腸内環境の改善方法
2013.12.13 [Fri] 09:10

腸内環境を改善するためにはどんなことをするのが
一番効果的なのでしょうか?


一番効果的なのは、もちろん古典的ではありますが、
善玉菌を増やしていく方法になります。


悪玉菌<善玉菌という関係を作れれば、
腸内環境は間違いなく良くなっていきます。


ヨーグルトにはビフィズス菌を代表とした
善玉菌が入っていますが、時に腸内でうまく
繁殖ができないとあまり摂取しても効果が出ないことが
ありますね。



腸内での善玉菌と悪玉菌の力関係はおもしろもので
数時間おきに逆転関係があったりします。


悪玉菌の力が強くなりすぎると、
善玉菌は繁殖しきらない状態になり、
吸収がうまくいかなかったりするのです。


うんちの色が
ほぼ黒=悪玉菌が多い状態
ほぼ黄色=善玉菌が多い状態


ということになり、腸内がどういう状態に
あるのかがわかりやすくなります。


便秘気味の人って真っ黒じゃないですか?
これはひとつの目安になりますから覚えておくといいです。


サラサは乳酸菌をダイレクトに
体内へ取り込める状態になっていますから、
効果が出るのが早いんですよね。


有効な栄養素を直接腸へ届けるから、体感が早い。


いまお通じの悩みで困っている、
ダイエットをしているというのであれば、
ぜひお試し下さい。

SARASAの通販サイトはこちらから