたのは知らなかったけれど、
こうして思い出せることがあるほど、心に残っている人だった。
それはとても不思議なんだけど、それも彼の人柄なのかな。。。と。

他サポだから思うこと。清水サポにしたら、けっ!ってなもんかもしらんが、

心から、ご冥福をお祈りします。

謹賀新年/今さら2010年振り返りその1

January 10 [Mon], 2011, 19:29
えーー、いつから放置か調べたら、昨年7月2日にUpして以来でございました…。
なんてこったい!! ツィッターしてる場合じゃないよっ!(汗)
年も明けちゃったじゃないかっ。



今年もダメダメな1年になりそうな予感です。。。あかん。


さて、2011年明けましておめでとうございます。



しかーし!!
気持ち的にはまだ2010年シーズンをまとめていないので、今さら感たっぷりですが、
またまた今さら2010年のことでこのブログをのぞく人もいるめえ、ってことで、
タイトルで堂々と書いて、そのまま進めます、ええ。


4冠への道は厳しかった、というわけですが、
そりゃそうだよな。。。と振り返ると思ってしまう自分がいる。
夏前からかなあ、なんとなくおかしいなあと思いはじめて。
鹿サポさんたちも、実は肌で、感覚で感じていたと思うですよ。
それを見ぬふり知らぬふりしていた、ってのが本当のところじゃないでしょかね。

奇跡は必ず起きる。でも、いろんな思いが重なってこそ起こるもので
そうそう簡単には起こらないということです。
選手も、サポも、どうしても思ってしまう、あの奇跡の大逆転優勝。
あの時は、それまでの暗黒の時代に、サポとチームと選手、みんなバラバラになってしまって
距離がどんどん開いてしまう。
それは、もうどうしようもできなくて、悲しくて悲しくて歯がゆくて。
なんとかしなきゃいけない、こんなのはもうイヤだ!という、そりゃもう強い思いがあったんだよね。

そのあとの2年間は、応援している時こそ一所懸命だったけれど、
なんとなく、するすると優勝できちゃった。
で、2010年。世の中そんなに甘くないということです。
自分に限っていえば、もう必死で応援したかというと、うつむいてしまう。。。

でもね。
サッカーのサイクルは3年といわれ、3連覇がなかったことを思えば、
その3連覇を実現し、4連覇に向けて最後まで優勝争いしたのは、立派だと思う。
選手の頑張りと、どこにでも駆けつけて応援していたサポさんたちを誇りに思うです。
(あ、私は、2010年は誇れないです。。。涙)

3冠も史上初。3連覇も史上初。そして4年連続タイトルを取ったのも史上初。
「次の史上初を見つけに行こう」というナイキの鹿CMがありましたが

ちゃんと、史上初を見つけたじゃん。

それは願って叶うものではなく、気がついたらついてきていたものだけど。
きっと、初めて、というのはそんなもんなんだろうな。



いろいろ、本当に、いろいろ考えさせられた1年でした。自分にとっても。

こんなに史上初をたくさん取っているのは鹿だけなのに、
回りの評価は低いとか、地味で盛り上がらないとか、言われちゃってるけど
サポが、クラブが、選手が、ちゃんとわかっていればいいと思うよ。

剛さん(大岩)が、「鹿島で過ごせて幸せだった」と言ったように。




本当は、天皇杯のこととか、書こうと思ったけれど、
ま、いいか。ってことで。

来季(今季?)のことは次のエントリで。
ひとつだけ。
私たち鹿サポは、いろいろ大変だった柴崎くんを、
なんとしても全力で応援して、全力で守るさ。
それは過保護にするということではなくて。



再開まもなく。それまでの色々。

July 02 [Fri], 2010, 17:42
約2ヶ月近くの放置、
そしてまた更新が出稼ぎに向かうスカイライナー車中という
おなじみのさる管理人です。


そう、今日から12日間海の向こう。
せっかく購入していた千葉戦を友人に引き取ってもらい、
ちくしょう!でございます…。
でも湘南戦にはギリギリ間に合わせたぜっ


そんなことはさておき。
なかなかちゃんと更新できなかったのは、
やっぱり気持ちの整理がつかなかったから。
今さらACLの話でごめんよですが、ここをきちんと通過しないことには
私としては次に進めないのです…。
とかいいながら、さらっとですが。

