愛の唄 

2007年08月29日(水) 11時23分
会えない日々が寂しくて
ずっとケータイ握り締めてた
メールが来るの期待して
ずっと落ち着かないでいたんだ

今 何してるのかな
そんなことばかり考え始めた
初めはね キミの事 対象外だったんだけど

少しずつ 変わっていく キミへの想いに
初めはね 自分でも 不思議な気持ち
少しずつ 想っていた キミのことばかり
いつの間に こんなにも 想ってるんだろう

今までこだわってた何かに
意味がないんだ そう気づいた時
キミへの気持ち膨らんで
必要としてることに気づいたよ

今 どこにいるのかな
そんなことばかり考え始めた
初めはね キミの事 対象外だったんだけど

少しずつ 変わっていく キミへの想いに
初めはね 自分でも 戸惑っていた
少しずつ 膨らんでく キミへの想いに
いつの間に こんなにも 想ってるんだろう

変わらないもの 

2007年08月29日(水) 11時23分
時の流れの中で 僕ら生きてるから
変わりゆくことが 当たり前になってる
いつまでも変わらないものなんて
どこにもないのかなぁ
そんなこと考えちゃうよ

いつもそばにいたい
その想いはいつも同じ
たとえ季節がめぐっても
それは変わらない

街の色は変わってく 季節の匂いがする
変わりゆくことが 当たり前になってる
見えないものまで変わっていくから
変わらないものなんて
何ひとつないってことかな

いつも愛してるよ
その想いはいつも同じ
たとえ季節変わんなくても
それは同じまま

いつも愛してるよ
その想いはいつも同じ
たとえ季節がめぐっても
それは変わらない

Where did you go? 

