中学校入学式・シカトの日々……。後編 

2006年09月24日(日) 19時58分
その言葉で、決めた事とは、いつまでも同じ友達にくっつかないと考えた事です。
前までは、そのヒドイ友達と一緒に絡んでたけど、せっかく中学校に入ったんだから、もっともっと新しい友達と仲良くしようと思いました。 それからは、そのヒドイ友達からは距離をおいて、色々な子と友達になり、仲良くなりました。
やはり、その効果があったらしく、後日その友達が謝ってきました。
その時は、気持ち良く許しました。
けれど、今でもその友達とは絡んでません。
また同じ目にあうから…。 それで話は解決したと思いましたが、自分が気付いてない所で次の試練が迫っていました。

中学生入学式・シカトの日々………。前編 

2006年09月24日(日) 5時58分
僕は、東京都○○に住んでいます。そして○○中学校入学式の日……。実はここから試練は始まっていましたムムム僕は、2組のクラスになりました。その時、たまたま苦手な友達と同じ組になってしまいました。最初は普通に接してきました。それで2組に入ると、その友達は急に、僕の話を無視しましたソ
その時は、たまたまだろうと思って気にもしませんでした
そして次の日、その友達に「一緒のクラスになったね!ヨロシクねI」とメールを送りましたが、一考にメールは帰ってきません。その時、嫌な予感が頭を過ぎりました。 その友達は、昔から力が強く誰も逆らえないガキ大将みたいな存在でした。それにもっと最悪なのは、その友達は性格が悪く、自分が気に食わない友達が居ると、すぐに仲間でシカトして、ヒドイ時にはリンチまでしたそうです。 それで、学校に来れなくなった子も居ました………。ぼくも良くシカトを何回かされていました。
そして、そんな事を悩んでる内に、学校行く日になってしまいました…。
やはり予想は的中。周りの友達がぼくを無視しだし始めたんです。
そんな事を毎日の様にされました。
それである日、とうとう我慢が出来なくなり、親に相談したら、親は「そんな奴は、友達でも何ともないよ。気にするな!」と言いました。 その言葉が僕に勇気をくれました。それから僕はある事を考えました……。
後編につづきます。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saraton
読者になる
Yapme!一覧
読者になる