さんざんブログで煽った挙げ句、あのゲームかよっ、と思った人も多かっただろうけど、あの時のチームもやっぱり鹿なんだよね…。

とても脆い部分を持ち合わせていて、だからサポの力がいつだって必要なのさ。

まったくもう、しょうがないなあ…と言いながら応援せざるを得ない。
それが鹿島アントラーズ。

あのゲーム終了後は斉州島での気持ちを思い出させるほど、いいようのない悔しさで、まだ私たちの心が足りないのか!と涙がでちゃったけど、それでもへこたれないさ。

と、ようやく前向きになれた、へたれな管理人。
次にチャレンジできるよう、リーグもナビスコも天皇杯も全部獲ろうぜっ

ここまで書いたら疲れてきた

代表戦のこととか、キャンプ見学のことは次のエントリで

あっちもこっちもはやっ!

May 10 [Mon], 2010, 23:29
世間は代表発表に浮かれているようですが、
浮かれたい気持ちは山々なのにまったく盛り上がれません。。。
メンバー見たけど、「何これ?」な気分。
選ばれたり選ばれなかったりした鹿選手のことはおいといても。
なんかなー、選手の運に頼ってんじゃね? みたいな感じ。

そんな浮かれポンチキは話はさておき。

まじーーーっ!?
オリベ弟監督、浦項解任て…。
リーグ始まってそんなに経ってないのに早すぎないか?(汗)
もしや兄弟での情報漏洩を恐れて…っていくらなんでもこんな間際にそれはないな。

んでもって、うちのオフィシャルサイトの煽りはどーなんねん!
と思ってサイトを見に行ったら。
はやっ! すでにFlashなくなってたーーーー!(笑)

ま、私たちは何が起ころうと、目の前の戦いに勝つだけさっ。
というわけで、いきなり明日、練習見学行くことにしただっ!(起きれたら…)

セレッソ戦のちょびっと感想

May 09 [Sun], 2010, 10:31
さて、私にしてみれば、早いエントリだわっ。
ということで、悔しいセレッソ戦のサラッと感想。

予定通り前日に羽田空港へ向かい、順調順調♪とひとりご満悦だったはずが。
いきなり、放送で名前を呼ばれて慌てるさる@管理人。
あれぇぇぇ? なんでええぇぇえ?

…なぜかわからんが、時計を見たら出発2分前(滝汗)
同乗の皆様すいませんでした…私が最後でございました…。
汗かきかき機内に乗り込むと、バッタリ鹿のスカウト部長と遭遇。
私「あれ? どこ行くの?」
スカウト部長「どこって、大阪に決まってんじゃん(笑)」
…やっぱり、なんかおかしい私でありました。

でも大阪に着いてからは、ねーちゃんが堂島ロールを買って待っていてくれ、
翌朝にはアロマテラピーまでしてもらい。
うほうほ気分だったのになあ。

試合はメイン指定観戦。
鹿サポさんも結構たくさんの中キックオフ。
なんだか動きが鈍いなあ…と思いながら見ていたのだけれど、
序盤はそれほど悪い感じではありませんでした。
が。時間とともに、さらに全体的に間延びしてしまっていて、チャンスのあとのピンチが怖い状況。
そこでソガが苦手なミドルをやられちゃいましたね。豪快でした。

セレッソでひとり気を吐く6番選手。危ないなあ、と思っていたら、
大きなミスで決勝ゴールを挙げられちゃいましたとさ。とほほ。。。
後半の序盤過ぎから、セカンドボールがほとんど拾えなくて。
これって、動けてない証拠。
今回は自滅だったなあ。。。でもその自滅を引き出したのはセレッソ。
なぜだか、うちと対戦するチームは、持っている力を100%以上出してくる。
それだけ気持ちがこもってるってことで、うちとしてはどんな時でも心してかからないといかんということだ。
セレッソは普通によかった。負けは負けですね。

でも「鬼門」のせいにはしないからねっ、私は!
そんな言葉で自分を納得させたり慰めたりするのはやだ。
鬼門じゃなく、普通に、そう普通にセレッソがよかったんだよ。
これで昇格組に2連敗。ホームで待ってるからな!


悔しさいっぱいの中、伊丹空港へ。
そこで今度は鈴木強化部長にバッタリ。
今回の遠征は「部長」に縁があるようですわ。。。あまり嬉しくないが。。。
鹿サポさんのブログを見ていると、どうやら友人も同じ便だったようだけれど、
結局、鹿チーム以外とは誰とも会わず。
ああ、鹿選手も見かけたけれど、誰にも声かけてません。
負け試合のあとは、一緒になるのは毎回苦痛以外のなにものでもない。


さて。ガス欠?と思われたようなセレッソ戦でしたが、
数々の死闘を超えてきた鹿さんたちだから、もちろんまだまだ大丈夫。

一分たりとも油断できない、ACL浦項戦が待っています。
浦項といえば、青森でやったゲームを思い出す。
なんで青森で、しかも浦項となのか、さっぱり思い出せず、
違うのだけれど、クマの引退試合と思い込んでいる自分がいる。
…あのゲーム、行った人はみんなそう思っちゃってるよね。

今回も同じ相手だけれど、あのときのチームとはまったく違う(かなり弱かったイメージ)。
(いや〜密かにオリベイラ監督の弟さんに会えるのを楽しみにしてるさっ)
アウエーで負けたけど、ホームで! という戦いじゃないからね。
真剣一発勝負。

チームもホームタウンの人たちを無料&優待で、招待。
思い起こせば、過去にタイなんかも、無料解放してたな。。。
それはとっても素晴らしいこと。
なんで私も気がつかなかったんだろう! 
(私ゃホームタウンじゃないから自腹だけどさ…それはいいさっ)

ひとりの力をホームの力に。

それができれば、思いは通じる。

もしかしてさ。
ラウンド16のあとの、準々決勝から行こう、とか思ってる人いない?
世の中、そんなに甘くない。その先の最高の瞬間は、ラウンド16があってこそ。
もし。少しの融通や思い切りで可能になりそうなら、
スタジアムで応援しようよ! 絶対、忘れられないゲームになるからさっ。

…誰に勧誘してるんだろう、私…まあいいか。

またまた気温がちょいと下がり、
雨の確率もあるようだけれど寒さがぶり返しそうだけれど、
鹿島の神はそんなことでビビらん!

広島戦〜ガンバ戦ふりかえり

May 04 [Tue], 2010, 12:31
放置していたら、いつのまにかGWももう終盤なのねなさる@管理人です。

出稼ぎから無事に帰国後、マリノス戦以外はなんとか観戦。
18日の広島戦では、初っ端からつまづき(私が)、引き分けになった悔しさったら。
かすか〜〜に聞こえてきた2階からの新チャント?
1階はきょとん。そらそうだ、聞いたこともないチャントだから。
オーロラヴィジョンに映し出される2階の様子。
赤い布を振り回している。
1階の人たちは合わせようにもまったくわからん状態。
勝手に2階の応援は続く。無視することにした。
当たり前だろう。
そうしてだんだん腹が立ってきた。
大事なゲームの前にゴール裏がひとつになれない悔しさ。

どうして事前に何も言ってくれなかったんだろう。
少なくとも。過去にはチャントを広めようと努力していたインファイトがいた。
チャントが書かれた紙をコピーして配っていたし、設置して自由に持っていけるようにしていたよな。。。
そうしてみんながひとつひとつ覚えていき、大合唱できるようになったと思っている。
それが。2階が勝手にやっているようにしか思えない。
2階のおれたちが本当のサポーターなんだ!と声高に言っているようにしか聞こえない。
2階のことをバカにするなら、自分達で何かやれよ、やってるのかよ!という声も聞く。
それは違うだろう。サポーターを引っ張っているのはやっぱりインファイトなんだよ。
巻き込むつもりでいるなら、本気でやってくれよ、と思う。
帰りのサポバスで、「今日、歌っていたチャント、誰か知っている人、教えてください」と言っていた人がいて、悲しかった。
それほど、すごくすごく閉鎖的に行われていたということだ。
ネットで自由に見てください? それでいいの?
と思った私は、もうこの先、ゴール裏にいるのはそう長くないかもなと確信したです。

応援はどこでもできる。ゴール裏でなくても。
それでもゴール裏にい続けるのは、ゴール裏に集まるみんなとひとつになって応援したいからなんだよね。。。
それがとても悲しい状況になっている。
早く気付いてよ。ゴール裏の核を作るため、なんて言っているけれど
このやり方じゃ、絶対に核は作れない。断言したっていい。
距離が遠すぎる。場所も、気持ちも。距離ってね、思っている以上に大切なんだよね。
ついてこいっ!と言ってついてくるほどの求心力がないまま行っちゃったからね。

まあ、ぬるさぽの言うことですから。私は私なりに応援するだけだな。

というわけで、かなりモチベーションが下がった試合前。
1階ゴール裏の大多数がそうだったと思うよ。
それからキックオフまで、テンションを上げるのがそりゃもう大変でございました。
2階で鹿を支えるために応援しようと思っている人たちが、1階で応援しようと思っている人たちの気持ちをないがしろしにしたこと、わかってるのかなあ。。

だから。悲しいけれど、勝ってほしかったけれど。
勝てなかったのは当然だと思ってしまう自分が、また悲し。


続いた24日マリノス戦はTV観戦もできず、
いろんなブログやリポート、TVダイジェストを見る限り、
かなりいい感じだったようでホッ。

そして大一番のACLグループリーグ最終戦。
一位突破をかけての戦いは、アウエーでも思ったけれど厳しい戦いでありました。
全北は細かいパスワークでゴールに近付くチーム。
個々の選手はテクニックもあり、それが可能なんだな。
アウエーでは鹿並みのプレスでボールホルダーを囲んでマイボールにし、
そこからショートカウンターが実によく効いていて嫌だったけれど、
この日は、プレスがそれほどかけられなかった様子。
それにしても雨で寒くてきつかったわあ。それにも戸惑ったのかしらと思うほど。

ノザーの変態ゴールが決まり勝ち越すも、そのあとから足が止まり始める鹿さん。
後半は猛攻撃を仕掛けられ、セカンドボールも拾えずあわわ状態。
これはボランチとバックの連携(疲れからか?)がうまくいかなかったせいでしょかね。
でもなんでか、負ける気がしなかったです。
後半の後半、鹿島の神、光臨。鹿名物の霧まで登場して、もう少し長ければ
いつぞやのFC東京戦状態になるところでございました。
これで、ノルマの一位突破。次は鬼門のラウンド16。
なんとしてでもここを打ち破ってほしい!
12日はまたもや平日だけれど、スタジアムへ!
私がよく利用する鹿サポバスも、東京駅15時30分発になり、
半休や14時頃に早退すれば、遠くても間に合うはず。
まだ席は数席あるそうなので、迷っている人はぜひ!
(URLがうまく貼れないので、今後のアントラーズサポーターを考える会、で検索を)


そんな興奮のあとに、1日ガンバ戦を迎える。
いや〜〜コンコースの人だかりにはまいったです。。。
しかも篤人とモトを同じブースに並べちゃ駄目っすよ!
モトは先週にクラブハウスで会った時、
「サインしますよ! 僕のサインもらってください!
 最近サインしてないから、腕がなまっちゃって。。」
なーんて言っていたのだけれど、この日でそれも解消されたことでしょう(笑)
そんな私はどの選手ともjoinせず、ってかすごい人並みに入っていく勇気はありません。。

試合では、イバの気合がすごかったです。
安田選手なんて「なめんじゃねーぞおらっ」ってな勢いで突っ込まれ(笑)
2点ともセットプレーですが、セットプレーで点が取れない時期もあっただけに
うれしい限り。
ガンバサポさんのブログで、試合は負けたけれど、採点制なら…なんて
書いている人がいらっしゃいましたが、サッカーは主観のスポーツ。
どのプレーを賞賛すべきか、どういう組織プレーがすごいと思うかはそれぞれ。
鹿のこの日の戦いぶりは、試合前のオリベイラ監督のメールで予測できた。
「90分で勝つためのサッカーをしたい」。
毎回試合前に送られてくるメッセージではありますが、毎回ちゃんとオリベイラ監督の考えが示されている。
後半は受け手に回ってしまったけれど、それも想定内での戦い方だったのではないかと。
ここで負けるのは、単なる1敗ではなく、その後に響いてしまう一敗。
したたかで試合巧者とベテランチームのようにいわれているが、
決してそんなことはなく、脆い部分がかなーりあるのです。
と私は思っている。
だから、この一勝は、とても大事だった。

ガンバのことも少し。
宇佐美選手は日本サッカーの将来を担う選手で、それなりに注目してみてました。
初めての対戦より、かなり自信もつけたようで、
このまま順調に成長してくれれば、と。
それにはJのゲームに出て、強いDFと対戦することだね。
もちろん、うちの大迫選手にも言えることで。
彼はいま少々壁に当たっているけれど、必ず突き破ってくれるはず。
星原選手については、ゴールはお見事でございました。
が。鹿さん、初物に弱いこともお忘れなく。
これで、有頂天になっちゃうと、どつぼに入ります。

さて、そろそろセレッソ戦に向けて出発です。
今回は前泊っす。いい流れでGWを終えたいですな。
うちを蹴った香川くん(本当かどうかは未確認)をあちゃーな目に(笑)。

おお、そういえば、27日には練習見学に行ったのでありました。
2月の自主練以来だから超久しぶり。
その話は、時間があれば書くです〜〜。

また出稼ぎかよ…

April 05 [Mon], 2010, 15:27
試合数が多いと、あれだ。
観戦記UPが間に合わん…
それでなくても間に合ってないのに

で。
またまた出稼ぎ、成田に向かう車中から携帯UPです
帰国はギリギリ広島戦に間に合うぐらい。
あまりにもハードワークすぎて、
左目の瞼がヒクヒク痙攣し、治まりません
元々があちゃーな顔立ちなのに、さらに凄み増してます…いやーーっ

さて気を取り直し。
仙台戦、チケットも購入し、サポバスも予約してたのに
トラブル発生で徹夜仕事になり行けず
そんな試合に限って負けちゃうと、
ああ現地で後押ししたかった…と悔しい思いをすることに。
試合そのものを見てないから、内容には触れません。
ま、仕方ないやね。
ずーっと勝ち続けることは不可能なんだから、
どこで負けて、どこで盛り返すか、です。


三連覇も史上初だったぐらいだから、そうそうできることじゃない。
四連覇ともなると未知の世界。
私は、あの奇跡の逆転優勝をしたときより、さらに辛くて険しい道になるだろうなと思ってる。

だから。一敗でサポがガックリしちゃいかん(自分にも言いきかせる)。
この先、もっともっとしんどい時が来るよ必ず。
オタオタしないで、言い分けに逃げないで、
選手たちの頑張る姿を目に焼き付けて、
信じて応援しようと思う。ちょっとヘタレだけど

マルキの賭ける思いに、少しでも近づきたいからさ。

そんなこと言っておきながらFC東京戦は来ないくせに!
と言われたら返す言葉がないわけですが
海の向こうから念送りますっ

あれ? ACL観戦記のはずが…(汗)

March 27 [Sat], 2010, 5:42
ぼーっとしてたら、あっという間に山形戦です(汗)

いや、呆けてたわけじゃなく、超忙しかったんだけどね…水曜、行ったおかげで(号泣)


ってことで、山形戦が始まる前に、大急ぎでACLペルシプラ・ジャヤプラ戦のことを。



それにしても、寒かったねえええ、みんな…。
試合後、スタジアム外の気温を見たら、1℃だったそうですよ〜(友人談)。
1℃て…3月末の気温じゃないよ…

例のごとくリーグ戦以外のゲームはメイン指定観戦。
しかーし。この雨。ポンチョ着てずぶぬれになりながら、席にじーっと座っている辛さったら。
手はしびれてくるし、だんだん寒さがわからなくなり、なんとなく暖かくなったような気もして。
ああ、寝たら死ぬぞ、私! ってな状況でありました。

格下相手で、目指せ大勝と言われていたこのゲーム。
それでも4700人詰めかけて、ビックリ。多くて4000人ぐらいかなあと思っていたのでね。
地元の人もたくさん来てくれたんだと思うです。

相手チーム、最初はサポはゼロか!? と思っていたら。
試合開始後に、気がついたらゾロゾロと増え。
集団で乗り込んだだろうから、バスでも遅れたんでしょかね。
慣れない寒さのなか、元気いっぱいの応援でした。なんか楽しそうだったぞ。


その寒さは選手も然りで。
試合中もどことなくきごちなくて、辛いだろうなあ、なんて思ったり。
いや、別に余裕かましていたわけじゃないです。

ゲームは、鹿さん珍しく4−3−3の攻撃的布陣。
…あまりおすすめできないわあああ。もうやめてほしいかも…。
3トップは、大迫くんにとってきつかったかも。
うまくかみあわなくて、重なったりオロオロしたり。
相手は当然、引いてくるから、スペースないし。
イバのクロスゴール(と呼ばせてもらうわっ)をきっかけに
ようやくゲームは動いたものの、それほど鹿さんもいい動きではなく。
後半にあれだけ点が入ったのは、
相手がかなり疲れて動けなくなっていたことも大きいと思われるです。
だから、みんなそれほど有頂天になっていなかったしね。

青木くん、頑張ってましたねえ。久々のスタメンで。
このまま調子をどんどん上げていって、浩二を脅かさないとですよっ。
対照的に、どうしたんだっ!状態だったのが、篤人くんでした。
イバが思い切り上がっているのに、不用意にふらふらと中途半端に上がっちゃうし、
ボールを受けても仕掛けられない、戻りも遅い。
ボールがない時の動きは見てられないぐらいの有様でした。
なんかもう痛々しいぐらいで。どうしたんだろうか。
ハードスケジュールは大変だけど、これを乗り越えなければ!
うまくストレスや疲れを取る方法を、自分なりに見つけられればいいんだけどな…。

興梠くんの調子の悪さもかなりあちこちで言われていて。
う〜〜ん…どうなんだろう。
プレーにはキレもあるし、動けていないわけじゃない。
最後のところで、迷いが出てる?気負ってる?
彼は見かけと違い、かなり気にするタイプなので、あまり追い詰めないでほしいですな。
あの連続のコールも、結構なプレッシャーだよ。。。しつこかったもん。
そりゃ選手は、そんなプレッシャーに負けてるようじゃ駄目だ!なんて言う声多数だろうが
今までどの選手も多かれ少なかれお山の大将だったんだから、
あまり挫折やらプレッシャーやらなかったんだと思う。
それがプロになって、一気にいろいろなものを背負わなくちゃならなくなって。
捨てるわけじゃないんだから、少し荷物を降ろしなよ、ぐらいは言ってあげていいと思うの。
ホントに、田舎の鹿島でサッカー漬けの毎日を送っていたら
息抜きってどうするんだっけ?ってわかんなくなるって。

まだまだ伸びる興梠くんだから、時々はそっとしておいてあげてほしいかも…
なーんてことを思いながら、プレーを見ていたですよ。
なかなか練習見学に行けない日々だから、直接声をかけることもできないし、
こっちがイジイジしちゃうなあもう。


あら。いつのまにか脱線しちゃってるぢゃないかっ!(汗)

とにかく、ゲームはスペースがいっぱいあるから、FWが重なろうがOKでしたな。
これがJリーグじゃそうもいかんけど。
でも、崩すためのアイデアはノザーもオガサもいろいろ試していて、
焦らず落ち着いて状況を見極めながらプレーしていた(ように見えた)から
安心して見ていられたです。

あー相手GKがなかなか立ち上がれなかった時。
相手の監督は、GKのほうをまったく見ず、フィールドプレーヤーにずっと指示出し。
GKのこと心配してやれよう。ってか、交代させないままで。
どうやら、GKのサブがいなかったとかなんとか。
そりゃ、監督も放っておくかもな(笑)


後半の後半、オリベイラは次々とカードを切り。
気がついたら、すんごい新鮮なメンバーでありました。
普通じゃありえん。でも今後は総力戦だから充分あるんだろう。
いいシミュレーションができたよね。

そんでもって、ケンジ(小谷野くん)の背番号が見えたときゃああああ!
大興奮でありました。
他サポは「誰それ?」なんだろうけど、ユースっ子まで少しは見ている鹿サポなら
小谷野くんの登場に、そりゃもう大歓声だったはず。
もうみんなさ、生まれた時から知っている子が
立派になった姿を見て涙する近所のおばちゃん状態さっ。
ゴール裏にいた友人によると、「ケンジ〜〜〜!」と手を振る女性続出だったそうな。

そのケンジ、堂々としたものでありました。
攻撃にからみ、なかなかのもの。
ちょっと前に張りすぎちゃうかなあ、と思ってみていたら、コメントで本人も反省してましたね。
そーいうところも初々しくてよろし!
今年4年目のケンジは、勝負の年。頑張ってほしいっす!
公式戦デビューを果たしたあとは、常にベンチ入り、そして出場だっ!

というわけで、思いもかけない嬉しい場面に立ち会えてホントよかった。

ACLと、4連覇と、もちろんナビも天皇杯も目指す鹿さんにとって
今年こそ、総力戦の時。それを象徴するようなゲームでありました。
まだまだ、ゲームは続く。新聞報道では一次リーグ突破確実、なんて書かれているけれど
そんなもんはフタを開けてみないとわからん。
アジアで苦労してきた鹿さんたちだから、勝って兜の緒を締めているはず。

今日の山形戦と、アウエーのインドネシアでの戦い、そしてアウエー新潟戦。
ますはそこまでノンストップで!
…私はインドネシアには行けないからえらそうなことを言うのは控えます…(涙)

さ、今日のカシマスタジアム。寒いのはわかってる。
わかってるけど、少しでも気温が上がることを祈るヘタレなさる@管理人ですが、
なんとか応援してこようと思います。
この時間にブログUPしているくらいだから、寝ずに向かうのですが、
こんな生活、絶対、命縮めてるわっ! 

ホームの力、について考えてみた。

March 22 [Mon], 2010, 19:25
大仰なタイトルだけれど、内容はない。
期待しちゃった方は、ここで「ちっ!」と舌打ちでもして去られたほうがよろしいかと(汗)


さて、本題。
大宮戦は結局見られず、録画観戦。
結果がわかっているので、気楽に見られたです。
そう。最近は、TV観戦ができないヘタレになってます。
たとえば、生放送を見られる時間に家にいたとしよう。
最初は見ているものの、どうにも息苦しくなって見ていられない。
私が見ていると点を入れられるんじゃなかろうか…」(過去にたまたまそういうことが)とか。
思い始めたら止まらない。
結局、チャンネルを変え、試合があることを忘れようとする。ああヘタレにもほどがある。。
携帯メールが届こうものなら、しばらくは携帯を凝視して、開けられない。
なんで、こんなにドキドキするようになったのか、自分でもわからない。
見に行けない、そばで応援できない、どうにもならない、それを
TV前での応援に変えることができない。
鹿を愛しすぎちゃってるんだろうか(汗爆)

まあ、そんな話はおいといて。

大宮さんのことを少し。


確か、NACK5ができる前。鹿との対戦はほとんど(いや、全部?)埼スタだった。
そのときの大宮さんたちは、なんというか、オドオドしていて自信なさげで
鹿が点でも入れようものならうなだれて(大宮サポごめん、これは私の印象なので)。
サポも然り。コールやチャントはあきらめのような読経状態で。
そんな声はやはり選手にも届かない。

ってさんざんな言い方やわ。。。すまぬ。

でもね。埼スタではなんつーか、借りてきたネコ、
見知らぬ土地で右往左往、って感じだったのでした。


それが。NACK5ができてからの大宮さんはあきらかに違う。
もちろん、それだけが原因ではないだろうけれど。
特に、先日のゲームでは、選手たちも自信にあふれて積極的で。
鹿さんのほうがタジタジでした。
応援も然り。自分たちのホームなんだ!という気持ちがこもっていて、
ホームの力、というのを、すごく感じたです。


ホームの力。それはやっぱりすごい。
でもその力が必ず毎回勝利を呼び寄せるわけではない。
そしたらみんなホームでは負けナシになるし、それはないし。

でも、そこに「圧倒的な」ホームの力があれば、話は違ってくる。
圧倒する、ということは、自分で動かないとできないこと。だよね?
ただ行けばいいだけのホームのゲーム、というわけじゃない。

うーん、ぬるサポなんで、うまくいえないけれど。
もう一歩、の力を後押しできる、ような気がする。

ACLの全北現代戦。相手チームのサポは、過去のなかでも少ないほうだった。
ホームのサポが少ないから勝てた、とは思わないけれど、
あそこで、もう一歩の力を後押しし、
それによって鹿さんを焦らせることには成功したかもしれない。
(だからといって、鹿さんは負けないヨッ! とは言わせてもらう 笑)

ひとりひとりの力は選手の胸に、心になかなか届かないかもしれんけど、
たくさんの力が集まれば。いや、そこにいる人たちがみな同じ気持ちでいれば。
それは心に届いて、苦しい時のもう一歩につながる。そう思いたい。

だから。何がいいたいかというとだな。
京都戦、大宮戦に参戦できなかった私が言うことじゃないのは重々わかっているさっ。
でも。
経済的に無理だったり、その時間がちょうど動けない状態でなければ、
24日のACL戦には、そんな選手たちの後押しをしに来ないかなあと思ってさ
(と、最後はずいぶん弱気だな、おい…汗)

本当は、平日の夜で、しかも東京や茨城近郊から2時間はかかるスタだから
地元の人たちが足を運んでくれると一番いいのだけれど、
それは他力本願になってしまうので、自分がなんとか行くですっ。
いろいろ余裕はないけれど、私は、
行かないで後悔するより、行って後悔するほうがまだいい。

「圧倒的なホームの力」。
サポーターの数もそのひとつ。それは大きいかもしれない。
だけど、それだけじゃない。私はそう思う。
圧倒的な何か、は努力なしでは得られないもんだと私は思う。
だから、行かれる人はをみなひとつは圧倒的な何かを携えて行こうよ。
それは祈りでも、声でも、願掛けでも、なんでもいい。


というわけで、24日のACL、行くべよ!


※毎度のごとく書きなぐりのため、誤字脱字、意味不明文等は後ほど修正いたします。。。
※23日、若干修正しました。やっぱ読み返すとひどい出来…涙
P R
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
BlogList
最新コメント
アイコン画像さる@管理人
» さて、あっという間に2012年。 (2012年01月05日)
アイコン画像ぽよよ〜んシュート
» さて、あっという間に2012年。 (2012年01月05日)
アイコン画像さる@管理人
» 鹿サポなんだけど、真田さんの思い出書いてみる (2012年01月04日)
アイコン画像オレンジ
» 鹿サポなんだけど、真田さんの思い出書いてみる (2011年09月09日)
アイコン画像ぽよよ〜んシュート
» 謹賀新年/今さら2010年振り返りその1 (2011年01月11日)
アイコン画像さる@管理人
» 広島戦〜ガンバ戦ふりかえり (2010年05月06日)
アイコン画像
» 広島戦〜ガンバ戦ふりかえり (2010年05月04日)
アイコン画像さる@管理人
» 厳しい現実 (2010年03月22日)
アイコン画像jun
» 厳しい現実 (2010年03月21日)
アイコン画像さる@管理人
» J開幕、そしてACL韓国戦へ (2010年03月11日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saru605
読者になる
Yapme!一覧
読者になる