2007年08月29日(水) 11時22分
そばにいるだけで ただ うれしいと思えること
なくしてから やっとその大切さに気づいたんだ

ひとりじゃないよ そばにいる
そう君がつぶやいたから
僕は また 頑張れたんだ

優しさは君のぬくもり いつもそばで笑ってる
君の一番好きなところ つらい時でも笑ってるとこ

君のあの日の言葉 僕の支えになっている
相変わらず 君はそんなことに気づいてないけど

空を見上げる 君はどこ?
そう君に問い続けてる
僕は まだ 君の友達

まっすぐな君の瞳は いつも素敵だったから
君は強いと信じてたんだ だから君はつらかったのかな

誰にでも君は優しい いつもそばで笑ってる
そんなあの日の景色は今 どこにいってしまったんだろう

恋文 

2007年08月29日(水) 11時21分
出会いは偶然で 恋は突然で
急に会いたくなってしまうほど
いつの間にか あなたが大きくなった

伝えきれない 恋のカケラたち
うまく口にはできないから

今は恋文に乗せて この想い届ける
ありきたりな言葉かもしれない
あなたにとってはきっと
よくあるかもしれないけど
はじめて書きます
愛の手紙

運命じゃないけれど そう信じたい
あなたと過ごした時間だけ
あなたのこと 愛しくなっているから

伝えきれない 想いが溢れて
うまく口にはできないから

今は恋文に乗せて この想い運ぶ
ありきたりな言葉かもしれない
あなたにとってはきっと
はじめてもらうんじゃなくても
はじめて書きます
愛の手紙

いつか口に出して言うよ この想い届け
ありきたりな言葉かもしれない
好きです ただ 好きです
単純な言葉だけれど
少してれてる
愛を唄う

LOVE STAR 

2007年08月29日(水) 11時20分
運命の出会い そんなもの
あたし 知らなかったよ
キミと巡り会うまではね

星降る夜に キミの夢見た
何気ないけど
あたしの心に寄り添っていたのかな

恋の瞬間は 気付かない
だけど 今は言えるよ
キミを必要としています

星降る夜に キミの夢見た
いつの間にかで
自分もビックリしちゃってるんだけど
星降る夜に キミの夢見た
目を覚まして
気付いたんだけど キミが大好きなんです

LaLaLaLa....
LOVE STAR....
いつまでも キミが好き

sad 

2007年08月29日(水) 11時20分
悲しみに濡れた僕らは
ひたすら涙流してただけだった

会えなくなって 失って
それからやっと
その存在の大きさに気づいて
それじゃ 意味がないって
分かってるけど
やっぱり後悔だけ残った

あの日 無邪気に笑った思い出
キミは無理してた?
ねえ 答えて

悲しみに濡れた僕らは
ひたすら涙流して震えていた
思い出を思い出してはほら
涙が止まらないけどそれでいい

あたしの光 なんて
クサイかもしれないけど
でもねホントに大事で
キミが いないなんて
足がつかない
フラフラ 光を失ってた

あの日 涙流した思い出
一緒に流した
ねえ 覚えてる

悲しみに濡れた僕らは
これから笑える日が来るのだろうか
思い出を忘れないでいよう
笑えるようになっても永遠に

What am I 

2007年08月29日(水) 11時20分
もう 強がることはやめよう
もう 自分隠すのやめよう
かっこ悪いのも かわいくないあたしも
すべて受け入れていこう

君に良く見られたくて
無理してたこともあった
だけど そのせいで うまくいかないことばかり

強がってるあたし 泣き虫なあたし
わがままなあたしも 全部
what am I

もう わがまま言うのやめよう
もう 自分隠すのやめよう
意地っ張りなのも 弱音を吐くあたしも
すべて受け入れていこう

君のこと想ってると
嫌なとこ隠したくて
だけど そのせいで 気持ち伝わらないから

強がってるあたし 泣き虫なあたし
わがままなあたしも 全部
what am I

貴方 

2007年08月29日(水) 11時19分
会えなくなって どれくらいたった?
会いたいけど こんな弱い自分を
あなたには見せれない

あなたのことを これからも好きでいていい?
It dosen't take a lot of time to love you.
It takes a lot of time to forget you.

あなたが期待してくれたのに
私はあなたを裏切ってるって
不安になってしまう

あなたのことを これからも愛してもいい?
It dosen't take a lot of time to love you.
It takes a lot of time to forget you.

あなたに会うために
頑張っていくから・・・

わかれ 

2007年08月29日(水) 11時19分
いつも一緒にいたから 当たり前だと思ってた
あなたが見せる笑顔も ずっと一緒だと思ってたんだけど
出会いがあれば きっと別れもあって
淋しく思うけど コレが僕らのスタートだから

走りつづけろって 引き離されたとおもってた
それがあなたの優しさだったなんて気づかなくてごめんネ

あなたともうすぐわかれ 他の人との出会い
いい恋しろよっていったあなたがまぶしかった
全てを一緒に乗り越えてきたあなたとは 別れたくないけど
きっと新しい出会いが待ってる

立ち止まるなって 教えてくれたのはあなた
もうすぐ別々の道を歩むけどそれをわすれないから
走りつづけろって引き離したんじゃなかった
それがあなたの優しさだったなんて 本当にありがとう

夜空 

2007年08月29日(水) 11時18分
出会ったばかりのあのころ ぎこちない二人の会話
だけど いつも君は微笑んでいてくれた
夜空の下で勇気を出して 君に伝えた
いつも繋がっている 離れることのない絆

目を閉じて 「大切なひと 気づかぬうちに離れてしまう
だから 手を握り締めて
いつまでも二人そばにいたい」と願う君

君の言葉は 時が経ち綺麗になってく
星の画鋲で この大空に 君の思い出貼られていく
僕の耳も目も 使えなくなるときが来たら
真っ暗な闇をぶち壊して 君と手をつないでいたい

二人で過ごした時間は あっという間にもう5年目
だけど 変わらない君の優しいぬくもり
夜空の下で誓った想い 今も変わらず
つないだ二人の手 何よりも素敵な絆

いつまでも 僕の中で 君はかけがえのない人だから
手を握り締めて
いつまでも離さないと今ここで誓うから

大人になって 君はもっと素敵になってく
季節はめぐり 僕も君も 大人へと変わっていくけど
あのころの想い いつだって色あせることなく
星のようにずっと輝いて 君と手をつないでいたい
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる